電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

アパホテルの支払い方法

アパホテル
電子マネー 楽天Edy / iD / QUICPay / au WALLET / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら 店舗によって異なるが、いずれかの電子マネーが使えることが殆ど。公式HPから参照できるのは楽天Edyのみ。
交通系電子マネー Suica / 各店舗ごとに違う / 使えない / 一部店舗でのみ、使える
相性の良い電子マネー QUICPay、楽天Edy
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
おすすめクレジットカード エポスカード APAホテルの支払いにエポスカードを使えばポイントが通常の5倍で還元率は2.5%に。
貯まりやすいポイント アパポイント
デビッドカード 使える
商品券・ギフトカード JCBギフトカード、VJAギフトカード、UFJギフトカード 上記ギフトカードは使えるところが殆どだが、要事前確認。
ポイントカード アパカード 公式サイトからの予約、直接予約で100円で1ポイントが貯まり、500ポイント貯まれば5,000円キャッシュバックなので還元率は10%近くになる。クレジットカードと併用すればポイント還元率はさらに上がる。
現金いらず得点 4.4点(5点満点中) 全館共通の電子マネーがあればなお◎
公式HP http://www.apahotel.com/

アパホテルで使える電子マネー

APAホテルでは、店舗によって異なりますが、多くのアパホテルで楽天Edy、iD、QUICPayのいずれかの電子マネーが使えます。

中でも楽天Edyは使えるところが多いです(※全てのホテルで使えるわけではないのでご注意ください。公式サイト、各ホテルページの「ホテル設備・サービス」から確認出来ます)。楽天Edyが使えないアパホテルでもポストペイ型のiD、QUICPay、(及び交通系電子マネー)なら問題なく使えることも

au WALLETは問題なく使えます。

アパホテルでクレジットカードは使える?

→VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます。

APAホテルの公式HPから予約の際に事前にクレジットカード決済を済ませて置くことも可能です。急な予約でない限りこちらのほうが確実で決済も楽です。

アパホテルがエポスカードと結びついたオリジナルのクレジットカード、APAエポスカードも発行されています。

APAエポスカード

年会費は完全無料で、アパホテルの支払いに利用すればエポスポイントが5倍(通常200円で1ポイントなのが200円で5ポイント、還元率は2.5%)貯まります。さらにチェックアウト時間が1時間遅くてもOKになる特典など、様々な特典が付いています。

ただし、既にエポスカードをお持ちの方は特典やポイント5倍などの各種サービスはエポスカード共通なので、別途アパエポスカードを作る必要はありません。

アパエポスカードと通常のエポスカードの違い

アパエポスカードと下記アパカードのポイントは2重取りも可能です。この際に還元率は最大で12.5%に。

アパホテルで貯まる・使えるポイントカード

APAホテルにはアパカードという会員カードが用意されています。ホテルフロントでアパカードを作りましょう。即日に作ることが出来ます(ネットで申し込んで作ることは出来ません)。

アパカード

年会費は完全無料でアパホテルの客室料金の100円に付き1ポイントが貯まり(サービス料金はポイント付与対象外な点に注意!)、アパホテルの運営するレストランでの食事でも200円の支払いにつき1ポイントが貯まります。

このポイント率はアパホテルの公式サイトから予約をしたとき、また直接予約をしたときのみで、楽天トラベルやYahooトラベル、じゃらんなど他の予約サイトから予約した場合、ポイント付与率は500円で1ポイントまで下がるのでご注意ください。

貯まったポイントは500ポイントで5,000円のキャッシュバック、2000ポイントで22,000円のキャッシュバックなので、還元率は10%越えです。公式サイト以外からの入会の場合、還元率は2%と通常のクレジットカード並に(500ポイントで5,000円のキャッシュバック時)。

アパカード発行後、インターネットから会員登録をするとアパプレミアムメンバーとして交換景品として電子マネーの楽天Edyへの換金も可能になりますが、交換レートは300ポイントで2000円分の楽天Edyと交換なので、500ポイントを貯めて5,000円分のキャッシュバックを受けたほうがお得です。アパポイントの有効期限が近くて、まだ300ポイントちょっとしか貯まっていないときに利用しましょう。

ポイントの有効期限は翌々年の12月末までなので「最長で」3年。年会費は無料なので、アパホテルヘビーユーザーの方は、公式サイトからの予約+普段お使いの高還元率カードorエポスカードでの支払い+ポイントカード、で高還元率の恩恵を受けるのが◎。

年会費が無料なので、普段から利用する方はもちろん、これから先、利用する可能性がある方もあらかじめ作っておいたほうが良いかも。

アパホテルで使える商品券・ギフトカード

店舗によって異なりますが、多くのアパホテルでJCBギフトカード、VJAギフトカード、UFJギフトカードが利用可能です。

ただし、ギフトカードに関しては、その他国際ブランドのギフトカードが使える店舗もありますし、中には全く使えない店舗も存在するので、その他決済手段を用意していないのであれば、事前に店舗に電話確認をしたほうが無難です。

 アパホテルで現金必要?

→必要ありません。

多くの店舗で楽天Edyを始めとした電子マネーが利用出来ますし、クレジットカードも問題なく使えます(使える電子マネーが全館共通というわけではなく、念の為、事前確認が必要なのが唯一の残念な点かも)。

また、アパホテルでは自身の公式サイトからWEB予約をした際にアパポイントが貯まりやすいだけではなく、価格が最も安くなるように最低価格保証の「WEB割」というサービスが導入されているので(他のサイトから予約されると手数料を支払わなくてはいけないため)、公式サイトからの予約+クレジットカード払いが、もっとも楽で、現金いらずで、お得、です。

アパホテルってどんなホテル?

アパホテルは東京都港区に本社があるアパグループのアパホテル株式会社が運営するホテルチェーン。

リーズナブルな価格で高品質なホテルに泊まれるのが特徴。アパヴィラホテル、アパホテルリゾートといったブランドも保有している。社長の元谷芙美子氏はその濃いキャラクターから名物社長として有名。

What's new
ApplePayについて最新情報をまとめています