電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ジャパンネット銀行(デビットカード付きキャッシュカードが便利)

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行の基本スペック

口座申込資格 満15歳以上
1日の振込額の上限 1億円 初期設定(30万円)から変更する必要あり。
当日振込の受付 0時から15時まで ジャパンネット銀行、他行問わず、15時まで。
普通預金金利 0.03% 100万円以上1,000万円未満で0.04%。1000万円以上で0.05%。
振込手数料
  • 同銀行/3万円未満の場合・・・54円
  • 同銀行/3万円以上の場合・・・54円
  • 他銀行/3万円未満の場合・・・172円
  • 他銀行/3万円以上の場合・・・270円
ATM手数料
  • ゆうちょATM・・・条件付き利用可 3万円以上の入出金は完全無料。3万円以下の入出金は324円。
  • セブン銀行ATM・・・24時間利用可 / 条件付き利用可 /
  • ローソンATM・・・24時間利用可 / 条件付き利用可 /
  • イーネットATM・・・24時間利用可 / 条件付き利用可 /
  • 三菱東京UFJ銀行のATM・・・利用不可
  • 三井住友銀行のATM・・・条件付き利用可
入金、出金手数料共に毎月初回の1回は無料。
ATM出金限度額 50万円 最高200万円まで一時的に引き上げることも可能。
公式HP ジャパンネット銀行の公式サイトはこちら

ジャパンネット銀行は2000年に生まれた三井住友銀行系列のネット専用銀行です(三井住友銀行の他に、富士通や東京電力、日本生命など多くの共同出資で生まれました)。

このジャパンネット銀行が金融庁の分類として「新たな形態の銀行」第1号として戦後初の普通銀行免許を取得し、その後に次いで、ソニー銀行や楽天銀行などのネット銀行が続々と生まれた形になります。まさに銀行界の開拓者的な存在だといえます。

現在の主要株主は三井住友銀行とヤフーです。

ジャパンネット銀行の入金・出金手続きと手数料

ジャパンネット銀行で入出金を行えるのは、セブン銀行ATM、ローソンATM、ファミマやスリーエフに設置されているE-netのATM、ゆうちょ銀行のATM、それと三井住友銀行のATMです。

入金、出金手数料は毎月初回の1回は無料です。

2回目からは上記のうち、ゆうちょ銀行以外は、3万円以上の入出金は完全無料、3万円以下の入出金は162円の手数料がかかってきます。ゆうちょ銀行からの引き出しは、3万円以上の入出金は完全無料3万円以下の入出金は324円の手数料がかかってきます。

その他、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、その他横浜銀行などの地方銀行のATMなどは利用することが出来ません。

ジャパンネット銀行から振込可能なATMと手数料

ジャパンネット銀行の口座から「ATMを使って」振込をしたいときには、三井住友銀行のATMからのみ可能になります。

その際にかかる手数料は、提携しているATMを利用するための手数料(162円)+三井住友銀行の振込手数料(例えば三井住友銀行宛だと3万円未満108円、3万円以上216円)です(三井住友銀行の振込手数料については三井住友銀行の公式サイトを参照してください)。

これは手数料が安いとは言えませんので、ネット銀行であるジャパンネット銀行から振込をする際には、オンラインで振り込むことをオススメします。

ジャパンネット銀行でオンライン振込を行う際の手数料

ジャパンネット銀行からオンラインで振込を行う際には、ジャパンネット銀行宛ての場合と、他の銀行宛ての場合で手数料が変わってきます。

ジャパンネット銀行宛ての場合には、3万円未満でも、3万円以上でも振込手数料は54円他の銀行宛ての場合には、3万円未満で172円、3万円以上で270円の手数料がかかります。

また、ネット専用銀行として口座を開設する方が殆どだと思うので、使う方は少ないかもしれませんが、本店窓口を使って振込を行った場合には、ジャパンネット銀行宛ての場合には、3万円未満で648円、3万円以上で1,080円、他の銀行宛ての場合には、3万円未満で1,296円、3万円以上で1,728円の手数料がかかってきます。

オンライン振込手数料の例外

ジャパンネット銀行の口座から、三井住友銀行の本人名義の口座に振込を行う場合(資金移動を行う場合)には、振込手数料が無料になります。

また、前の月の預金残高が3000万円を超えている場合には、月に5回振込手数料が無料になります。

ジャパンネット銀行の普通預金金利

ジャパンネット銀行の普通預金金利は預金残高が100万円未満の場合0.03%、100万円以上1000万円未満の場合0.04%、それ以外(1000万円以上)の場合0.05%となっており、他のネットバンクと比べると(普通銀行と比べても)高く設定されています。

この金利が決まる預金残高は毎月24日の最終残高で決定されます。

ジャパンネット銀行の定期預金金利

ジャパンネット銀行の定期預金金利一覧

ジャパンネット銀行は定期預金金利も普通預金金利と同様に、100万円未満、100万円以上1000万円未満、それ以外(1000万円以上)で変わってきます。

参考値として、預金残高が100万円未満で6ヶ月の定期預金だと0.1%、100万円以上1000万円未満だと0.102%、1000万円以上だと0.104%になります。預金残高のランクが上がる毎に0.02−0.03%金利が上がるイメージです(性格な値は公式HPを参照してください)。

ジャパンネット銀行の管理画面とセキュリティ

ジャパンネット銀行の管理画面

ジャパンネット銀行の管理画面はPCの管理画面、アプリ共に青を基調にしたとても見やすい仕様になっています。ログインに必要なのはカードに記載されている店番号と口座番号、ログインIDとパスワードです。ログインIDの設定は任意ですが、設定することでセキュリティが高くなります。

アプリは9個の点を任意に結ぶパターンを登録することでログインをすることが出来ます。

ジャパンネット銀行のアプリログイン画面

また、振込時には口座開設時に配布されるトークンに表示される6桁の数字が必要になり、セキュリティが高まっています。

ジャパンネット銀行のトークン

ジャパンネット銀行のキャッシュカードとデビットカード

ジャパンネット銀行のキャッシュカード

ジャパンネット銀行のキャッシュカードは、キャッシュカードとしての機能とデビットカードとしての機能がデフォルトで一枚になっています。

デビットカードは国際ブランドがVISAなので、VISAのクレジットカードが使えるところでしたら「基本的には」どこでも使えることになります(一部デビットカードが使えないお店もあります)。VISAデビットとして使う際に差し出す方向と、キャッシュカードとしてATMなどに差し込む方向が違うのでご注意ください。

他のネットバンクでデビットカードを発行出来るところだとわざわざ別に注文しなければいけないところもあるので便利です。18歳以下でクレジットカードが作れない方でもこのデビットカードを持つことでネットショッピングがかなり便利になります。

ジャパンネット銀行の取扱サービス

外貨預金
カードローン 最高1000万円。金利2.5%−18%。ジャパンネット銀行の口座を既に持っていれば最短即日。
多目的ローン 最高200万円。
住宅ローン
投資信託 -
証券仲介 -
外貨FX JNB-FX PLUSという名前。一般タイプと初心者タイプの2種類。必要な金額は、一般タイプなら約定金額の4%の証拠金+0円の取引手数料+スプレッド評価損、初級タイプなら約定金額の100%証拠金+0円の取引手数料+スプレッド評価損。
インターネット投票 中央競馬、南関東4競馬、オッズパーク、ボートレース、競輪、オートレース等の即時投票が可能。
宝くじ・TOTO購入 BIG、toto、ナンバーズの購入が可能。
予約振込 32日後までの予約振込が可能(取り消しは前日24時まで)。
一括振込
定額自動振込
リアルタイムでの即時送金 ジャパンネット銀行宛て、23時59分までに振り込んだ場合、即時入金。その他の銀行宛ては平日15時までに申しこめば当日中に入金。
海外送金 - 取り扱っていません。
外貨送金 - 取り扱っていません。
楽天Edyチャージ - 不可。
公共料金の引き落とし
Payeasy 2016年4月から本格的に対応。
損害補償 キャッシュカード盗難の補償:年間50万円。インターネットバンキングの不正への補償:年間500万円。
メール通知
振込先登録 最大99件。
受取人口座確認

ジャパンネット銀行の口座開設の流れ

ジャパンネット銀行の公式HPから申し込み。まずはネットキャッシング機能付きか否かを選択→次にキャッシュカードの種類は通常のカードかファミマTカード機能付きのものを選択し、本人情報を入力します。

情報入力→申し込みが完了したら本人確認書類を送付します。

スマートフォンをお使いの方は本人確認送信専用アプリで写真を撮って送付するのが口座開設が早まるし手間も少ないのでオススメ(利用できるのは運転免許証、カード型の健康保険証のみ)。

もしも郵送で本人確認書類を送付する場合には、運転免許証、カード型健康保険証のコピーの他に、パスポートや住民票の写しなども利用できますが、書類到着→返送という手間と時間がかかります。

スマートフォンのアプリで本人確認書類を提出した場合、アプリで本人確認書類の写真を提出後、最短5日程度でキャッシュカードとトークンが到着。

郵送で本人確認書類を提出した場合、書類が「返送されてから」最短1週間から10日程度かかります。

キャッシュカードとトークンが届いたら最初の1回は専用画面から初期設定をします(キャッシュカードの裏に記載されている初期設定番号が必要になるのでキャッシュカード到着までは設定できません)。

ジャパンネット銀行の初期設定画面

初期設定が完了したら利用が可能になります。