電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ANA VISAカード(ANAマイルを貯める代表格カード)

ANA VISAカードはANAと三井住友カードが提携して発行しているカードです。

iDが標準搭載されることになりカードとしての利便性がぐんとアップしました。iDを使うとポイントがもらえるキャンペーンを開催していたり電子マネーとの連携にも力を入れています。

ANA VISAカードの詳細

ANA VISAカードは大きく分けて3つのコースがあります。通常のカードと、Suicaが付帯したカードと、ワイドカードという名前のゴールドカードです。

通常のカードとSuica付帯のカードは基本的なステータスに大きな違いはないのでお好みでどちらを選んでも良いかなと思います。

通常のANAカードとゴールドカードの違いは、年会費が前者が2,000円なのに対して、後者は14,000円で、マイル付与率が違うというよりは海外旅行保険が高いなどその他の保障サービスが充実してくる形なので、保険を別のカードで補って、マイルを貯めたいという方は通常のANAカード+10マイルコース(1ポイントが10マイルに交換できるサービス(年間6000円)で良いかと思います。

またANAカードで迷われるもう一つの選択肢はANAとJCBが提携して発行しているANA JCBカードだと思うのですが、両者のカードサービスはほとんど変わりません。

バックについているのが三井住友のこちらのANA VISAカードのほうがマイペすリボなどの各種サービスのお陰で年会費が安くなったり、電子マネーのiDが付帯していたりとお得なので、どちらかといえばANA VISAカードが有利かなと筆者は思います。

ボーナスポイントが地味に嬉しい

いや、地味にというかとても、嬉しい。入会時に1000マイル、一年後に継続する際にも1000マイルのボーナスマイルがデフォルトで、自動的に付与されます(ワイドカードは2000マイル)。

他にも入会キャンペーンが豊富なので可能な限りでマイルをもらってしまいましょう。

ANAマイルを貯めるための鉄板カード

ANAマイルを貯めている人の多くが保有している鉄板カードではあるのですが弱点はあります。海外旅行保険は自動付帯で付いているのですが、内訳で怪我をした際の保障が付与されていないということです。旅行によく行かれる方がこれ1枚で十分と考えるのには弱いかもしれません。

なので、別に旅行保険に強いカードを保有した上で、ANAマイルを貯めるように作れば、安心+お得の2つが手に入るのでオススメです。

カード名 ANA VISAカード
国際ブランド VISA/MasterCard/
年会費 2,000円 ( 税抜 ) 初年度無料キャンペーン。WEB明細書サービスに申し込みで、かつ、1年間で6回以上請求がある(カードを使った)方は500円引き。
ポイント名 ワールドプレゼントポイント レート:1,000円で1ポイント。貯まったポイントは1ポイント=5マイル、もしくは、1ポイント=10マイルに交換可能(10マイルコースは移行に別途6,000円(税別:年間))必要。
海外旅行保険 【 自動付帯 】 1000万円
その他保険
  • 国内航空傷害保険 【自動付帯】最高1000万円
  • ショッピング補償 年間100万円まで
ETCカード 年会費:500円 年に一回使用すれば無料。
家族カード 年会費:1,000円 初年度無料。マイペイすリボに登録→活用で500円ほどの割引あり。
家族カードETC 年会費:500円 年に一回使用すれば無料。
電子マネー
  • iD (標準搭載)
  • Suica (ANA VISA Suicaカードなら標準搭載)
  • PiTaPa (分離型カード)
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • モバイルSuica (付かない)
  • 楽天Edy (付かない)
  • nanaco (付かない)

ANA VISAカードの申し込み方法・注意点

公式サイト(キャンペーンサイト)から、一般カード、ワイドゴールドカード、Suicaカードの中からお好みのものを選択(よくわからなければまずは一般カードで良いと思います)。

三井住友カードの申し込みページから各種情報を記入し申し込み。

最短で1週間ほどでカードが届きます(申し込みページでインターネットで口座設定をした場合。郵送で口座設定をした場合は返送手続きがあるためもっとかかります)。

ANA VISAカードを評価する