電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

リクルートカード(1.2%を越える高還元率カード)

リクルートが発行するリクルートカードは高還元率カードの代表格。元々はリクルートカードプラスという年会費はかかってもより高還元率のクレジットカードが発行されていたのですが、そちらは新規募集を停止してしまいました。年会費完全無料のリクルートカードのみが残った形です。

とはいっても、年会費完全無料なのにかなり実力が高いクレジットカードになっています。

リクルートカードのポイント制度

リクルートカードは100円で1.2ポイント貯まります(還元率1.2%)。数あるクレジットカードの中でも最高クラス。

貯まるポイントはリクルートポイントで、ポンパレモールでのお買い物時に使えたり、じゃらんや、ホットペッパービューティで予約する際に1ポイント1円分として使えるほか、1ポイント=1Pontaポイント=1円分でPontaポイントに交換することも出来る。

昔はリクルートポイントはリクルート系のサービスでしか使えないことが弱点だったのですが、ポンタポイントにするとローソン大戸屋など幅広い店舗で使えます。

【電子マネーとの相性も抜群】チャージポイントも付く

リクルートカードを使いこなせるか否かのポイントはこの電子マネーの使い方にある。

JCBブランドのリクルートカードは、楽天Edy、nanaco、Suicaなどにチャージをしても満額(リクルートカードは100円で1.2ポイント、リクルートカードプラスは100円で2ポイント)のポイントが付くクレジットカードなんです。

例えば、リクルートカード(JCB)からnanacoに1000円お金を移しただけで、12ポイント=12円分のリクルートポイントが貰えてしまい、さらにnanacoでセブンイレブンで買い物をすれば100円につき1nanacoポイントが貰えるので、1000円分の買い物をしたら10ポイント=10円分のnanacoポイントが手に入りポイントの2重取りが可能になる。

合わせると1000円で30円分のポイントが手に入ったことになり、還元率は2.2%に跳ね上がる(上記の例で出したセブンイレブンではボーナス商品も多々あるので、それを狙えばさらに還元率は上がってくる)。

ただし国際ブランドの選択でチャージポイントが付く電子マネーが変わってきます。

  • 国際ブランドでJCBを選択したら、nanacoにチャージした際にポイントが付く。
  • 国際ブランドでVISAを選択したら、楽天Edyにチャージした際にポイントが付く。

この2択で普段お使いの電子マネーから国際ブランドを選ぶことをオススメします。

リクルートカードは旅行保険もすごい

  • 海外旅行保険:最高2000万円(利用付帯)
  • 国内旅行保険:最高1000万円(利用付帯)

利用付帯(クレジットカードで旅行費を支払って初めて保険が適応される)ではあるが、年会費が完全無料なのにしっかりと保険が付いているのはかなり有り難い(年会費が無料でポイントが付きやすいカードは予算の都合上旅行保険はついていないことが多いのだけど流石リクルート・・・)。

ショッピング保険が年会費無料カードとしてはあり得ない200万円分

ショッピング保険はカードを使って購入した商品が盗難などの被害にあったときにその金額をしてくれるサービスです。これが200万円分付いています。しかも、国内利用分と海外利用分の両方共、です。

例えば年会費が有料のJCB一般カード(条件次第で年会費無料にはなるけど)でも最高100万円で、しかも海外での利用分のみです。JCB一般カードも保険サービスは高いのですが、その2倍。

何度だって繰り返しますが、年会費無料カードでこれはあり得ません。笑

リクルートの運営サービスとの連携でさらにポイントアップ

リクルートは数多くのウェブサイトを運営しており、それらのサービスとリクルートカードを組み合わせると更にお得感が増す。

代表的なのはポンパレモール。オンラインのショッピングサイトで常時3%のポイントが付くお得なサイトなのだが、このポンパレモールでの決済をリクルートカードで行うと通常の3%のポイントに加えて更にカードのポイントが加算され、4.2%のポイント還元が受けられる(この3%の還元というのは最低でも3%なので、それ以上も十分狙えます)。

まとめ

メインカードとしても充分に使える実力を備えています。

日常の支払い(電子マネー払いが出来るところはリクルートカードからチャージした電子マネー払いで!)、公共料金や高速道路の料金など全てまとめてこのカードで支払うことを心がければ、ポイントをざくざく貯めることが出来る。

カード名 リクルートカード
国際ブランド VISA/JCB/
年会費 完全無料
還元率 1.2% 月に使った金額の1.2%分のポイント。
ポイント名 リクルートポイント レート:1ポイント=1円相当(Pontaポイントへも同率で交換可能)
海外旅行保険 【 自動付帯 】 2000万円
国内旅行保険 【 利用付帯 】 1000万円
ETCカード 年会費:0円 ※リクルートカード(JCB)。リクルートカード(VISA)は発行手数料1,000円(税抜)。
家族カード 年会費:0円 リクルートカード(VISA/JCB)は無料。
家族カードETC 年会費:0円 ※リクルートカードプラス/リクルートカード(JCB)。リクルートカード(VISA)は発行手数料1,000円(税抜)。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付く) VISAのみ。還元率1.2%。
  • nanaco (付く) JCBブランドのみ。還元率1.2%。
  • モバイルSuica (付く) VISA/JCB共にポイントが付く。還元率1.2%。
  • SMART ICOCA (付く) VISAのみ。還元率1.2%。

リクルートカードの申し込み方法・注意点

公式HPから申し込み画面へ。リクルートの会員登録をしていない方は会員登録をしてから先に進みます。既にリクルートのサービスを使ったことがあり(ホットペッパービューティやじゃらんなど)、会員登録済みの方はIDとパスワードを入力して先に進む。

リクルートカードのID入力画面

次に作成するカードを選択する。

選択肢は、

  1. リクルートカード(VISA)
  2. リクルートカード(JCB)

の3つ。選択したら詳細入力画面へ移動。

リクルートカード(VISA)を申し込んだ方は三菱UFJニコスのHPから、

リクルートカード(VISA)の申し込みページ

リクルートカード/リクルートカードプラス(JCB)を申し込んだ方はJCBのHPからそれぞれ詳細情報を入力して申し込み。

リクルートカードプラス(JCB)の申し込みページ

情報の入力が完了したら審査→カード発行となります。

発行までの日数は最短で3-5営業日。7営業日ほどで到着したという口コミが多いです。

申し込んだカードの種類やそのときの混雑状況によって多少変わってくるので、できるだけ余裕を持って申し込みをしてください。

リクルートカードを評価する