電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

「ビュー・スイカ」カード(交通系最強のSuicaとの組み合わせで移動と買い物のダブルで便利)

「ビュー・スイカ」カードはJR東日本のSuica圏内に住んでいる人にオススメできるカードです。クレジットカードと定期券機能を一枚にすることが出来ます。定期券を使わない方でも交通系電子マネーの中でも最高の発行枚数を誇るSuicaを日常的に使う方なら便利に、お得に使えます。(新)社会人の方で一枚目に何を作ろうか考えている方にもオススメ。

年会費は477円(税抜)と少しだけかかってきますが、その分のお得は十分に付いてきます。貯まるポイントはビューサンクスポイント。貯まるポイント比率は1,000円で2ポイントです。

ApplePayを利用される方にもオススメできるクレジットカードです。

Suicaへのチャージと定期券購入でポイントが3倍

「ビュー・スイカ」カードはSuicaにチャージをするとき(オートチャージ含む)、また、定期券を購入するときにもポイントが3倍に、デフォルトで1,000円で2ポイントのポイントが1,000円で6ポイント(=約15円分)が貯まります。

他にも、乗車券、特急券、グリーン券、回数券などの購入の際にも「ビュー・スイカ」カードを使えばポイントが3倍貯まります(これらのポイントアップ対象の商品や券は「VIEWプラス対象商品」と呼ばれます)。

例えば、20,000円の定期券を購入したとして、その支払いを「ビュー・スイカ」カードで行えば、120ポイント(=約300円分)が貯まります。20,000円で300円返ってくるので、還元率は1.5%と高還元率カードの仲間入りです。定期券や特急券は定期的な出費なのでこれは嬉しい。

これに加えて、年間の使用額に応じてボーナスポイントも用意されているので、還元率はさらに上がってきます。ボーナスポイントは最高で年間150万円以上使った時に2100ポイント(=約5,250円分)が貰えます。これは難しい方でも、年間に30万円以上使ったときにも100ポイント(=約250円分)、70万円以上使った時にも400ポイント(=約1,000円分)のボーナスポイントが用意されているので日常的にSuicaを使う方、定期券である程度の仕様額を稼げる方は狙って行きたいところ。

モバイルSuicaを使いたいなら持っておきたい

 Suicaの残高確認や使用履歴、定期券や特急券(モバイルSuica限定の割引価格で)の購入までもがスマホから出来る便利なモバイルSuica。通常だと年会費が954円(税別)でかかるのですが、ビュースイカカード利用者なら無料で使えます。年会費477円のちょうど2倍の価格の年会費が無料になるので、これだけで年会費分の元はとったようなものです。

「ビュー・スイカ」カードのその他付帯サービス

交通系電子マネーのSuicaと密接に関係していることだけが表に出ている「ビュー・スイカ」カードですが、旅行保険も付帯しています。

ただし、金額は海外旅行保険の死亡・後遺傷害で最高500万円と年会費がかかるカードにしては額が低いので、保険目当てのカードは別に作ったほうが良いかも。

「ビュー・スイカ」カードまとめ

定期券の購入から、駅近くのお店なども買い物までコレ一枚でお得に使いこなせるカードです。普段からSuicaを使う方、新社会人の方から転勤などでSuica利用エリアに引っ越してきた方、モバイルSuicaを使いたい方まで、幅広くオススメ出来ます。

特にモバイルSuicaの便利さが圧倒的すぎて、一度使ったら手放せないので、そこにオートチャージの機能も設定でき(オートチャージが設定できるのはビューカードとほんの一部のカードだけ)、しかも「ポイントが3倍貯まる」ビュースイカカードは、メインカードとしてもサブカードとしてもオススメ出来ます。

カード名 「ビュー・スイカ」カード
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/
年会費 477円 ( 税抜 )
還元率 0.5%
ポイント名 ビューサンクスポイント レート:1,000円で2ポイント、定期券やSuicaチャージの場合1,000円で6ポイント(400ポイントで1,000円分のびゅう商品券、などと交換可)
海外旅行保険 【 自動付帯 】 最高500万円
国内旅行保険 【 利用付帯 】 最高1,000万円
その他保険
  • 紛失盗難補償 クレジットカードの補償だけではなく、定期券一体型をお使いの場合、定期券分も補償。さらにSuicaへのチャージしていた金額も補償。
ETCカード 年会費:477円
電子マネー
  • Suica (付帯)
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • モバイルSuica (付く) ポイント3倍(1,000円で6ポイント)。オートチャージの場合も同様。
  • 楽天Edy (付かない)
  • nanaco (付かない)
  • SMART ICOCA (付かない)

「ビュー・スイカ」カードの申し込み方法・注意点

公式HPから「ビュー・スイカ」カードの申し込みへ。

規約同意の上に「オンライン入会のためにはプリンターとメールアドレスが必要」という文言がありますが、引き落とし口座が三菱東京UFJ銀行、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、りそな銀行三井住友銀行、ゆうちょ銀行などで、オンライン口座設定に対応している場合にはプリンターは必要ないので安心して進んでください。

ビュースイカカード申し込み画面

 

基本情報を入力します。

ビュースイカカードのオートチャージ設定

オートチャージを利用するか否か、ビューETCカードを発行するか否か、の設定もするので利用する方はチェックをお忘れなく。

その後、オンラインで口座を設定が出来た方はそのまま審査に移ります。

ビュー・スイカ・カードの必要書類ダウンロード画面

もしもオンライン口座設定が出来なかった場合(対応していない口座をお使いの場合)、申し込み完了ページで郵送する書類がダウンロード出来るのでプリントアウト後、必要事項を記入して郵送します(封筒も組み立て式で作れます)。

カードの発行までオンライン口座設定なら7営業日、郵送で口座情報を送った場合は10営業日が目安になります。

カードが到着したらビューカードの会員サイトのVIEW’s NETへの登録を忘れないようにしましょう。

「ビュー・スイカ」カードを評価する