電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ドトールの支払い方法

ドトールのロゴ
電子マネー 独自の電子マネー → 店舗毎の検索はこちら 2,000円以上を入金すればチャージ額の5%分が還元される(還元率アップあり)。チャージ方法は店頭での現金払いか、オンラインで会員登録後クレジットカード払い。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 2015年10月から全店舗で使用可能に。交通系電子マネーは系列店のエクセルシオールカフェ全店でも使える。
相性の良い電子マネー ドトールバリューカード、交通系電子マネー ドトール全店で使える。※ドトールバリューカードは今のところエクセルシオールカフェでは使用不可。
クレジットカード 使えない ドトールバリューカードを保有していて、会員登録を済ませていれば、クレジットカードチャージが利用可能(VISAとMasterCardのみ)
貯まりやすいポイント Tポイント
デビッドカード 使えない
商品券・ギフトカード ドリンクチケット 取り扱い店舗は限られています
ポイントカード Tポイントカード 100円で1ポイントが貯まります。
現金いらず得点 3.9点(5点満点中) 常連ならドトールバリューカードを作るのがオススメ。初めて入る方でも交通系電子マネーの残高があれば気軽に入れる。
公式HP http://www.doutor.co.jp/

ドトールで使える電子マネー

ドトールではドトール全店共通の独自の電子マネー、ドトールバリューカード(DOUTOR VALUE CARD)が使えます。

ドトールバリューカード

カードは1枚300円ですが、購入時に300ポイント貰えるので実質タダで購入可能。チャージは1,000円単位でポイントも貯まります。

ドトールバリューカードへのチャージ方法

チャージをする方法はバリューカードを購入後、

  • 店頭で現金でチャージをする。
  • オンラインで会員登録をしてクレジットカードでのチャージ(VISAとMasterCardのみ)

の2種類が用意されています。

ポイントを貯める方法は2種類

まず、2,000円以上を入金すればチャージ額の5%(※)のポイントが貯まり、さらに、商品購入時にも100円で1ポイントが貯まります。

※チャージで貯まるポイントは年間利用額によって増えていきます。

  • 年間2万円以上ドトールで利用すれば翌年から2,000円以上のチャージする度にチャージ額の7%のポイントにアップ(ゴールドランク)
  • 年間5万円以上ドトールで利用すれば翌年から2,000円以上のチャージする度にチャージ額の10%のポイントにアップ(プラチナランク)

日常的にドトールに行く方はもちろん、3日に1度くらいドトールを利用する方ならランクアップも狙えて、かなりお得です。還元率10%になったらかなり美味しい・・・。

注:ドトールバリューカードが使えるのはドトールのみで、系列店のエクセルシオールカフェでは使えません。

交通系電子マネーも全店で使用可能に

2015年の10月1日から全店舗でSuicaやPASMO、ICOCAを初めとする各種交通系電子マネーも使用可能になりました。バリューカードと違い、系列店のエクセルシオールカフェでも全店舗で使えます。

これはかなり嬉しいことです。当然、上記のドトールバリューカードのほうがお得ではありますが、多くの人が保有している交通系電子マネーに対応したことで気軽に支払いを行うことが可能になりました。

その他、楽天Edy等の電子マネーは基本的に使えません。電子マネーを使えるドトールもありますが、使える電子マネーの種類は入っているテナント等によって異なっています。楽天Edyが使えるところもあれば、nanacoが使えるところもあります(アリオの中に入っているドトールなど)。よく使うドトールの店舗では何の電子マネーが使えるか(もしくは使えないのか)を予め確認しておきましょう。

auWALLETやソフトバンクカードは使えないです。

ドトールはTポイントで支払える

ドトールは全店舗でTポイントが貯まり(100円につき1ポイント)、また、Tポイントでの支払い(10ポイントが10円分)も可能です。

Tポイントカードや、Tポイントと連携したクレジットカードを持っていて、TSUTAYA等で日常的に活用しており、ポイントが溜まりやすいサイクルが出来ていれば良いのですが、ドトールだけで珈琲代金を貯めるのは長い時間が必要かも(200円の珈琲を100杯飲んでようやく200円分なので)。

ソフトバンクモバイルでTポイントが貯まるようになったので(ケータイ料金1000円につき5ポイント)、ソフトバンクユーザーの方は貯まったTポイントをコーヒー代として使うのも良い使い道かと思います。

ドトールでクレジットカードは使える?

残念ながらドトールでのクレジットカード払いは出来ません。

ただし、ドトールバリューカードをお持ちの方でしたら、会員登録後、バリューカードにクレジットカードチャージをすることで間接的なクレジットカード払いが利用可能です。

チャージの際に使えるクレジットカードの国際ブランドはVISAとMasterCardのみ(もしくはOMCカード)ですのでご注意ください。

ドトールバリューカードのクレジットカードチャージ画面

ドトールで使える商品券・ギフトカード

VISA、JCBが発行しているギフトカードはもちろん、ジェフグルメカードも使えないのでご注意ください。

また、商品券ではありませんが、220円分の珈琲が11杯飲めるドリンクチケットが2,200円で店頭で売られています(取り扱い店舗は限られていますのであらかじめこちらから検索してみてください)。

本来なら2,420円かかるところが、1杯分お得になるチケットです。同じ店舗をよく利用される方なら間違いなくお得になります。

ドトール珈琲のドリンクチケット

※220円以上のものを注文する際には差額を払う必要あり。また、使えるのはドリンクチケットを購入したそのドトールの店舗のみ、なのでご注意ください。

ドトールで現金は必要?

→必要ありません。

2015年の10月から独自の電子マネーであり、お得度の高いバリューカード、さらに誰でも持っている交通系電子マネーに対応されたことで支払いがかなり便利になりました。

直接レジで支払う際にクレジットカードに対応していないのは残念ですが、スターバックスと比べて価格帯が安いのでやむを得ないのかなと思います。

ドトールってどんなお店?

ドトール珈琲は日本初のチェーン店のカフェ。ちなみにドトールとはポルトガル語で医者や博士と言った意味である。創業者の鳥羽博道氏は喫茶店の店長を経験後、ブラジルの珈琲農園で働き、帰国してドトールコーヒーを創業した。

系列店のエクセルシオールカフェはイタリア流の上質なエスプレッソを提供するワンランク上の珈琲店として作られたブランド。1999年に誕生。

What's new
ApplePayについて最新情報をまとめています