電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

dポイントってどんなポイント?

dポイントって何?

dポイントはドコモが作った共通ポイント。dポイントが登場する以前はDocomoポイントというポイント制度でしたが、そのシステムを一新する形で2015年12月に登場しました。

dポイントを活用する準備

dポイントは利用する前に、dポイントカード、クレジットカードのdカード(元々はDCMXカードという名前でした)、おサイフケータイのiDで貯めるd CARD miniという3つの選択肢のうちのいずれかを保有、利用している必要があります。

Docomoユーザー以外の方でもdポイントカードを作ってdポイントクラブに登録すれば、利用することが出来ます。

dポイントカードの作り方

dポイントカード

dポイントカードはドコモショップやdポイントが使えるお店、例えばローソン、マクドナルド(都内の店舗のみ)、タワーレコード(渋谷店や難波店)などで貰えます。

dポイントクラブに登録

dポイントカードをもらったら、dポイントの公式サイトからカードを登録しましょう。その際に、dアカウントに登録する必要があります(あなたの情報とカード情報を結びつけるため)。

dポイントクラブ(ログイン後)

登録をすると現在のポイントやステージ情報(後述)が確認できます。

dポイントが付くお店・使えるお店

dポイントは、ポイントを使うことができるお店、ポイント付くお店はローソンマクドナルド(都内)がメインです。その他、タワーレコード(渋谷店、難波店)、オリックスレンタカーなど。

Docomoが運営するオンラインモールのdマーケットもdアカウントを持ってればdポイントを購入代金の一部として使うことが出来ますので、ポイントを使ってファッション用品も本も食料品も購入可能です。

登場したときにはまだ使える店舗が少なかったのですが、dポイントカードだけではなく、dカード払いのとき、iD払いのとき、dケータイ払いプラス(※)で支払ったときにポイントが付くお店、ポイントが使えるお店を含めるとその数はかなり豊富になってきました。

※dケータイ払いプラスとは?

あらかじめ登録しておけば4桁の暗証番号を入力するだけで決済できるドコモケータイ払い(携帯料金と一緒に請求されます)のdポイントを使う&使えるバージョン。サイトがdケータイ払いプラスに対応しているサイトならdポイントを貯める&使えます。例えば、ABCオンラインストア、JINS、メルカリ、DHCストアオンライン、ソニーストアなどがdケータイ払いプラスに対応しています。

dポイントが貯まるクレジットカード

Docomoは昔はDCMXカードというクレジットカードを発行していましたが、dポイントが作られるのと同時にdカードというクレジットカードにリニューアルしました。dカードの年会費は1,250円(実質無料で使えます)、dカードゴールドは年会費10,000円です。

dカードとdカードゴールド

貯まるポイントはdポイントで、dポイント特約店でポイントが最大4倍になります(お店によって異なる)。例えばエネオス、高島屋、JAL、オリックスレンタカー、スターバックスカードへのチャージなどが特約店として名を連ねています。

また、ローソンで使うと一部の商品を除いて3%オフになるといった特典も用意されています。

dポイントのステージ制度

dポイントにはステージ制度が用意されています。

ステージ名 条件(どれか1つを満たしていること)
レギュラー
  • 600ポイント以下。
ブロンズ
  • 半年で600ポイント以上を獲得すること。
  • Docomoを10年以上利用している。
  • dカードの保有者であること。
シルバー
  • 半年で3000ポイント以上を獲得すること。
  • Docomoを15年以上利用している。
ゴールド
  • 半年で10000ポイント以上を獲得すること。
  • dカードゴールドの保有者であること。

ドコモのケータイ料金、光通信の料金に応じて貯まるポイントはゴールドになると1,000円につき100ポイント貯まり、それ以外は1,000円につき10ポイントです。つまり、ゴールドなら携帯料金が月に8,000円なら月に800ポイント、年に9600ポイント貯まりますから、これだけで、dカードゴールドにする価値があると言えるでしょう(ぶっちゃけ半年間で10000ポイント貯めるよりずっと楽です)。

その他ステージに応じたクーポンが発行されたり、優待が受けることが出来たりします。

dポイントはPontaポイントに交換できる

dポイントの大きな魅力の1つとして、DocomoユーザーならPontaポイントと相互交換が可能な点が挙げられます。
dポイントで使えないようなお店でも、Pontaポイントなら支払いが出来る(例えば大戸屋とか)ということもありますから、使い道はかなり広いです。

注意しなけばいけないのはdポイント1ポイント=Pontaポイント1ポイントで相互交換出来るのは間違いないのですが、dポイントをPontaポイントにする際には手数料が250ポイントかかります。

また、dポイントからPontaポイントへの交換は5000ポイント以上から可能で、年に2回まで(3回目以上は5000→2500ポイントになってしまいます)なのでこちらも注意が必要。

逆のPontaポイント→dポイントへの交換は手数料はかかりませんし、100ポイントから交換が可能です。

dポイントのまとめ

dポイントはハッキリ言って、ポイントシステムの中ではかなり後発組です。

いくらDocomoユーザーを引き連れて登場したからといって、既に使っている人が多い楽天スーパーポイントやTポイント、Pontaポイントが列挙する共通ポイント市場にいきなり飛び込んでいってユーザーの馴染みのポイントになるのは難しいはず。

・・・ということは、そのフリを覆すため、大きなメリットや特典がこれからも打ち出してくる可能性が高いということです。Docomoからすれば、dポイントはユーザーを確保し続ける(他社に移らせない)大きな手段の1つなわけですから、dポイントユーザーはそのメリットを享受していきましょう。

現状でもローソンやマクドナルドなどを日常的に使っている人にはかなりお得で、使いやすいポイントになっています。