電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

CooCaについて(すき家やCOCO’Sなどゼンショーグループで使える電子マネー)

CooCa

チャージ限度額 100,000円
チャージ単位 1,000円
一回当たりの最大チャージ額 49,000円
有効期限 2年CooCa取扱店で2年間、支払い、チャージが行われなかった場合に失効する。
チャージの方法 現金(店頭)/クレジットカードチャージ(WEB)/ApplePayチャージ(WEB)/オートチャージ オートチャージはVISAとMasterCardのみ。
公式HP https://www.coo-ca.jp/

CooCa(クーカ)って何?

CooCa(クーカ)は飲食店で全国展開をしているゼンショーホールディングスの運営店舗で使える電子マネー。

ゼンショーと聞いてピンと来ない方でも、以下の使えるお店を見れば普段からものっすごくお世話になっている方も多いはず。

CooCaはどこで使えるの?

すき家COCO’Sはま寿司ジョリーパスタビッグボーイなどゼンショーグループのお店で使えます。

企業が発行する電子マネーは「そのお店を使わなくなったらオシマイ」という懸念点があるのですが、ゼンショーは牛丼、ファミレス、回転寿司、イタリアンなど各ジャンルで大人気のチェーン店を運営していますから、使わなくなるという心配は少ないかと思います。

CooCaの作り方

CooCaはすき家やCOCO’Sなど対応店舗で配布されています。

作成料金や年会費はかかりませんが、作成時に1,000円のチャージ料金が必要になります。

CooCaカードを作ったら会員登録しよう

CooCaカードは作っただけではレジでチャージ&支払いが出来るだけの電子マネーです。

公式サイトから会員登録をすることで、WEBからクレジットカードチャージが出来たり、貯まったポイントをクーポンにしてゼンショーグループのお店で使えるようになります。

会員登録するに当たって、氏名、住所、メールアドレス(空メール送信)、カード番号、PIN番号(CooCaカードの裏面でスクラッチを削って表示される番号)などが必要になります。

CooCaで貯まるポイント

CooCaでは支払い200円につき1CooCaポイントが貯まります。還元率は0.5%です。クレジットカード会社によってはCooCaへのチャージでもポイントが付くので、クレジットカードのポイントが仮に1%だと仮定すると、それに加えてCooCaポイントで合計1.5%の還元率が狙えます。

すき家で牛丼を食べてここまでポイントが付くのは嬉しい。

貯まったCooCaポイントの利用方法

貯まったCooCaポイントは、100ポイント=100円分のCooCaクーポンにすることで、すき家やCOCO’Sなどゼンショーグループのお店で使えるようになります。

CooCaのポイントをクーポンに変換

クーポンにするためには会員登録が必要です。

CooCaへのチャージ方法

CooCaはチャージ方法が豊富です。

各CooCa店舗での現金チャージの他、メンバーページでのクレジットカードチャージ、ApplePay払い、オートチャージ(残金が足りなくなったら自動的にチャージされる設定)の設定も可能。

CooCaにチャージ

クレジットカードチャージはVISA、MasterCard、JCB、American Express、DinersClubの各国際ブランドのクレジットカードが利用可能。

CooCaにクレジットカードチャージ

クレジットカード情報を入力しなくてもアップルペイから支払うことも出来ます。

CooCaにアップルペイからチャージ

オートチャージはVISAとMasterCardのクレジットカードのみですのでご注意ください。

CooCaにオートチャージ

CooCaのメリット、デメリット

メリットは、飲食店が発行している電子マネーとしては珍しくクレジットカードチャージどころかオートチャージ機能まで備えていて利便性は抜群。クレジットカードが使えるようになっているすき家でも、一度CooCaにチャージをしてから支払うことで、さらにポイントが貯まります。

さらにドトールが発行している電子マネー、ドトールバリューカードなどと違って、1つの飲食店ブランドでしか使えないというわけではなく、日本の飲食チェーンを支える超大手ゼンショーグループの各ブランド、すき家、COCO’S、はま寿司、ジョリーパスタなどなどで使えるというのも大きい。

デメリットとしては、ゼンショーグループが如何に巨大だとはいっても、やはり財布の中にカードが増えるのは好ましくはないことでしょう。

結論として、CooCaは、ゼンショーグループのお店いずれか1つでもかなりの頻度で通っている方、もしくは、ゼンショーグループのお店を2つ以上を日常的に使う方だったら作っておいたほうが良い電子マネーだと思います。