電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

クレジットカードから電子マネーにチャージしてみた【実例】

クレジットカードで電子マネーにチャージ

「クレジットカードから電子マネーにチャージ?何語を喋っているのだ貴様は?」という方はこちらの記事から読んでみてください。

簡単に解説すると、電子マネーは購入するものですから、クレジットカードで支払いが出来るということです。

  • まだnanacoとか楽天Edyとかコンビニで、「1,000円チャージで」 とか言って一々チャージをしていませんか?
  • せっかく電子マネーを使っているのにわざわざ現金で支払って面倒くさくないですか?
  • スマートフォンやPCからちゃちゃっとチャージを出来たら素敵ではありませんか?

ということで今回は、まだ電子マネーに現金でチャージをしている方のために、実際にクレジットカードから電子マネーにチャージする実例をお見せして、イメージを掴んでいただこうというコンセプトです。

【実例1】nanacoのチャージ方法

nanacoはクレジットカードからのチャージが簡単な電子マネー。チャージができるクレジットカードの種類も豊富です。

nanacoをすでに作ってあること、nanacoポイントクラブに登録してあること、クレジットカードを登録してあることを前提として進めていきます(※)。

※まだの方は「nanacoについて」で詳細を解説しているので参考にしてください。

PCからでも出来るのですが、今回はスマホからチャージをする手順を実例としてお見せします。

会員サイトにログイン

まずnanacoの公式サイトから「会員ログイン」をクリックしてログインしてください。

nanacoの会員ログインページ

クレジットカードチャージの申し込み

次にメニューから、「クレジットチャージ」を選択します。

nanacoの公式サイトでクレジットチャージを選択

登録してあるクレジットカードが正しいかどうかを確認して、クレジットチャージの申し込みをタップ。

nanacoクレジットチャージ申し込み

金額(nanacoの場合は5,000円から1,000円単位)と事前に設定したクレジットチャージパスワードを入力します。

nanacoへのチャージ金額とパスワードを入力

今回は5,000円をチャージ。

nanacoにクレジットカードから5,000円のチャージをする確認。

nanacoにチャージの申込完了

これで申し込み完了です。クレジットカードの登録などの初回の準備が整っていれば簡単!

クレジットカードからnanacoにチャージの申し込み完了。

残高確認をして、チャージした分を反映させる

ただし注意したいのは、これはあくまで「申し込み」が完了しただけで、すぐに使うことは出来ないということ(nanacoではこの入金が完了しただけの状態をセンターお預かり分といいます)。

nanacoのセンターお預かり分

上が現在のnanacoとして使える残高。下がセンターで今、入金した分です。 このセンターお預かり分を上のカード内残高として使えるようにするためには、セブンイレブン、イトーヨーカドー、デニーズなどで残高確認をする必要があります(残高確認が出来るお店はこちらを参照)。

レジでnanacoカードを出して、「残高確認お願いします」と言えばOKなのですが、今回はセブンイレブンに設置されているセブン銀行のATMから残高確認をしてみます。

筆者はセブン銀行のATMに列が出来ていなかったら大抵ATMで残高確認をしてしまいます(店員さんと残高確認→支払いって2つの行程をやり取りするのがなんか面倒で)。

セブン銀行ATMで残高確認

セブン銀行ATMでnanacoチャージ・残高確認ボタンをタップ。

セブン銀行のATMで残高照会

nanacoカードをセットします。どうでもいい話ですが、この際、心の中で「デュエルスタンバイ」とか「俺のターン」って唱えています(わからない人はスルーしてください)。

nanacoカードをセット

残高確認をタップ。

残高確認をタップ

これで通信が行われて、残高確認が完了して、クレジットカードからチャージした分がnanacoマネーに反映されます。

残高確認完了

スマートフォンの会員サイトを確認しても反映されていることがわかります。

nanacoのスマホサイトでマネーが反映されているか確認

nanacoにクレジットカードからチャージ完了。あとは現金いらずで支払うだけ。

これでチャージは完了。

あとはnanacoが使えるお店で、「nanaco払いで」と伝えてピッとカードをタッチすれば5,000円分の支払いをすることが出来て、さらにnanacoポイントが貯まります。

加えて、今回はnanacoにチャージをしてポイントが貯まるリクルートカードからチャージをしたので、その分のポイント(還元率1.2%なので60円分)も貯まっています。

行程をかなり細かく分けて説明したので大変そうですが、事前の設定が済んでいれば、残高確認も含めて合計10タップ程度で完了します。セブンイレブンの店の前でチャージをして、残高確認、支払いという行程も簡単です。

【実例2】楽天Edyカードへのチャージ方法

楽天Edyはクレジットカードからチャージする際にはおサイフケータイの楽天Edyアプリがあると簡単にクレジットカードからチャージができます。

が、今回は(たぶんもっとも面倒くさい 笑)、楽天EdyカードにPCからチャージする方法を実例としてお見せしていきたいと思います。

必要になるのは、コレ。

Edyにクレジットカードチャージをする際に必要なPaSoRi

残念ながらAmazonで3,000円くらいしますが・・・。さらにMacじゃ使えず、Windowsのみ、さらにブラウザはIEのみという仕様です・・・。まあ、今回は実例ということでこれを使っていきます(事前に専用ソフトのインストール&セッティングが必要です)。個人事業主の方で確定申告をe-Taxで行っている方は持っている方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、おサイフケータイの機能がないiPhoneでも同様に、カード読み取り専用のアクセサリを購入しないと(これも3,000円以上する)クレジットカードチャージは不可能です。どんなクレジットカードでもnanacoみたいに会員登録&クレカを登録するだけでチャージができるわけではないのが楽天Edyの特徴。

事例1同様に、クレジットカードや楽天Edyカードの登録は済んでいるという前提で話を進めます。楽天Edyにチャージをする際に使われるクレジットカードは楽天アカウントの会員サイト、my Rakutenに登録されているクレジットカードですので事前に登録してあるカードを確認しておきましょう。

my Rakutenに登録してあるクレジットカード

会員サイトにログイン

何はともあれ、まずは楽天Edyの会員サイトからログインします。

楽天Edyの会員サイトにログイン

クレジットカードチャージの準備

マイページから「チャージする」というボタンをクリック。

マイページからチャージの申込み

いくつかチャージ方法の選択肢が出てくるので今回は左下のクレジットカードからチャージを選択。パソコンからアクセスすると楽天Edyリーダー(PaSoRi)が必要と明記されています。

クレジットカードチャージを選択

PaSoRiの準備

↑のボタンをクリックして、うまくPaSoRiがセッティング出来ている場合はこのような画面(Edy Viewer)が現れます(おサイフケータイを使っている方は、このような画面が出てきたらお持ちのスマホ&ケータイに楽天Edyカードを接触させればOKなので楽です)。

PaSoRiに楽天Edyをセット

こんな風に乗っければOK。

PaSoRiに楽天Edyをセット

クレジットカードチャージの申し込み

うまくカードを読み取るとチャージ金額を選択する画面に移行します。右上にはたった今読み込んだ楽天Edyカードの番号が表示されています。今回は1,000円チャージしてみます。

楽天Edyへのチャージ金額の選択

楽天Edyに会員登録をした際に設定したパスワードを入力します。これで「次へ」を押せばチャージ完了です。

楽天Edyのパスワードを入力

楽天Edyセンターと通信してチャージをしています。登録クレジットカードの下4桁とかが表示されないでいきなり通信が始まるので注意。

繰り返しになりますが、チャージに使われるのは「my Rakuten」に会員情報として登録してあるクレジットカードです(楽天市場とかでいつも使っているクレジットカード)。事前に確認をしておきましょう。

楽天Edy通信中の画面

表示が切り替わったらチャージ完了。

楽天Edyにクレジットカードからチャージ完了

楽天Edyにクレジットカードからチャージ完了。あとは現金いらずで支払うだけ。

楽天Edyの場合はnanacoのようにレジやATMで残高確認をする必要はありません。これでチャージは完了で支払いに使うことが出来ます。

その代わり、楽天EdyカードをPCやスマートフォンに読み取らせる必要があるので、おサイフケータイ以外の方は手間と機材を揃える分、初期費用がかかります。

でも、楽天Edyは使える場所が幅広いので、例えばお出かけ前とかに自宅でチャージをしておけばその日は現金いらずで過ごすことが出来るでしょう。

さあ実践!クレジットカードから電子マネーにチャージをする流れを掴もう

以上、2通りのクレジットカードから電子マネーにチャージをするやり方を見てみました。

持っている電子マネーや、お使いのクレジットカード、保有している機材によってやり方に違いはありますが、大切なのは、使うと決めた電子マネーで1度クレジットカードチャージを実践してみることだと思います。大変なのは最初の1回だけ。慣れるともうコンビニで現金払いなんて出来ないのはもちろん、チャージを現金で行う気もなくなります。

「電子マネーとか面倒くさくて財布の肥やしになっているけど、チャージが簡単ならやってみようかな」という気に少しでもなった方がいらっしゃったのであれば嬉しいです。