電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

QUICPayについて

QUICPay
貯まるポイント名 紐付けたクレジットカードのポイント
月々の利用限度額 クレジットカードの利用限度額=QUICPayの利用限度額

QUICPayってどんな電子マネー?

QUICPayは国際ブランドのJCBが発行する電子マネーです。

いわゆるポストペイ型、後払い型の電子マネーで、クレジットカードと紐付ける必要があります。タイプはカードタイプとモバイルタイプの2種類ありますが、使うためにはいずれも対応するクレジットカードが必要です。

カードタイプのQUICPay

カードタイプはクレジットカードを作った後に別カードとして発行できるタイプと、クレジットカードと一緒になった(1枚で済む)タイプがあります。お持ちのクレジットカードがQUICKPayに対応しているのかを確認してみてください。

カードタイプQUICPay対応カード

JCBカード、セブンカード、オリコカード、MUFJカード、アプラスカード etc..

おサイフケータイのQUICPay

おサイフケータイとしてもQUICPayは使用可能です(Felica対応機種のみ)。ただし、使用機種によって紐付けることが出来る(QUICPayが使える)クレジットカードが異なってきますのでご確認ください。

auのおサイフケータイでQUICPayが使えるクレジットカード

JCBカード、MUFJカード、セゾンカード、セディナカード、オリコカード、UCカード、AMEXカード、etc…

SoftbankのおサイフケータイでQUICPayが使えるクレジットカード

上とほぼ同じ。ただし、MUFJカードは使えない。

DocomoのおサイフケータイでQUICPayが使えるクレジットカード

Softbankと同じ。

WillcomのおサイフケータイでQUICPayが使えるクレジットカード

ほぼJCBカードのみ。

nanaco+QUICPayで2種類の電子マネーが1枚で使える

セブン&アイグループとJCBが一緒になって発行しているセブンカード、セブンカードプラスをお持ちの方限定になってしまうのですが、nanacoカードはQUICPayの機能を付けることができます。

カードタイプのnanacoの裏面をご覧頂くと・・・カードタイプのnanacoの裏面

このようにQUICPayの機能も使えることがわかります。

nanacoHPから申し込み、セブンカード、セブンカードプラスのクレジットカードを登録すれば完了です。使える人は限られていますが、nanacoの残高が足りなかったら後払い式QUICPayに切り替えるなど便利ですし、使える店も格段に増えるのでぜひ。

QUICPayの支払い方法

QUICPayは同じ後払い方式のiDと違って、請求方法は全て紐付けたクレジットカードと一緒に請求される形になります(iDはケータイ代と一緒に請求されるプランもある)。

支払日はしっかりと把握しておきましょう。

QUICPayが使えるお店

QUICPayしか使えないお店というのはあまりないですが、佐川急便のe-コレクトで使える電子マネーはQUICPayのみです。

JCBが発行しているだけあって、特定の電子マネーが主戦力となっているスーパーなど以外では、コンビニでも幅広く使えます。言い方は良くないかもしれませんが、「存在は地味だけど実は実力派」なのがQUICPayです。nanacoと紐付ける使い方は特にオススメ!