電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天ペイについて(楽天が提供するQRコードを読み取るスマホ決済)

楽天ペイ
世間がアップルペイで浮かれていた頃、もう一つの決済手段が密かにリリースされていたのをご存知でしょうか?

その名も楽天ペイ。

楽天が打ち出したスマートフォンを活用したリアル店舗での決済手段です。電子マネー払いではなく、事前にクレジットカードを登録しておけばスマートフォンだけでクレジットカード払いが可能になります。

評価としては色々言いたいことがあるのですが、まずは使い方を見ていきたいと思います。

楽天ペイを使えるデバイス

楽天ペイを使うのに必要なのはスマートフォンのみ。

詳しくは後述しますが、アプリからQRコードを読み取って支払うため、Felica搭載のスマートフォンを持っていなくても使うことができます。

楽天ペイを使うための準備

準備としては楽天ペイのアプリをダウンロードするだけです。iPhoneでもアンドロイドでもアプリが用意されています。
楽天ペイのアプリをインストール

インストールをしたら楽天IDとパスワードを使ってログインします。

楽天ペイを使うために楽天にログイン

楽天のIDを持っていない方は会員登録をする必要があります。

次に楽天ペイで使うクレジットカードを登録します。楽天IDでログインをしたら普段使っているクレジットカードが表示されるのでそのまま選択すればOK。別のクレジットカードを使う人は別のクレジットカードを登録しましょう。

楽天ペイに登録するクレジットカード

登録をしたら楽天で普段使っているクレジットカードが表示されるので、セキュリティコードを入れればすぐに使えるようになります。

楽天ペイで使うクレジットカードのセキュリティコード入力

これで楽天ペイを使う準備は完了です。

楽天ペイで使えるクレジットカード

楽天ペイではVISA、MasterCard、楽天カードのみ登録できます。

JCB、American Express、DinersClubのクレジットカードは登録できません(楽天カードを除く)。

JCBののクレジットカードは、楽天カードで国際ブランドがJCBのもの以外は登録できないということです。

楽天ペイで貯まるポイント

楽天ペイで支払うと、登録したクレジットカードのポイントに加えて、楽天スーパーポイントが200円につき1ポイント貯まります。

このポイントが貯まるというのが楽天ペイを使う最大のメリットだと言えるでしょう。

楽天ペイの支払い方法

楽天ペイの支払い方法は2種類。

QRコードを読み取る方法と自分で価格を打ち込んで支払うセルフペイという方法です。

主に前者を使うことが多いでしょう。

QRコードを読み取って支払う

楽天ペイの支払い(QR)

楽天ペイで最も王道の支払い方はこのQRコードを読み取って支払う方法です。

お店が楽天ペイに対応していたら、「楽天ペイで支払います」という旨を伝えて、店員さんが持ってきたデバイスのQRコードを読み取って支払います。

以下、公式の使い方動画。

動画もスマートに見せているようですが、Apple Payと比較してしまうとどうしてもスマートさにかける気がしてしまいます。

セルフペイで支払う

楽天ペイにはもう一つセルフペイという支払い方も用意されています。

こちらは「楽天ペイで支払います」という旨をお店に伝えて、自分で金額を入力して支払いを完了させる方法。

お店の人に金額を聞いて、自分で入力して支払う形うのようですが、ミスする可能性があるので賢い支払い方法とはいえないかなと思います・・・。

なので、かなり使いどころが少ない支払い方法な気がするのですが、一応そういう支払い方法もあるよということでご紹介。このセルフペイが使えるのは、QRコードで支払えるお店ほど多くないです。

楽天ペイのセルフ決済で店との距離が遠かった場合の処理

お店から離れすぎていた場合にはセルフペイは使えないようになっています。

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイが使えるお店はまだまだ少ないです。チェーン店で使えるところはほとんどないと言っていいでしょう。

これを書いている現時点では個人店でちょくちょく使えるところがあるかも・・・程度です。

アプリは入れた時点で現在位置と連携して、楽天ペイが使える周囲のお店が検索できるので利用してみると良いでしょう。

普段使っているお店が楽天ペイを導入していたら楽天スーパーポイントが貯まるので儲けもの、くらいに考えておきましょう。

筆者は千葉県の柏市という千葉では結構大きな市に住んでいるのですが、楽天ペイが使えるお店は市内で(しかもほとんど個人店舗で)26店舗のみでした・・・。

これでは・・・なかなか・・・使えませんよね・・・。

Apple Payと楽天ペイの違い

Apple Payと楽天ペイの違いを表にしてみると以下の通り。

  Apple Pay 楽天ペイ
使えるお店 iD、QUICPay、Suicaが使えるお店、及び交通機関で使える。多数。 超少ない。
貯まるポイント 各クレジットカードのポイント クレジットカードのポイント+200円で1ポイントの楽天スーパーポイント
対応機種 iPhone7以降 iPhone及びAndroidスマートフォン

楽天ペイの優位性は楽天スーパーポイントがプラスで貯まることくらいでしょうか。

お店が楽天ペイを導入する場合

お店の立場からすると、楽天ペイは導入しやすい決済方法です。楽天ペイのアプリを対応デバイスにインストールすれば(カメラがついているデバイスなら大抵使えます)、すぐに使えます。

対応OSは以下の通り。

iPhone/iPadの場合:iOS 8.0以上Androidの場合:Android OS 4.3以上

他の費用などは一切かかりません

楽天ペイは200円で1ポイントの楽天スーパーポイントがお客さんに加算されますが、そのポイントを負担するのは楽天です(ただしカードの決済手数料として3.24%はかかります)。

あとは、楽天ペイが使えるお店に登録することができるので、ご近所で楽天ペイを使いたいと思っている方に認知されやすいといえるでしょう。

楽天ペイのまとめ

楽天ペイは、正直いってまだまだ使えません。

楽天スーパーポイントを貯めたい方は念のため、インストールしておいても良いんじゃない?くらいでしょうか。そして、もしも楽天ペイが使えるお店に出会えたら喜々として使うと良いと思います。常連のお店がたまたま楽天ペイを導入していたらラッキーと思いましょう。

筆者はまだ使わないなと感じたので、そっとアンインストールしました・・・。

Apple PayのようにiDやQUICPayという電子マネーが使えるところでそのまま使えればよかったのですが、楽天ペイは現在、1から導入してくれる店舗を探している感じなので、ユーザーの立場として使えるようになったとしても、まだまだ先かなと・・・。