電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天のEdy-Rポイントカードの作り方

楽天のRポイントカードは2014年の10月頭から配布が始まりました。

この楽天Rポイントカードの何が凄いのかというと、一言でいえばネットとリアルの融合です。リアルで貯めたポイントがネットで使えて、ネットで貯めたポイントがリアルでも使えるということです。

そのような電子マネーやポイントはTポイントなど今までも少しはありましたが、あの「楽天」が打ち出したとなると話は別次元です。楽天で使えるということは、「何にでも交換できる」ということとイコールですので、とにかく使い勝手が抜群になります。

今回は数種類あるRポイントカードの中でも特に利便性が高いと思われる楽天Edy-Rポイントカードの作り方を手順を追って解説していきます。

 

楽天Rポイントカードの注文はネットで

サークルKサンクスやミスタードーナッツなどのリアル加盟店でも作ることが出来るのですが、一番キャンペーンが頻繁に行われているのはネットですので今回はネットから注文しました。

さらに、利便性、凡庸性が一番高い、楽天EdyとRポイントカードが一体化したEdy-Rポイントカードを作ります。

Edyが使えるお店ではEdyで支払ってポイントが貯まるし(200円で1ポイント)、サークルKサンクスなどの加盟店で現金で支払っても、このカードを提示した場合にもポイントが貯まります(100円で1ポイント)。

Edyが使えて、かつ、Rポイントの加盟店で支払った場合には、合わさって200円の買い物で3ポイント(1000円で15ポイント)が貯まることになります。

>>公式オンラインショップはこちら

注文自体は楽天のIDを持ってれば簡単です。郵送方法はメール便と宅配便が選択出来ます。宅配便のほうが到着は早くなりますが、カード代金以上に高くつくので、よほどお急ぎでもない限りは送料が無料のメール便を選択するほうが吉。

 

楽天Edy-Rポイントカードが到着

Edy-Rポイントカードがメール便で到着

メール便でポストに投函されていました。筆者の場合は注文から到着まで4日ほどでしたが、現在は人気爆発中なので発想まで少し時間がかかるかも・・・(これを書いているときは青色のカードは半月待ち・・・)。

Edy-Rポイントカードの中身

メール便の中身はこんな感じ。右下に張り付いているのがカードです。今回は青色のEdy-Rポイントカードを注文しました。

Edy-Rポイントカードの説明書裏面

裏面はポイントの貯め方などなど。文字の大きさ的にこのカードの売りは「必ず貯まる」ことですね。

楽天Edy-Rカードお買い上げ票

こちらはお買い上げ明細。286円+税でした。

微妙にポイントを使っていることがバレて恥ずかしいのですが、既に少しでもポイントが貯まっている方はそのポイントを使って、買っても良いのではないでしょうか?

 

ネットからEdy-Rポイントカードを登録

ひと通りカードを眺めたらインターネットが繋がる環境(モバイルでも可)でカード番号を登録していきましょう。登録ページは上に掲載しているカードについていたパンフレット(?)に表記されています。もしくはカードに登録ページヘのQRコードがのっているのでそれを読み込んでもOK。

Edy-Rポイントカード登録画面

カードの裏面に記載されている番号を入力してください。正直めんどくさいですけどこれさえ済めば完了ですのでガマン!

Edy-Rポイントカード規約同意画面

筆者は当サイト運営の情報収集のためにメールマガジンも読みますが、特に興味がない方は一番下のチェックは外したほうが良さそうです。楽天のだめな所はメールが多い所、というのは常識。

楽天Edy-Rポイントカード

これで楽天Edy-Rポイントカードの初期設定は終了です。

あとは各種コンビニや(楽天カードをお持ちの方は楽天カードからチャージするとお得)Edyにチャージをしてリアル店舗で使うなり、ネットショップの楽天で買い物をするなり、自由に使うことでポイントが貯まっていきます。

フルに活用していきましょう。