電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

世界のカード払い方法と日本のカード払いの違い

日本と世界のカード事情の違い

海外と日本の支払い方法のカード事情の違い

日本のカード業界は、は一昔前まで銀行がカード事業に参入できなかったこと、貸金法、割賦販売法など、様々要因があってガラパゴス化、独自の進化(?)を遂げていることはご存知の方も多いはず。でも具体的に世界とどんなところが違うのか。中でも今回はカード払いの仕方について見ていきたいと思います。

一枚のカードで複数の支払い方法を選択するのは日本だけ!?

あなたが日本でクレジットカードを使って買い物をするときに、一回払いか分割払い、ボーナス払い(その他、レジでは指定しませんがリボ払いなど)といった「支払い方法の指定」をしますよね?

ですが、海外ではこのような支払い方法の指定はありません。

なぜなら、「一括払い専用のカード」だったり「分割払い専用のカード」といった具合にカード自体に支払い方法の指定がされているからです。カードを作った時点で支払い方法を選択したことになります。

日本でレジ打ちのバイトをしたことがある方はご存知だと思いますが、お客様に支払い方法をお尋ねし、それに合わせた操作が枝分かれのように存在し覚えるまで時間がかかります。複数回の支払いが指定できないコンビニでも磁気カードを選択した後に、クレジットカードかデビッドカードかなどを選択することになります。ですが、海外ではそのような(言ってしまえばめんどくさい)操作はありません。

海外のカードにも種類ごと、見た目に細かい違いはありますが、一見するだけではほとんど違いはわからず、また店員さんもほとんど気にしていません。操作はいつも一緒です。


特殊なボーナス払いと日本の歴史

ボーナス

多種多様な支払い方法の中でも日本のボーナス払いは特に特殊です。海外では給料体系に日本のようなボーナスというのは滅多にありません。結果に対して都度報酬(リワード)が支払われる形です。

それに対して日本では決まった季節にボーナスという特殊な形態があるため、カードの支払方式としてボーナス払いというものが定着しました。

この日本のボーナスというのは元々、行商人の農家への集金が秋のお米の収穫時期にまとめて行ってきたことに由来していると言われています。

こんな観点でも日本は独自の進化を遂げてきたと言えると同時に、昔の慣習を引きずったまま世界から取り残されてしまったとも言えます。

プリペイドカードの普及率の違い

プリペイドカード

海外で普及していて日本で普及していないカードの代表はプリペイドカードです。

海外では1つのブランドがクレジットカードの他にプリペイドカードやデビッドカードなど多数のカードを発行しやすい環境にある(そのため支払い方法を限定した専門カードを作りやすい)のに対して、日本では前述の貸金法の縛りによるクレジットカードのみの普及、複数の決済システムの導入コスト等の柵によりプリペイドカードやギフトカードは普及しないでいます。

例えば、日本で発行されているプリペイドカードやギフトカードでは、JCBプリペイドは独自ブランドで発行されており、使えるのは加盟店「だけ」。三井住友プレミアムギフトも独自ブランドで発行されているので加盟店「だけ」でしか使えません。

その他、NEOマネーなどといった海外で「のみ」使えるカード、ネット「のみ」のカード等が発行されていますが、国際ブランドを冠したどこでも使える使い勝手が良いプリペイドカードはVISAプリペイドカードなど少数のカードに限られてきます。

多数の障壁があるものの、これから先には更に国際ブランドを冠したプリペイド、ギフトカードは求められているため対応は必須といえるでしょう。


世界に取り残されない決済システムの環境を作ることが急務

いかがでしょうか。ここでは簡単に、そして限られた部分ではありますが、日本と世界のカード事情の違いを見てきました。国内にいると中々気づかないですが、実は世界とは大分違うということ、そして日本は決済システムがグローバル時代の中で遅れていること。これらが多少なりとも伝わったら嬉しいです。