電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず。グッバイお財布ライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天市場の支払い方法

楽天市場
支払い方法 クレジットカード / 代金引換 / コンビニ先払い / コンビニ後払い(NP後払い) / 電子マネー(楽天Edy)
電子マネー 楽天Edy / au WALLET / ソフトバンクカード / 各店舗ごとに違う / 楽天Edyの場合、おサイフケータイの方以外は、別途、非接触型のカードリーダーが必要。
交通系電子マネー 使えない
相性の良い電子マネー 楽天Edy
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) 基本的に使える店が殆どだが、一部例外あり。使える国際ブランドが限られている場合も。
おすすめクレジットカード 楽天カード 楽天市場で使えばポイントが2倍貯まる。国際ブランドがJCBだとnanacoへのチャージでも楽天スーパーポイントが貯まる。
貯まりやすいポイント 楽天スーパーポイント
デビッドカード 使える 国際ブランドが付与されているデビットカードは基本的に使える。
商品券・ギフトカード 使えない
現金いらず得点 4.8点(5点満点中) クレジットカードがあれば事足りるが、ショップによっては不便な設定になっていることも。
公式HP http://www.rakuten.co.jp/

楽天市場で使えるクレジットカード

→基本的にはVISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用できます。

ただし、楽天市場はAmazon(マーケットプレイスを除く)と違って、各ショップ毎に使えるクレジットカードが異なる場合があります楽天市場に出店をしているのにクレジットカード決済自体が出来ないショップはあまりありませんが、一部の国際ブランドが使用不可になっているショップは結構存在するのでご注意ください(Dinersが使えないショップは結構存在する)。

支払い方法をクレジットカードに変更するには「買い物カゴ」→「ご購入手続き」の画面で簡単に変更できます。お店でクレジットカードが使える場合には注意書きが表示されています。

楽天で支払い方法をクレジットカードに変更

デビットカードも上記の国際ブランドが付与されているものであれば基本的にはクレジットカードと同様に使えます。auWALLETとSoftbankカードはクレジットカードと同様にカード番号を入力することで使うことが出来ます(残高不足の場合は使用不可)。

ただし、いずれも口座から即引き落とされるという支払いの性質上、もしもトラブルが合った場合に返金の流れが複雑になったり、遅れが生じる可能性があるので、クレジットカードも保有しているのであればクレジットカードのほうがよいでしょう)。

 

クレジットカードの情報はショップに渡るの?

「Amazonはマーケットプレイス以外の取引はAmazonが行っているから信用できるけど、楽天は色々なショップが出店しているからクレジットカードで決済するのが怖い」という意見をたまに耳にします。

ですが、決済システムは楽天が統括しており、クレジットカード情報はお店側に一切渡らないのでその点は安心して良いでしょう。

楽天に出店しているショップはお客さまのメールアドレスも貰うことが出来ず、楽天のシステムに依存せざるを得ないので顧客としては安心である一方、ショップ側からするとショップ泣かせのシステムになっています。

 

楽天市場でクレジットカードの分割払いをする方法

ショップや商品によって分割払いが出来るか否か、分割払いの回数は異なってきます。

もしも分割払いが出来る場合には、「買い物カゴ」→「ご購入手続き」→支払い方法のところの「変更」をクリックします。

楽天の分割払い指定方法

そしてお支払い回数のところをクリックすれば支払い回数を指定できます。ショップや購入する商品(及びその金額)によって分割払いの回数が異なりますので事前にショップの規約で確認をしましょう。

楽天市場の分割払い変更画面

あらかじめクレジットカードが登録してあって「変更」を押さずに進むと自動的に一回払いになります。

 

楽天市場で使うのにオススメのクレジットカード

楽天市場でお得なクレジットカードといえば楽天カード。楽天で買い物をする際にもキャンペーンがバンバン表示されます。

楽天カード(Edy機能付き)

楽天カードは楽天市場で使えば100円の買い物につき楽天スーパーポイントが2ポイントが貯まります。ただし、ここで注意したいのは、楽天カードを持っていない人(楽天会員に登録しているだけの人)が楽天市場で買い物をした場合でも100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントは貯まる、ということです。

つまり、楽天カードを保有している人は、保有していない人よりも、100円につき+1スーパーポイントが貯まる(貯まりやすくなる)という表現が正しいということです。

年会費は完全無料でありながら楽天以外のお店でも100円につき1ポイントが貯まるのは嬉しい。国際ブランドにJCBを選択すれば、nanacoへのチャージでもポイントが貯まるのでセブンイレブンで使うときにもさらにお得です(ポイント2重取り)。貯めたポイントは1ポイント1円で楽天での買い物で使えるので「何にでも交換できる」のは大きな魅力です。

 

楽天市場で銀行振込で支払いをする方法

楽天では銀行振込をするときにも口座は楽天が管理している口座(楽天市場が各ショップに割り当てた口座)に振り込む形になります。

全てのショップが銀行振込に対応しているわけではないので事前に各ショップの会社概要ページ等でご確認ください。

楽天市場に銀行振込を行う際の解説図

振込先は楽天銀行で支店名は楽天市場支店で統一されています。口座名はラクテン+各ショップ名です。口座番号もショップによって異なります。口座を楽天銀行から割り振られるものに統一されることで、振り込んだのに発送されないというトラブルを防ぐことが出来ます。

振込手数料はご自身持ちです。普段お使いの口座の振込手数料を確認してみてください。楽天銀行は少し特殊なので、他行宛の振込手数料が無料の銀行でも「楽天銀行は対象外」となっていることがあります(だいぶ解消されてきましたが)。

注文受付メールに記載されている楽天銀行の口座に振込をして確認が取れ次第、各ショップから発送されます。

 

楽天バンク決済とは?

似たような決済手段として楽天バンク決済も用意されています。これは楽天銀行を保有していれば「口座振替」という形で支払い代金が引き落とされるというものです(楽天銀行限定)。

手数料が3万円を超えても300円以下と銀行振込よりも安いことが売りですが、実際に取り入れているショップが少ないので、楽天銀行の口座を保有している方は頭の片隅にいれておく、ぐらいで良いでしょう。

 

楽天市場の代金引換決済の方法

もしもショップが代引き決済を取り入れている場合は、「注文内容確認画面」で「変更」をクリック→「決済を代金引換に変更」→「内容を変更をクリック」。

楽天市場はamazonと違って一律の代引き手数料が設定されているわけではなく、ショップごとに配達業者や代引き手数料も異なってきます。

代引き手数料はあらかじめショップの会社概要ページなどで確認しておくか、注文内容確認画面で支払い方法を変更後、代引き手数料が追加されているので注文を確定する前に確認をしておきましょう。

楽天の代引き手数料確認

 

楽天市場で電子マネーを使う方法

楽天市場ではショップが設定をしていれば、楽天Edyで支払いを行うことも出来ます。ただし、以下の環境がある必要があります。

FeliCaポートのついたパソコン又はパソリと楽天Edyまたは楽天Edyの使えるおサイフケータイ

おサイフケータイの場合は楽天市場で楽天Edy決済を選択して注文完了後、送られてくるメールのアドレスをクリック→メールアドレスを入力して支払いをします。

PCやスマートフォンで楽天Edy決済をするためには、EdyViewerをダウンロードしておくのと、別途楽天Edyを読み取るリーダー(FelicaやPasoliなど)を用意しておく必要があります(カードの磁気を読み取るため)。

pasoli-felica

ただ別途購入するのに3,000円近くかかるので、わざわざ楽天Edy決済をするために購入する必要があるかどうかは少し疑問です。

また楽天Edy払いの場合、支払い上限は50,000円です(楽天Edyのチャージ上限が5万円のため)。

 

楽天市場でコンビニ決済を行う方法

楽天のコンビニ決済変更画面

楽天市場では一部のショップでコンビニで前払い決済を取り入れています(別途コンビニ払いの手数料がかかります)。

セブンイレブンなら注文後、店舗から送られてくる払込番号を控えるかプリントをしてレジで払込の旨を伝えて支払いを行い、ローソンやミニストップなら店舗から送られてくるお支払い番号等を控えて、Loppiでお支払番号、受付番号、電話番号を入力して申込券を発行→レジで支払いを行います。同じように、ファミマならFamiポートマップから申込券を発行して支払いを行います。

楽天市場のコンビニ決済変更画面(限定版)

↑のようにショップによっては使えるコンビニを限定している場合もありますのでご注意ください。

楽天市場のコンビニ後払い(NP後払い)の方法

楽天市場のコンビニ後払い

コンビニ後払いとは、商品が到着した後、入っている請求書を持ってコンビニや郵便局、銀行で払い込む方法です。楽天市場でもショップによっては決済方法の1つとして取り入れられています。

あくまで債権であること、限度額が設定されていること、別途手数料がかかることをはお忘れなく。

 

楽天市場でギフトカードは使えるの?

楽天市場ではJCBギフトカードやVJAギフトカード(VISAギフトカード)、UCギフトカードなどクレジットカード系ギフトカードは一切使えません。

 

楽天市場の支払い方法のまとめ

楽天市場はショップによって支払い方法が全く異なってくるのでユーザーとしてはすごく面倒ですし、あらかじめ決済方法を確認しておかないと、買い物カゴに進んだ後に残念な結果になり得ます。

楽天市場では各ショップが支払い方法の詳細を「会社概要」のページに書くことが決まりになっているのでクレジットカード以外の決済方法を使う方は事前に確認をしてから商品を買い物カゴにいれましょう。

What's new
ApplePayについて最新情報をまとめています