電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

DMMモバイルの支払い方法

DMM mobile
料金 【データSIM】440円- 【通話SIM】1,140円- 【シェアコース(SIM3枚)】1,980円-
電子マネー 使えない au WALLETもソフトバンクカードも使えない。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
デビットカード 使えない VISAデビットもJCBデビットも、デビットカードは一切使えない。
公式HP http://mvno.dmm.com/

DMMモバイルで使えるクレジットカード

DMMモバイル(DMM mobile)はVISA、MasterCard、JCB、American Express、DinersClubの各種クレジットカードで支払うことが出来ます。

というよりも、クレジットカード以外で支払うことはできません。また、利用できるクレジットカードは「本人名義のクレカのみ」です。

DMMモバイルで電子マネーは使える?

DMMモバイル(ディーエムエムモバイル)では支払いに電子マネーなどは一切使うことが出来ません。振込用紙での支払いもないので、コンビニでnanacoや楽天Edyなどで支払うのも不可能です。

また、国際ブランドが付与したauWALLET(MasterCard)やソフトバンクカードも(VISA)一切利用不可なのでご注意ください。

DMMモバイルでデビットカードは使える?

DMMモバイルの支払いではデビットカードは一切利用することが出来ません。

以前は使えたようですが、2015年の6月から一斉に規制がされています。VISAデビット、JCBデビット共に利用不可です。ジャパンネット銀行VISAデビット(JNB VISAデビット)、楽天VISAデビット、楽天JCBデビット、りそなVISAデビット、三菱UFJ VISAデビット、スルガ銀行VISAデビットなど種類を問わず使えません。

カスタマーサービスの方にチャットで質問をしましたが、一切利用不可という返答を頂きました(下図)。

Dmmモバイルでカスタマーサービスにデビットカードの利用可否を問い合わせた

DMMモバイルの支払いに口座振替は可能?

DMMモバイルの支払いには、口座振替、口座からの引き落としも一切利用できません。

あくまでクレジットカード払いのみになっています。

DMMモバイルの料金プラン

DMMモバイルの料金プランは、通話はできないネット専用のデータ通信タイプ、電話番号も付与される通話対応SIMタイプ、3枚のSIMカードを分け合うシェアコースの3種類で異なります。

データ通信タイプは440円から、通話SIMタイプは1,140円からで、ここに高速データ通信をするためのGBに応じて価格が加算されていきます。

業界最安値宣言をしているので価格が他のサービスに負けることは当面ないでしょう。プランは随時アップデートされています。

データSIM通話SIMシェアコース(データSIM×最大3枚)シェアコース(通話SIM×最大3枚)
ライト440円1,140円 –
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,680円1,980円4,080円
10GB2,190円2,890円2,190円4,290円
15GB3,600円4,300円3,600円5,700円
20GB4,980円5,980円4,980円 7,380円

シェアコースは、通話SIM×2+データSIM×1、通話SIM×1+データSIM×2、という組み合わせのプランもあります。

DMMモバイルの通話料金

通話SIMタイプを利用している場合、通話料金は30秒ごとに21.6円になります。

通話料金はデータ通信量の多いSIMだから安くなるといった違いはありません。

DMMモバイルのSMS料金

電話番号宛にメールを送るSMS機能。データ通信プランの方でも月に150円(税別)のオプションで利用することが出来るようになります(海外での送受信は不可)。通話SIMプランの方はオプションなしで利用できます。

SMSの送信料金は、文字数により異なりますが、国内へは、1通3円から30円、海外へ送信する場合は1通50から500円です。受信は無料です。

DMMモバイルの各種オプションの料金

  • 留守番電話のメッセージを読める、聞けるサービスのスマート留守電・・・月額290円(税別・2ヶ月無料)
  • BBモバイルポイント、Wi2、Wi2_clubなどで使えるDMMのWi-Fi、エコネクト・・・月額362円(税別・2ヶ月無料)
  • DMMの雑誌読み放題サービス、タブホオプション・・・月額500円(税別・2ヶ月無料)
  • 端末の故障の際の交換オプション・・・月額350円(税別)
  • ウェブルート社のセキュリティソフト ・・・月額250円(税別)

DMMモバイルの料金支払日

DMMモバイルの料金請求日は、初回のみ特殊で、申込みの手続きが完了した日に請求されます。プラン料金の日割り計算はSIMカードの手配日より5日後からの計算です(例えば、10月24日に申し込んだら、10月29日から開始の計算で、残り1日分のプラン料金が請求される)。

その次の月からは、利用分が、その月の5日までに、登録したクレジットカードで決済がされます(当月のプラン料金は先払い)。公式ヘルプでは5日までとなっていますが、殆どの場合はその月の1日付で決済されています。

決済される利用分は、当月のプラン料金の他に、

前々月の通話料、SMS送信料、分割の端末代金、ユニバーサルサービス料、各種オプション料金、前月の追加チャージ料・SIMカード発行手数料

といったものが含まれます。

DMMモバイルの新規契約手数料

DMMモバイルの新規契約手数料は3,000円(税別)です。他の会社へのMNPの場合にも3,000円(税別)がかかります。

Amazonなどで発売されているパッケージ商品の場合には新規契約手数料はかかりません。

DMMモバイルの解約手数料

データSIMプランの場合には解約手数料はかかりません。最低利用期間は利用開始日を含む月の月末までなので1ヶ月使えばOK(1ヶ月以内に解約しても解約手数料はかからないが、1月分のプラン料金等がかかる)。

通話SIMプランの場合には最低利用期間内に解約(もしくはデータSIMプランに変更、他社へのMNP)すると9,000円(税別)がかかります。最低利用期間は利用開始日を含む月の翌月から12ヶ月後の月末まで、です。例えば2016年10月20日利用開始だったとしたら、2016年10月末日までに解約すると解約手数料がかかります(11月1日以降なら解約可能)。

ケータイキャリアと違って、解約可能な期間というのが定まっているわけではなく、最低利用期間を越えればいつでも解約手数料なしで解約が可能になります。

DMMモバイルの契約&初回支払いまでの手順

以下、公式サイトから実際に申し込んだ際の手順です。

まずはプランを選択します。

DMM mobileのプランを選択

プランを選んだら、内訳を確認しましょう。以下は新規契約手数料が1,380円で通話SIMの1,380円プラン。支払い方法はクレジットカードのみなので自動的にクレジットカード払いが選択されます。

初回支払いの内訳(ユニバーサル手数料など)

クレジットカード情報を登録しましょう。

DMM mobileでクレジットカード情報を登録

本人確認書類をアップロード。

DMM mobileで本人確認書類をアップロード

入力した住所と本人確認書類の住所が一致しているかどうかなどを確認します(土日でも審査は行われていました)。

DMM mobileの審査

これらの行程が終わったらSIMカードが送られてきて利用可能になります。SIMカードの手配日から5日後の日付から日割り計算がされて請求されます。

DMM mobileの初回支払い分

上記の場合、1,380円の通話SIM2GBプランで、1日あたり1,380÷30=46円。

申し込み完了が19日だったので、日割り計算は24日から。月は残り6日なので、46円×6日=276円が初回に支払うのプラン料金ということになります。それに新規契約手数料の3,000円とユニバーサルサービス料を加えた金額が請求されます。

DMMモバイルの支払い方法まとめ

DMMモバイルは以前はデビットカードでも支払えていたのですが、2016年から変更があって、支払いはクレジットカードのみになりました。

もしもクレジットカードをお持ちでない方は、クレジットカードを作成するか、持っている友達や恋人、家族とのシェアプランなどを考慮しましょう。

DMM mobileってどんなMVNOサービス?

DMM mobileは株式会社DMM.comが運営するDocomoの回線を利用したMVNO(格安SIM)サービス。

業界最安値宣言をしているのが特徴。

余ったデータを翌月に繰越可能。データ通信量を使い切って低速時にも初速だけは出せるバースト機能を備えている。