電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

【キャッシュレスライフの専門家が選ぶ】大学生におすすめのクレジットカード&プリペイドカードランキング

キャッシュレス生活を送るのにおすすめのクレジットカードとプリペイドカード

キャッシュレスライフで便利にお得に過ごしたい学生に作ることをおすすめしたいクレジットカードやプリペイドカード、デビットカードをまとめました(基本的に18歳以上の大学生や短大生、専門学生を想定)。

学生におすすめしたいクレジットカードとプリペイドカードの使い分け方

当サイト(現金いらずコム)が学生のうちにおすすめしたいキャッシュレス生活初心者の方の支払い方法は以下の通り。

  • 固定費の支払い・・・クレジットカード
  • 海外での利用・・・クレジットカード
  • その他の支払い・・・プリペイドカード(LINE Payなど)

慣れてきたら全てクレジットカード払いに移行していく方も多いでしょうが、学生でクレカに慣れていないうちは毎月の固定費のみクレジットカードでその他の支払いはプリペイドカードで行うのがおすすめです。プリペイドカードは逐一チャージをするので使いすぎるのが心配という方にも良いでしょう。

クレジットカードではなく、国際ブランド付きのプリペイドカードやデビットカードのみでも良いという意見もあるかと思いますが、普段の支払いはともかく、水道光熱費やスマートフォン代金などの固定費の支払いなどには使えなかったり、一部の店舗(主にネットショップ)で利用不可とされることがあるので、別にクレジットカードは最低でも1枚は保有しておきましょう。

>>学生のクレジットカードの作り方や審査に関する詳細はこちら

大学生におすすめのクレジットカード

大学生でも作れて、おすすめできるクレジットカードは以下の通り。最初のクレジットカードは限度額がそこまででもなく、きちんとした保障が付いている銀行系クレジットカードをおすすめします。

まず銀行系クレジットカードを保有して、後から必要に応じて流通系などのクレジットカードを足していくスタンスが良いでしょう。

そのために、まずはちゃんとしたカードでクレヒス(クレジットカードの利用履歴)を貯めていきましょう。

クレヒスが貯まれば他のクレジットカードでも作りやすくなります。

1位:三井住友VISAカードの学生カード(三井住友VISAデビュープラスカード)

カードフェイス 三井住友VISAデビュープラスカード
国際ブランド VISA
申込資格 満18歳〜25歳の方
年会費 実質無料初年度無料。2年目からは通常1,250円。しかし前年度に1回でも使っていれば無料になる。
還元率 1%学生時代はポイントが常に2倍。
電子マネー iD一体型
ETCカード 年会費:500円年会費と同様に、初年は無料で、次年度からは前の年に1回でも使っていれば無料。
Apple Pay 登録するとiDが付与。

おすすめポイント

  • 卒業後に審査が厳しくなる銀行系の代表格だから在学中に作ってそのまま持ち続けたい。
  • 海外でも使いやすいVISA、また海外サポートの実績が多い。
  • 在学中はポイント還元率も悪くない(1%)。
  • 電子マネーのiDも付帯しているのでこれ1枚でサインレスで非接触決済可能。

おすすめできないポイント

  • 良くも悪くも学生が持つクレジットカードとしては普通。代表的。無難。

学生におすすめのクレジットカードを調べるといつも名前が挙がる三井住友VISAデビュープラスカード。電子マネーのiDが付帯しているのは嬉しい。いちいちカードを出さなくても、iD払いを伝えてかざせばOKです。

クレジットカードとしての特徴自体は派手なところはないのですが、銀行系の代表格で社会人になると作りにくくなるので、学生のうちにまずは作っておきたい。

>>三井住友VISAデビュープラスカードの詳細はこちら

同率1位:JCBカードの学生カード(JCBカードエクステージ)

カードフェイス JCB CARD EXTAGE
国際ブランド JCB
申込資格 高校生を除く18歳以上29歳以下の学生
年会費 完全無料
還元率 基本0.5% 入会後3ヶ月目までは約1.5%、4ヶ月目以降は約0.7%。それ以降は年間50万円以上で0.7%。
電子マネー QUICPay
ETCカード 年会費:完全無料。
Apple Pay 登録するとQUICPayが付与。

おすすめポイント

  • JCBマークのJCBが何処とも提携せず、自分自身で発行しているクレジットカードのため信頼性が高い。
  • 余計な制約がなく、5年間は年会費もETCカードも完全無料。
  • カードが最短即日発送(翌日到着)。

おすすめできないポイント

  • ポイント還元率は高くない。
  • 5年以内に解約した際に手数料2,000円がかかる。
  • 海外利用ではVISAのほうが・・・。

JCBカードは日本国内では信頼性も高く、ほとんど利用できないお店はありませんし、JCB CARD EXTAGEを5年間使い終わった後に作れるJCBカード(オリジナルシリーズ)も育てがいがある良カードです。

ただ唯一問題なのはJCBブランドは海外だとハワイや台湾など日本人がよく訪れる場所以外では使えないという点。海外利用を念頭に置くなら三井住友VISAでビュープラスのほうがおすすめです。

まあ、上記2枚は大差ないのでお好きな方を・・・という感じです。

>>JCB CARD EXTAGEの詳細はこちら

3位:オリコカードザポイント

カードフェイス Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)
国際ブランド VISA / Mastercard / JCB
申込資格 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
年会費 完全無料
還元率 1%学生時代はポイントが常に2倍。
電子マネー iDとQUICPay
ETCカード 年会費:完全無料
Apple Pay 登録するとQUICPayが付与。

おすすめポイント

  • 電子マネーのiDとQUICPayがこの1枚に入っているのでキャッシュレスライフの強い味方になる。
  • どこで使っても還元率1%(入会してから半年は2%)。
  • AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場で還元率1.5%以上になる。

おすすめできないポイント

  • 社会人になってからでも作れるのでわざわざ学生時代に作る必要性は少ない。

オリコカード・ザ・ポイントは学生専用カードではありませんが、学生でも作ることが可能。

ポイントが常時1%貯まりますし、ネットショッピングで使った際には、オリコモールという専用モールを経由することで(専用ページからショッピングサイトに行って買い物するだけです)Amazonなどで1.5%以上という高還元率が実現されます。ポイント重視の学生にはおすすめできます。

さらにカード1枚にiDとQUICPayの2つの電子マネーが付帯しているので、レジでカードを渡さなくても非接触で買い物可能。

ただし、学生カードではなく、社会人になってからでも比較的余裕に作れるので、作るなら銀行系を1枚作った後がおすすめ。

>>オリコカードザポイントの詳細はこちら

4位:エポスカード

カードフェイス エポスカード
国際ブランド VISA
申込資格 満18歳以上のかた(高校生を除く)
年会費 完全無料
還元率 0.5%
電子マネー なし
ETCカード 年会費:完全無料
Apple Pay 登録するとQUICPayが付与。

おすすめポイント

  • マルイで最大10%の優待(マルコとマルオの7日間)なのでファッション好きにおすすめ。
  • カラオケ館、ビックエコー、シダックスなどで優待(室料30%オフ)など学生が使いそうな施設に数々の優待。
  • 運転免許を取得する際に6ヶ月以内で支払い開始月が選べるシステムあり。
  • 限度額が最初低めなので安心。

おすすめできないポイント

  • ポイント還元率は高くないので優待店(特にマルイ)を使わないとお得ではない。

エポスカードは数々の優待が魅力的なカード。マルイのマルコとマルオの7日間では全品が10%オフ(10,000円の服を買ったら1,000円返ってくるということ)になるのでマルイのヘビーユーザーは作っておいて損はありません。その他、各種カラオケや魚民などの居酒屋の優待など大学生に嬉しい特典がてんこ盛り。運転免許の取得を考えている方にも適しています。

ただし、オリコカードザポイントと同じく、社会人になってから作りにくいカードではないので、作るなら銀行系を1枚作った後が良いかと思います。

>>エポスカードの詳細はこちら

大学生におすすめのプリペイドカード

ここでおすすめするプリペイドカードは一般的な電子マネーと違って、クレジットカードのように「VISA」、「JCB」、「MasterCard」といったマークが付いたカードのことです。

VISAやJCBのクレジットカードが使えるお店で、クレジットカードのように使うことができて非常に便利なので保有しておくことをおすすめしたい。

クレジットカードと違うのは「Pre」ペイドの名前の通り、事前に入金をする必要があるということ。

銀行口座や指定のレジから必要な分(指定した金額)をチャージをして支払うので、使いすぎるということはありません。逆にいえば、いちいちチャージをする手間がかかるということですが、クレジットカードに慣れるまではこれらのプリペイドカードがメインでも良いでしょう。

ただし、カードに残高がないと支払いが行われない特性上、公共料金や格安スマホなど定期的に引き落としが行われるサービスでは好まれない(使えない)ことが多いので、クレジットカードは別に作っておくことをおすすめします。ETCカードも発行できません(もし発行できてしまったら残高が足りないときにバーに衝突する・・・)。

また、プリペイドカードの利用ではクレヒス(あなたの信用情報)は貯まりません。

LINE Payカード(LINEのプリペイドカード)

カードフェイス Line Payカード
国際ブランド JCB
申込資格 LINEアカウントを持っていれば誰でも保有可。
年会費 完全無料発行手数料などもかからない。
還元率 2%どこで使っても2%。
ETCカード なし
チャージの種類 銀行口座 / Pay-easy / コンビニ払い / ローソンのレジで現金チャージ / オートチャージ / チャージ専用口座への振込
Apple Pay 登録不可

おすすめポイント

  • 還元率は常時2%で大抵のクレジットカードよりもポイントが貯まりやすい。
  • チャージの種類が豊富で便利(銀行口座を登録しておけば支払い直前でもすぐにチャージ可能)。
  • ローソンなどで気軽に購入可能。

おすすめできないポイント

  • 本人確認がめんどくさい。
  • JCBなので海外利用が不安。

LINE PayはJCBのマークが付いたプリペイドカード。審査もないですし、学生だから利用不可ということもありません。JCBが使える実店舗なら殆どどこでもクレジットカードのように使えます。

さらに、還元率が常時2%という高還元率です。初めてクレジットカードを作る大学生は2%と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、ポイントが貯まりやすいことで有名な楽天カードも通常の還元率は1%ですからポイントが倍貯まります。

クレジットカードは怖いという方のメインカードとしても使えます。

>>LINE Payカードの詳細はこちら

au WALLET(auが発行しているプリペイドカード)

カードフェイス auWALLET
国際ブランド Mastercard
申込資格 auサービスの利用者
年会費 完全無料
還元率 0.5%ポイントアップ店で1.5%。
ETCカード なし
チャージの種類 auかんたん決済 / じぶん銀行 / クレジットカード / WALLET ポイントからチャージ / ローソンやauショップでチャージ
Apple Pay 登録不可

おすすめポイント

  • auの利用料金と一緒に請求される(かんたん決済チャージ)。
  • ポイントアップ店(セブンイレブンなど)で還元率1.5%。

おすすめできないポイント

  • ポイントアップ店以外の還元率は高くない。
  • LINE Payカードの登場で影が薄くなってしまっている面も。

au WALLETはケータイキャリアが発行しているプリペイドカード。

これらのプリペイドカードを保有していることのメリットは、チャージをしたらケータイ料金と一緒に請求されるチャージ方法が利用できる点(au WALLETならauかんたん決済が利用可)。

ソフトバンクユーザーならソフトバンクカードで、同様のメリットがあります(さらにソフトバンクカードはApple Payにも利用可)。

ただ、LINE Payカードと比べると還元率などの面でも劣ります。

>>au WALLETの詳細はこちら

今、大学生の皆さんがキャッシュレス社会の中心になる

最近はネットの力でクレジットカードを持っていない人は学生でも「情弱」と呼ばれるようになってきたので、情弱になりたくない方は、上記でVISAやMasterCard、JCBなどのマーク(国際ブランドと呼ばれます)が付いたカード)を最低1枚は作っておくことをおすすめします。

音楽聴き放題サービスや動画見放題サービスを中心にクレジットカード(プリペイドカード)がないと利用できないようなサービスもたくさんありますし、海外ではクレジットカードがないとホテルに泊まるのも難しくなります(デポジットを支払わなくちゃいけなくなる)。

また、支払いを積み重ねてクレヒスを蓄積することは社会に出てからも不利には働きません。

国際社会では現金払いはもう時代遅れです。キャッシュレス社会は若い学生のみなさんがカード払いを慣習化することで作っていくものだと思います。現金払い世代からキャッシュレス世代への世代交代を切に願っています。