電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

JREポイントについて(JR東日本の新しい共通ポイント)

JREポイントカード(アトレver)

 

JREポイントとは?

JREポイントとは、JR東日本が2016年の3月に発表した共通ポイントのこと。

Viewカードのビューサンクスポイントといったポイントも全て「JREポイント」に統合されます。

JREポイントの加盟店

JREポイントは首都圏だけではなく、東北や長野(松本のMIDORIなど)のJR東日本の施設で利用できます。

代表的な施設、提携店は以下の通り。

アトレ、アトレヴィ、ボックスヒル、錦糸町テルミナ、グランデュオ立川、グランデュオ蒲田、シャポー、ラスカ、ペリエ、高崎モントレー、MIDORI、シァル鶴見、宇都宮パセオ、nonowa東小金井、エクセル水戸、VAL古河、エスパル、フェザン盛岡、あおもり旬味館など

JREポイントカードの作り方

JREポイントを貯めるためには、まずはJREポイントカードを作るか、もしくはアトレViewスイカカードなどの対応するクレジットカードを作る必要があります。

将来的にはViewカードやビックカメラSuicaカードで貯まるポイントもJREポイントになる予定ですが、現状だと対応するクレジットカードはそこまで多くないので、JREポイントを貯めたいのであれば、ポイントカードを作るケースが多いでしょう。

JREポイントカードはアトレなどの上記、各加盟店で配布されています。

作成の際には申し込み用紙に氏名や電話番号、住所を記載する必要があります(WEBやアプリに個人情報が反映されるのは作成から約2週間後)。

作成料や年会費は一切かかりません。

いちいち個人情報を書いて申し込まなくちゃいけないシステムはなんとかならないものでしょうか。

JREポイントカードでポイントを貯める

JREポイントカードはJREポイント提携店で提示をしたら100円で1ポイントが貯まります(キャンペーン開催時はよりポイントが貯まりやすくなっていることも)。クレジットカード払いでも電子マネー払いでも同等のレートで貯まります。

JREポイントカードを提示してポイントが貯まった(レシート)

↑の場合は税抜価格で1,900円だったので19ポイントが貯まっています。レシートに今回のポイントと利用可能ポイント、期間限定ポイントとその期限も印字されているので確認をしましょう。

Suicaを登録して支払えばJREポイントが貯まる加盟店のマーク

また、Suicaポイントと統合した現在では、JREポイントサイトから登録したSuicaで↑のマークがある旧Suicaポイントの提携店で支払い、JREポイントカードを提示すれば(残念ながら登録したSuicaで支払うだけでは駄目で、JREポイントを提示する必要があります)、JREポイントが貯まります。

JREポイントカードで貯まったポイントを使う

JREポイントカードで貯まったポイントはアトレなどの加盟店で1ポイント=1円で利用可能です。レジでポイントを使いたい旨を伝えてカードを提示すればOKです。

また、Suicaポイントとの統合したので、電子マネーのSuicaにチャージに1ポイント=1円で充当可能、いずれはグリーン券の購入に利用することも出来るようになります(下記「JREポイントとSuicaポイント、ビューサンクスポイントの統合について」参照)。

他にも買い物券と交換したり、サイトにログインして景品と交換することも可能です。交換景品は鉄道博物館入館引換券、メトロポリタンホテルズ共通利用券、リラクゼご利用券、東京ステーションホテル利用券などが用意されています。景品は還元率が高くはないので、よほどの理由がない限りは景品よりも加盟店やSuicaチャージで1ポイント=1円で利用したほうが良いでしょう。

また、JR東日本が運営するオンラインショッピングサイトの「ネットでエキナカ」でも利用可能です。

ポイントの有効期限

ポイントの有効期限は最後に獲得or利用してから2年間です。

楽天スーパーポイントのようにキャンペーンで受け取ったポイントは期間限定ポイントで通常のポイントよりも有効期限がずっと短いのでご注意ください(上記レシート画像を確認してみてください)。

JREポイントアプリでポイントを管理&貯める

JREポイントは専用のアプリも出ています。

インストールしたらカードを登録&会員登録をしましょう(登録自体はWEBからでも可能。登録にはカードが必須)。

アプリならではの特典としてチェックイン機能と1日1回のルーレットでポイントを貯めることが可能になります。

JR東日本の施設にチェックインしてポイントを貯める

位置情報を利用して、JR東日本の施設、加盟店の近くに来るとチェックインをすることが出来るようになります。

1チェックインで1ポイントが貯まります。

JREポイントのチェックイン機能

1施設につき、1日1回です。通勤や通学でアトレなどのJR東日本の施設を数か所回る方は1日に3ポイント(1ヶ月で90ポイント)貯めることも可能かも?

ルーレットでポイントを貯める

JREポイントアプリではルーレットを1日1回行うことができます。

JREポイントアプリのルーレット

ルーレットは大当たりで100ポイント、当たりで1ポイント、はずれは0ポイントです。

JREポイントとSuicaポイント、ビューサンクスポイントの統合について

JR東日本はこれまでSuicaの利用で貯まるSuicaポイントとクレジットカードのビューカードの利用で貯まるビューサンクスポイントというポイントがありました。これらは全てJREポイントに統合されます。

SuicaポイントとビューサンクスポイントはJREポイントに統合される

Suicaポイントへの統合は2017年の12月5日から開始。

統合されると今までSuicaでの支払いでSuicaポイントが貯まっていたお店、例えばスリーエフやヨーカドー、アリオ、紀伊國屋書店、コナカ、紳士服の青山、駐車場のタイムスなどではSuicaポイントの代わりにJREポイントが貯まるようになります(登録したSuicaでの支払い+JREポイントカードの提示)。

現在は貯まったJREポイントはアリオなどのお店で使うことしかできませんが、統合後は、1ポイント=1円としてSuicaへのチャージにも利用できるようになっています。また、2018年の3月には貯まったポイントはグリーン券への交換もできるようになります。

View SuicaカードやビックカメラSuicaカードで貯めることができたクレジットカードのポイントであるビューサンクスポイントも2018年度中にJREポイントへと統合されてわかりやすくなる予定です。

JREポイントのまとめ

JREポイントはJR東日本がこれまで散漫になっていたポイント制度を本格的に整備するために生み出した共通ポイント。

これまでのSuicaポイントは貯め方も存在もあまり知られていなかった面があるので、アトレなどの施設のポイントカードと一体化することでよりポイントとしての知名度を上げて、多くの人が貯める&使えるようなポイント制度へと進化していくと思われます。

アトレなどの駅ビルの買い物で貯まったポイントが電子マネーのSuicaに交換できるのは利便性が高いと言えるでしょう。

ただしいかんせんJREポイントカードを作るのがめんどくさいという欠点が・・・。