電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Origami Payについて(割引が嬉しい日本のQRコード決済の先駆け的存在)

Origami Pay

登録できるクレジットカード VISA / MasterCardJCB、AmericanExpress、Diners、Discoverも対応(2018年9月20日発表)クレディセゾン発行・提携カードであればすでにJCB、AMEXも登録可。
登録できる銀行口座 みずほ銀行 / 三井住友銀行 / 青森銀行 / 三重銀行 / 大垣共立銀行 / じぶん銀行 / 静岡銀行 / 北越銀行 / 三重銀行 / みちのく銀行 / ゆうちょ銀行 / SBJ銀行
1回の利用限度額 クレジットカードの場合、1回100万円(税込)
貯まるポイント なしポイントが貯まるのではなくいつでも2%オフ。プレミアムフライデーは10%オフ(2018年9月7日に終了)。登録したカードのポイントは貯まる(一部例外あり)。
公式HP https://origami.com/

Origami Pay(通常版)について

Origami Payアプリのトップ画面

Origami Payは「株式会社Origami」が運営する、QRコードによるスマートフォン決済サービスです。株式会社Origamiは新興のベンチャー企業ですが、ソフトバンクやクレディセゾンからの出資を受けています。

あらかじめ銀行口座やクレジットカードを登録しておき、店頭でQRコードを読み取るだけで支払うことができます。iOS、Androidを問わず、アプリをインストールすることで利用が可能です。QRコードを用いるため、おさいふケータイには非対応の機種でも問題なく利用できます。

Origami Payの初期設定

Origami Payの初期設定画面(インストール画面)

まずは、「Origami」アプリをインストールします。アイコンはオレンジ色に鶴のマークをかたどったものです。

アプリを開いたら、以下の初期設定を済ませます。

  1. メールアドレスを入力してOrigamiアカウントを作成 ※Facebookのアカウントと連携することも可能
  2. 携帯電話の電話番号を入力し、SMS認証による本人認証を済ませる
  3. 銀行口座やカードの登録

以上を終えれば、いつでも店舗でOrigami Payを利用できます。

Origami Payに対応する銀行口座・カード

Origami Payでの支払いは、銀行口座やカードから自動的に引き落とされます。SuicaやEdyのように、あらかじめチャージする必要はありません。銀行口座やデビットカード、プリペイドカードを登録した場合、利用額が即座に引き落とされます。

カードの場合、VISA/Masterのカードであれば、クレジットカード、ブランドデビット共に登録することができます。ブランドプリペイドはカードによりますが、有名どころでは「auWALLET カード」は登録できないとのことです。

JCB、AMEX、Diners、Discoverのカードは2018年9月20日に提携が発表され順次登録可能になる予定です。大手QRコード決済でJCBグループが使えるのは楽天ペイに次いで2番目になります。

クレディセゾン発行・提携(=セゾンカード・UCカードなど)のJCB・AMEXカードであれば登録できます。カードは複数枚の登録が可能です。

支払いに使用するカードは、アプリの「銀行口座とカード」で切り替えることができます。

Origami Payの銀行口座orクレジットカード/デビットカード登録画面

↑だとみずほ銀行からではなく、VISAブランドのクレジットカードから支払うことになります。

みずほ銀行などは、発行しているブランドデビットがJCBですので、デビットカードをOrigami Payに登録することはできません。しかし、銀行口座を登録することは可能です。

Origami Payに登録可能な銀行口座は、2018年8月現在、みずほ銀行、三井住友銀行、青森銀行、三重銀行、大垣共立銀行、、じぶん銀行、静岡銀行、北越銀行、三重銀行、みちのく銀行、ゆうちょ銀行、SBJ銀行(10月16日開始)となっています。対応行は着々と増加しており、今後も増える見込みです。

Origami Payで貯まるポイント

Origami Payそのものには、ポイントプログラムはありません。Origami Payにカードを登録している場合、登録したカードの利用ポイントは貯まります。(一部例外あり)

ポイントの代わりに、いつでも支払い金額が2%OFFになります。ただし阪急メンズ館など、2%OFF対象外の店舗もありますのでご注意を。

Origami Payのクーポン

Origami Payを利用していると、頻繁にクーポンが配布されます。配布されるクーポンは一律ではなく、利用者によって異なるクーポンが配られます。

例えば、過去に利用した特定の店舗で「***円引き」や、「**% OFF」のようなクーポンが配られたりします。

全員共通のものでは、毎月最後の金曜日の「プレミアムフライデー」にOrigami Payでの利用が10%OFFになるクーポンがありましたが、2018年9月7日に終了しています。ローソンに導入されるタイミングだったのですが、ローソンでも10%オフになるかと思いきや流石にそれはありませんでした。

クーポンは、アプリの「メッセージ」で確認できます。「メッセージ」で「クーポンの詳細を見る」からクーポンを受け取ることが可能です。

Origami Payのクーポン受け取り

クーポンの利用には、「メッセージ」経由で「クーポンを使用してお支払い」を選択してからQR決済を行う方法と、ホーム画面の「お支払い」でQR読み取り画面を出してからクーポンを選択する方法の二通りがあります。お好きな方をご利用ください。

Origami Payのキャンペーン

Origami Payでは、各種キャンペーンが開催されることがあります。開催中のキャンペーンは公式Webサイトに記載されていますので、そちらをご覧ください。

また、Webサイトだけではなく、アプリの「メッセージ」でもキャンペーンが告知されます。

キャンペーンは頻繁に行われています。期間の短いキャンペーンも多いですので、見逃さないように要チェックです。

セゾン・UC Origami Payについて

セゾン Origami Payのトップページ

セゾンカード・UCカード会員向けの、「セゾンOrigami Pay」「UC Origami Pay」といったサービスも存在します。

利用できる店舗は通常のOrigami Payと変わりませんが、利用可能なカードはセゾン・UCカードのみであり、クーポンやキャンペーンなどのサービスに一部差があります。

既に通常のOrigami Payにセゾン・UCカードを登録していても、別途「セゾンOrigami Pay」「UC Origami Pay」を利用することが可能です。

セゾン・UC Origami Payの初期設定

セゾンOrigami Payの登録画面

セゾン・UC Origami Payは、「セゾンPortal」「UC Portal」アプリから利用します。

  1. 「セゾンPortal」「UC Portal」アプリをインストールする
  2. ログインする
  3. 鶴マークの部分をタップし、セゾン・UC Origami Payを開く
  4. 決済に使用するカードを選択する
  5. SMS認証による本人認証を済ませる

既に「セゾンPortal」「UC Portal」アプリを利用している場合、上記の3番から始めてください。

また、セゾン・UC Origami Payの利用には、アプリの「パスワードロック」の設定が必須です。パスワードロックを設定しないと、セゾン・UC Origami Pay利用することができません。

「セゾンPortal」「UC Portal」では、利用金額や、貯まっている永久不滅ポイントが簡単に確認できます。この手のアプリとしては使い勝手抜群なので、セゾンカード・UCカードを利用している方は是非インストールしてみてください。

セゾン・UC Origami Payに対応するカード

セゾン・UC Origami Payは、「セゾンPortal」「UC Portal」アプリに登録可能なカードで利用可能です。すなわち、セゾンカード、UCカードのみ対応しています。

永久不滅ポイントが貯まらないカードでは使えません。クラブ・オン/ミレニアムカードなど、一部の提携カードでは利用できませんのでお気をつけください。

「セゾンPortal」「UC Portal」に複数カードを登録している場合、複数のカードいずれもセゾン・UC Origami Payで使用できます。QR読み取り画面で使うカードを選択します。

セゾン・UC Origami Payで貯まるポイント

セゾン・UC Origami Payでは、永久不滅ポイントが貯まります。通常の支払いと同様、1000円の支払いにつき 1永久不滅ポイントが貯まります。(※決済ごとではなく、月間利用額合計で貯まります)

通常のOrigami Payとは異なり、支払い金額2%OFFは適用されません。

セゾン・UC Origami Payのクーポン

セゾン・UC Origami Payでは、「***円引き」や、「**% OFF」のクーポンが配布されることがあります。保有しているクーポンは、アプリの「クーポン」でご確認ください。

通常のOrigami Payと比べて、クーポンの配布頻度は少ないようです。クーポンに期待している方は通常のOrigami Payを併用して利用しましょう。

セゾン・UC Origami Payのキャンペーン

セゾン・UC Origami Payでは、各種キャンペーンが開催されることがあります。開催中のキャンペーンは、アプリの「メッセージ」でご確認ください。

過去の例では、日本交通タクシーの利用代金をセゾン・UC Origami Payで支払うと、期間中「何度でも」410円キャッシュバックされるキャンペーンが実施されたことがあります。

通常のOrigami Payでは1回キャッシュバックは1回限りでした。

Origami Payよりもキャンペーンの頻度は少ないのですが、このように「何度でも」使えるオトクなキャンペーンが実施されることがありますので要チェックです。

Origami Payでの支払い方法

Origami Payで支払う際は、まずアプリの「お支払い」をタップして、QRコード読み取りの画面を表示させます。

通常のOrigami PayのQRコード読み取り画面↓

Origami PayのQRコード読み取り画面

セゾン Origami PayのQRコード読み取り画面↓

セゾンOrigami PayのQRコード読み取り画面

画面が表示されたら、お店側の用意したタブレット端末に表示されているQRコードを画面に合わせて読み取ります。

これで支払い完了です。

支払いが完了すると、お手持ちのスマートフォンに、利用店舗と金額が記載された「お支払い完了」の画面が表示されます。

Origami Payが使えるお店

Origami Payの加盟店数は2017年7月現在で約20000店舗と、決して多くない店舗数ではありますが、加盟店数は順調に増加しています。

有名なチェーン店では、

などでOrigami Payを使うことができます。

ただし、一部店舗でしか利用ができない加盟店が多いので、Origami Pay利用する場合は事前に確認することをオススメします。

利用可能な店舗は、アプリで検索することができます。

Origami Payのメリットとデメリット

当サイトが考えるOrigami Payのメリットとデメリットは以下の通り。

メリット

  • とにかくお得。
  • クレジットカード払い、銀行引き落とし両方に対応。

デメリット

  • 使えるチェーン店でも店舗によっては使えない。
  • ローソンなどが導入したとはいえ、それ以外の加盟店数は多くはない
  • 知名度はそこまで高くはないのでレジの方が研修不足だと戸惑う恐れ。

Origami Payのまとめ

Origami Payは日本におけるQRコード決済の先駆けの存在で、クーポンなどはとてもお得なので賢い人が使っているサービスだと言えます。

後続のQRコード決済サービスが多数乱立している中で、先行者利益を得てシェアを拡大し続けるのか、クーポンサービスなどは今後どのように拡大していくのか期待大のサービスだと言えます。