電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

PayPayはクレジットカードが使えないお店でも間接的にカード払いができるのが便利

PayPayのクレジットカード払い

PayPayのクレジットカード払いってどんな支払い方法?

QRコード決済のPayPayは、チャージ残高から支払うだけではなく、VISA・MasterCardの国際ブランドが付いたクレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイドカードでの支払いも可能です。ヤフーカードに限り、JCBのカードも登録・支払いできます。AMEX、Dinersカードも使えませんのでご注意ください。アカウントの「支払い方法の管理」から追加や削除ができます。

国際ブランドヤフーカードその他カード
VISA
Mastercard
JCB×
American Express××
Diners Club××

事前のチャージは不要で、料金の支払いは利用した各種カードから行われます。

クレジットカードを導入していないお店でもPayPayを導入していれば、間接的なクレジットカード払いが可能です(このメリットの詳細は後述)。

デビットカード・ブランドプリペイドカードは一部登録不可なものがある

VISAやMasterCardでも登録できるブランドプリペイドは種類は限られています(2020年4月末現在の確認です)。

筆者の環境で検証したものだと、ブランドプリペイドカードはソフトバンクカード(VISA)、Kyash Card(VISA)、デビットカードはジャパンネット銀行デビットカード(VISA)、ソニー銀行デビットカード(VISA)、SMBCデビットカード(VISA)が登録可能でした。

PayPayに登録可能だったブランドプリペイドカードとデビットカード

一方で、VISAブランド、Mastercardブランドにも関わらず、au PAY プリペイドカード(Mastercard)、dカード プリペイド(Mastercard)、バンドルカード(VISA)などは登録不可です。

PayPayに登録不可だったブランドプリペイド、デビットカード

PayPayのクレジットカード払いの際にPayPayボーナスは貯まるの?

→ヤフーカード以外のクレジットカードで支払った場合はPayPayボーナスは付与対象外です。

ただし、ヤフーカード以外のカードで支払った際には登録してあるクレジットカードのポイントが貯まるので、還元率が1%以上のカードでしたら大抵の場合、PayPay残高にチャージをして支払うよりもお得です。

PayPayのカード払い貯まるポイント
カード払いVISA・MasterCard登録したカードのポイント
ヤフーカード払いPayPayボーナス基本0.5%+PayPay STEP分(合計最大1.5%還元)

ヤフーカード払いは最大還元率こそ1.5%ですが、実店舗では基本0.5%還元で、それ以上にするためには決済を月に50回以上などのかなりハードな条件が付きます。ヤフーカードを登録してPayPayでクレジットカード払いをしてもTポイントは付与されません。つまり、PayPayボーナスとのポイントの2重取りは不可でメリットはあまりなくなっています。ご注意ください(2020年2月から変更されました)。

PayPayボーナスとクレジットカードのポイントの2重取り【ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー限定】

意地でもクレジットカードとのポイント2重取りをしたい場合は、ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーの方なら、PayPay残高へのチャージで「ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い」を選択して、ケータイ料金の支払いを各種クレジットカードから行うという技が使えます。

PayPayのクレジットカード払いの利用上限

クレジットカード払い
本人認証設定済み本人認証未設定
青いバッジ付与青いバッジ未付与青いバッジ付与青いバッジ未付与
過去24時間25万円2万円5,000円5,000円
過去30日25万円5万円5,000円5,000円

PayPayのクレジットカード払いは、本人認証=3Dセキュアを行っているか否かで利用できる上限金額が変わってきます。

そもそも本人認証サービスである3Dセキュアに対応していないKyashのようなサービスは必然的に過去30日の利用上限金額は5,000円になります。

PayPayはクレジットカードが使えないお店でクレジットカードを使える便利なツール

キャッシュレス決済を使いこなしている方は、筆者も含めて、PayPay=クレジットカードが使えないお店で間接的にクレジットカード払いをする便利なツール、と位置づけている方が多いです。今現在、キャンペーン時にしか使わないという方もこの視点を持つと大分PayPayの利用頻度が上がると思います。

例えば、ダイソーや街ナカの小さな食堂などでは、PayPayしか使えない、という場面によく遭遇します。そのような場所でもPayPayのクレジットカード払いをすれば、実質クレジットカードで支払えます。カードのポイントも貯まるし、明細もクレジットカードに一元化することが可能です。

まとめ

PayPayは2020年4月から基本的なポイント還元率は落ちてしまいました。なので、PayPay以外も使える場所で利用するメリットは薄まっています。現在筆者がPayPayを利用するのは、キャンペーン開催時、もしくは、そして上記の通り、PayPayしか使えないお店でクレジットカード払いをする際になっています。

ちなみに、PayPayに登録して実際に使っているのは、楽天カードからチャージしたKyash Cardです。街ナカの小さなPayPayしか入れていないようなお店でも、楽天カードからKyash Cardにチャージして還元率1%、PayPay経由でKyash Card払いをしてさらに+1%で合計2%還元です。Kyashは3Dセキュアに対応していないので過去30日で5,000円までしか使えませんが、小さな食堂やダイソーなどで使う程度なので現状困っていません(オーバーしたら別のクレジットカードに切り替えます)。

Kyashについて(+1%のICチップ付きプリペイドカード&アプリ)
特徴 Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual カードフェイス 実店舗での利用 可 可 不可Google Payに登録してQUICPayとしてなら利用可能 ICチップ あ…
続きを読む

ご参考までに。