電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)の支払い方法

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)
電子マネー nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / 各店舗ごとに違う / → 店舗毎の検索はこちら 使えないSSもあるのであらかじめ検索したほうが無難。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / kitaca / SAPICA / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う / 電子マネー対応店舗では使える。
相性の良い電子マネー nanaco、Speedpass nanacoはポイントが貯まるので特におすすめ(Speedpass+のnanacoだとベスト)。通常のSpeedpassもガソリン価格がSpeedpass会員限定で安くなるときを狙って使いたい。キーホルダーとして付けられるので持って気軽に持てる。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) お持ちのクレジットカードをスピードパスに登録すると支払いがさらに楽になる。
おすすめクレジットカード シナジーカード 前月の利用額に応じてガソリン代が値引きになる(最大1Lあたり7円引き)。
貯まりやすいポイント nanacoポイント
デビッドカード 使える VISAデビット、JCBデビット
ポイントカード nanacoカード nanaco払いで1Lあたり1ポイントが貯まる。
現金いらず得点 4.2点(5点満点中) 全店舗で電子マネーが使えるようになったらより入りやすい。
公式HP http://www.emg-ss.jp/

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で使える電子マネー

エクソンモービルの運営するガソリンスタンド、Esso・Mobi・ゼネラルでは、全店舗ではありませんが多くの店舗で、nanaco、楽天Edy、ポストペイ型のiD、QUICPay、交通系電子マネーのSuicaやPASMO、ICOCAなどの各種電子マネーが使えます。特にnanacoはポイントが貯まるのでおすすめです(下記詳細)。

Essoのパネル(電子マネー選択画面)

メニューから電子マネーを選択してタッチして読み取らせれば自動的に判別してくれます。

各種電子マネーを使える店舗は公式サイトから検索できます。

Esso・Mobil・ゼネラルの電子マネー利用可能店舗の検索

さらに、独自のキーホルダータイプの電子マネー、Speedpass(スピードパス)、Speedpass+(スピードパスプラス)が用意されています。

Speedpass(スピードパス)

両方共、EssoやMobiなどのガソリンスタンドで専用端末にタッチをするだけで支払いが完了するキーホルダータイプ。クレジットカードをお持ちなら各店舗ですぐに作れます。

メリットとして、スタンドや時期にもよりますが、スピードパス払いだとガソリンが安くなります(↓の写真を撮ったときには安くなっていません・・・)。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)でSpeedpass払いをした際の価格設定

通常のスマートパスとプラスの違いは、スピードパスはEsso・Mobi・ゼネラルのセルフサービスステーションでしか使えないのに対して、スピードパスプラスは電子マネーのQUICPay/nanacoを搭載しているため、QUICPayやnanacoが使えるお店ならどこでも使える「キーホルダータイプのQUICPay、nanaco」としても機能するということ。セブンイレブンなど幅広い店舗でお得に使えます。

使える店舗 入会手数料
スピードパス Esso・Mobi・ゼネラルのSSのみ。 完全無料
スピードパス+ Esso・Mobi・ゼネラルのSSだけでなく、その他QUICPayやnanacoが使えるお店ならどこでも使える(nanacoは要チャージ)。 入会手数料300円 年会費は無料

スピードパス+のみ入会手数料がかかりますが、nanacoやQUICPayを日常でも使いたい方、nanacoポイントを貯めたい方はスピードパス+を作りましょう(カードタイプのnanacoと違って車のキーに付けられるので便利)。

また、スピードパス以外にも専用のプリペイドカードも発売されています。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)のプリペイドカード

ポイントが付くカードではありませんが、このプリペイドカードでリッターあたりのガソリンが値引きが行われます。

auWALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードは洗車などでも使えない(弾かれてしまう)のでご注意ください。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で使えるクレジットカード

VISA、MasterCard、JCB、American Express、Dinersなど各種クレジットカードが使えます。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)でクレジットカード払いをする

メニューでクレジットカードを選択して、支払いに使うクレジットカードを入れる(カード情報を登録)→すぐに出てくるので受け取る→給油を開始→給油された分が請求される、という流れです。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)でお得なクレジットカード

1番お得でおすすめなのはシナジーカード。前月のクレジットカード利用額に応じて、1リッター当たりのガソリン額が安くなります。

シナジーカード

例えば前月に7万円以上クレジットカードを利用した人なら、次の月にはガソリン代が1リットルあたり7円引きになるという仕組み。還元率を考えると、Esso・Mobil・ゼネラルのガソリンスタンドを決まって使う人なら、メインカードとして使う価値があるカードになっています。

JCBオリジナルシリーズ

その他、TS CUBIC CARDは1,000円につき15ポイント(通常の1.5倍)、JCB ORIGINAL SERIESは100円につき2ポイント(通常の2倍)貯まるなど提携カードでもポイントが貯まりやすいのでシナジーカード以外のクレジットカードでお持ちなら積極的に使いましょう。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で貯まるポイント

nanaco払いはガソリンなどの場合1リットルにつき1ポイント(洗車やオイル交換は100円で1ポイント)が貯まります。

スピードパス+のnanacoでの支払いならより便利にポイントが貯まります。

貯まったnanacoポイントはセブンイレブンなどでチャージや残高確認することで再び電子マネーのnanacoとして支払いに使えるようになります(利用後、3日目以降から交換可能になる)。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で使える商品券・ギフトカード

サービスステーションでガソリンを入れる際には商品券やギフトカードは使えません。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で現金必要?

→必要ありません。

全店舗でないのが残念ですが、各種電子マネーも使えますし、ポイントとしてnanacoポイントが貯まるのは嬉しい。

ちなみに、現金払いをする際には現金を先払いします。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)で現金払いをした際にお釣りを受け取る機械

その後、出てきたレシートを取って、お釣りを出す機械(バーコード読み取り式)にかざしてお釣りを受け取ります。お釣りの受け取り忘れがないようにご注意ください。

Esso・Mobil・ゼネラル(Express)ってどんなガソリンスタンド?

民間では最大のエネルギー企業、エクソンモービルの運営するガソリンスタンド。現在はEsso(エッソ)・Mobil(モービル)・ゼネラルの3つのブランドがある。

Esso Express、Mobil Express、General Expressなどブランド名の後に付く「Express」とは、エクソン・モービルが運営する次世代のセルフサービススタンド(SS)の名称。