電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

大丸・松坂屋の支払い方法

大丸・松坂屋
電子マネー 使えない   福岡天神店のみ楽天Edyが使える。
交通系電子マネー 使えない 基本的に使えない。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
おすすめクレジットカード 大丸松坂屋カード、ANAカード、JALカード 大丸・松坂屋で100円につき5ポイントが貯まるカード。もしくは、貯めているマイルのカード(特約店のため)。
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
QRコード決済 Alipay / WeChat Pay /
デビットカード 使える J-デビットも利用可。
商品券・ギフトカード 全国百貨店共通商品券、JCBギフトカード、VJAギフトカードなど
ポイントカード 大丸松坂屋ポイントカード、楽天ポイントカード 100円につき1ポイントが貯まる。1ポイント1円で利用可能。
貯まりやすいポイント 大丸松坂屋ポイント、ANAマイル、JALマイル、楽天スーパーポイント
現金いらず得点 4.0点(5点満点中) 高価な買い物が多いのであまり必要ないかもしれないが、電子マネーが使えたら便利かも。
公式HP http://www.daimaru-matsuzakaya.com/

大丸・松坂屋で電子マネーは使えるの?

大丸・松坂屋では基本的に電子マネー払いは出来ません。

大丸東京店に問い合わせてみたところ、地下の食品売り場の一部でSuicaが使えるのみで電子マネーは基本的に使えないということでした。

例外として、大丸の福岡天神店、下関の大丸ではレストラン街の一部では楽天Edyが使えます。以前は楽天Edyと松坂屋が提携したEdyカードがあったのですが終了してしまったそうです。

ですが、楽天Edy、nanaco、WAON、交通系電子マネーのSuicaやPASMO、ポストペイ型のiDやQUICPayも、種類を問わず使えないと思っておいたほうが良いでしょう。

auWALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードなどのブランドプリペイドカードは使えます。

大丸・松坂屋でクレジットカードは使える?

VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが使えます。

大丸・松坂屋のヘビーユーザーにオススメなのは、大丸松坂屋カード。大丸・松坂屋の運営会社(の子会社である)JFRカードが発行しています。

大丸・松坂屋カード

年会費は、通常カードの場合初年度無料、2年目からは1,000円(税別)となります。大丸・松坂屋で使うと100円につき5ポイント (1ポイント1円) 貯まるので還元率が5%になります。つまり1,000円分の年会費も2万円ほどの買い物で回収出来てしまうので、大丸や松坂屋をたまにしか使わない方も作って良いかも!?

ただし食品・レストランでの利用は100円につき1ポイント (還元率1%) なので、デパ地下やレストランを中心に利用する方は要注意。

ポイントは大丸・松坂屋の各店舗で1ポイントから利用可能です。(1ポイント=1円相当)(※マイ・ペイすリボ設定で年会費無料となりますが、三井住友カードとは違い、月々のリボ返済額=利用枠には設定出来ません)

また、大丸・松坂屋はマイルが貯まりやすいです。ANAカードマイルプラス特約店となっているので通常のポイント以外にも200円のお買い物で1ANAマイルが貯まります。JALマイルも通常の2倍(100円で2マイル)が貯まる特約店に設定されています。

マイルを貯めている方はJAL・ANAカードでの支払いもオススメです。

大丸・松坂屋で使えるポイントカード

大丸・松坂屋ポイントカード

大丸松坂屋ポイントカードが発行されています。

2015年までは、大丸のポイントカードはDカード、松坂屋のポイントカードはMカードとわかれていましたが、現在は統合されています。一部店舗ではうふふガールズカードという謎の名称のポイントカードも発行できますが、ポイントカードとしてのスペックは大丸松坂屋ポイントカードと同じです。

入会金や年会費は一切かかりません。

クレジットカードほどポイントは貯まりませんが、100円につき1ポイント貯まり、現金払いはもちろん、クレジットカード払いとも併用できるので作っておかないと損です。ただし、大丸松坂屋カード、大丸松坂屋お得意様ゴールドカードなどの大丸・松坂屋系カードや株主優待カード、楽天ポイントカードとの併用はできません。

貯まったポイントは1ポイント=1円で利用できます。

大丸・松坂屋のアクセプタンスマーク

松坂屋では全店舗で対応していますが、大丸のうち四国・九州の3店舗(福岡天神店・下関大丸・高知大丸)では利用できません。

楽天ポイントカードも貯まるし使える

大丸と松坂屋は楽天ポイントカードの加盟店でもあるので、100円で1ポイントが貯まるし、貯まった楽天スーパーポイントは1円で使うことも可能です。楽天ポイントカードはカードタイプのみでアプリは利用不可なのでご注意ください。

楽天ポイントカードが使える大丸↓

心斎橋、梅田、京都、神戸、東京、札幌、浦和、山科、須磨、芦屋、福岡天神、下関大丸、鳥取大丸、高知大丸

楽天ポイントカードが使える松坂屋↓

名古屋、上野、静岡、豊田、高槻

大丸・松坂屋で使える商品券・ギフトカード

店舗によって多少異なりますが、基本的にJCBギフトカードやVJAギフトカードなどクレジットカード系ギフトカード、全国百貨店共通商品券も使えます。

その他、百貨店ギフトカード、大丸ギフトカードといったギフトカードも利用可能です。

D’sラウンジトーキョーに入るためのクレジットカード

大丸東京の11階には、D’s ラウンジ トーキョーというVIPラウンジが用意されています。

入るためには、大丸松坂屋お得意様ゴールドカードなどの外商系カードや、大丸・松坂屋のクレジットカード・ポイントカードの保有者のうち、大丸東京店での買い物額が1年間に80万円以上の方に配布されるD’s ラウンジトーキョーメンバーズカード(1年間有効)が必要とされています。

大丸東京のD'sラウンジに入るためのクレジットカード

ですが、実際にはダイナースクラブプレミアムカード(ANA・BMW提携カードも含む)、銀座ダイナースクラブカード、三井住友VISAプラチナカード、SuMi TRUST CLUB プラチナカードをお持ちの方も入室可能となっています。(三井住友VISAプラチナカードはANA VISAプラチナ プレミアムカードのような提携カードでは入室不可)

銀座と日本橋が一望できますし、フリードリンクが飲んでくつろげるラウンジです。新幹線の時間まで時間があるような方にも便利。オープン時間は大丸東京店の営業時間と同じ、10:00~20:00です。

大丸・松坂屋で使えるQRコード決済

大丸・松坂屋は中国のQRコード決済のAliPay、WeChatPayが使えます。

百貨店としてかなり早い段階から導入しています。

大丸・松坂屋で現金必要?

→必要ありません。

ヘビーユーザーは大丸松坂屋カードでお得にお買い物。

たまに利用する程度の方はお好きなカードと楽天ポイントカード。

電子マネーが殆ど利用できないのは惜しい所ですが、クレジットカード・デビットカードや国際ブランドつきプリペイドカードは使えるので問題は無いでしょう

楽天ポイントを導入しているので、たまにしか来ない人でもポイントを貯めやすいのが嬉しい。

大丸・松坂屋ってどんなお店?

大丸の元になる大文字屋は大正に古着商として、松坂屋は1611年に呉服商として生まれた。

大丸と松坂屋が合併をしたのは2010年。それ以前に経営統合を表明した際に生まれたのがJ・フロイト・リテイリングという現在の親会社(持株会社)。このJFRはパルコも傘下に持っている。