電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Google Pay(グーグルペイ)について【使い方完全ガイド】

Google Pay

対応機種おサイフケータイ対応のAndorid端末
対応している電子マネー/非接触決済楽天Edy、nanaco、WAON、Suica、QUICPay、iD、Visaのタッチ決済
楽天Edyにチャージ可能なカード
  • VISA、MasterCard、JCB、American Expressなど各種クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード。ただしビューカードなど一部カードを除く
nanacoにチャージ可能なカード
  • Google Pay上でnanacoへのクレジットカード等からのチャージは不可、店頭での現金チャージのみ(モバイルnanacoアプリからなら可)
WAONにチャージ可能なカード
  • イオンカードのみ(デビットカードは不可)。
Suicaにチャージ可能なカード
  • VISA、MasterCard、JCB、American Expressの国際ブランドが付与された各種クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード
対応しているクレジットカード/デビットカード/プリペイドカード
  • QUICPayが付与・・・JCB発行のクレジットカード/デビットカード(実カードなしのじぶん銀行スマホデビットも対象)/プリペイドカード(対象外あり)、JACCS発行のクレジットカード、楽天カード(VISA、Mastercard、JCB)、ゆめカード発行のクレジットカード、ブランドプリペイドのKyash、LINE Payカード
  • iDが付与・・・三井住友カード発行のカード、ライフカード、SMBC VISAデビットカード
  • Visaのタッチ決済が付与・・・ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行のVisaデビットカード

決済額の上限はQUICPay+対応店で3万円まで、QUICPay対応店で2万円まで(楽天カードのQUICPay+は29,999円まで)。iDは上限はカードの設定次第で一律の上限なし、3万円以上でPIN入力が必要。

公式サイトhttps://pay.google.com/about/
2019年8月16日から2019年12月15日まで、Google Payに登録したJCB発行カードのQUICPay決済で20%キャッシュバックのキャンペーンが実施中です。最大還元額は1万円で、2020年月の利用明細でマイナス表記される形でキャシュバックされます(利用がない場合は口座振り込み)。参加には事前エントリーが必要になります。

Google Pay(グーグルペイ)はGoogleが世界で広めているAndroidのスマートフォンを使った決済手段のおまとめサービスです。

Apple Pay同様に、世界で使われているGoogle Payとは異なる日本独自のGoogle Payになっています。

Google Payを使うための手順

なにはともあれまずはPlayストアからGoogle Payをインストールしましょう。

「お支払い方法」から電子マネー、クレジット/デビット/プリペイドカードをGoogle Payに登録したら準備完了です。

Google Payのカード追加

いずれも設定は簡単です(Suicaなどメールアドレスが必要なものもあり)。

Google Payで利用可能な電子マネー/非接触決済(NFC Pay)と使い方

Google Payで利用可能な電子マネーは楽天Edyとnanaco、WAON、Suica、QUICPay、iDの6種類。

楽天Edy

Google Payの楽天Edy

まず最初にAndroid Pay時代に対応したのがこの楽天Edyです。

Google Payから楽天Edyにチャージする方法

楽天Edyにチャージをするのは、Google Payのアプリからでも、楽天Edyのアプリからでも可能です。

紐付けられた楽天Edyなら即時両方(Google Payと楽天Edyアプリ上)に反映されます。

チャージに利用可能なクレジットカードはJCB、American Express、MasterCard、VISAのクレジットカードです。Dinersはチャージに利用不可。

楽天Edyへのチャージ時の注意点として、↑の国際ブランドが付与されていてもカード会社によってはチャージ不可という点です。

利用可能なカード会社は、以下の通り。

楽天カード、楽天VISAデビットカード、MUFG、DC、NICOS、NC CARD、NTT Group Card、EPOS CARD、OCカード、セゾンカード、JACCS、Cedyna、OMC、XEBIO CARD、TOKYU CARD、TS3カード、NKC、VJA、三井住友VISAカード、HOKUSENカード、UCカード、youmeカード、ライフカード、ポケットカードなど。

逆に、チャージ不可なのは、Viewカードやdカードなど。例えばView Suicaカード(VISAブランド)などは登録しようとしても「アプリ内の購入では利用できません」という表記になってしまいます・・・。

楽天Edyのアプリからだと3種類のチャージ方法が用意されています。

楽天Edyアプリのチャージ方法

  • 楽天会員情報に登録済みのクレジットカード(楽天IDが必要、普段買い物に使っているカードを利用)
  • クレジットカード(新規に登録)
  • 銀行口座から引き落とし(楽天銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、千葉銀行、福岡銀行、滋賀銀行、常陽銀行などが対応)

チャージ限度額は5万円です。1回あたりのチャージ限度額は、Google Payのアプリからチャージするときは1万円。楽天Edyアプリからチャージするときは2万5000円です。

nanaco

Google Payのnanaco

2017年4月20日にAndroid Pay時代に第二弾として対応を開始したのがnanacoです。

Google Payのnanacoにチャージする方法

Google Payのnanacoは現状だとセブンイレブンなどの店舗やセブン銀行ATMでの現金チャージのみです。レジの場合、チャージ額を伝えてお金を渡し、ICリーダーに端末を乗せてチャージを行います。

クレジットカードからチャージをしたい場合には別途おサイフケータイ機能の<nanacoモバイルアプリ>をインストールしましょう。nanacoモバイルアプリからならクレジットカードでもチャージ可能になります。

Google Payのnanacoとnanacoアプリの比較

Google Payのnanacoでもチャージ限度額は最大5万円です(カードタイプのnanacoと同じ)。

チャージ単位は1,000円単位になります。

WAON

Google PayのWAON

2018年5月にSuicaと同じタイミングで導入されたのがWAON。

Google PayのWAONにチャージする方法

Google PayのWAONはクレジットカードのイオンカードからのみチャージが可能です。

Google Pay上からだとイオンカード以外のクレジットカードでは一切チャージが出来ない仕様なのは残念・・・。

Google PayのWAONのチャージはイオンカードからのみ

1回当たりのチャージ限度額は49,000円です。

Suica

Google PayのSuica

2018年5月にSuicaと同じタイミングで導入されたのがJR東日本が発行するSuica。

Google PayのSuicaにチャージをする方法

Google Payのアプリ上から登録しているVISA、MasterCard、JCB、American Expressの各種クレジットカードからのチャージが可能です。

嬉しいことにチャージは1円単位。上限は20,000円です。モバイルSuicaアプリと同様に深夜帯の利用は不可です。

Google PayのSuicaは深夜帯のチャージ不可

定期券やグリーン券などの情報を表示することは出来ますが、それらの購入には別途モバイルSuicaを使う必要があります。

これまではおサイフケータイのSuicaにクレジットカードからチャージをするためにはモバイルSuicaアプリに登録する必要があり、Viewカード保有者以外は年会費がかかっていたのですが、Google Pay上で無料でSuicaを発行&クレジットカードチャージが出来るようになりました。

QUICPay

Google PayでQUICPayとして使えるKyash

JCB発行のクレジットカード、デビットカード(実カードがないじぶん銀行スマホデビットも対応)、プリペイドカード、Kyashリアルカード、JACCS発行のカード、楽天カード(2019年7月23日から対応)、ゆめカード発行のクレジットカード、LINE Payカード(LINE Payバーチャルカード)を登録することでQUICPayとして利用することが可能です。

Google Payに登録したJCBカード、ANA JCBプリペイドカード、Kyash

Google PayのQUICPayでの決済上限は、本人認証いらずで使えてしまうという仕様上、QUICPay+対応店で3万円まで、QUICPay対応店で2万円まで(楽天カードは29,999円まで)とApple PayのQUICPayよりも低い(Apple PayのQUICPayはカードの限度額次第)のは残念なポイントだと言えます(下記「Google PayのQUICPayはスマホを落としたら危険」に詳細)。

JCBブランドのクレジットカード、デビットカード(及びANA JCBプリペイドカード)のいずれも登録&利用は可能ですが、後者だとQUICPay+にのみ対応しており、旧世代のQUICPayには対応していないため、稀に使えないケースが考えられるのでご注意ください。

QUICPay対応カードを複数枚登録しているときはメインカードとして設定してあるカードから支払いが行われます。

なお、Google PayのQUICPayとしてカードを登録するとおサイフケータイアプリのQUICPayモバイルの登録は削除されます(共存不可)。ご注意ください。

Google PayのQUICPayで貯まるポイント

Google PayのQUICPayでは支払いに利用したJCB発行のカードのポイント(OkiDokiポイント)、JACCS発行のカードのポイント、楽天カードのポイント(楽天スーパーポイント)、ゆめカード発行のカードのポイント、Kyashのポイント(キャッシュバック)が貯まります。

いずれもポイントは満額付与です(ex.KyashのQUICPayなら2%のキャッシュバック、LINE Payカードならマイカラーに応じたポイント還元率)。

Google Payに登録してQUICPayが付与されるJCBカード

Google PayにはJCBブランドが付与されていればすべてのカードが使えるというわけではありません。現状だとJCB発行のカード(一部除く)、及びANAマイル JCBプリペイドカード、ゆめカード発行のクレジットカード、LINE PayカードがQUICPayが使える対象カードとなっています(その他、発行会社でJACCSや楽天カードのJCBブランドも利用可能)。

JCBカードは、具体的には

JCBオリジナルシリーズ(JCB一般カード、JCB CARD W、JCB CARD EXTAGE、JCBゴールド、JCBプラチナ、JCB THE CLASSなど)はもちろん、JACCSカード発行のJCBカード、楽天カードのJCBカード、ANA To Me Card PASMO JCB、ゆめカード、LINE Payカード、リクルートカードのJCBブランド(2019年8月15日から登録可能になった)など

が利用可能なっています。

LINE Payカードは開始当初はカード番号から追加はできませんでしたが、現在はカード番号でも追加できるようになっています。

Google Payに登録してもQUICPayが付与されないJCBカード

JCBブランドが付与されていてもJCBが発行していないカードは現状Google PayでのQUICPayでは利用不可です。カード発行時にMy JCBのID・PWが自動発行されないクレジットカードは基本的に対象外と考えておきましょう。

具体的には、

楽天銀行JCBデビットカード、イオン銀行デビットカード(JCB)、セブン銀行デビットカード(JCB)など

が利用不可となっています。

Google PayのQUICPayはセキュリティ面に不安あり?

Google PayのQUICPayは本人認証いらずで、QUICPay払いを宣言してかざすだけで使うことが出来ます。サインもPINの入力も必要ありません。

なので、もしもスマホを落としたり盗難された場合、ポストペイタイプでもあるQUICPayは(カードの利用限度額まで)紐付けたクレジットカードをサインいらず、PINいらずで悪用されてしまう可能性があります。その対策ため、Google PayのQUICPayではApple Pay(支払い前に生体認証が必要でカードの利用限度額までQUICPay/iDが使える)と違って、上限が3万円(QUICPay+対応店)に制限されています。

モバイルデバイスでの本人認証手段としてサポートされているCDCVM(Consumer Device Cardholder Verification Method)に対応していれば、盗難や紛失などで決済の悪用が発覚した場合の債務責任の所在をはっきりさせることに繋がり、決済上限は撤廃できる&盗難補償も適応され得るのですが、Google Payではそれを行っていません。加えて、iDと違って高額決済でPIN入力をする仕組みもないため、制限が付きます。

QUICPayとGoogle Payの仕様の組み合わせならではのデメリットだと言えるでしょう。

不正利用されることが不安な方は使わないときはICロックをオンにしておく必要があります(ロックを外さないと決済できないのでいちいち操作しなくてはならず不便ですが・・・)。

iD

Google PayのiD

三井住友カード発行のカード(Amazon Mastercardなども対象)、SMBC VISAデビットカード、ライフカードを登録することでiDとして利用可能です。

上限はカードで設定している限度額が利用可能です。例えばSMBCデビットカードは初期設定だと50万円となっています。

QUICPayと違って3万円以上の利用も可能ですが、3万円以上でPIN(暗証番号)の入力が必要となります。

iD対応カードを複数枚登録しているときはメインカードとして設定してあるカードから支払いが行われます。

すでにiDアプリを設定していても追加して利用することが可能です。

Google PayのiDで貯まるポイント

Google PayのiDでは利用したカードで貯まるポイントが貯まります。

いずれもポイントは満額付与です(ex.SMBC VISAデビットカードでは0.5%分のポイント還元)。

NFC決済のVisaのタッチ決済

Google Payではジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行が発行するデビットカードを登録することでVisaのタッチ決済が利用できます(2019年11月14日から対応した)。

Google PayにVisaデビットカードを登録してVisaのタッチ決済を利用

おサイフケータイに対応していない海外のSIMフリーのスマホ(NFC TypeA/B対応)でも使えます。

海外でも欧米圏を中心に多くの場所で使えるので便利です。国内だとローソン、マクドナルド、すき家、はま寿司などで使えます。

Visaのタッチ決済の詳細はこちら、NFC Payの詳細や仕組みはこちらの記事を参照してみてください。

通常のデビットカード払いのようにカードを提示する必要なく、タッチするだけで決済が可能です。

ただし、SuicaやiD、QUICPayなどとは支払い方法が少し異なり、タッチする前にスマホのロックを解除する必要があるのでご注意ください。

Google PayのVisaのタッチ決済で貯まるポイント

Google PayのVisaのタッチ決済では各種デビットカードで貯まるポイントが貯まります。

Google Payでの支払う方法

Google Payを使ってFeliCaの電子マネーで支払う際にはアプリを立ち上げる必要はなく、「楽天Edyで」「nanacoで」「WAONで」「Suicaで」「QUICPayで」「iDで」と店員さんに支払う電子マネーを伝えて、端末を読取機にかざしましょう(NFCのロックを解除しておくことをお忘れなく)。

間違って「Google Pay払いで!」と言わないように注意してください。「?」という顔をされます。

Google Payで支払いをした際の履歴確認画面

支払う際に端末で何か操作をしたり、アプリを立ち上げる必要はありません。ただし、Visaのタッチ決済は例外です。

Google PayでVisaのタッチ決済を使う方法

Google PayでVisaのタッチ決済を使う際には、画面ロックを外してる状態でタッチしなくてはいけません。

これは海外標準のGoogle Payの使用で、決済の前に認証が必要になってくるからです。

SuicaやiDなどのFeliCaのようにロックされた状態でタッチしても反応しないのでご注意ください。

Google Payをネットの支払いで使う方法

Goolge Payは全国タクシーなど対応しているサイトやアプリからならGoogle Payに登録しているクレジットカードを通じて支払いが可能です。

こちらの支払い方はPayPalのようなもので特に目新しさはありません。

日本でGoogle Payが使えるお店

楽天Edyは日本の数多くの店舗で利用可能です。使える業種、業態も幅広く、コンビニは大手なら間違いなく使えますし、家電量販店やファーストフード(マクドナルドなど)、ファミレスでも多くの場所で利用可能です。

当サイトの検索システムを利用して楽天Edyで使える店舗を探してみてください。

楽天Edyが利用可能なお店の一覧はこちら

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどのお店で使えます。

nanacoが利用可能なお店の一覧はこちら

WAONはイオングループを中心に利用可能。

WAONが利用可能なお店の一覧はこちら

Suicaは各地の交通系電子マネーと相互利用が可能で非常に多くの店舗で使えます。

Suicaが利用可能なお店の一覧はこちら

Google Payのメリット・デメリット

Google Payのメリットとデメリットをまとめると現状は以下のような形。

おサイフケータイを元々使っていた方にとって1番のメリットはやはりモバイルSuicaの年会費がかからなくなったという点にあると思います。

メリット

  • モバイルSuicaの年会費がかからない。
  • Suicaに1円単位でチャージ可能。
  • 主要電子マネーをシンプルに一元管理できる。

デメリット

  • 定期券購入やグリーン券購入、オートチャージにはモバイルSuica加入(ビューカード保有者以外は有料)が必須。
  • 深夜帯にSuicaへのチャージ不可(モバイルSuica同様)。
  • 機種変更時にはそれぞれのサービスから移行手続きが必要(まとめて移行するのは不可)。
  • QUICPayに登録したクレジットカードやデビットカードが認証いらずで使えてしまう(そのため上限が基本3万円に制限されていて補償がない)。

日本でのGoogle PayとApple Payの比較

Google Payの前身であるAndoroid Payは当初楽天Edyとnanacoしか使えない形で、交通系電子マネーのSuica、さらにクレジットカードを登録すれば、QUICPay、iDが使える&NFC Payにも対応しているApple Payに大きく差を付けられていました(というよりAndroid Pay存在意義がよくわからなかった)。

しかし、現在では使えるプリペイドカードの数はApple Payを凌駕し、ポストペイ型のQUICPayにも対応することを発表してApple Payを追従しています。

以下、表で比較してみましょう。

Apple PayGoogle Pay
使える電子マネー/NFC Pay
  • Felica・・・Suica、QUICPay、iD
  • NFC Pay・・・Mastercardコンタクトレス、JCB Contactless、American Express Contactless
  • FeliCa・・・楽天Edy、nanaco、WAON、Suica、QUICPay、iD
  • NFC Pay・・・Visaのタッチ決済
登録できるカード
  • JCBカード、イオンカード、au、クレディセゾン、ソフトバンクカード、オリコカード、セゾンカードなどなど多数。カードによってQP/iDに振り分けられる。一部カードを除いてNFC Payも利用可能

プリペイドタイプの電子マネー(Suica)へのチャージ用のカードとしてはVISAブランドのみ利用不可。Visaのタッチ決済は利用不可。

  • JCB発行のカード、楽天カード(AMEXブランド除く)、JACCS発行のカード、ゆめカード発行のカード、Kyashリアルカード、LINE Payカード(QUICPay)。
  • SMBCデビット、ライフカード(iD)。
  • 一部のVisaデビット(Visaのタッチ決済)

プリペイド型電子マネーへのチャージ用のカードとしては各種カードが利用可能。

Google Payで使えるFeliCaの電子マネーは楽天Edyとnanaco、WAON、Suica、iD、QUICPayなのに対して、Apple PayはSuica、iDとQUICPayです。

対応している種類はGoogle Payのほうが多いのですが、QUICPayとiDに対応しているカードの種類はApple Payのほうが多いです。また、Google PayのQUICPayはCDCVMを導入していないため限度額が3万円なのと、認証いらずでクレジットカードを使えてしまい、盗難・紛失補償も付かないので、セキュリティ的にはApple Pay(CDCVM導入)のほうが優位かなと思います。

Google PayとApple PayのSuica機能の比較

Suica機能の違いは以下の通り。

Apple PayGoogle Pay
年会費VISAブランドを除くクレジットカードからのチャージ、定期券、グリーン券購入含めて無料(Suicaアプリ上で)。VMJA全てのクレジットカードからのチャージ無料。定期券・グリーン券購入機能は基本有料(要モバイルSuicaの年会費(2020年2月26日からは無料に))。
チャージ単位1円単位1円単位
発行可能枚数最高12枚1端末1枚

Suica機能はどちらも一長一短になっています。

Apple Pay(これはApple PayではなくSuicaアプリですが・・・)は定期券やグリーン券の購入も年会費いらずでiPhoneから利用可能。しかし、VISAブランドのクレジットカードはApple Payのアプリからチャージには使えません(SuicaアプリからならVISAブランドでもチャージ可能)。

Google PayはクレジットカードからのチャージはVISA、MasterCard、JCB、American Expressブランドならどのカードでも可能です。しかし、定期券などをスマホで使うためにはビューカード保有者以外は年会費がかかります。

両者のメリットを合体出来れば良いのですが・・・。

Google Payとおサイフケータイの違い

実はGoogle Payで出来ることはすでに殆どおサイフケータイアプリで実現可能です(一部機能除く)。Google Payは、基本的にはおサイフケータイに対応した各種電子マネーのおまとめアプリです。

おサイフケータイは、電子マネーの「WAON」、「nanaco」、「楽天Edy」、「QUICPay」、「iD」、「モバイルSuica」、「モバイルスターバックスカード」、ポイントカードのビックポイントカードの「ビックポイントケータイ」、ヨドバシカメラのポイントカードの「ゴールドポイントカード」、dポイントカード代わりの「モバイルdポイントカード」など多種多様な電子マネー&ポイントカードがスマートフォン上で使えます。

各種電子マネーはクレジットカードからのチャージも可能で現金いらずです。

おサイフケータイの画面

おサイフケータイはすごく便利で、AndroidユーザーがApple Payが出てきた際に「え?いまさら?」と鼻で笑った要因でもあります。Apple Payでできることはすでにおサイフケータイでほぼ実現可能なことだったからです。

日本でGoogle Payの前身であるAndroid Payが発表されたときも同様で今更登場しても新鮮味がないという意見も散見されました。

しかしながら、2018年5月にGoogle PayにSuicaが登場して、1円単位でチャージが可能、しかもクレジットカードからのチャージも年会費無料で可能になり、ようやくGoogle Payというおまとめアプリが独自性を持って輝き出した形です。

対応している電子マネーの幅広さという意味ではまだまだおサイフケータイに軍配が上がりますが、Google PayはUIもシンプルでとても使いやすいので、多くの人にとって使いやすいアプリになっていると言えるでしょう。

Google Payのポイントカードおまとめ機能

Google Payはそのアプリ上でバーコードタイプのポイントカードをまとめることができるので一元管理が可能です。

Google Payのポイントカードをまとめる機能

追加ボタンからポイントカードを選択して、追加したいポイントカードの種類を選択、例えばdポイントカードを追加したい場合はdポイントを検索してから、カードのバーコード部分を読み取って追加します。

仕組みとしては単純で、ただバーコードを読み取って画面上に写し取っているだけです。

Google Payでdポイントカードを提示

T-Pointカードやdポイントカードの他にも、基本的にバーコード付きのポイントカードならほとんど対応しています。

ただしこのポイントカードシステムに正式対応を表明しているのは現状Tポイントとdポイントのみで、仕組み的にはあくまでバーコードを写し取っているだけなので、お店によっては使えないと断られてしまうこともあります(dポイントやTポイントですら)。初めて使うなら事前に確認をしておいたほうが無難です。