電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

d払いタッチって何?メリット・デメリット(Google PayのiD/バーチャルカードも同時発行)

d払いタッチ

d払いタッチはNTTドコモが2024年1月末に開始したGoogle PayのiDのサービスです。

タッチという名称ですが、クレジットカードのタッチ決済ではなく、iDのサービスになります。

この記事の要点は?
  • d払いタッチはNTTドコモが2024年1月末に開始したサービス。
  • d払い(iD)、もっと遡るとDCMX miniの後継サービス。
  • d払いタッチは、別途iDアプリが必要なd払い(iD)と違い、Google Payに登録してiDとして利用するサービス。
  • iD払いでdポイントが利用可能。
  • ドコモユーザー以外も利用可能。

d払いタッチはApple Payには未対応

d払いタッチは、現状だと、まだGoogle Payのみで提供されているサービスです。

近いうちにApple Payにも対応するかとは思いますが、iOSの方はご注意ください。

d払いタッチの支払い方法

d払いタッチの支払い方法は以下の4種類です。

  • d払い残高(現金バリュー)
  • dカード払い
  • dポイント
  • 電話料金合算払い(ドコモ)

コード決済のd払いと違って、dカード以外の他社クレジットカードでの支払いは出来ません。

d払いタッチはコード決済と違って他社クレジット払いは使えない

d払い残高へのチャージは、(1)銀行口座からのチャージ、(2)セブン銀行ATMからの現金チャージ、(3)dポイントからのチャージがあります。

d払いタッチの5つの特徴

d払いタッチの特徴は、大きく分けて5つあります。

  1. ドコモユーザー以外も利用可能
  2. Google Payに登録してiDとして使うサービス
  3. dポイントが使える
  4. 還元率はコード決済のd払いと同じ
  5. Visaブランドのバーチャルカードが発行される

ドコモユーザー以外も利用可能

ドコモは以前からd払い(iD)(旧DCMX mini)というサービスを提供していましたが、これらは電話回線合算払いのみの回線契約者向けのサービスで、ドコモユーザー以外は使えませんでした。

ですが、d払いタッチは、電話料金合算払い以外のチャージしたd払い残高などでも支払いが可能なため、ドコモユーザー以外も使えるようになっています(支払い方法の詳細は後述)。

Google Payに登録してiDとして使うサービス

ドコモが以前から提供していたd払い(iD)というサービスは、Android端末で別途iDアプリが必要でした。

ですが、d払いタッチはこのiDアプリがなくても、Google Pay(Googleウォレット)だけで利用可能なサービスです。

↓必要なくなったiDアプリ

iDアプリ

おサイフケータイとGoogle Payの違いはこちらの記事で解説しています。

dポイントが使える

d払いタッチは、支払いにdポイントが使えます。iDでの非接触決済で気軽にdポイントを消化できるのは便利です。

d払い(d払いタッチ)でポイント利用

コード決済のときと同様にd払いアプリの「ポイント利用」ボタンを押しておけばOKです(Androidはスクショが取れないので画像はiOSです)。

還元率はコード決済のd払いと同じ(0.5%/1%)

d払いタッチの還元率は、以下のようになります。

  • d払い残高払い/電話料金合算払い・・・0.5%還元
  • dカードを紐づけて支払い・・・1%還元(基本還元率0.5%+dカード支払い特典0.5%)

コード決済のd払いと同じで、d払いタッチを使ったからポイント還元率が上がる/下がるということはありません。

Visaブランドのバーチャルカードが発行される

d払いタッチの利用登録をすると、同時に、Visaブランドのd払いのバーチャルカードも発行されます。ようするに、d払いタッチは、d払いのバーチャルカードをGoogle Payに登録したサービスです。なのでついでに(?)バーチャルカードも使えるようになった形。

d払いのバーチャルカード

ベースポイントの付与対象です。

使わないときにはカードロック設定をしておきましょう。

支払い方法(伝え方)・注意点

d払いタッチは、「タッチ決済」の名称が付いていても、クレジットカードのタッチ決済ではなく、「iD」決済なので、レジでは「iDで」と伝えてからタッチをします。

間違える人はあまりいないと思いますが、「d払いのタッチで」と伝えても当然伝わりません。

d払いタッチのメリット

私が考えるd払いタッチのメリットは以下の通りです。

  • dポイントをiD(非接触決済)で手軽に使える。
  • コード決済のd払い加盟店ではなかった場所でもd払い残高が使える(イオンなど)。

d払いタッチのデメリット

私が考えるd払いタッチのデメリットは以下の通りです。

  • Apple Pay未対応。
  • コード決済のd払いも同様だが、dカードユーザー以外は還元率が良いわけではない。
  • d払いタッチ決済の名称がクレジットカードのタッチ決済と混同してややこしい・・・かも?

    d払いタッチ20%還元キャンペーン(iD加盟店で20%還元)

    d払いタッチのキャンペーン

    2023年3月30日まで、d払いタッチでは30%還元、上限1,500ポイント(期間限定ポイント)のキャンペーンを開催しています。iD加盟店ならどこでも20%還元なのでお得ですが、すでにエントリーは終了しています。

    動画でも解説しています。

    現金いらず.com 運営チーム
    著者:現金いらず.com制作チーム
    2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず.com運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.6万人)でも日々情報を共有しています。