電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Apple Pay(アップルペイ)のnanacoの使い方ガイド

Apple Payのnanaco

Apple Payでは2021年10月21日からnanacoが利用可能になりました。

その他FeliCaの電子マネーとして、iD、QUICPay、交通系電子マネーのSuica、PASMO、ICOCA、そしてWAONも登録可能です。

【事前準備】Apple Payでnanacoを使うのに便利なnanacoアプリ

Apple Payでnanacoを使うためには、基本的にnanacoアプリが必須になります(セブン−イレブンアプリとは別です)。

nanacoアプリ

新規発行する際に必要なほか、貯まったnanacoポイントの交換などもできるので、App Storeからインストールしておきましょう。

セブンカード・プラスをお持ちの方はオートチャージなどの設定も可能です。

実カードのnanacoカードをApple Payに登録する方法

実カードのnanacoカードはWALLETアプリで取り込むことでApple Payに登録可能です。

実カードのnanacoをApple Payとして使えるように転送

取り込むことが出来るのは虹色のnanacoカードのみです。

nanacoカード

実カードのnanacoカードを取り込む際の注意点

  • カードを取り込んだ時点で番号が変わるので、オートチャージ設定等はやり直す必要があります。
  • セブン−イレブンアプリなどのアプリ、7iD会員情報ページ連携なども同様にやり直す必要があります。
  • nanacoカードの発行手数料300円は戻ってきません。
  • nanacoカードにQUICPayを紐付けている場合、取り込むと利用不可になります。

紐付けたQUICPayが使えなくなるなどは人によってはかなり不便だと思いますので、そのような方はnanacoアプリから新規でnanacoを発行することをおすすめします。

新しくApple Pay用のnanacoを発行する方法

WALLETアプリまたは、nanacoアプリ上から新しくnanacoを発行することができます。

nanacoアプリでApple Payのnanacoを追加

発行手数料は無料です。

WALLETアプリの容量内であれば、複数枚のnanacoを発行することができます。

WALLETアプリで新規発行した場合、デフォルトのnanacoポイントの交換やオートチャージの設定をする際には別途nanacoアプリの登録が必要となるのでご注意ください。

Apple Payのnanacoにチャージする方法

Apple Payのnanacoにチャージする方法は大きく分けて以下の3種類あります。

  1. Apple Pay(WALLETアプリ上)でチャージする
  2. nanacoアプリでチャージする
  3. 現金でチャージする

最低チャージ額は1,000円です。

Apple Pay(WALLETアプリ上)でチャージする

Apple Pay(WALLETアプリ上)でnanacoチャージ

Apple PayのnanacoはApple Pay(WALLETアプリ上)でチャージ可能です。

チャージに利用可能なクレジットカードは、JCB、Mastercard、American Expressブランドのカードとなっています。Visaブランドのカードからはチャージできないのでご注意ください。

チャージでポイントが付与される?

一部のカードはチャージをすることでチャージポイントが付与されますが、問い合わせたりするとすぐにポイント付与が塞がれる可能性があります。なのでここではポイントが付与される具体的なカードは記載しません。ご自身で試してみることをおすすめします。

nanacoはApple Payに搭載される前に、他社カード(セブンカード・プラス以外のカード)からのチャージを塞いでいる前歴があるので、今後どうなるのか未知数です。

nanacoアプリでチャージする

nanacoアプリ上でチャージ

nanacoアプリ上からでもチャージをすることができます。

nanacoアプリ上からのチャージに利用可能なのはセブンカード・プラスのみとなっているのでご注意ください。

オートチャージも設定可能

nanacoアプリでセブンカード・プラスを紐付けた場合、残高が一定額以下になったら自動的にチャージするオートチャージ機能も利用可能です。

現金でチャージする

Apple Payのnanacoはセブン−イレブンのレジ、セブン銀行ATMなどで現金チャージすることも可能です。

レジで「nanacoをチャージで」と伝えたら、チャージ金額を支払い、WALLETアプリで顔認証(指紋認証)をしてタッチします。

Apple Payのnanacoで支払う方法

「nanacoで」と伝えて(セルフレジ等の場合は選択して)支払います。

Apple Payのnanacoは支払う際に顔認証、指紋認証が必須です。

Apple Payのnanacoのタッチする準備が完了した画面

↑の画面になっていることを確認してからタッチしましょう。

Suicaのように認証いらずで支払えるわけではないのでご注意ください。

ポイントの交換方法

nanacoで支払って貯まったポイントはnanacoアプリで1ポイント=1円のレートで電子マネーのnanaco残高(マネー)に交換可能です。

nanacoアプリでポイント交換する画面

お店のレジで「ポイント交換で」と伝えて、顔認証(指紋認証)を完了させてからタッチすることで交換もできますが、nanacoアプリから行ったほうが簡単です。

ちなみに、Apple PayのnanacoはWALLETアプリ上でポイントを確認することができるので便利です。

センターお預かり分

nanacoはキャンペーンで付与された特典やクレジットカードからチャージ(WALLETアプリからのチャージはセンターお預かり分にはならない)などがセンターお預かり分になります。

ポイント同様、nanacoアプリから簡単に交換可能です。

Apple Payのnanacoまとめ

いやー、ようやくnanacoがApple Payに対応しました・・・。

「nanacoが対応したからってなんなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、セブン−イレブンなどセブングループのお店ではやはりnanacoの利便性は高いです。

例えば、公共料金や地域指定のゴミ袋などは他の電子マネーでは支払うことができませんが、nanacoでなら支払えます。

以前はnanacoを持ち歩いていない場合、ゴミ袋を買うために小銭が必要だったりしたのですが、今後はスマホだけで解決します。

現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず.com制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず.com運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)でも日々情報を共有しています。