電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Kyashについて(+1%のICチップ付きプリペイドカード&アプリ)

Kyash Card(実物)

特徴Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
カードフェイスKyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
実店舗での利用不可Apple Pay、Google Payに登録してQUICPayとしてなら利用可能
ICチップありなし
発行手数料900円300円無料
ポイント還元率1%0.5%0.5%
チャージ方法クレジットカードチャージ / Pay-easy / コンビニチャージ / セブン銀行ATMチャージ / 銀行口座 / Kyashポイント etc
チャージに使えるカードVISA / MasterCardブランドのカード
24時間あたりのチャージ限度額30万円10万円本人確認をしていないときは5万円10万円本人確認をしていないときは5万円
1回あたりの利用限度額30万円10万円本人確認をしていないときは5万円10万円本人確認をしていないときは3万円(本人認証していない場合5千円)
1ヶ月あたりの利用限度額100万円15万円本人確認をしていないときは12万円15万円本人確認をしていないときは12万円(本人認証していない場合2万円)
海外での利用海外サービス利用料は円換算した金額に3%を加算不可不可
ホテル・航空券の支払い不可不可
Apple Pay(QUICPay)対応
Google Pay(QUICPay)対応
Visaのタッチ決済カード付帯使えない使えない
3Dセキュア対応未対応未対応
本人確認必須不要本人確認することで利用限度額アップなどが可能。不要本人確認することで利用限度額アップなどが可能。
有効期限5年
有効期限内の利用限度額なし100万円5年以内に利用額が100万円を超える場合は再発行(手数料300円)が必要100万円5年以内に利用額が100万円を超える場合は再発行(手数料無料)が必要
ウォレット内保有限度額1000万円
送金本人確認アカウントのみ。クレジットカードチャージやKyashポイントチャージ分は送金不可。
送金手数料無料
1回あたりの送金限度額30万円10万円10万円
出金本人確認アカウントのみ。クレジットカードチャージやKyashポイントチャージ分は出金不可。
出金手数料220円(税込)
公式HPhttps://kyash.co/

Kyashとは?

Kyashは使い勝手の良さが売りのVISAブランド付きのリアルカード、バーチャルカード、個人間送金アプリ。

主に以下のようなことができます。

  • VISAが使えるお店やオンラインショップ、サービスでクレジットカードと同様にカード払い
  • Apple Pay、Google Payを通じてQUICPayが使えるお店で電子マネー払い
  • アプリにチャージした残高を友だちや家族と送金

    Kyash Card / Kyash Card Lite /Kyash Card Virtualの特徴と違い

    Kyashをインストール&起動して、登録が完了するとすぐにVISAブランド付きのバーチャルカードのKyash Card Virtualが発行されます。

    別途、実カードを申し込むことも可能です。

    実カードの、Kyash Card、もしくは、Kyash Card Liteを作ることで、実店舗でのカード決済も利用が可能になります。バーチャルカード同様に国際ブランドにはVISAが付与されていて、VISAが使えるお店なら殆どの場所で使える=クレジットカードが使えるところならほとんどの場所で使えます。

    Suicaなどのように、お金をKyash残高にチャージ(入金)して、支払いに使います。

    Kyash Card / Kyash Card Lite / Kyash Card Virtualの使い方

    実店舗ではクレジットカードと同様にレジでカードを渡して「一括払いで」と伝えればOKです。

    オンラインショッピングではクレジットカード同様にカード番号と有効期限とセキュリティコード、そして名前(※実名、もしくは、KYASH MEMBER)を入力すればOKです。

    利用した分はチャージ残高から引かれます。クレジットカードをオートチャージ設定で登録している場合は、支払いと同時にほぼリアルタイムでチャージされるので間接的なクレジットカード払いが行われます。

    また、いずれもApple Pay、Google Payに登録すれば、実店舗で電子マネーのQUICPayとして使えますが、ここではカード払いの使い方を解説します(QUICPayに関しては下記に別途詳細あり)。

    支払手段Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
    カード決済IC取引磁気取引(JIS2なし)×
    オンラインショッピング3Dセキュア対応3Dセキュア未対応3Dセキュア未対応
    QUICPayApple Pay / Google Pay

    Kyash Cardの使い方

    Kyash CardはICチップが付帯しており、実店舗ではカードを差し込んで、暗証番号(4桁のPIN)を入力する形で決済が可能です。ICチップに対応しているので海外でも利用可能です。

    オンラインショッピングではKyash Cardのラインナップの中で唯一実名が刻印されているカードなので、実名をアルファベットで入力します。

    Kyash Cardのみホテルの宿泊費の支払い、ホテル内の施設・飲食店の支払い、航空券の支払いに対応しています(2020年10月から)。下記、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualはこれらの支払いには対応していないのでご注意ください。

    Visaのタッチ決済にも対応

    ICチップ付きのKyash Cardには、Visaのタッチ決済機能が付いているので、NFC Type-A/Bに対応したお店(ローソンやマクドナルドなど)ではカードを差し込む必要はなく、タッチをするだけで決済が可能です。

    オートチャージのクレジットカードにMastercardのクレジットカードを紐付けても、Visaのタッチ決済を行うことができるのは面白い点です。ただし、Google PayやApple Payのスマートフォン決済でのNFC決済には対応していません。

    Visaのタッチ決済について(VISAのNFCコンタクトレス決済)
    概要1 Visaのタッチ決済って何?2 Visaのタッチ決済が使える店3 Visaのタッチ決済の使い方4 Visaのタッチ決済を使う準備4.1 Visaのタッチ決済付きのデビットカードの一例4.2 Visaのタッチ決済付…
    続きを読む
    そろそろNFC Pay(タッチ決済)の存在が国内で広く認知されても良いのではなかろうか
    概要1 はじめに2 NFC Payって何?3 Suicaなど(FeliCa)とNFC Pay(Type-A/B)との違い4 NFC Payの種類と対応カード・スマホ4.1 Visaのタッチ決済4.2 Mastercard…
    続きを読む

    Kyash Card Liteの使い方

    Kyash Card LiteはICチップが搭載されていない磁気タイプのカードで、JIS2という国内の磁気の規格に準した磁気カードではないという点にも注意が必要です。ICチップが搭載されていないので、端末にカードを差し込んで暗証番号を入力して決済をすることはできません。サインが必要になります(サインレスの店舗を除く)。

    Kyash Card Liteは、例えばマクドナルドではカードを差し込むのではなく、端末の横を擦る形で決済を行います。セキュリティ的には弱いです。

    オンラインショッピングの際には名前の欄には「KYASH MEMBER」と入力すればOKです。

    Kyash Card Virtualの使い方

    実カードがない状態ですが、Apple Pay、Google Payに登録してQUICPayとしてなら利用可能です。

    オンラインショッピングでは、アプリに表示されているカード番号などを入力することで、オンラインショッピングで利用可能です。名前は「KYASH MEMBER」でOKです。

    Kyash Card / Kyash Card Lite / Kyash Card Virtualが使えない場所・サービス

    ICチップ付きのKyash Cardであっても、あくまでプリペイドカードなので、ガソリンスタンドなど、事前承認が必要なサービスでは一部使えないところが出てきます。

    Kyash Card Liteは、暗証番号が設定できないカード(かつJIS2非搭載)なので海外利用は不可、暗証番号が求められるような国内でも一部の場所では使えません(ガソリンスタンド、高速道路の通行料金などでは利用不可)。

    Kyash Cardは2020年11月17日から3Dセキュア(オンライン決済時の暗証番号)にも対応しています。

    Kyash Card Lite、Kyach Card Virtualは3Dセキュア未対応なので、認証が求められる一部のWEBサービスの支払い、nanacoや楽天Edyへのクレジットカードチャージ、一部の月額課金サービス(dアニメなど)、公共料金の支払いなどでも当面は利用不可です。

    KyashをApple Pay/Google Payで使う

    Apple Payに登録したKyash

    Apple Pay対応のiPhoneはWALLETアプリ(Apple Pay)に登録、おサイフケータイ対応のAndroid端末を保有されている方はGoogle PayアプリにKyash Card Lite、Kyash Card Virtualを登録することによって、QUICPayが付与されます。

    個人間でやり取りしたKyash残高をコンビニなどでカードレスで支払いに使えるのですから便利です。

    QUICPay払いもポイント付与・キャッシュバックの対象です。

    Apple Pay(アップルペイ)について【使い方完全ガイド】
    2020年度中にクレジットカードではないLINE Payも対応予定です。 対応している電子マネー Suica / PASMO / iD / QUICPay楽天Edy、nanaco、WAONなどは現状だと未対応。 対応して…
    続きを読む
    Google Pay(グーグルペイ)について【使い方完全ガイド】
    対応機種 おサイフケータイ対応のAndorid端末 対応している電子マネー/非接触決済 楽天Edy、nanaco、WAON、Suica、QUICPay、iD、Visaのタッチ決済 楽天Edyにチャージ可能なカード VIS…
    続きを読む

    Apple Pay/Google PayのKyash(QUICPay)の使い方

    店頭で「QUICPayで!」と伝えて、端末をタッチすれば完了です。

    Apple Payはサイドボタンのダブルクリックなどで立ち上げて生体認証後にタッチ、Google Payはメインカードに設定していればアプリを立ち上げて認証をする必要はありません。

    非接触決済でわざわざKyashの実カードを提示する必要はないので楽です。

    Kyashを間に挟むことであらゆるVISA/Mastercardブランドのカードが非接触決済で利用可能に

    個人的にKyashで最大ともいって良い強みは、あらゆるVISAブランド、Mastercardブランドのクレジットカード、デビットカードがApple Pay、Google Payを介して非接触決済ができるようになる点にあると考えます。

    両者とも特にデビットカードにはまだ殆ど対応していないので、QUICPayで使えるのは便利です。

    例えば、三菱UFJ VISAデビットカード、ミライノデビットカードは、そのままではApple Payに登録することはできませんが、Kyashのオートチャージカードとして設定(下記詳細)すれば、間接的にQUICPayで支払うことが可能になります。

    Kyashへのチャージ方法 – おすすめはクレジットカードでのチャージ –

    Kyashのチャージ方法は、以下のラインナップが用意されています。チャージ方法によって、出金・送金が不可のものもあるのでご注意ください。

    チャージ方法出金・送金
    クレジットカードからのチャージ(オートチャージ/手動チャージ)不可
    コンビニでの現金チャージ
    セブン銀行ATMからのチャージ
    銀行のPay-easyを使ったチャージ
    銀行口座からのチャージ
    Kyashポイントからのチャージ不可

    詳細は↓で詳しく解説してあるのでをご参照ください。

    Kyashのチャージ方法について
    概要1 Kyashのチャージ方法一覧(+出金・送金の可否)2 クレジットカードからのチャージ(オートチャージ/手動チャージ)2.1 クレジットカード/デビットカードを紐付けておけばポイント2重取り【おすすめ】2.1.1 …
    続きを読む

    Kyashでは多くの場合、お得なクレジットカードチャージが利用される

    Kyash玄人であればほとんどの方がクレジットカードからのオートチャージを利用していると思います。

    なぜなら、Kyashはクレジットカード、デビットカードからチャージした際に、カード側のポイントも貰えるからです(Visa LINE Payクレジットカードなど一部対象外のカードあり)。

    例えば、楽天カードなど還元率1%のカードからチャージをしてKyash Cardで支払えば、還元率は合計で2%になります。

    Kyash Cardのポイント2重取り解説図

    クレジットカードのポイントにKyashのポイント(1%/0.5%)が自動的に上乗せされる形でお得です。Kyashがここまで使われる大きな理由の1つです。

    Kyashの決済のポイント還元

    Kyash Cardを発行している方は、決済時に1%分のKyashポイントが貯まります(バーチャルカードのみ発行している方がオンライン決済をした場合は0.5%)。

    • Kyash Card・・・1%
    • Kyash Card Lite・・・0.5%
    • Kyash Card Virtual(Kyashリアルカード未発行ユーザー)・・・0.5%

      決済をすると即時にポイントが付与され、売上確定と同時にポイントが確定、利用可能になります。売上が確定するのは実店舗だと3-5日くらいが目安となります。

      QUICPay払いでも同レートでポイントが貯まります。

      上記の通り、貯まったKyashポイントは1ポイント1円でKyash残高にチャージすることができるので使い道には困りません(ただし出金や送金は不可)。

      キャッシュバック付与対象外の決済

      Kyashは基本的に1%ポイント(バーチャルカードの場合は0.5%)のポイント還元ですが、対象外となる決済もあります。以下一例。

      • モバイルSuica、楽天Edy、WAONなどへのチャージ。
      • 商品券の購入。
      • 税金やふるさと納税の支払い。

        他にも不正利用だと判断されたらポイント付与対象外です。

        【要注意】Kyashカードのポイントの付与上限

        Kyash Visaカードはそれぞれ、Kyash Cardは1%還元、Kyash Card Liteは5月から0.5%、Kyash Card Virtualは0.5%のポイントが貯まります。

        ただし、このポイントには上限があります。

        Kyashポイントは月間12万円以下の支払い分まで

        という制限です。

        つまり、Kyash Cardは決済自体は月に100万円分まで可能ですが、ポイントが貯まるのは12万円分まで、ということです。ポイントが貯まらないなら使わないという方は月の上限を12万円に設定しておくと良いでしょう。

        この制限を元に、Kyashポイントの上限を換算してみると以下の通り。

        Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
        還元率1%0.5%0.5%
        Kyashポイントの上限/月1,200ポイント600ポイント 600ポイント

        Kyash Cardだと月に1,200ポイント分が上限、Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualは600ポイント分が上限となります。

        Kyashの送金・請求機能

        KyashはKyash残高を送金したり、請求したりする、いわゆる個人間送金機能もあります。

        2020年9月7日には資金移動業という資格を取ったことで送金したKyash残高を出金する、ということも可能になりました(同時にクレジットカードチャージ分の送金は不可になりました)。

        Kyashの個人間送金機能について
        Kyashは主にお得な決済サービスとして認識されていることが多いですが、個人間送金も可能です。 概要1 Kyashで送金する方法1.1 送金相手を選択、もしくはリンクを作成する1.2 送金を受け取った相手もKyashをイ…
        続きを読む

        Kyashの出金機能

        Kyashは銀行口座などからのチャージ残高分を出金可能です。2020年9月7日から開始されました。

        Kyashの出金画面

        クレジットカードチャージ分、ポイントチャージ分は出金不可なのでご注意ください。↑の画像は残高4,000円分のうち、1,000円分はクレジットカードチャージしているので「出金可能」は3,000円となっています。

        出金手数料は220円(税込)です。

        チャージできる銀行口座は数が限られていますが、出金は多くの銀行口座が利用可能です(例えば三菱UFJ銀行などへも出金可能)。

        Kyashの不正利用補償

        KyashはKyash Cardユーザー、及びKyash Card Lite、Kyash Card Virtualで銀行口座で本人確認をしているユーザーは不正利用補償が利用可能です。

        不正利用が発生してから10日以内が対象期間なので、不正利用被害にあったらまずはカードをロック→警察に被害届→Kyashに連絡、という手続きを取りましょう。

        Kyashの3Dセキュア

        Kyash Cardユーザーは2020年11月17日から3Dセキュアに対応しました。

        Visa Consumer Authentication Service (VCAS)という認証を使っており、いちいちパスワードなどを設定する必要はありません。↓のようにSMS、Push通知、E-Mailのいずれかの方法で認証します。

        Kyashの3Dセキュア画面

        3Dセキュアに対応したので各種QRコード決済への紐付けやセキュリティが高いWEBサイトでの決済などが可能になっています。

        Kyash Card Lite、Kyash Card Virtualは3Dセキュアには対応していません。ご注意ください。

        Kyashのメリット

        • ご自身のクレジットカード等のポイント+Kyashのポイントの2重取りができる。
        • あらゆるVISA、Mastercardブランドのクレジットカード・デビットカードをApple Pay、Google Payとして間接的に非接触(QUICPay)で利用可能。
        • あらゆるVISA、Mastercardブランドのクレジットカード・デビットカードをVisaのタッチ決済として利用可能(Kyash Card限定)。
        • 海外でも使える(Kyash Card限定)。
        • 3Dセキュア対応(Kyash Card限定)。
        • 盗難や不正利用に対する補償が付帯。
        • 出金可能。

          Kyashのデメリット

          • 貯まるポイントの上限が月に12万円決済分まで。
          • 定期的に大規模な不正利用の被害にあっているので使っていないときは要ロック。
          • クレジットカードチャージ分は送金不可。

            Kyashのまとめ

            Kyashが出てきたときは「ちょうど良いバランスのサービス」が出てきたなと感じました。

            ポイント還元率の改悪などありましたが、2020年の新しいおしゃれなデザインのKyash CardではICチップ付きで決済上限も従来のものより大幅にアップしてかなり使いやすくなっています。

            QUICPayの決済分でもポイント還元が適応される形に戻ったのは嬉しいポイントです。

            決済だけではなく、個人間送金などにおいても存在感を発揮していってほしいところです。