電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Kyashについて(プリペイドカード決済&個人間送金アプリ)

Kyash

Kyashは2020年初頭に新しいKyash Cardを発行することを発表しています。Kyash Card新しいカードは発行手数料900円、カード表面に番号の記載なしのミニマルデザイン、ICチップ、Visaのタッチ決済が付き、1回の決済上限は30万円、月の決済上限は100万円にアップしたカードです。新しいKyash Cardが発行されると、従来のカードはKyash Card Liteに名称変更されます(発行手数料無料→300円、還元率1%→0.5%に(4月から))。
チャージ方法クレジットカードチャージ / Pay-easy / コンビニチャージ / セブン銀行ATMチャージ(NEW)
チャージに使えるカードVISA / MasterCard
チャージ単位1,000円(3,000円)から1万円までは1,000円単位、それ以上は1万円単位で5万円まですでに残高が5万円以上ある場合はチャージ不可。コンビニチャージ、Pay-easyチャージは3,000円以上から。
支払い方法
  • Kyashリアルカード(VISA加盟店(実店舗含む))
  • Kyashバーチャルカード(VISA加盟店(ネットショップのみ))
  • Google Payに登録してQUICPayとして(QUICPay加盟店)
貯まるポイントポイント還元1%(2019年10月1日で2%のキャッシュバックは終了)売上確定時に1%分(100円で1ポイント)のKyashポイントが貯まる(2020年4月からICなしのリアルカードは0.5%になる)。貯まったKyashポイントは1ポイント=1円でKyashにチャージ可能。
送金手数料無料
1回の利用限度額5万円以下1回のキャッシュバックは最大1,000円分。バーチャルカードのみのユーザーは1回あたりも3万円まで(本人認証が住んでいない場合は5,000円)。2020年発行の新しいKyash Cardは1回あたり30万円にアップする。
月間の利用限度額12万円以下月のキャッシュバックは最大2,400円分。バーチャルカードのみのユーザーも12万円以下だが、本人認証が住んでいない場合は2万円まで。2020年発行の新しいKyash Cardは100万円にアップする。
Kyashカードの有効期限(5年間)の利用限度額100万円以下100万円を超過した場合は要カード更新(アプリから更新可能)。
1回あたりの送金限度額5万円以下2018年9月18日に3万円から変更。バーチャルカードのみのユーザーは1日3万円まで。
ウォレット内保有限度額1000万円
公式HPhttps://kyash.co/

Kyashは使い勝手の良さと還元率が売りのVISAブランド付きのリアルカード、バーチャルカード、個人間送金アプリ。

実店舗ではVISAブランドが使えるところ、及びGoogle Payを通じて電子マネーのQUICPayが使えるところでの決済が可能になっています。

Kyashの仕組み

Kyashを利用するためにはアプリのダウンロードが必須。iPhoneアプリとAndroidアプリ共に用意されています。

ダウンロード&起動して、登録が完了するとすぐにバーチャルカードが発行されます。

Kyashのウォレット

このバーチャルカードはSuicaや楽天Edyなどと同じチャージ式の電子マネーです。Kyashではこの電子マネーに入出金される形で個人間でお金のやり取りが行われます。

実カードであるKyashリアルカード(VISAブランド付き、要別途申し込み)もこのアカウントと完全に連動していて、残高分だけが使える国際ブランド付きプリペイドカードです。

なお、この入金されたお金(電子マネー)の名称もKyashで、チャージ残高は(Kyash)残高と呼ばれます。

Kyashへのチャージ方法

Kyashのチャージ方法は、クレジットカードからのチャージ(オートチャージ/手動チャージ)、コンビニでの現金チャージ、セブン銀行ATMからのチャージ、銀行のPay-easyを使ったチャージがあります。

1日のチャージ限度額は5万円となっています。

クレジットカードからの手動チャージ、コンビニでの現金チャージ。銀行のPay-easyチャージは残高がすでに50,001円以上ある場合はチャージ不可です。24時間以内のコンビニチャージ、セブン銀行ATMからのチャージ、銀行口座からのチャージの総額が50,001円以上の場合もチャージ不可です。

クレジットカードからのチャージ(オートチャージ/手動チャージ)

Kyashでメインになるであろうチャージ方法がこのクレジットカードからのチャージです。

使えるカードはVISAとMasterCardブランドのみ。

JCB、American Express、Dinersは登録できません。

クレジットカードだけではなく、デビットカードも登録可能です。

カードからチャージをすることでポイントの2重取りが可能になります。

以前は送金時、支払い時に必要額が補填されるオートチャージでしかチャージできませんでしたが、2018年12月25日から金額を指定した手動チャージに対応しました。

Kyash残高にクレジットカードからチャージをする

手動でのチャージ単位は1,000円単位で1万円まで、1万円以上は1万円単位で5万円までとなっています。

Kyashでのチャージ単位(カード)

細かい金額をチャージする方法

細かい金額指定でチャージをしたい場合には、誰かに金額指定をして送金→送金を停止、という手順を取れば可能ではあります(Kyashは送金を決定した時点で不足分の金額を事前入金するため)。

おそらく推奨はされないので自己責任で。

コンビニでの現金チャージ

Kyashはコンビニからのチャージも可能です。

Kyashにコンビニでチャージ

ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマートでチャージができます(セブンイレブンは不可)。

端末で番号を入力して発券、レジで支払いましょう。支払い方法は現金のみです。

チャージは3,000円以上で1万円まで1,000円単位、1万円以上は1万円単位、最高は5万円までとなっています。

Kyashでのチャージ単位

銀行口座からのチャージ(Pay-easy)

KyashはPay-easyを利用して銀行口座からチャージをすることもできます。

Kyashに銀行口座からチャージ

姓名を入力して番号を発行したら対応している銀行のサイト、ATMからチャージを行います。

ただ、銀行がデビットカードを発行している場合はデビットカードからチャージをしたほうが簡単です。

コンビニチャージと同様に、チャージは3,000円以上で1万円まで1,000円単位、1万円以上は1万円単位、最高は5万円までとなっています。

Kyashでのチャージ単位

セブン銀行ATMからのチャージ

Kyashは2018年10月末からセブン銀行ATMからのチャージも可能になりました。1,000円単位、最大50,000円(1回あたりのチャージ上限)までチャージできます。

カードを挿入してチャージをするタイプではなく、スマートフォンでQRコードを読み取ってチャージをします。

Kyashでセブン銀行ATMのQRコードを読み取った画面

  1. セブン銀行ATMのメニューから「スマートフォンでの取引」を選択。
  2. Kyashアプリでセブン銀行メニューを選択(トップページから選択可能)。
  3. 画面に表示されているQRコードを読み取り。
  4. アプリに表示される企業番号をATMに入力。
  5. 確認されたら現金を入れてチャージ完了。

という手順です。

Kyashにセブン銀行ATMからチャージをした画面

手順が多くて楽ではないので、当たり前ですが、クレジットカードなどをお持ちの方はそちらでチャージをするのがおすすめです。

Kyashリアルカード

Kyashではリアルカード(実カード)の発行されています。ICは付与していない磁気タイプのカードです。2020年にはICなしの付帯のカードが発行されてICなしのカードはKyash Card Liteと名称が変更されます。

バーチャルカード同様に国際ブランドにはVISAが付与されていて、VISAが使えるお店ならどこでも使える=クレジットカードが使えるところなら多くの場所で使えます。

Kyashリアルカードの有効化手続き

Kyashリアルカードは申し込みから数日で到着します。

Kyashリアルカード

到着したらKyashアプリからカードを登録して有効化します。

アプリから到着したリアルカードのカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力すればOKです。

Kyashリアルカードの有効化

Kyashリアルカードを有効化すると、初期段階のKyashのバーチャルカードの番号がリセットされるという点には注意してください。

Kyashリアルカードの使い方

クレジットカードと同様にレジでカードを渡して「一括払いで」と伝えればOKです。

注意したいのは、KyashリアルカードはICチップが搭載されていない磁気タイプのカードだという点。さらに、JIS2という国内の磁気の規格に準した磁気カードではないという点にも注意が必要です。

ICチップが搭載されていないので、端末にカードを差し込んで暗証番号(4桁のPIN)を入力して決済をすることはできません。サインが必要になります(サインレスの店舗を除く)。

例えばマクドナルドではカードを差し込むのではなく、端末の横を擦る形で決済を行います。

セキュリティ的には弱いです。

Kyashリアルカードが使えない場所・サービス

上記の通り、現状のKyashリアルカードは、暗証番号が設定できないカード(かつJIS2非搭載)なので、暗証番号が求められるような一部の場所では使えません。主な利用不可な場所はガソリンスタンド、高速道路の通行料金、JR東日本のみどりの窓口など。

2020年に発行される新しいKyash Cardではこれらの多くの問題は解決されると思われます。

また、WEBサービスにおいても、nanacoや楽天Edyへのクレジットカードチャージ、一部の月額課金サービス(dアニメなど)、公共料金の支払いでも当面は利用不可だと考えたほうが良さそうです。

KyashをGoogle Payで使う

おサイフケータイ対応のAndroid端末を保有されている方はGoogle PayアプリにKyashカード(リアルカードorバーチャルカード)を登録することによって、QUICPayが付与されます。

個人間でやり取りしたKyash残高をコンビニなどでカードレスで支払いに使えるのですから便利です!

ただし、2019年10月1日からQUICPay払いはポイント付与・キャッシュバックの対象外となっているのでご注意ください。

Google PayのKyash(QUICPay)の有効化手続き

Google Payアプリを立ち上げてお支払い方法の追加からカメラでカードを読み取り(リアルカードを発行していない方は読み取りは不可)、もしくは手動でカード番号、有効期限、CVCを入力、そして氏名と住所を入力してアクティベートするだけで作業は完了です。

Google PayでQUICPayとして使えるKyash

他にもJCBカードなど他にもQUICPayが付与されるカードを登録しており、支払いをKyashにしたい場合は↑の画像のようにQUICPayのメインカードに設定しておく必要があります。

Google Payの詳細はこちらの記事にまとめてあるので参考にしてください。

Google PayのKyash(QUICPay)の使い方

店頭で「QUICPayで!」と伝えて、端末をタッチすれば完了です。Apple Payのようにアプリを立ち上げて認証をする必要もありません。

わざわざKyashリアルカードを提示する必要はないので非接触決済で楽です。た

だし、2019年10月からはQUICPay払いはポイント付与対象外となっているので、支払いは楽ですが、ポイントを貯めたいなら他のカードにしたほうが良いでしょう。

KyashはまだApple Payに登録できない

KyashはまだApple Payには対応していません。

噂は何度も聞こえてくるのですが、現状未対応となっています。

2020年度中には対応してくれると信じていますが、どうなるでしょうか

Kyash残高の使い方

Kyashにチャージしたお金、受け取ったお金は現在のところ、現金として引き出すことはできません。

代わりに、クレジットカードが使える実店舗でのリアルカードのKyashでの決済、AmazonなどのネットショッピングでバーチャルカードのKyashでの決済として利用可能です。

例えばAmazonで使う場合などは、クレジットカードの入力欄で、表示されているバーチャルカードの番号とセキュリティーコード、有効期限、そして姓名とのところは「KYASH MEMBER」と入力すれば使えます。

Kyash残高をAmazonで使う

残高は使わずに次回誰かへの送金に使うことも可能です。

Kyashの決済のポイント還元

以前は翌月末までに2%分のキャッシュバックという形でしたが2019年9月30日で終了して1%のポイント還元に変更されました。

Kyashリアルカードを発行している方は100円で1ポイントが貯まり、1ポイント=1円でKyashにチャージが可能なポイント制度です(バーチャルカードのみ発行している方がオンライン決済をした場合は0.5%)。

  • Kyashリアルカードユーザー・・・1%
  • Kyashリアルカード未発行ユーザー・・・0.5%

    決済をすると即時にポイントが付与され、売上確定と同時にポイントが確定、利用可能になります。売上が確定するのは実店舗だと3-5日くらいが目安となります。

    貯まったKyashポイントは1ポイント1円でKyash残高にチャージすることができます。

    2020年4月からはICではチップなしのKyash Card Liteの還元率はバーチャルカード同様に0.5%になるのでご注意ください。

    クレジットカード/デビットカードからのチャージでポイント2重取り

    Kyashで最もおすすめのチャージ方法はカードからのチャージです。なぜなら、Kyashはクレジットカード、デビットカードからチャージした際に、カード側のポイントも貰えるからです。

    例えば、リクルートカードなど還元率1%超えのカードからチャージをしてKyashリアルカードで支払えば、還元率は2%超えになります。

    Kyash新ポイント導入後も還元率は下がりますが、2重取りは可能です。

    KyashはモバイルSuicaにチャージをしてもキャッシュバックは終了

    以前は、6,000円以上ならKyashカードからモバイルSuicaにチャージ、モバイルSuica内の決済でも2%のキャッシュバックが適応されており、クレジットカードからチャージをしてカードのポイントGET→KyashでモバイルSuicaにチャージして2%キャッシュバックという技が可能でしたが、2019年2月3日からモバイルSuicaも完全にキャッシュバック対象外となってしまいました。

    残念です。

    キャッシュバック付与対象外の決済

    Kyashは基本的に1%ポイント(バーチャルカードの場合は0.5%)のポイント還元ですが、対象外となる決済もあります。

    • QUICPayでの支払い(要注意)
    • モバイルSuica、楽天Edyやnanaco、WAONなどへのチャージ。
    • ポストペイ型電子マネーでの決済(Google PayでのQUICPay決済はキャッシュバック対象とのこと)。
    • 商品券の購入。
    • 税金やふるさと納税の支払い。

    他にも不正利用だと判断されたらポイント付与対象外です。

    【要注意】Kyashカードの利用制限

    ここまで見ると、Kyashカード(リアルカード、バーチャルカード)は1%還元で便利だと思われるかもしれませんが、利用には制限があります。

    Kyashカードが使えるのは1日5万円以下、月間12万円以下の支払い

    という制限です。リアルカードをまだお持ちでない方(バーチャルカードのみの方)は1日3万円以下となります(月間12万円までは同じ)

    この制限を元に、Kyashポイントの上限を換算してみると以下の通り。

    日数/回数利用限度額Kyashポイントの上限
    1回あたり5万円500ポイント
    1月あたり12万円1,200ポイント

    この上限があることは事前に知っておいたほうが良いでしょう。

    他にもカード1枚あたりの利用額の上限として100万円の上限もありますが、超えてもアプリからカードを再発行すればKyash残高を引き継いだ形で引き続き使えます(2019年3月のアップデートでアプリ上から再発行が可能になった)。

    2020年に発行されるKyashカードでは利用制限は大幅に緩和されて1回30万円、月間100万円まで使えるようになります。

    Kyashで送金する方法

    KyashではチャージされているKyash残高から送金が行われます。ちょっとわかりにくいのと、チャージされるタイミングが独特なのでまずは手順から見ていきましょう。

    事前準備として、Kyashアカウントにクレジットカードやデビットカードを登録しておきます。

    Kyashアカウントに登録できるカードは国際ブランドにVISAかMasterCardが付与されているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード(Vプリカなど)のみ。それ以外のJCBやAmerican Express、DinersClubのカードは登録不可です。なので、LINE Payカードも当然登録不可です。

    準備が整ったら、まず送金額送金する相手を選びます。

    Kyashで送金相手を選ぶ

    相手もKyashを使っている場合はIDと名前検索で簡単に相手に送金ができますが、相手がKyashを使っていない、使っているかどうかわからない場合は、送金リンクを作って、そのリンクを送る形になるので、相手を選ばずに「送金リンクを作成」をクリックします。

    Kyashの送金確認画面

    ここで注意してほしいのが、Kyashでは送金額がKyash残高では足りていなかった場合には、登録しているカードから差額が即時チャージ(入金)されるという点。相手がお金を受け取って送金が確定した後にカードから入金が行われるのではなく、事前にチャージしてから送金が行われます。

    よって、↑の画面でスライドをしたら足りない分は即時入金されます。この事前入金という手順を取ることで本人確認書類の提出を不要にしているという裏事情もあります。

    チャージされたらその後キャンセルはできないので、「まだ実際に送金していないから支払いは行われないでしょー!」と気軽に先に進まないようにご注意ください。

    例えば、Kyash残高が500円あって、送金額が1,000円の場合、↑の画面でスライドをして送金することを決定すると、VISAのクレジットカードから差額の500円がKyashカードにチャージされることになります。実際に送金を行わなくても、キャンセルはできません(当然、チャージされた分は別の機会に使えますが)。

    相手がKyashユーザーではない場合、発行されるリンクを相手に送ることで送金できます。

    Kyashで送金リンクを作成する

    送金を受け取った相手もKyashをインストール必須

    送金を受け取った相手はリンクをクリックして↓のようなページに移動します。

    Kyashで送金を受け取る

    Kyashにおいて送金を受け取るというのは、バーチャルカードに入金される、ということです。

    既にKyashをダウンロードしている方はスムーズに受け取り可能ですが、まだの方はKyashのアプリをダウンロードすることで初めて受け取りが可能になります。

    Kyashで請求する方法

    請求をする際の基本的な流れは送金のときと同じです。

    Kyashの請求画面

    請求をして相手が支払いをしたら、Kyash残高に請求分が反映されます。

    Kyashを使っていない人に請求をすることも可能ですが、送金時のように相手がKyashをダウンロードしないと入金してもらえません。

    KyashとLINE Payの個人間送金機能の違い

    同じ個人間送金サービスとしてはLINE Payと比較してみましょう。

    LINE Payとは

    LINE PayはLINEの提供する代表的な個人間送金サービス。LINEの友達相手に送金、割り勘などをすることが可能です。

    LINEPayの割り勘機能

    入金された分は提携ショップで利用可能。さらにLINE Payカードを作れば、実店舗でもJCBが使えるところで利用可能になります。

    手数料200円で銀行から引き出すことも可能。

    ただし、LINE Payで送金機能や引き出しなどを使うためには本人確認書類を提出するといった手間がかかります(アカウントをLINE Moneyにする必要がある)。

    >>LINE Payについての詳細はこちらにまとめてあります

    比較表

    サービス送金可能な人本人確認書類の提出日本円での出金残高の利用
    LINE PayLINEの友達必須JCB加盟店(実店舗含む)
    Kyash誰にでも(受け取るためにはダウンロード必須)不要不可VISA加盟店(実店舗含む)

    Kyashのメリット

    LINE Payなどと比較して、Kyashのメリットとして挙げられるのは、まず本人確認がいらないという点。

    上記「Kyashで送金する方法」でも説明しましたが、事前にチャージをした分を支払いに利用するという手順を取ることで法的に本人確認書類の提出が必要ない形にしました。

    また「誰にでも送金依頼が出来る」という点もメリットだと言えるでしょう。

    LINE Payは送金できるのはLINEの友達だけです。

    Kyashも実際に送金&入金してもらうためにはKyashのアプリをダウンロードする必要があるのですが、ID検索、Facebookの友達やメールアドレスを使ってアプリ上から「誰にでも送金依頼ができる」(依頼画面でダウンロードを促せる)というのは地味にメリットです。

    また、国際ブランドが世界シェアNO1のVISAというのもアドバンテージだと言えるでしょう。

    Kyashのデメリット

    Kyashは現状だとLINE Payと違ってお金を引き出すことができません。

    ネットショッピングやリアルカードを通じてVISA加盟店で利用、またはGoogle PayのQUICPayを使って利用することはできますが、利用金額に制限があるので、現金化できる他のサービスと比べると安心感は劣ると言えます。

    また、現状だとカードの利用限度額が1日5万円という制限があるのは、しょうがないことですが、メインとして使うには弱いかなという印象です(新しいKyash Cardではこの点は改善される予定です)。

    Kyashは広まるのか

    Kyashが出てきたときは「ちょうど良いサービス」が出てきたなと感じました。2019年9月末で高還元率のキャッシュバックが終わって、還元率は普通になりましたが、2020年の新しいおしゃれなデザインのKyash CardではICチップ付きで上限も従来のものより大幅にアップしてかなり使いやすくなっています。

    あと、せめてQUICPayの決済分の還元は戻してほしいなと願っています。

    決済だけではなく、個人間送金などにおいても存在感を発揮していってほしいです。