電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Kyashの個人間送金機能について

Kyash

Kyashは主にお得な決済サービスとして認識されていることが多いですが、個人間送金も可能です。

Kyashで送金する方法

KyashではチャージされているKyash残高から送金が行われます。

事前準備として、Kyash残高にチャージをしておくか、クレジットカードやデビットカードを登録しておきます。

Kyashアカウントに登録できるカードは国際ブランドにVISAかMasterCardが付与されているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカード(Vプリカなど)のみ。それ以外のJCBやAmerican Express、DinersClubのカードは登録不可です。

その他の詳しいチャージ方法などの解説はこちらのページを参照してください。

Kyashはチャージした際にもポイントが貯まりますから、送金でもポイントを貯めることができます。

準備が整ったら、まず送金額送金する相手を選びます。

Kyashで送金するユーザー一覧画面

相手もKyashを使っている場合はIDと名前検索で簡単に相手に送金ができますが、相手がKyashを使っていない、使っているかどうかわからない場合は、送金リンクを作って、そのリンクを送る形になるので、相手を選ばずに「送金リンクを作成」をクリックします。

Kyashの送金リンク

Kyash送金時自動チャージ設定

Kyashでは送金額がKyash残高では足りていなかった場合には、登録しているカードから差額が即時チャージ(入金)する設定ができます。

  • ウォレットから登録カードを選択or登録→カードをKyashにリンク
  • 残高が足りない状態で「自動チャージ設定」から登録カードを選択or登録

    いずれかの方法で自動チャージ設定(カードをリンク)をしておくことでスムーズに送金できます。

    Kyashにカードをリンクする

    注意してほしいのは、相手がお金を受け取って送金が確定した後にカードから入金が行われるのではなく、事前にチャージしてから送金が行われる、という点です。

    Kyashの送金確認画面

    よって、↑の画面でスライドをしたら足りない分は即時入金されて、送金されます。この事前入金という手順を取ることで本人確認書類の提出を不要にしているという裏事情もあります。

    チャージされたらその後キャンセルはできないので、「まだ実際に送金していないから支払いは行われないでしょー!」と気軽に先に進まないようにご注意ください。

    例えば、Kyash残高が300円あって、送金額が500円の場合、↑の画面でスライドをして送金することを決定すると、VISAのクレジットカードから差額の200円がKyash残高にチャージされることになります。

    送金を受け取った相手もKyashをインストール必須

    送金を受け取った相手はリンクをクリックして↓のようなページに移動します。

    Kyashで送金を受け取る

    Kyashにおいて送金を受け取るというのは、Kyash残高に入金される、ということです。

    既にKyashをダウンロードしている方はスムーズに受け取り可能ですが、まだの方はKyashのアプリをダウンロードすることで初めて受け取りが可能になります。

    Kyashで請求する方法

    請求をする際の基本的な流れは送金のときと同じです。

    Kyashの請求画面

    請求をして相手が支払いをしたら、Kyash残高に請求分が反映されます。

    Kyashを使っていない人に請求をすることも可能ですが、送金時のように相手がKyashをダウンロードしないと入金してもらえません。

    KyashとLINE Payの個人間送金機能の違い

    同じ個人間送金サービスとしてはLINE Payと比較してみましょう。他のサービスとも比較したい方は↓の記事をご参照ください。

    個人間送金が出来るサービスまとめ【2020年度】
    メールやLINEを送るようにお金を送れれば便利なことは誰にでも想像はできると思います。でも、日本ではさほど流行っていません。筆者に友達が少なくて気付いていないだけかもしれませんが、飲食店などでも割り勘をデジタルなやり取り…
    続きを読む

    LINE Payとは

    LINE PayはLINEの提供する決済&個人間送金サービス。LINEの友達相手に送金、割り勘などをすることが可能です。

    LINEPayの割り勘機能

    入金された分はQRコード決済のLINE Payが使えるところや提携ショップで利用可能。さらにLINE Payカードを作れば、JCBが使えるところで利用可能になります。

    手数料200円で銀行から引き出すことも可能。

    ただし、LINE Payで送金機能や引き出しなどを使うためには本人確認書類を提出するといった手間がかかります(アカウントをLINE Moneyにする必要がある)。

    >>LINE Payについての詳細はこちらにまとめてあります

    比較表

    サービス送金可能な人本人確認書類の提出日本円での出金残高の利用
    LINE PayLINEの友達必須JCB加盟店(実店舗含む)
    Kyash誰にでも(受け取るためにはダウンロード必須)不要Kyash Card作成時には必要不可VISA加盟店(実店舗含む)

    出金ができるかできないかは資金決済法における資金移動業に登録されているかで決定します。資金移動業に登録されていれば、本人確認が取れたら日本円を出金できるのですが、現状ではKyashは資金移動業ではないため、日本円の出金はできず、受け取ったお金はチャージ残高としてKyashで使う必要があります。

    Kyashの送金サービスまとめ

    Kyashの送金サービスはたしかに便利です。何よりクレジットカードからチャージをして送金ができるサービスは希少です。

    受け取ったお金を出金はできませんが、VISA加盟店で使うことができるので使い道には困りません。

    しかし、例えば飲み会で足りない分のお金を送る、というときに日本円として出金できないKyashで送るとなったら、実際は使い道には困らないものの、少し嫌な顔をする人もいるでしょう。

    今後、資金移動業に登録されれば、決済サービスのお得感+便利な送金サービスで、より使い勝手のよいサービスになると考えます。