電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天Edyについて

楽天Edy
チャージ限度額50,000円上限までなら1日に何回でもチャージ可。
チャージ単位1,000円
一回当たりの最大チャージ額25,000円
チャージの方法現金(店頭)/クレジットカード/ 銀行口座/ オートチャージ/ いつでもEdyチャージ / 楽天スーパーポイントからチャージ 銀行口座からチャージ、オートチャージは基本的におサイフケータイEdyのみ
公式HPhttp://www.rakuten-edy.co.jp/

楽天Edyの種類

楽天Edyの種類

プリペイド型の電子マネーである楽天Edyには大きく分けて3つのタイプがあります。

  • おサイフケータイの楽天Edy
  • カードタイプの楽天Edy
  • 楽天カードに付帯している楽天Edy

です。

楽天Edyで貯まるポイント

楽天Edyで貯まるポイントは、おサイフケータイの楽天Edyと、カードタイプのEdy、楽天カード付帯のEdyでそれぞれ異なります。

おサイフケータイ・Google PayのEdyで貯まるポイント

おサイフケータイのEdyは他の電子マネーとは違い、様々な種類のポイントを貯めることができます。

Google PayでEdyを登録した場合、標準では楽天スーパーポイントが選択されています。他のポイントを貯めたい場合は別途楽天Edyアプリが必要です。

貯めるポイントを選択します(楽天Edyアプリからのみ設定できます)。

おサイフケータイの楽天Edyで貯めることを選択できるポイント一覧

選択出来るポイント(一部)は、以下の通り。

ポイント名楽天Edyの支払いで貯まるポイントプラスポイント
楽天スーパーポイント200円につき1ポイント椿屋珈琲などがポイントアップ店では200円で2ポイント。
ANAマイル200円につき1マイルビッグエコー紀伊國屋書店マツキヨなどEdyマイルプラス加盟店で200円で2マイル。
Pontaポイント200円につき1ポイントローソンでは楽天Edyで支払い+Pontaポイントカードの提示でPontaポイント(100円で1ポイント)なので2重取り。
WALLETポイント200円で1WALLETポイントポイントが貯まるだけ。
Tポイント200円で1Tポイントファミリーマート(200円で1ポイント)、ニッポンレンタカー(200円で2ポイント)などTポイント加盟店でTポイントゲット+楽天Edyで支払いで2重取り。
ヨドバシゴールドポイント200円で1ポイントヨドバシカメラで楽天Edy払いで200円で1ポイント+通常の10%分のポイントの2重取り。
ヤマダポイント200円で1ヤマダポイント他のお店でポイントが貯まるだけ。ヤマダ電機では楽天Edyは使えない。
ビックポイント200円で1ポイントビックカメラで楽天Edy払いで200円で1ポイント+通常の10%分のポイントの2重取り。
エポスポイント200円で1ポイントエポスカードで楽天Edyにチャージをすると1,000円につき5ポイント+楽天Edyでの支払いで200円で1ポイントの2重取り。
マツモトキヨシのポイント200円で1ポイントマツモトキヨシでマツキヨカードの提示で100円につき1ポイント+楽天Edyで支払うと200円で1ポイントの2重取り。

カードタイプのEdyで貯まるポイント

↓がスタンダードなEdyカード。マークの通り、楽天スーパーポイントが貯まります。ほとんどのEdyカードでは楽天スーパーポイントが貯まると考えても大丈夫です。

ただし、店舗や企業と提携して発行しているEdyカードの一部には楽天スーパーポイントではない独自のポイントが貯まるEdyも存在します。

楽天Edy-Rポイントカード

ANA MILEAGE CLUB Edyカード(ANAマイレージクラブカードにEdy機能がついたもの)だとANAマイルが貯まります(新規の発行は終了しています)。Edyマイルプラス加盟店で200円で2マイル。

ANAマイレージクラブ Edyカード

こちらのルノアールEdyカードだとルノアールでポイントは貯まりませんが(その他店舗では楽天スーパーポイントが貯まる)ルノアールでのお支払い料がEdy払いで10%オフ。

ルノアールEdyカード

沖縄のスーパーと提携して発行している「サンエーEdyカード」だと、貯まるポイントはサンエーポイント。

サンエーEdyカード

このように作るカードによって異なってきます。

特に特定のお店でのこだわりがないのであれば、通常の楽天ポイントカードが一番利便性が高いでしょう。

楽天カード(クレジットカード)に付帯したEdyで貯まるポイント

楽天カードに付帯するEdyで貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。他のポイントを貯めることは出来ません。

楽天カード

貯める楽天スーパーポイントをまとめることが出来ますし、逆に貯まったポイントを1ポイント=1円で楽天Edyにして支払いに使うことも出来るので利便性が高いです。

おサイフケータイのEdyとカードタイプのEdyで貯まるポイントの比較

おサイフケータイのEdyで貯まるポイント楽天スーパーポイントだけではなく、ANAマイルやPontaポイントなど様々なポイントから貯めるポイントを選べる。
カードタイプのEdyで貯まるポイント作るEdyカードの種類によって貯まるポイントが異なってくる。一番メジャーな楽天ポイントカードで貯まるポイントは楽天スーパーポイント。

お得で便利なのはおサイフケータイのEdyなので、おサイフケータイをお持ちの方は迷わずこちらを。

チャージに使うカードを楽天カードにすればチャージポイントも貰えるし、いつでもチャージできて便利で最強です。(他のクレジットカードでもチャージでポイントが貯まる場合があります)

おサイフケータイのEdyの使い方

まず、スマホに専用のアプリ(楽天Edyアプリ)もしくはGoogle Payアプリをダウンロードし、使うにあたっての各種準備を終えたら、続いておサイフケータイのEdyにチャージ(入金) をします。

チャージが完了したら実際にEdyが使えるお店で「Edyでお願いします」と伝えた上でタッチするだけで支払い完了です♪

Google Payの楽天Edyに関してはこちらに詳細を載せていますので参考にしてください。

おサイフケータイのEdyへのチャージ方法

おサイフケータイのEdyへの方法は

  • クレジットカード(アプリの設定画面からクレジットカードを登録したら画面から不足する度に簡単に入金可能)からチャージ
  • オートチャージ
  • 銀行口座から引き落としでチャージ
  • 楽天スーパーポイントからチャージ
  • 現金でチャージ

といった方法が用意されています。

おサイフケータイに対応していないiPhoneをお使いの方は、カードタイプのEdy同様、別途、おサイフケータイジャケットやカードリーダーのPaSoliなどカードを読み込むためのガジェットが必要になります。それぞれ3,000円以上するので早くApple Payが楽天Edyに対応することを祈りましょう。

カードタイプのEdyの使い方

カードタイプのEdyを作ったら、まずはオンラインでカードを登録しておきましょう。現在の残高などがわかるようになります。

楽天Edyのマイページ

カードタイプのEdyへのチャージ方法

カードタイプのEdy(ポイントカードに付帯したEdyなど)は以下のようなチャージ方法が用意されています。

  • クレジットカードからチャージ
  • 現金でチャージ

クレジットカードからチャージするためには、おサイフケータイに対応もしくはNFCを搭載するスマートフォンを用意するか、別途ガジェットを購入する必要があります。

また2019年3月より、一部のカード(主にスーパーやショッピングモールと提携発行しているEdy)はクレジットカードチャージが出来ないようになりました。対象となるカードの場合、チャージ時にクレジットカードチャージが不可能の旨が表示されるようです。

楽天カードに付帯している楽天Edyの使い方

楽天カードに付帯した楽天Edy

楽天Edy付きの楽天カードも、使い方は基本的に上記のカードタイプの楽天Edyと同じです。

楽天カードに付帯している楽天Edyのチャージ方法

楽天カードに付帯している楽天Edyは楽天ポイントカードに付帯している楽天Edyよりもチャージ方法が少しだけ豊富です。

  • クレジットカードからチャージ
  • オートチャージ
  • いつでもEdyチャージ
  • 現金でチャージ

これらのチャージ方法が用意されています。

チャージ方法の詳細

楽天Edyにチャージする方法は以下の通りです。

  • クレジットカードからチャージ
  • オートチャージ (おサイフケータイ、楽天カード付帯のEdy)
  • いつでもEdyチャージ
  • 銀行口座からチャージ (おサイフケータイのEdy)
  • 楽天スーパーポイントからチャージ
  • 現金でチャージ

クレジットカードからチャージ

クレジットカードからのチャージは以下のような方法が用意されています。

  • 楽天Edyアプリを使ってチャージ
  • 楽天カードからチャージし、Famiポートでチャージ額を受け取る
  • 専用のガジェットを用意し、Edy Viewerを使ってチャージ
楽天Edyアプリを使ってチャージ

楽天Edyアプリを使ってチャージする場合、おサイフケータイに対応するスマートフォンか、NFCを搭載しているスマートフォンが必要になります。ただし、NFC搭載スマートフォンに関しては全ての端末で利用出来る訳ではありません。対応機種はこちらに記載されている通りです。

チャージ金額を入力し、カードをスマートフォンにかざせばチャージ完了。(おサイフケータイのEdyならかざす必要なし)

楽天のIDをお持ちの方は、楽天に登録済みのクレジットカードからチャージ可能。IDをお持ちでない方も、個人情報&クレジットカード情報を登録すれば各種クレジットカードからチャージが可能です。

おサイフケータイの楽天Edyにチャージするクレジットカード

楽天会員で登録しているクレジットカードからチャージ

普段から楽天市場などで買い物をしている方なら、楽天会員としてログインすればすぐにクレジットカードでチャージが出来ます。

楽天カードからチャージし、Famiポートでチャージ額を受け取る

楽天カードを使ってチャージする場合は、会員サイト「e-NAVI」でチャージの手続きを行い、ファミリーマート店頭に置いてあるFamiポートにEdyカードをかざすことでチャージ額を受け取ることが可能です。この方法であれば、楽天カードからのチャージ限定ではありますが、特別なガジェットを用意せずにクレジットチャージを行うことが出来ます。

ファミリーマートへ行く手間は掛かりますが、チャージに対応するガジェットを持っていない方はこちらの方法がオススメ。

チャージ(受け取り)は1日1回のみとなります。一度受け取ったら翌日昼まで受け取れません。

専用のガジェットを用意し、Edy Viewerを使ってチャージ

PCからクレジットチャージする場合は、「PaSoRi」などFelicaを読み込めるカードリーダーが必要になります。

Edyにクレジットカードチャージをする際に必要なPaSoRi

チャージの際に使用する「Edy Viewer」はWindowsでしか動作しないのでMacの方は要注意。

チャージの実例はこちらにまとめてあるので参照してください。

オートチャージ

オートチャージの仕様はおサイフケータイの場合と楽天カード付帯Edyの場合で異なります。どちらでも選択出来る場合はおサイフケータイのEdyの方が利便性が高いのでオススメです。

カードタイプのEdyに関してはオートチャージ出来ません。

おサイフケータイのEdyの場合

残高がある一定の額の額を下回った際に、登録しているクレジットカードや銀行口座から自動的にチャージされる機能です。

おサイフケータイの楽天Edyならオートチャージの設定が簡単なうえ、楽天Edy利用時にチェックする楽天カードのオートチャージと違って、一定時間ごとにチェックしてチャージする形のため、楽天Edyのオートチャージ対応店かどうか気にする必要がなく、とても便利です。

楽天Edyのオートチャージ設定画面(おサイフケータイ)

チャージ金額が「◯円以下」になったら「◯円チャージ」のように、1000円単位で金額を任意に設定出来ます。一日の最大オートチャージ額の設定も可能。残高のチェックは1時間に1回行われる形です。

ちなみに、楽天Edyアプリでは、残高が一定額を下回った際に自動的に通知してくれる「そろそろチャージ」という機能も存在します。オートチャージはしたくないけど残高の確認だけはして欲しい場合はこちらの機能をどうぞ。

楽天カード付帯のEdyの場合

店頭で楽天Edyの利用時、残高がある一定の額を下回った際に、楽天カードから自動的にチャージされる機能です。

ローソンやファミリーマート、ブックオフなど特定のお店で支払った場合にのみオートチャージされます。全てのお買い物でオートチャージされる訳ではない点には注意が必要です。

楽天Edyのオートチャージに対応しているのは以下のようなお店。

ファミマ、ローソン、ローソンストア100、デイリーヤマザキ、モスバーガー、ブックオフ、ココイチ、コメダ珈琲店、椿屋珈琲店、カクヤス、ラウンドワン、ダッキーダック、ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ドラッグユタカ、クスリのアオキ、はるやまなど

対応店舗は加盟店検索のページで探すことも出来ます。

チャージ金額が「◯円以下」になったら「◯円チャージ」のように、1000円単位で金額を任意に設定出来ます。一日の最大オートチャージ額の設定も可能。

いつでもEdyチャージ

いつでも設定した金額を楽天カードからチャージできるサービス。Famiポート、PC(PaSoRiなどのリーダーが必要)、おサイフケータイで受け取ることが可能です。

使うまでの手順としては以下の通り。(Famiポートの場合)

  1. 楽天カードの会員サイトである楽天eナビからチャージ金額(1,000円、3,000円、10,000円から選択)を登録しておきます。
  2. 残高が少なくなったらファミリーマートに設置されているFamiポートで登録しておいた金額の楽天Edyを受け取ります(画面にタッチしてカードをかざせば簡単に受け取れます)。この際、楽天カードのチャージポイントも付きます。

おサイフケータイじゃないし、PaSoRiなどを買うのは嫌だけど、クレジットカードからチャージをしたいという方には大きな選択肢の1つになるでしょう。

おサイフケータイのEdyの場合はアプリで簡単に受け取れます。また、PaSoRiなどのリーダーを使ってPCで受け取ることも可能です。

楽天Edyで貯めるポイントが楽天スーパーポイント以外の場合は利用出来ませんのでお気をつけください。

オートチャージと似ていますが、オートチャージはファミリーマートやローソンといった対象店舗で買い物をしなくてはチャージされないので、上記の対象店で買い物をしない方で、かつ、楽天カードからチャージをしたい方なら積極的に利用して良いと言えるでしょう。

銀行口座からチャージ

おサイフケータイのEdyの場合、対応している銀行口座からチャージをすることも出来ます。オートチャージにも対応。

楽天銀行はもちろん、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行の口座からチャージ可能。

その他、多くの地方銀行にも対応しています。

楽天スーパーポイントからチャージ

楽天スーパーポイントを楽天Edyの残高に交換することも出来ます。ただし期間限定ポイントや、他のポイント(例:カード会社のポイント)から交換された楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換することは出来ません。

ポイントからチャージする際は、楽天Edyで貯めるポイントを楽天スーパーポイントにする必要があります。他のポイントが貯まるように設定している場合にはポイントからのチャージは出来ないのでお気をつけください。

現金でチャージ

楽天Edyは各種コンビニなどでチャージが可能です。楽天EdyはnanacoやWAONと違ってチェーン店同士の派閥争いとは無縁なので、どのコンビニでもチャージできるのが強みの1つ。

セブン−イレブンやLAWSON、ファミマなどの各種コンビニやその他提携店で「Edyへのチャージをお願いします」といってR/Wに端末をタッチすれば1000円単位でチャージが可能です。

セブン銀行のATMでも、楽天Edyに現金チャージすることが出来ます。

その他、ショッピングモールやゲームセンターなどにはEdyにチャージ出来る機械が置かれていることがあり、こちらでもチャージが可能となっています。

楽天Edyが使えるお店

主要コンビニやイトーヨーカドー、サミット、ピアゴ、ゆめタウンなどのスーパー、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、ウエルシアなどのドラッグストア、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店、百貨店やららぽーと、マクドナルド、ガスト、ロイヤルホスト、魚民、PRONTO、タリーズ、すき家などの飲食店など、多すぎて紹介出来ないほど沢山の店舗で使えます。主なチェーン系の加盟店は当サイトの検索を利用してみてください。

楽天Edyは使えるお店や業種が幅広いのが特徴なので、ノーキャッシュライフを楽しみたい方は作っておきたい電子マネーです。

特に沖縄ではEdyしか使えないお店も多いので、沖縄在住の方、沖縄によく行かれる方は必須です。