電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天Edyについて

楽天Edy
チャージ限度額 50,000円
1日に何回でもチャージ可。
チャージ単位 1,000円
一回当たりの最大チャージ額 25,000円
チャージの方法 現金(店頭)/クレジットカード/ 銀行口座/ オートチャージ 銀行口座からチャージ、オートチャージは基本的におサイフケータイEdyのみ
公式HP http://www.rakuten-edy.co.jp/

楽天Edyの種類

楽天Edyの種類

プリペイド型の電子マネーである楽天Edyには大きく分けて3つのタイプがあります。

  • おサイフケータイの楽天Edy
  • カードタイプの楽天Edy
  • 楽天カードに付帯している楽天Edy

です。

楽天Edyで貯まるポイント

楽天Edyで貯めることが出来るポイントのシステムは少々複雑です。おサイフケータイの楽天Edyと、その他カードタイプなどのEdyで異なってきます。

おサイフケータイのEdy(Android Pay含む)で貯まるポイント

おサイフケータイのEdy(AndroidPayの楽天Edy含む)は他の電子マネーと違い独自のポイント(楽天スーパーポイント)だけを貯めるわけではありません。

貯めるポイントを選択します(アプリから設定できます)。

おサイフケータイの楽天Edyで貯まるポイント一覧

選択出来るポイント(一部)は、以下の通り。

ポイント名 楽天Edyの支払いで貯まるポイント プラスポイント
楽天スーパーポイント 200円につき1ポイント 椿屋珈琲などがポイントアップ店では200円で2ポイント。
ANAマイル 200円につき1マイル
Pontaポイント 200円につき1ポイント ローソンでは楽天Edyで支払い+Pontaポイントカードの提示でPontaポイント(100円で1ポイント)なので2重取り。
WALLETポイント 200円で1WALLETポイント ポイントが貯まるだけ。
Tポイント 200円で1Tポイント ファミリーマート(200円で1ポイント)、ニッポンレンタカー(200円で2ポイント)などTポイント加盟店でTポイントゲット+楽天Edyで支払いで2重取り。
ヨドバシゴールドポイント 200円で1ポイント ヨドバシカメラで楽天Edy払いで200円で1ポイント+通常の10%分のポイントの2重取り。
ヤマダポイント 200円で1ヤマダポイント 他のお店でポイントが貯まるだけ。ヤマダ電機では楽天Edyは使えない。
ビックポイント 200円で1ポイント ビックカメラで楽天Edy払いで200円で1ポイント+通常の10%分のポイントの2重取り。
エポスポイント 200円で1ポイント エポスカードで楽天Edyにチャージをすると1,000円につき5ポイント+楽天Edyでの支払いで200円で1ポイントの2重取り。
マツモトキヨシのポイント 200円で1ポイント マツモトキヨシでマツキヨカードの提示で100円につき1ポイント+楽天Edyで支払うと200円で1ポイントの2重取り。

カードタイプのEdyで貯まるポイント

カードタイプの楽天Edyといえば基本的には↓の楽天ポイントカードを指します。貯まるポイントは楽天スーパーポイント。もしも他に貯めたいポイントがあるのであれば貯めたいポイントと結びついたEdyカードを購入します(例えばANAマイレージクラブEdyカードなど)。

楽天Edy-Rポイントカード

ANA MILEAGE CLUB Edyカード(ANAマイレージクラブカードにEdy機能がついたもの)だとANAマイルが貯まります。Edyマイルプラス加盟店で200円で2マイル。

ANAマイレージクラブ Edyカード

こちらのルノアールEdyカードだとルノアールでポイントは貯まりませんが(その他店舗では楽天スーパーポイントが貯まる)ルノアールでのお支払い料がEdy払いで10%オフ。

ルノアールEdyカード

サンエーEdyカードだと貯まるポイントはサンエーポイント。

サンエーEdyカード

このように作るカードによって異なってきます。

特に特定のお店でのこだわりがないのであれば、通常の楽天ポイントカードが一番利便性が高いでしょう。

楽天カード(クレジットカード)に付帯したEdyで貯まるポイント

クレジットカードの楽天カードにEdyの機能がついたものを選択できます。こちらも貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。

楽天カード(Edy機能付き)

貯める楽天スーパーポイントをまとめることが出来ますし、逆に貯まったポイントを1ポイント=1円で楽天Edyにして支払いに使うことも出来るので利便性が高いです。

おサイフケータイのEdyとカードタイプのEdyで貯まるポイントの比較

おサイフケータイのEdyで貯まるポイント 楽天スーパーポイントだけではなく、ANAマイルやPontaポイントなど様々なポイントから貯めるポイントを選べる。
カードタイプのEdyで貯まるポイント 作るEdyカードの種類によって貯まるポイントが異なってくる。一番メジャーな楽天ポイントカードで貯まるポイントは楽天スーパーポイント。

お得で便利なのはおサイフケータイのEdyなので、おサイフケータイをお持ちの方は迷わずこちらを選んで、登録するクレジットカードに楽天カードを使えばチャージポイントも貰えるし、いつでもチャージできて便利で最強です。

おサイフケータイのEdyの使い方

まず、スマホに専用アプリ(楽天Edyアプリ)をダウンロードし、設定画面から「貯めたいポイント」を選択といった各種準備が完了したら次はお財布ケータイのEdyにチャージ(入金) をします。

チャージが完了したら実際にEdyが使えるお店で「Edy払いでお願いします」と伝えた上でタッチするだけで支払い完了です♪

Android Payの楽天Edyも基本的な使い方は同じです。Android Payに関しての詳細はこちらを参考にしてください。

おサイフケータイのEdyへのチャージ方法

おサイフケータイのEdyへの方法は

  • クレジットカード(アプリの設定画面からクレジットカードを登録したら画面から不足する度に簡単に入金可能)からチャージ
  • 現金でチャージ
  • オートチャージ
  • 銀行口座から引き落としでチャージ

といった方法が用意されています。

おサイフケータイに対応していないiPhoneをお使いの方は、カードタイプのEdy同様、別途、おサイフケータイジャケットやカードリーダーのPaSoliなどカードを読み込むためのガジェットが必要になります。それぞれ3,000円以上するので早くApple Payが楽天Edyに対応することを祈りましょう。

クレジットカードからチャージ

おサイフケータイの楽天Edyにクレジットカードからチャージするのは楽天会員に登録している方は登録済みのクレジットカードからチャージ可能。それ以外の方でも新しく個人情報&クレジットカードを登録すれば各種クレジットカードからチャージが可能です。

おサイフケータイの楽天Edyにチャージするクレジットカード

楽天会員で登録しているクレジットカードからチャージ

普段から楽天市場などで買い物をしている方なら、楽天会員としてログインをすればすぐにクレジットカードチャージができます。

現金でチャージ

おサイフケータイの楽天Edyでも各種コンビニでチャージが可能です。楽天EdyはnanacoやWAONと違って実店舗同士の派閥争いとは無縁なので、どのコンビニでもチャージできるのが強みの1つ。

セブン−イレブンやLAWSON、ファミマなどの各種コンビニやその他提携店で「Edyへのチャージをお願いします」といってR/Wに端末をタッチすれば1000円単位でチャージが可能です。

オートチャージ

おサイフケータイの楽天Edyならオートチャージの設定も簡単。

楽天Edyのオートチャージ設定画面(おサイフケータイ)

チャージ金額が◯円以下になったら自動的に◯円チャージという設定をしておけば自動的に登録しているクレジットカードから支払いを行ってくれます。残高のチェックは1時間に1回行われる形です。

銀行口座でチャージ

対応している銀行口座から引き落としの形でチャージをすることも可能。

楽天銀行はもちろん、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行の口座からチャージ可能。

その他、千葉銀行や福岡銀行など各種地方銀行も続々と対応してきています。

カードタイプのEdyの使い方

カードタイプのEdyを作ったら、まずはオンラインでカードを登録しておきましょう。現在のポイントなどがわかるようになります。

楽天Edyのマイページ

カードタイプのEdyへのチャージ方法

カードタイプのEdy(ポイントカードに付帯したEdyなど)は以下のようなチャージ方法が用意されています。

  • クレジットカードからチャージ
  • 現金でチャージ

おサイフケータイのEdyと違って、カードタイプのEdyチャージの方法は主に店頭での現金払いがメインになるでしょう。クレジットカードからチャージするためには別途ガジェットを購入する必要が出てきます。

クレジットカードからチャージ

クレジットカード払いでもチャージ(入金)出来るのですが、PCに接続する専用のカードリーダー(Edy Viewer)が必要になります。

Edyにクレジットカードチャージをする際に必要なPaSoRi

楽天Edyにクレジットカードからチャージする方法について詳しくはこちらにも実例をまとめてあるので参照してください。

また、おサイフケータイ機能が付いていなくても、NFC機能が付いたスマートフォンを保有していれば、「楽天Edyチャージャー」というアプリをインストールすることで、カードタイプの楽天Edyにクレジットカードからチャージをすることも可能です。

楽天Edyチャージャー

この方法だと別途ガジェットを購入する必要がなく、お手持ちのスマートフォン+楽天Edyカードのみでクレジットカードチャージが可能になります。

現金でチャージ

カードタイプの楽天Edyも各種コンビニなどでチャージ可能です。

店員さんに楽天Edyをチャージするという旨を伝えて、チャージ額を支払い、R/Wにカードをタッチするだけです。

楽天カードに付帯している楽天Edyの使い方

楽天カードに付帯した楽天Edy

楽天Edy付きの楽天カードをお持ちの方も、基本的には上記カードタイプの楽天Edyと同じ。基本的に、おサイフケータイをお持ちでない方は、クレジットカードチャージにはFelicaやPaSoLiといった別のカードリーダーが必要になります。

楽天カードに付帯している楽天Edyのチャージ方法

楽天カードに付帯している楽天Edyは楽天ポイントカードに付帯している楽天Edyよりもチャージ方法が少しだけ豊富です。

  • クレジットカードからチャージ
  • 現金でチャージ
  • オートチャージ
  • いつでもEdyチャージ

これらのチャージ方法が用意されています。

クレジットカードからチャージ

クレジットカードに付帯している楽天Edyなんだからそのままクレジットカードからチャージが可能なように思えますが、オンラインでいつでもどこでもチャージをする、ということは出来ません・・・。

クレジットカードからチャージをする場合には、上記Pasoliのような別途ガジェット、もしくはNFC対応スマートフォンで楽天チャージャーをインストールしている必要があります。これらの環境が整えば、楽天会員に登録しているクレジットカードからチャージ可能です。

現金でチャージ

クレジットカードですが、コンビニなどで現金チャージも可能です。クレジットカードを出すと、カード払いだと勘違いされてしまう恐れがあるので、きちんと楽天Edyをチャージしたいという旨を伝えて、チャージ額を支払った後に、楽天カードをタッチしましょう。

オートチャージ

楽天カードに付帯した楽天Edyなら、特定のお店で支払った際に、残高が足りなければクレジットカードから自動的にチャージされるというシステムがあります。

楽天Edyのオートチャージに対応しているのは以下のようなお店。

ファミマ、ローソン、ローソンストア100、モスバーガー、ブックオフ、カクヤス、ラウンドワン、椿屋珈琲店、ダッキーダック、ぱすたかん、イタリアンダイニングDONA、ブルーシール、明屋書店、ラッキー、シティ、たいらや、にいつフードセンター、スーパーよどばし、サンプラザ(高知)、エスカ地下街(名古屋駅新幹線口)、ドラッグユタカ、クスリのアオキ、ケアーズドラッグなど

これらのお店では会計の際に1,000円以下になったら3,000円チャージするなど設定した金額を自動的にチャージできます。チャージ金額は楽天カードから請求されます。

いつでもEdyチャージ

いつでも設定した金額を楽天カードからチャージできるFamiポート限定のサービス。

使うまでの手順としては以下の通り。

  1. 楽天カードの会員サイトである楽天eナビからチャージ金額(1,000円、3,000円、10,000円から選択)を登録しておきます。
  2. 残高が少なくなったらファミリーマートに設置されているファミポートで登録しておいた金額の楽天Edyを受け取ります(画面にタッチしてカードをかざせば簡単に受け取れます)。この際、楽天カードのチャージポイントも付きます。

お財布ケータイじゃないし、PaSoLiなどを買うのは嫌だけど、クレジットカードからチャージをしたいという方には大きな選択肢の1つになるでしょう。

上記のオートチャージと似ていますが、オートチャージはファミリーマートやローソンといった対象店舗で買い物をしなくてはチャージされないので、上記の対象店で買い物をしない方で、かつ、楽天カードからチャージをしたい方なら積極的に利用して良いと言えるでしょう。

楽天Edyが使えるお店

楽天Edyは使えるお店が幅広いのが特徴。ほぼ全ての種類のコンビニで使える他、モンテローザグループの居酒屋などはEdyに対応しています。

nanacoやWAONと違って、グループ内のお店でしか使えないということはなく、Edyしか使えないお店も多いのでノーキャッシュライフを楽しみたい方は作っておきたい電子マネーです。