電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

iDについて

iD
貯まるポイント名 クレジットカードに紐付けされたiD→三井住友カードならワールドプレゼントポイント、dカード→dポイントなど各種クレジットカードのポイント
月々の利用限度額 クレジットカード付帯のiDの場合→クレジットカードの利用限度額内、dカードmini(クレカなしの場合)→3万円(Docomo料金の支払状況によって、5,000円、1万円、3万円の3段階)

iDってどんな電子マネーなの?

iDはDocomoが発行する電子マネー。

iDはいわゆるポストペイ型(後払い型)と呼ばれる電子マネーです。ポストペイ型はnanacoやWAON、auWALLETなどの電子マネーと違い、事前にチャージ(入金)をして使うのではなく、クレジットカード払いやケータイ代金などと一緒に、後から支払うタイプのこと。

iDの発行方法(利用準備)

Docomoが発行していると聞くと、ソフトバンクやau、その他、MVNOの格安SIMのスマートフォンを利用している方には縁がないものと考えられがちですが、そんなことはありません。

iDは主に2つの種類があります。クレジットカードと一緒に(一体型とカードタイプがあり)発行するかDocomoのおサイフケータイで使うか、の2種類です。

クレジットカードと一緒に発行する(一体型のiD搭載タイプ)

Docomoユーザー以外だったらこの作り方がメインになるでしょう。筆者もケータイはソフトバンクですが、クレジットカード一体型のiDを活用しています。

例えば、三井住友VISAカードやオリコカード・ザ・ポイントといった優良なクレジットカードにも付帯しています。

三井住友VISAカードに付帯しているiD

上の画像は筆者の保有している三井住友VISAカード。裏にiDのマークが確認できます。

なので、この三井住友VISAカードを使えば、暗証番号やサインなし、タッチをするだけで、各種コンビニやマクドナルドでiD払いでの買い物が可能になります。

コンビニではクレジットカード払いも可能ですが、店員さんにクレジットカードを預けなければいけないのが嫌なので大抵はiD払いで済ませてしまいます。

また、マクドナルドはクレジットカードは使えませんが、iDは使えるので、間接的にクレジットカードのポイントを貯めることが可能です。

このクレジットカードに付帯しているiDで支払った場合、貯まるポイントはクレジットカードのポイントです。三井住友VISAカードならワールドプレゼントポイントが貯まります。

三井住友VISAカードの詳細はこちら

他にも、オリコカード・ザ・ポイントというクレジットカードでもクレジットカードにiDが付帯しています。

三井住友VISAカードの場合、別途カードを発行することもできますが、1枚のカードでまとめてしまったほうが財布が軽くなるので便利です。

↓(参考)三井住友カードの付帯カードとして発行できるiDカード↓

三井住友VISAカードのiD

おサイフケータイでiDを使う

iDには(一応)カードタイプとおサイフケータイ一体型のタイプがありますが、現状だとDocomoのおサイフケータイで使えるタイプのiDがメインとなるかと思います。Docomoユーザーでおサイフケータイの方はiDのアプリをインストールしたらすぐに使えます。

対応するクレジットカード(NTTDocomoの発行するクレジットカードであるdカード、三井住友VISAカード、イオンカード、ライフカード、セゾンカード、UCカード、オリコカード、セディナカードなどなど)をお持ちの方は、iDアプリでクレジットカード登録をすることで利用限度額をクレジットカードの利用限度額にまで上げることができ、かなり柔軟に使うことが出来ます。

支払いのときに「iDで」と告げて、おサイフケータイをタッチするだけ。この場合も貯まるポイントは登録してあるクレジットカードのポイントです。

おサイフケータイとして設定しておく分にはかさばることもないのでDocomoユーザーの方は設定しておくことをオススメします。

クレジットカードを持っていない場合はdカードmini

対応するクレジットカードを持っていない場合やクレジットカードを作れない年齢の方などはdカードminiというiDの初期プランになりますのでご注意ください。

このdカードminiは、同じようにおサイフケータイからiD払いをすることが出来ますが、毎月のケータイ料金と一緒に請求される点が異なってきます。

限度額も低く設定されており、最高3万円です(携帯料金の支払い状況に応じて、5,000円、1万円、3万円の3段階がある)。

iDのメリット・デメリット

逐一入金(チャージ)をする煩わしさから解放されるのがiDの一番のメリットとされることが多いですが、それはクレジットカード払いでも同じ。iDの最大のメリットはクレジットカードのように一々店員さんに渡す必要がないこと、サインや暗証番号が要らないことだと思います。

また、nanacoで言うところのnanacoポイントのように独自に貯まるポイントはないのですが、クレジットカードのポイントが貯まるので、管理が一元化出来るのも嬉しい。

デメリットとしては、特定のクレジットカードユーザーと、Docomoのおサイフケータイを持っている人など、使える人が他の電子マネーと比べると限られてくること。

Docomoユーザー、三井住友VISAカードを使っている以外の方は同じポストペイ型電子マネーのQUICPayを考慮しましょう(マクドナルドではQUICPayは使えないですが・・・)。

iDが使えるお店

iDはセブンイレブンローソンといった主要なコンビニではほとんど全て使えますし、クレジットカードが使えないマクドナルドでもiD払いは可能、WAONがメインとなるイオンでも使えますし、その他居酒屋などでも幅広く使えます。