電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

イオンの支払い方法

イオン
電子マネー WAON / iD / QUICPay / au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / nimoca / kitaca / ICOCA / はやかけん / 各店舗ごとに違う / 北陸のイオン、イオンモールでは交通系電子マネーは利用不可。
相性の良い電子マネー WAON キャンペーンがとにかくお得!
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
おすすめクレジットカード イオンカードセレクト イオンカードセレクトからWAONカードにチャージをすることでポイントが付くため。
NFC決済 Visa payWave 2020年までに順次対応。
貯まりやすいポイント WAON POINT
デビットカード 使える イオンデビットカード (イオン銀行から即時に引き落とされるデビットカード。その他のデビットカードも使えます。)
商品券・ギフトカード クレジットカード会社のギフトカード、イオンギフトカード
ポイントカード WAON POINTカード 200円で1 WAON POINTが貯まる(現金払い時、イオンカード以外のクレジットカード払い時、商品券・ギフトカード払い時に提示)。Smart WAONに登録した電子マネーのWAONでもWAON POINTが貯まる(200円で1ポイント+月額利用料500円に付き1 WAON POINT)
現金いらず得点 4.8点(5点満点中) 楽天Edyも使えたらさらに嬉しいかも!?
公式HP http://www.aeonretail.jp/index.html

イオンで使える電子マネー

イオンで使える電子マネーの代表はイオングループが発行している電子マネーWAONです(200円で1WAONポイントが貯まる)。その他、iD、クイックペイやSuica、PASMO、ICOCAといった各種交通系電子マネーも使えます(※)し、au WALLETやソフトバンクカード、LINE Payカードといった国際ブランド付き電子マネーも(セルフレジでも)問題なく使えます。

※北陸周辺のイオン、イオンモールでは交通系電子マネーは直営店、専門店共に利用不可、セルフレジでも利用不可のようです(情報ありがとうございます)。

しかし、楽天Edyは使えませんのでご注意ください(イオンモール内一部店舗では使用できますが数は少ない)。ライバルのセブンアンドホールディングスが発行するnanacoも使えません。

また、イオングループでは国際ブランドのVISAが提供する電子マネーの2020年までにVisa payWaveにも対応することを発表しています。2019年3月以降順次対応される予定です。

イオンで使えるクレジットカード

イオンではVISA、MASTER、JCB、AMEX、ダイナースなど各種国際ブランドのクレジットカードが使えます。

イオンカードセレクト×電子マネーをポイントを2重取り

イオンが独自に発行しているクレジットカードがイオンカードです。Suicaと一体化したもの、WAONと一体化したものなどなどたくさんの種類のイオンカードが発行されています。

イオンカード一蘭

そんな数あるイオンカードの中でもWAONにクレジットカードから入金してポイントが付くのは「イオンカードセレクト」だけなので、イオンをよく使う方には特にオススメです。イオンカードセレクト イオンカードセレクトを使うことで、イオンカードセレクトからWAONへのチャージでときめきポイントゲット→WAONで支払いでWAONポイントゲット、とポイントが2重取り出来ます。

よく「WAON一体型イオンカード」からWAONにチャージしてポイントが付くと思っている方がいらっしゃいますが、イオンカードセレクト以外はチャージポイントは付きませんのでご注意ください。

毎月20日、30日に5%オフになる支払い方法

CMで有名な20日、30日に5%オフになるお客様感謝デーのキャンペーンは、電子マネーのWAONで「支払い」をするか、クレジットカードのイオンカードで「支払い(もしくは提示)」、またはWAON POINTカードを「提示」をすることで適応されます。イオンカードかWAON POINTカードなら提示して現金払いをしてもキャンペーンは適応されます。

※書籍や切手、商品券、ゲーム機本体、酒、タバコなど5%OFFにならない商品もありますので店員さんに聞いてご確認ください。

毎月10日にポイントが5倍になる支払い方法

イオンで行われているキャンペーンの1つに毎月10日にポイントが5倍になるありが10デーというものがあります。

こちらは

  • WAONで「支払った際に」受け取れるWAONポイント(POINT)が5倍
  • WAON POINTカードを「提示して」現金などの支払いで受け取れるWAON POINTが5倍
  • イオンカードの「クレジットカード払いで」ときめきポイントが5倍になる

というキャンペーンです。

イオンカードは上記のお客様感謝デーのように「提示するだけでは」キャンペーンは適応されません。

また、残念ながら北海道のイオン、九州のイオンではありが10デーは開催されていません。ただし、その代わりに10日も全て5%オフになるようで、ありが10デーよりもお得になっています。

5日、15日、25日にポイントが2倍になる支払い方法

毎月5の付く日にはポイントが2倍(通常200円で1ポイント→200円で2ポイント)になるわくわくデーキャンペーンも2008年からずっと開催されています。

こちらもWAON、もしくはイオンカードで「支払った際に」、WAON POINTカードを「提示して」現金払いをした際に、各ポイントが2倍になるというキャンペーンです。

電子マネーのWAONは会員登録をしていなければWAONポイントが、会員登録をしていればWAON POINTが、イオンカードはわくわくポイントが、WAON POINTカード提示ならWAON POINTがそれぞれ2倍になります。

イオンで貯まる、使えるポイントカード

イオンで貯まるポイントはWAON POINT。

WAON POINTは、電子マネーのWAON(Smart WAONに会員登録済み)で支払うか、現金払い(及びイオンカード以外のクレジットカード払い、商品券・ギフトカード払い)の際にWAON POINTカードを提示することで貯めることが出来ます。

WAON POINTカードは↓のようなカード(イオンカウンターなどで無料で配布されています)。
WAON POINTカード

200円で1WAON POINTが貯まります。イオンではWAON POINTカードが登場する以前は現金払いなどでポイントが貯まらなかったのですが、WAON POINTカードの登場でポイントが貯めやすくなりました。

貯まったポイントは1ポイント=1円でイオングループで利用できます。

電子マネーのWAONで支払いに使えば同様に200円で1WAON POINTが貯まるのに加えて、月額利用料に合わせて500円につき1WAON POINTが貯まります。

2018年の3月までは会員登録していない電子マネーのWAONで支払った場合、貯まるポイントはカタカナのWAONポイントだったのですが、統合されて現在では会員登録していない電子マネーのWAONで支払った際にも200円で1WAON POINTが貯まります(会員登録しないと月額利用料の500円につき1ポイントは貰えない)。

WAON POINTについてさらに詳しくはこちらに詳しくまとめてあるので参照してください。

イオンで使える商品券・ギフトカード

JCBギフトカード、VJAギフトカード、DCギフトカード、AMEXギフトカード、三菱UFJニコスギフトカードなど各種クレジットカード系ギフトカード(Dinersロイヤルチェックも使えるが一部利用不可の店もあり)。そしてイオングループが独自に発行しているイオンギフトカードが使えます。

全国百貨店共通商品券やクオカードは使えません。

イオンの株主優待カード「オーナーズカード」

イオンでは株主優待として100株以上保有している方にはオーナーズカードというカードが発行されています。

このオーナーズカードはイオンで会計前に提示して、現金、WAON、イオンカード、イオン商品券、イオンギフトカードで支払えば、保有株数に応じて3−7%がキャッシュバックされるというカードです(イオンカード以外のクレジットカードは不可)。

割引率は以下の通り。

  • 100−499株・・・3%割引
  • 500−999株・・・4%割引
  • 1,000−2,999株・・・5%割引
  • 3,000株以上・・・7%割引

3月から8月末までの利用分は10月に、9月から2月末までの利用分は4月にキャッシュバックが行われます。

お客様感謝デーの5%オフとも併用可能なので、最大で12%還元となります。

また、イオンシネマなどの施設で優待料金もあるので、イオンのヘビーユーザーなら保有したいカードです。

イオンで現金必要?

→必要ありません。

さすがイオンで、殆どの店舗で各種クレジットカードや電子マネーが問題なく使えます(楽天Edyとnanaco以外(北陸では交通系も不可))。

イオンカード(クレジットカード)があればベストですが、イオンカードを作らないという方もWAON(電子マネー)を作っておくことで現金は必要無くなります。理由があって電子マネーのWAONを作りたくない方でも、2016年に登場したWAON POINTカードがあれば割引キャンペーンなどは適応されますので作っておくのがおすすめ。

5%オフなど殆どの割引キャンペーンなどはWAON POINTカードだけでも享受できます。なんだかんだ5日に1回はお得なキャンペーンが開催されており、キャンペーン時にWAON、もしくはWAON POINTカードがないとかなり損をしてしまいます。

イオンカード払い、電子マネーのWAON払い、その他クレジットカード+WAON POINTカード払い、のいずれかの支払い方法がおすすめです。

イオンってどんなところ?

イオンはイオングループが運営するショッピングモール。正ちなみにイオンとはラテン語で永遠を意味する言葉。

ショッピングセンター形態の「イオンショッピングセンター、イオンモール、イオンタウン」、スーパーの「マックスバリュ、ウエルマート、ピーコックetc...」ディスカウントストアのザ・ビッグ、ファッションの「ビブレ、フォーラス」などもイオングループのブランドである。

ダイエーも2014年にイオングループの完全子会社となっており、ダイエーブランドは今後廃止される予定。