電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

MasterCard(マスターカード)について

MasterCard

会員数 約21億人
国際ブランド内でのシェア 約26%
誕生 1966年前身であるインタバンク・カード・アソシエーションが誕生。
非接触技術 MasterCardコンタクトレス(PayPass)
クレジットカードのラインナップ スタンダードカード / チタンカード / ゴールドカード / プラチナカード / ワールドカード / ワールドエリートカード
公式サイト http://www.mastercard.co.jp/

MasterCard(マスターカード)ってどんな国際ブランド?

MasterCard(マスターカード)は世界で2番目に使われている国際ブランド。

日本で1番高い富士山が有名で2番目の北岳の影が薄くなっているように、少しだけVISAの影に潜んでいるかもしれませんが、世界の決済の26%を占める国際ブランドです。ちなみに日本のJCBは世界シェアは1%ですから、比較するとその凄さがわかるのではないでしょうか?

VISAの前身のバンクオブアメリカが誕生してから8年後、1966年にMasterCardの前身であるインタバンク・カード・アソシエーションが誕生(チェース・マンハッタン銀行が中心とした金融機関の複合体)。その後、バンクカード協会というところが発行していたMaster Chargeの権利を取得、1979年にMasterCardという名称に変更されました。現在のMasterCardという名称になったのはバンクオブアメリカがVISAという名称に変更した3年後になります。

成長率はすごく現在もVISAを追従して成長し続けています。VISAが王者ならMasterCardは新領域に突き進む挑戦者といった様相。

先鋭的な取り組みとして、ネットセキュリティの3D セキュアを生み出したオービスコム社、電子マネーのモンデックスをいち早く買収したり、MasterCard inControlと呼ばれるペイメントプラットフォーム(日本ではinControlの中のSecurePayと呼ばれる仕組みの導入が進められている)を開発したり、電子マネー決済のMasterCardコンタクトレス(旧PayPass)、世界で使われているデビットカードのMaestro(日本では未発行)などを運営しています。

MasterCardの国際ブランドを冠したカード(国内)

MasterCardとの提携会社 具体的なクレジットカード・電子マネー
青山キャピタル株式会社
  • Mamasカード
  • Papasカード
  • AOYAMA ライフMasterCard
  • AOYAMA MasterCard SUGOCA
アコム株式会社
  • アコムAC MasterCard
株式会社アプラス
  • アプラスカード
  • Porsche アプラス World Mastercardカード
株式会社イオン銀行
  • イオンカード
  • イオンJMBカード
  • イオンカード(WAON一体型)
  • コスモ・ザ・カード・オーパスカード
株式会社ウェブマネー
  • WebMoney Card
  • WebMoney Card Lite
SBIカード株式会社
  • SBIレギュラーカード
  • SBIスターフライヤーカード
  • SBIゴールドカード
  • SBIプラチナカード
  • SBIワイルドカード
NTTファイナンス株式会社
  • NTTグループカード
  • NTTグループカード ゴールド
株式会社オリエントコーポレーション
  • Orico Card THE POINT
  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
  • マツモトキヨシメンバーズカード
  • 赤十字オリコカード
  • OricoCard PayPass
きたぎんユーシー株式会社
  • W-Linkカード
  • W-Linkゴールドカード
  • グルージャカード
きらやかカード株式会社
  • きらやかキャッシュ&クレジット
株式会社クレディセゾン
  • セゾンカードインターナショナル
  • PARCOカード
  • タカシマヤセゾンカード
  • UCカード
  • UCゴールドカード
  • TOHO Cinemas シネマイレージ セゾンカード
  • ヤマダLABIカード
  • みずほマイレージクラブカード
  • みずほマイレージクラブカードゴールド
  • 京急カード
  • Tokyo Metro To Me CARD
KDDI株式会社
  • au WALLETカード
株式会社ジャックス
  • ジャックスカード
  • ジャックスカード ゴールド
  • ジャックスカード MasterCard PayPass
  • JACCSモバイル決済サービス
株式会社セディナ
  • セディナカード
  • セディナカードゴールド
  • JTB旅カード
  • OMCカード
  • SUZUKI CARD
  • JR東海エクスプレス・カード
ちば興銀カードサービス株式会社
  • マーリンズカード
トマトカード株式会社
  • トマトMOTTOカード
トヨタファイナンス株式会社
  • Toyota TS CUBICカード
  • Toyota TS CUBIC GOLDカード
ポケットカード株式会社
  • P-oneカード(Standard)
  • P-one Wiz
  • P-oneカード<Premium Gold>
  • P-oneカード<G>
マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社
  • マルチカレンシーキャッシュパスポート
株式会社マネーパートナーズ
  • マネパカード
三井住友カード株式会社
  • 三井住友カード(VISAとのデュアル発行も可)
  • 三井住友Mastercardプラチナカード
  • ANAカード
  • Amazon Mastercard クラシック
  • Amazon Mastercard ゴールド
三井住友トラストクラブ株式会社
  • SuMi TRUST CLUB リワードカード
  • SuMi TRUST CLUB ゴールドカード
  • SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード
三菱UFJニコス株式会社
  • MUFGカード ゴールド
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • JALカード
  • JAL CLUB-Aカード
  • JAL CLUB-A GOLDカード
  • DAIMARUカード
  • マツザカヤカード
  • OPクレジットカード
株式会社UCS
  • UCSカード
  • UCSゴールドカード
  • UCSカードDriveAid
株式会社ゆうちょ銀行
  • JP BANKカード
  • JP BANKゴールドカード
ライフカード株式会社
  • ライフカード
  • ライフゴールドカード
  • 学生専用ライフカード
  • 龍馬カード
  • SAVE THE GREAT APES カード
  • メイク・ア・ウィッシュカード
楽天カード株式会社
  • 楽天カード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
りそなカード株式会社
  • りそなカード《セゾン》スタンダード
  • りそなカード《セゾン》アートレッド
  • りそなカード《セゾン》セレクト
  • りそなゴールド《セゾン》
株式会社労金カードサービス
  • ろうきんカード
  • Epiカード
ワイジェイカード株式会社
  • Yahoo! JAPANカード
  • KCカード

他の国際ブランドを選択できない、MasterCardでしか発行されていないクレジットカードとしてはアコムが発行しているアコムAC MasterCardがCMなどでの露出も多く有名かと思います。

MasterCardの電子マネー、プリペイドカード

MasterCardの国際ブランドが付いた電子マネー(プリペイドカード)は以下の通り。

  • NTT Docomoが発行しているd CARD PREPAID
  • マネーパートナーズが発行しているマネパカード
  • ウェブマネーが発行しているWebMoney Card/WebMoney Lite
  • マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社が発行しているマルチカレンシーキャッシュパスポート
  • オリコカードが発行しているOrico Prepaid Card
  • auが発行しているau WALLET

国際ブランドが付与した電子マネーとして、MasterCardブランドを付与して2014年に登場したauWALLETは当時の日本の電子マネー業界に大きな衝撃を与えました。

「え?電子マネーなのにクレジットカードみたいに使えるの?」「審査が必要ないのにクレジットカードが使えるお店で使えるの?」といった驚きです。今では国際ブランド付きの電子マネーは一般的になってきました。

MasterCardはこのように最先端の技術を取り入れることが非常に多い国際ブランドなのですが、そのわかりやすい事例だと言えます。

MasterCardのATMでの現金引き下ろし機能(Cirrus)

MasterCardの国際ブランドが付与したカードなら日本だけではなく、世界でもATMから現金をおろすことができます。

MasterCardの運営するATMネットワークはCirrusといって、VISAのPlusと並んで世界最大級のATMネットワークです。

日本ではセブン銀行、イーネット、ローソンATM、イオン銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、SMBC信託銀行のATMが利用できます。

海外の場合もMasterCardブランドの力で多数のATMが利用できます。

MasterCardが出しているアプリのMastercard Nearbyをインストールしておくと現在位置から近くのATMを検索できるので便利です。

アプリをインストールしなくてもウェブサイトから検索することも可能です。

MasterCardの審査は厳しいの?

MasterCardはVISAと同じく自らカードを発行していません。全て他社と提携してカードを発行しています。

ですから、MasterCard自身が審査を行うことはありません。審査を行うのはあくまで提携したカード発行会社側です。

MasterCardはVISAよりも提携相手を選り好みしない、ということ言葉が悪いですが、前衛的な提携でも構わず突き進むような印象があります。日本でいうと、消費者金融のアコムと提携した事例もMasterCardならではといえるでしょう。そのため、MasterCardブランドのみのクレジットカードには審査が簡単なものも多い印象を受けます(あくまで一部ですが)。

MasterCardが発行する電子マネー「MasterCardコンタクトレス(PayPass)」とは?

MasterCardは非接触決済の電子マネーも発行しています。その名もMasterCardコンタクトレス(旧名はPayPass)。

MasterCardコンタクトレス(PayPass)

日本だと、後払い式の電子マネーのiDやQUICPayがあるので殆ど知っている方はいないのが現状です。日本基準のFelicaではなく、海外基準のNFC(typeA/B)が必要なことが原因の1つですが、これから海外のお客さま向けに店舗にNFC対応端末が設置されると、どんどん普及していくかもしれません。

現在だと、使えるのは外国人用にNFC端末を常備しているようなお店、ビックカメラの新宿東口支店、新宿のビックロなどごく一部のお店に限られていますが、発行&利用は国内でも可能です。

例えば、高還元率のクレジットカードで有名なオリコカードザポイントを発行しているオリエントコーポレーションはMasterCardコンタクトレス(PayPass)付きのクレジットカードを発行しています(おサイフケータイには未対応)。

OricoCard PayPass

Docomoのおサイフケータイ付きのケータイをお持ちであれば、dカード(国際ブランドはMasterCard)の方は手続きを受けた上でNFC(TypeA/B)を利用可能な諸々の手続きを踏むことで利用可能になります。

オーストラリアではクレジットカードやデビットカードを含むMasterCard決済のうちの6割がMasterCardコンタクトレスで行われるほど普及しています。

MasterCardブランドを冠したクレジットカードの種類

MasterCardが用意しているクレジットカードのグレードのラインナップは以下の通り。

  • スタンダードカード
  • チタンカード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ワールドカード
  • ワールドエリートカード

スタンダードカードやゴールドカードは聞き覚えがあるとは思いますが、MasterCardならではのランクがチタンカード。

日本で発行されているMasterCardのチタンクラスのクレジットカードだと、住信トラストグループが発行しているSuMi TRUST CLUB リワードカードがあります。

SuMi TRUST CLUB リワードカード

アメックスのチタンカードだと、初期手数料で100万円くらいかかる超希少カード(チタンクラスのカードじゃなくて実際にチタン製なので・・・)なのですが、MasterCardのチタンカードはただのランク名で、ゴールドカードと同等かそれ以下のステータスです。事実、このSuMi TRUST CLUB リワードカードは年会費3,000円(税別)で持つことができます(同じSuMi TRUST CLUBゴールドカードは年会費12,000円)。

MasterCardの上位クラス「ワールドカード」

プラチナクラスの上に位置しているのがMasterCard独自のグレードであるワールドカード。一般的なクレジットカードのブラックカードに相当するクラスです。例えば、幻のブラックカードと呼ばれるSBIワールドカードというクレジットカードがこの上位クラスになります(完全招待制です)。

ワールドクラスになると、各クレジットカードの特典に加えて、MasterCardのワールドクラスのみの特典として、世界の高級ホテルの優待サービス、ダイニングの優待サービス、ゴルフコースの優待サービスが利用できます。

そのワールドカード(ブラック相当)の上のワールドエリートカードというグレードも用意されていて、新生銀行(アプラス)が発行しているLuxury Card World Elite Mastercard(Gold/Black/Titanium)がそれに当たります。

LUXURY CARD World Elite Mastercard(ゴールド、ブラック、チタン)

ゴールドで年会費20万円ですから凄いステータスのクレジットカードです。

MasterCardの提供する優待「TASTE OF PREMIUM」

MasterCardの提供する優待のTASTE OF PREMIUMは。MasterCardでゴールドクラス以上、チタン、プラチナ、ワールド、ワールドエリートのグレードのクレジットカードをお持ちの方が利用できるサービスです。

国際線手荷物宅配優待サービスや空港クローク優待サービス(10%)、海外用携帯、WIFIレンタルの優待、国内のホテル、旅館(900施設)、海外のホテルの割引サービスが利用できます。

MasterCardの日本限定の優待「Priceless Japan(プライスレス・ジャパン)」

MasterCardは日本限定の優待サービスとして2015年からプライスレス・ジャパンというサービスが用意されています。

MasterCardのプライスレスジャパン

ショッピング、飲食、旅行、エンタメの分野で各種期間限定の優待を行っており、MasterCardの国際ブランドが付いたクレジットカードを保有している方なら誰でも利用可能です。

まだ優待の数は多くありませんが、オリジナルのイベントも行われているのでMasterCard保有者はたまにチェックしてみると良いでしょう。

MasterCardはこれからも新しいことをやってくれそう

MasterCardはインタバンク・カード・アソシエーションという企業の複合体が母体になっていたからか、様々な企業と手を組んで、新しいことにどんどん取り組んでいっています。日本ではauWALLETを世に出した功績はとても大きいといえるでしょう。

これからも非接触決済などの分野で新しいペイメントテクノロジーを開発&広めていってほしいです。