電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Mastercardコンタクトレス(Mastercardのタッチ決済)について

Mastercardのロゴとコンタクトレスのマーク

Mastercardコンタクトレスって何?

Mastercardコンタクトレスは、NFC (EMV Contactless)という国際規格を用いた非接触決済のこと。その名の通り、国際ブランドのMastercardがサービスを提供しています。 以前はMasterCard PayPassと呼ばれていましたが、Mastercardコンタクトレスの呼び方に変わりました(その後、VISAに習ってタッチ決済という呼び方もされるように)。 日本ではまだまだ普及していない規格ですが、海外では広く普及しています。

日本で広く使われているSuicaやWAON、iDなどといった電子マネーは、ソニーが開発したFelicaという規格を利用しています。これらは日本国内でしか普及しておらず、当然海外では使えません。 一方、Matercard コンタクトレスは世界中で使うことが出来ます。

対応しているカードには、大抵の場合NFC(EMV Contactless) のマークが付いてます。

電子マネーとして捉えるよりは、磁気ストライプやICチップのような感じで、クレジットカードで支払う方法に「非接触のタッチ決済」が増えただけと考えたほうがスッキリします。 Apple Payなどスマホ決済として利用出来るので上記の捉え方に疑問を感じる方もいるかもしれません。その場合は、コンタクトレス決済の場合は物理カードが必要ではないので、スマホにクレジットカードを入れられる=Apple Payでも利用出来る、と考えると良いかも。

Mastercardコンタクトレスはどこで使える?

日本国内ではまだ普及しておらず、使える場所も限られているのが現状です。

現状だとローソン、マクドナルド、TSUTAYA、IKEAなどで利用することが可能です。 これらの店舗では、同じ規格を使っている「VISAのタッチ決済 」も同様に利用可能。

ローソンのアクセプタンスマーク(コンタクトレス部分)

中小店舗でも新型Squareリーダーなどの端末では対応しています(ちょっと見にくいですが、↓のマークが世界共通のコンタクトレス決済のマーク)。

SquareについているEMV Contactlessのマーク

今後、2020年の東京オリンピックによるインバウンド客増加に向けてMastercardコンタクトレスを導入する店舗が増える可能性に期待です。

※横浜のコレットマーレは利用不可になりました。また、舞浜のイクスピアリは相性問題があり、使えないカードが多いので要注意です。

Mastercardコンタクトレスの使い方

非接触決済なので、決済端末にMastercardコンタクトレスに対応するカードやスマートフォンをかざせば決済完了です。 ……以上は店員さんに通じれば、の話です。

まだ利用する人が少ない上に、名前が一度変わっていたり、NFC決済全般の名称でまとめられていたりと、店員からすると理解し難いという問題があり、「Mastercardコンタクトレス」「Masercardのタッチ決済」と言っても通じない可能性があります。

IKEAなどで「クレジットカード払いで」と申告すると磁気ストライプやICチップを使った支払いになってしまいます。なので、まずは「NFC Payで」と申告し、それでも通じなかったら「Mastercardコンタクトレスで」と言うのが一番です。それでも通じなかったら……その日は諦めた方が良いかも。

ちなみにローソンやマクドナルドでは「クレジットカード払いで」と申告すればNFC決済も出来るので、端末に正しい値段が表示されていることを確認してタッチすれば問題ありません。この形式が主流になれば、客にとっても店員にとっても嬉しい限りなのですが……。

セルフレジの場合は、もし「クレジットカード」で決済できなかった場合は、「NFC Pay」「NFCペイメント」「Mastercardコンタクトレス」のどれかを選べば大丈夫です。NFC決済全体の呼称、表記ぶれを考慮してこの3つを覚えておくと便利です。

決済端末別の使い方はこちらにまとめてありますので、興味がある方はご覧になってみてください。

Mastercardコンタクトレスを使えるカード・スマホ

Mastercardコンタクトレスを使うためには、対応するカードが必要です。

といってもApple Payを利用出来る方であれば、物理カード自体にコンタクトレス機能が付いていなくても問題ありません。 Androidの場合、現状日本国内で発行されたカードでMastercardコンタクトレスを使うことはできません。今後に期待しておきましょう。 (実は2018年までJACCSカードやdカードを保有している方はAndroidでもMastercardコンタクトレスを使えたのですが、既にサービス終了済です)

Mastercardコンタクトレスに対応しているクレジットカード

発行元カード名年会費
オリコカード
  • オリコカード
  • OricoCard PayPass
  • コストコグローバルカード
  • マツモトキヨシメンバーズクレジットカード

プロパーカード、提携カードを問わず一部カードに搭載

カードによる
楽天カード
  • 楽天カード各種
一般カードは無料、ゴールドは2,000円(税別)、プレミアムは1万円(税別)
JACCSカードジャックスカード Mastercard® コンタクトレス1,250円 (税別)、初年度無料

オリコは提携カードでも多くのカードがMastercardコンタクトレスに対応。

Matercard Contactless付きのコストコグローバルカード

その他、三井住友カードも近い内に導入予定となっています。クレジットカードなので支払いは後払いです。

Mastercardコンタクトレスに対応しているデビットカード

発行元カード名年会費
住信SBIネット銀行
  • ミライノ デビット(Mastercard)
  • ミライノ デビット PLATINUM(Mastercard)
  • 無料
  • 10,000円(税別)
トマト銀行
  • トマトMastercardデビット
  • 1,000円 (税別)、初年度無料、次年度条件次第で無料
楽天銀行
  • 楽天銀行デビットカード(Mastercard)
  • 無料

住信SBIネット銀行デビットカード(ミライノカード)

実は国内発行のMastercardデビットカード自体、まだ数が少ないです。デビットカードなので支払いは原則即時となります。

Mastercardコンタクトレスに対応しているプリペイドカード

発行元カード名年会費
JALペイメント・ポートJAL Global WALLET無料

JAL Global WALLETのmastercardコンタクトレス

プリペイドカードなので事前にチャージした残高分だけ支払いが出来ます。

dカード プリペイドやTOYOTA Wallet残高をApple Payに登録する形でも利用可能です。

MastercardコンタクトレスをApple Payで使う

Apple Payに登録可能なMastercardの多くは、Mastercardコンタクトレスとして支払うことが可能です。Mastercardコンタクトレスとして使用できるカードであればApple Payに登録するだけで自動的に使えます。

Mastercardコンタクトレスとして使用出来るかどうかは残念ながら、Apple Payの画面からは判別出来ません。Mastercardのデバイス番号が表示されていたとしても、使えないカードがあります。具体的なカードを挙げると、クレジットカードではイオンカード(JCBブランドはコンタクトレス可ですが、Mastercardだけ不可)などが該当します。

支払いの際はiD,QUICPayで決済する時と同様の手順。顔認証、指紋認証が必要です。

Mastercard コンタクトレスのメリットと課題点

海外でも使えるという点が最大のメリットです。大本がMastercardなので欧米、シンガポールなどのアジア圏含め、世界中で使えます。また、カードを物理的に接触させる必要がないので、磁気ストライプでの決済とは異なりスキミング被害に遭う心配をせず使えるのもアピールポイント。

正直なところ、国内での利用では利用者へのメリットがそんなにありません。同じ非接触決済なら交通系電子マネーやiD,QUICPayの方が利用出来る店舗が多くて便利です。 ですが、もしも今Mastercardコンタクトレスを使える環境が整っているのであれば、積極的に使ってみてください。 利用者が増えれば当然導入店舗も増え、結果として利便性は格段に上がることでしょう。

逆に、店舗側としてはメリット大です。日本人だけではなく、外国人観光客をターゲットに出来るのは最強のメリットです。 日本以外でのApple PayはNFC決済サービスです。Apple Payのアクセプタンスを掲示しているのにNFC Payが使えないと外国人は戸惑ってしまいますので、外国人がよく訪れるお店であれば尚更NFC決済の導入をオススメします。

課題点:相性問題がある

海外でも使えるという点が最大のメリットなのですが、カードや端末との相性により、使えない場合があります。 こういった相性問題は磁気ストライプやICチップでの決済でも生じるものではありますが、実用化されてからまだ日の浅いNFC決済では特に相性問題が多い印象です。

海外に行く際は、一枚だけではなく色々な発行会社のカードを保有し、Mastercardコンタクトレスを利用することをオススメします。 最悪の場合物理カードを用いて決済する必要が生じるかもしれないので、Apple Payに登録している場合でも物理カードをお忘れなく。

ちなみに、海外に限らず国内でも相性問題は発生しています。特に古くからNFC決済を導入している店舗では端末・店舗側の問題により使えない場合が多いです。(具体的には舞浜のイクスピアリ)

Mastercard コンタクトレスのまとめ

Mastercardコンタクトレスは現状、国内ではあまり使われていません。ですが、大手チェーンへの導入を皮切りにして爆発的に普及していくことでしょう。

しかし、利用できる店舗が増えても、対応カードが増えなければ何の意味もありません。その点、VISAの類似サービス(VISAのタッチ決済)と違ってApple Payで利用出来るのはアドバンテージです。 ただ、Mastercardコンタクトレスは実カードに搭載しているものがVisaのタッチ決済と比べると少ないのは事実。もっと対応カードが増えれば良いのですが……。

Apple Payを使えてかつMastercardのクレジットカードをお持ちならば高確率でMastercardコンタクトレスが使えますので、ローソンやマクドナルドなどで一度、試しにでも良いので使ってみてください(これらの店舗では「クレジットカードで」と宣言して端末にタッチするだけです)。