電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

QUICPayについて

QUICPay
QUICPayの種類
  • クレジットカード一体型のQUICPay
  • カードタイプのQUICPay
  • おサイフケータイのQUICPay
  • Apple Payで付与されるQUICPay
  • Google Payで付与されるQUICPay
  • その他(キーホルダータイプ、nanaco一体型)
貯まるポイント名 クレジットカードやプリペイドカードのポイント→JCBカードならOkiDokiポイント、オリコカードならオリコポイント
月々の利用限度額
  • ポストペイタイプ・・・クレジットカードの利用限度額まで。
  • プリペイドカードタイプ・・・なし。
1回の利用限度額
  • QUICPay対応店・・・2万円まで。
  • QUICPay+対応店・・・2万円以上も可(Google PayのQUICPayは上限3万円まで)。

QUICPayってどんな電子マネー?

QUICPayは国際ブランドのJCBが発行する電子マネーです。

決済音は「クイックペイ」とそのまんまです。

QUICPayは「基本的には」ポストペイ型、後払い型の電子マネーです。ポストペイ型として基本的には紐付けられたクレジットカードと一緒に請求が来ます。

「基本的には」と書いたのは、Apple Pay、Google PayをQUICPay+として使った場合には、チャージや口座残高が必要なプリペイド型電子マネー(もしくはデビット型電子マネー)としても使われるからです。

Apple PayにauWALLETやソフトバンクカードなどのプリペイドカードを登録して付与されたQUICPay+、同様に、Google PayにKyashを登録して付与されたQUICPay+、JCB発行のデビットカードを登録して付与されたQUICPay+。これらはいずれも事前のチャージ、及び銀行口座の残高が必要となります(チャージ残高や口座残高からQUICPay+として利用した分の金額が引かれる)。

QUICPayとQUICPay+の違い

QUICPay+

QUICPayには通常のQUICPayと後から追加されたQUICPay+が存在します。QUICPay+加盟店には上記のアクセプタンスマークが貼ってあります。

両者の主な違いは1回の買い物の利用限度額にあります。通常のQUICPayは1回の買い物で利用できる金額が2万円までに設定されていましたが、QUICPay+なら2万円以上の買い物もQUICPayで行うことが可能です。

さらに、このQUICPay+加盟店なら、クレジットカードと紐付いたQUICPayだけではなく、例えばApple PayにauWALLETカードを登録して付帯したQUICPayなど、チャージ式のプリペイドカードに付帯したQUICPay+や、Google Payに登録したデビットカードに付帯したQUICPay+での支払いも可能です。

逆にいえば、QUICPayが利用可能でも、QUICPay+に対応していないお店では、auWALLETプリペイドカードを登録したApple Pay、Kyashを登録したGoogle Payでは支払いは出来ません。

現在、大手チェーン店は殆どがこのQUICPay+に対応してきていますので、ユーザーはさほど気にする必要はありません。

QUICPayの種類

QUICPayには大きく分けて以下のタイプが存在しています。

  • クレジットカード一体型のQUICPay
  • カードタイプのQUICPay
  • おサイフケータイのQUICPay
  • Apple Payで付与されるQUICPay
  • Google Payで付与されるQUICPay
  • その他(キーホルダータイプ、nanaco一体型)

クレジットカード一体型のQUICPay

QUICPayにはクレジットカードと一体化したものが発行されています。クレジットカードと一体化したもので有名なのがオリコカード、中でもオリコカードザポイントというカードは人気です。

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)

オリコカードはポイントペイ型のiDとQUICPayが両方共付帯したクレジットカードで、これさえあればクレジットカードでも支払えますし、QUICPay払いも可能です。店員さんにカードを渡すのが面倒な場所やコンビニなどではQUICPay、その他高額決済だったり、電子マネー不可の場所ではクレジットカードを出すという対応が可能です。

カードタイプのQUICPay

カードタイプのQUICPay

カードタイプのQUICPayとはクレジットカードの<追加カード>として発行可能なQUICPayのこと。

カードタイプのQUICPayが追加可能なカード
  • JCB発行のクレジットカード(JCBカードなど)
  • セブンカードサービス発行のクレジットカード(セブンカードプラスなど)
  • オリエントコーポレーション発行のクレジットカード(オリコカード・ザ・ポイントなど)
  • 三菱UFJニコス発行のクレジットカード(MUFGカードなど)
  • アプラス発行のクレジットカード(新生アプラスカードなど)
  • セディナ発行のクレジットカード(セディナカードクラシックなど)
  • トヨタファイナンス発行のクレジットカード(TOYOTA TS CUBICカードなど)
  • 日専連発行のクレジットカード(日専連JCBカードなど)
  • UCS発行のクレジットカード(UCSカードなど)

これらのクレジットカードを保有している方なら、メンバーページから追加申し込みが可能です。

おサイフケータイのQUICPay

おサイフケータイとしてもQUICPayは使用可能です(対応機種のみ)。

アプリをインストールしましょう。

おサイフケータイのQUICPay

カードタイプのQUICPay同様、別途対応するクレジットカードから追加で申し込みが必要です。申し込んでIDが発行されたらアプリに入力することでおサイフケータイとして使えるようになります。

支払いの際には「QUICPay払いで」と伝えてタッチをすればOK。いちいちアプリを立ち上げる必要はありません。

おサイフケータイのQUICPayに対応しているクレジットカード

おサイフケータイのQUICPayに対応したカード

  • JCB発行のクレジットカード(JCBカードなど)
  • セブンカードサービス発行のクレジットカード(セブンカードプラスなど)
  • オリエントコーポレーション発行のクレジットカード(オリコカード・ザ・ポイントなど)
  • アプラス発行のクレジットカード(新生アプラスカードなど)
  • セディナ発行のクレジットカード(セディナカードクラシックなど)
  • トヨタファイナンス発行のクレジットカード(TOYOTA TS CUBICカードなど)
  • 日専連発行のクレジットカード(日専連JCBカードなど)
  • UCS発行のクレジットカード(UCSカードなど)
  • アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカード(AMEXプロパーカードなど)
  • クレディセゾン発行のクレジットカード(セゾンカードインターナショナルなど)

Apple Payで付与されるQUICPay

iPhoneユーザーの方はおサイフケータイ機能はありませんが、Apple Payにお持ちのクレジットカードやプリペイドカードを登録すれば、カードの種類に応じてQUICPayが付与されます。

Apple Payで付与されるQUICPay

Apple Payを立ち上げて指紋認証をすれば支払い可能。おサイフケータイのようにアプリを立ち上げなくても支払えるわけではないのでご注意ください。

>>Apple Payの詳細はこちら

Apple PayでQUICPayが付与されるクレジットカード&プリペイドカード(一部)
  • au WALLETクレジットカード
  • au WALLETプリペイドカード(QUICPay+)
  • JCBカード
  • Oricoカード
  • セゾンカード
  • Viewカード
  • 楽天カード
  • 三菱UFJニコス
  • TS CUBIC CARD
  • MUFGカード
  • ANAカード(JCB)
  • JAL JCBカード
  • エポスカード
  • ジャックス(漢方スタイルクラブカード、REXカードなど)
  • アプラスカード
  • Yahoo!JAPANカード
  • American Expressカード(プロパーカード)
  • UCSカード
プリペイドカードもApple Payを使ってQUICPay+として利用可能

チャージ式のプリペイドカードであるauWALLETカードですが、Apple Payに登録すればQUICPay+が付与されます。

基本的にはクレジットカードと紐付いて後から請求されてきたQUICPayですが、これなら事前にチャージして支払いをすることが可能になります。QUICPay+対象店舗で利用可能です。

Apple PayにauWALLETプリペイドカードを登録

Google Payで付与されるQUICPay

おサイフケータイ機能付きのAndroidスマホをお持ちの方は、Google Payをインストールして指定のカードを登録することで、QUICPayが利用可能です。

注意しなければいけないのは、このGoogle PayのQUICPayを利用するためには、おサイフケータイアプリのQUICPayは削除しなければならないという点。仕様上、共存は出来ない仕組みになっています。めんどうですが、Google Payを利用する場合はおサイフケータイからはQUICPayは削除しましょう。

Google Payで付与されるQUICPay

Apple Payなどと違って認証は生体不要。レジでQUICPay払いであることを伝えてスマホをかざせば決済完了となります。生体認証が必要ない分、決済額の上限はQUICPay+対応店で3万円までという制限がついています。

>>Google Payの詳細はこちら

Google PayでQUICPayが付与されるクレジットカード&プリペイドカード&デビットカード

Google Payに登録したJCBカード、ANA JCBプリペイドカード、Kyash

  • JCB発行のクレジットカード(JCB一般カード、JCB CARD W、JCB CARD EXTAGE、JCBゴールド、JCBプラチナ、JCB THE CLASS、ANA To Me Card PASMO JCBなど)
  • JCB発行のデビットカード(みずほJCBデビットなど)
  • JACCS発行のクレジットカード
  • Kyash(バーチャルカード/リアルカード)

対応カードは今後増えていくとされています。

プリペイドカードやデビットカードもGoogle Payを使ってQUICPay+として利用可能

Google PayでQUICPayとして使えるKyash

 

基本的にはクレジットカードと紐付けて後から一緒に請求されるQUICPayですが、Google PayにKyashやみずほJCBデビットなど一部のデビットカードを登録してQUICPay+として使えば、Apple PayにauWALLETカードを登録したときなどと同様に、プリペイドタイプの電子マネーとしても利用可能です。

その他

QUICPayには他にもキーホルダータイプやnanaco一体型のものがあります。

スピードパスプラス

スピードパス

スピードパスは、エッソ、モービル、ゼネラル(現在はエネオスと合併してENEOS Enejet)で発行されていて、キーホルダー型の独自電子マネーとしても使える電子マネーです。エッソなどでスピードパスで支払えば割引がきくのでENEOS Enejet(エッソ)などを利用される方は作っても良いでしょう。作る際には間接的に支払いに使うクレジットカードの登録が必要です。

通常のスピードパスにはQUICPayは付きませんが、スピードパスプラスにはQUICPay(nanacoも付帯)も付帯します。なので、ENEOS Enejet(エッソ)などのガソリンスタンド以外でも利用可能になります。

nanacoカードに付帯したQUICPay

裏面にQUICPayのマークが付いたnanacoカードをお持ちの方は、申し込めばQUICPayの機能を追加することが出来ます。
カードタイプのnanacoの裏面

nanacoの会員サイトから申し込み、対応するJCBプロパーカードやセブンカードプラスなどを登録すれば完了です。使える人は限られていますが、nanacoの残高が足りなかったら後払い式QUICPayに切り替えるなど便利です。

nanacoカード(QUICPay)のお得な使い方

nanacoカードにJCB一般カードを登録してQUICPayを利用可能にして、セブンイレブンでQUICPay払いをすれば、nanacoポイントが0.5%(200円で1ポイント)、さらに1.5%のJCBカードのポイント(セブンイレブンはJCB特約店なので)も貯まり、ポイントの2重取りが可能なので、合計2%のポイントが貯まります。

QUICPayが使えるお店

QUICPayはApple Payで採用されて以降、使えるお店がますます拡大してきました。

セブンイレブンやローソンなどの大手のコンビニなら間違いなく使えますし、ファーストフードチェーンでも多くの場所で使えます。

さらにはGoogle Payでも付与されるようになって、知名度や利便性をますます増してきています。