電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

JCBカード発行のクレジットカードの特徴と一覧

JCBカードは日本発の国際ブランドでAmerican Expressなどと同様に自身でクレジットカードを発行しています。そのハウスカードはJCBオリジナルシリーズという名称が付けられており、信頼できるクレジットカードの代表的な存在になっています。

>>国際ブランドのJCBについての詳細はこちら

JCBカードのラインナップ

JCBオリジナルシリーズは、スタンダードなJCB一般カード、学生用(若者向け)のJCB CARD EXTAGE、39歳までの年齢制限でポイント2倍のJCB CARD W、JCBゴールドカード、JCBプラチナ、JCB法人カードが申し込み可能です。

さらにJCBゴールドの上位版として2年連続で100万円以上利用するとJCBゴールド・ザ・プレミアにランクアップします。そしてさらに、JCBゴールド・ザ・プレミアを使い続けるとブラックカードのJCBザ・クラスにランクアップします(ザ・クラスへのランクアップ条件は公開されていない)。JCBザ・クラスはコンシェルジュサービスからディズニーの秘密クラブへの入会権利などが得られるカードです。

JCB EITカードは特殊で、デフォルトがリボ払いのカードなのでよく考えて作るようにしましょう。

JCBカードの年会費

JCBカードは一般カードは通常1,250円で年間50万円以上使えば無料、EXTAGEは無料、ゴールドは1万円、JCBゴールド・ザ・プレミアはゴールドに追加で5,000円、JCBザ・クラスは5万円です。

JCB ザ・クラスは完全招待制でたどり着くまでが大変ですが、ブラックカードにしては年会費が安くコストパフォーマンスはかなり高いクレジットカードだといえます。

JCBカードのポイント制度

JCBカードののポイント制度はOkiDokiポイントというポイント制度。通常1,000円で1ポイント貯まります。1ポイント当たりの価値は5円相当なので基本的な還元率は0.5%(EXTAGEは0.7。

提携店としてセブンイレブンやイトーヨーカドーではポイントが3倍になり、スターバックスではポイントが5倍になるなど提携店が豪華でポイントは貯めやすいです。

また、オンラインネットモールのOkiDokiランドを経由することでAmazonでもポイントは3倍になります。

JCBプラチナ(国際ブランドのJCBが発行するステータス&コスパ抜群のプラチナカード)

  • 25,000円
  • 海外旅行保険が充実/国内旅行保険が充実/ショッピング保険が充実/

JCB CARD W(JCBが本気を出した常時高還元率のクレジットカード)

  • JCB
  • 完全無料
  • ポイントが貯まる/スピード発行/

JCBゴールドカード(JCBゴールド ザ・プレミアに進化するカード)

  • JCB
  • 10,000円 (税抜)
  • スピード発行/海外旅行保険が充実/

ANA To Me CARD PASMO JCB(陸マイラー御用達の通称ソラチカカード)

  • JCB
  • 2,000円 (税抜)
  • マイルが貯まる

JCB Card EXTAGE(30歳未満の若者のためにポイントが優遇されたカード)

  • JCB
  • 完全無料
  • ポイントが貯まる/海外旅行保険が充実/

JCB一般カード/Original Series(スタンダードで育てがいがある一枚)

  • JCB
  • 1,250円 (税抜)
  • スピード発行/海外旅行保険が充実/国内旅行保険が充実/

JCB EITカード(年会費無料カードなのに高い実力のカード)

  • JCB
  • 完全無料
  • ポイントが貯まる/海外旅行保険が充実/