電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

JCBプレモカードをAmazonギフト券にチャージして使い切る手順(OkiDokiポイントの使い道としてもおすすめ)

JCBプレモカードとAmazon

JCBプレモカード(JCB PREMO)をご存知でしょうか?チャージをして繰り返し使えるJCBのプリペイドカードです(実カードだけではなくJCBプレモデジタルというデジタル版もあります)。

JCBプレモカードの実物

ただ、JCBと名前が付いているものの、クレジットカードのJCBが使えるお店で使えるわけではありません。JCBプレモカードの加盟店でのみ使えます。

↓JCBのロゴとJCBプレモのロゴが分かれている点にご注目ください。

JCBプレモのアクセプタンスマーク

このJCB PREMOのマークが付いているお店でしか使えないため、使えるところを探すのも一苦労。実は、ローソン、ファミマ、マクドナルドなどでも使えるのですが、普段から人の支払い手段を気にしてしまう筆者ですら実店舗で使っている人を見たことがありません。たとえ使ったとしても実店舗では端数が使い切れなくて困る、という方も・・・。

でも大丈夫。このJCBプレモカードはAmazonギフト券にチャージすることが可能なので、使い道には困りません。意外と知られていないようなので解説します。

JCBプレモカードでAmazonギフト券にチャージする(Amazonで買い物をする)手順

JCBプレモカードをAmazonギフト券にチャージする、Amazonでの買い物に使う(※)手順は以下の通りです。

※Amazonでの買い物で直接使った場合、他の支払方法との併用はできません。一度Amazonギフト券にチャージすれば他の支払い方法と併用できるのでおすすめです。

Amazonギフト券のチャージ金額を入力して注文画面へ

Amazonギフト券チャージタイプのページでJCBプレモカードの金額を設定して「今すぐ購入」へ。

注意点として、一度に複数枚のJCBプレモカードを支払いに使うことはできないので、(全額チャージする場合)1枚あたりのチャージ残高を入力する必要があります。

例えば3,000円のJCBプレモカードが2枚あった場合、チャージ金額は6,000円ではなく、3,000円のチャージを2回する必要があります。

Amazonギフト券のチャージ画面やAmazonのカート内で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択

Amazonの支払い方法を変更をクリックして↓の画面を開き、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択します。

「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択

なお、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」はマーケットプレイスの商品など一部では使えないので予めご了承ください(詳細はこちら)。

レジで支払いを完了する

Amazonのレジで支払いを完了する

レジで支払いを完了します。

Amazonギフト券購入の完了ページ

まだ支払っていませんが、この後支払うので大丈夫です。

届いたメールから支払いページへ

登録してあるメールアドレスに↓のようなメールが届きます。

Amazonギフト券にJCBプレモカードからチャージする際に送られてくるメール記載されているリンクから支払いページに行きます。

支払い方法一覧からJCBプレモを選択

支払い方法の一覧が表示されます。「電子マネーでお支払い」のところの「JCBプレモ」を選択します。

Amazonの支払いでJCBプレモを選択

支払い

JCBプレモカードを手元に用意します。

AmazonでJCBプレモカードを使う際の注意事項

カード裏面に記載されているカード番号16桁、認証番号8桁(隠れているのでコインなどで削ります)を入力して支払いを完了させます。

JCBプレモカードのカード番号と認証番号を入力

これでチャージ完了です。

JCBプレモでAmazonギフト券にチャージ完了

OkiDokiポイントをJCBプレモカードに交換(チャージ)→Amazonギフト券にチャージする

クレジットカードのJCBカードで貯まるポイントはOkiDokiポイントという独自のポイントです。JCBカードは人気どころだとJCB CARD Wなどがあります。このポイントは使い勝手がよくありません。1ポイントあたりの価値が1円じゃないのでわかりにくいことに加えて、交換する景品によって還元率が違うのが大きな要因です。何も考えずに適当な商品と交換をすると損をしてします。

筆者はOkiDokiポイントは常にJCBプレモカードにチャージして交換→Amazonギフト券にチャージという手順で無駄なく使い切っています。JCBプレモカードにチャージをすれば、OkiDokiポイントの最高還元率を実現できるので交換する景品で悩みません。

なお、チャージをするためには、JCBプレモカードが手元になくてはいけません。公式サイトから送料無料で購入できますが、最低でも500円チャージされたカードが800円かかるのでご注意ください(300円マイナス)。

おすすめなのはOkiDokiポイントの交換で残高が入ったJCBプレモ「カード」を注文する方法(JCB CARD Wで還元率0.9%)。チャージのみをする(JCB CARD Wで還元率1%)よりも還元率は落ちますが初回はJCBプレモカードと交換してしまうのもありかと。

人にもらうなどのルートで手に入れるのが一番ですが・・・。

※「残高が入ったJCBプレモカード(郵送)」と「JCBプレモカードへチャージ」はメニューが違うので注意

OkiDokiポイントは、JCBプレモカードと交換(1)、JCBプレモカードへチャージして交換(2)、という2つの選択肢があります。

↓3,000円分の残高が入ったJCBプレモカードと交換

OkiDokiポイントをJCBプレモカードに交換

↓JCBプレモカードにチャージ

JCBプレモカードにチャージ

実カードの郵送費などがない分、JCBプレモカードにチャージをしたときのほうが還元率が良いです。すでにJCBプレモカードを持っているのに残高入りJCBプレモカードを注文してしまうと損をしてしまうのでご注意ください。

OkiDokiポイントの交換ページで残高入りJCBプレモカードは「ギフトカード・商品券」のメニューから、JCBプレモカードへのチャージは「ポイント移行」から選択します。

OkiDokiポイントの交換画面

Amazonギフト券ならJCBプレモカードを端数まで無駄なく使い切れる

以上、Amazonギフト券にJCBプレモカードでチャージする方法、意外と知らない方が多かったため記事にしました。Amazonの支払いメニューで「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択しないと見えてこないのでなかなか発見できないのかもしれません。

JCBカードユーザーの方、OkiDokiポイントの使い道にストレスを抱えている方は一度試してみてください。

ちなみに、ここではAmazonギフト券へのチャージという形で見てきましたが、通常のAmazonの買い物時にも使えます。ただ、一度Amazonギフト券にチャージしてしまってから使ったほうが残高の端数が残らないのでおすすめです。

ご参考まで。