電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

PayPayについて(ソフトバンクとYahoo!JAPANが本気で仕掛けるQRコード決済サービス)

PayPay

QRコード払いの際の決済手段チャージされたPayPay残高による支払い / クレジットカードによる支払い / Yahoo!マネーによる支払いクレジットカードはVISA/Mastercard/JCBブランドはヤフーカードのみ。プランドプリペイドカードやデビットカードは種類による(e.g. ソフトバンクカードやKyashリアルカードは登録可能だが、auWALLETやdカードプリペイド等は登録不可)。
決済上限50万円
還元率0.5%(キャンペーン中で現在は20%)PayPay残高(PayPayボーナス)が貯まる。2018年12月4日からはキャンペーンで還元率20%分のPayPayボーナスが貯まる。付与されるボーナスの上限は月に最大5万円分(決済額25万円×20%)まで。例えばビックカメラではビックポイント8%と同時に貯まって28%還元(+支払いに使ったカードのポイント、Kyashリアルカードなら2%)。
PayPayボーナス付与日翌月10日前後20%分のPayPayボーナス、及び全額返ってくるキャンペーン(上限10万円)も付与されるのは翌月10日前後。
チャージ単位100円以上1円単位
チャージ限度額1日/最大50万円、1ヶ月/最大100万円
チャージ方法銀行口座からのチャージ / ヤフーカードからチャージ「Yahoo!ウォレット」に登録している預金払い用口座からのチャージ(三菱UFJ銀行はチャージ利用不可)。PayPay残高へのチャージに利用できるクレジットカードはヤフーカードのみ(QRコードを通してクレジットカードで支払うことは他のVISA、Mastercardブランドのカードでも可能)。
ウォレット残高上限最大100万円
決済手数料0%
PayPayが使えるお店○既に導入済み:ファミマ、ポプラ、ビックカメラ、コジマ、エディオン、ソフマップ、Joshin、ヤマダ電機、TSUKUMO、HIS、モンテローザ系列(白木屋、魚民、笑笑、月の宴など)、ワタミ系列、ドラッグストアのアインズ&トルペ、メガネスーパー、メガネドラッグ、Mr Maxなど
●導入予定:ミニストップ(12月17日から)、ビッグエコー、ジーンズメイトなど
送金対応送金が可能なのはPayPayライトの残高(チャージした分)のみ。PayPayボーナス(キャンペーンで受け取った分やPayPay決済でのキャッシュバック分など)は送金不可。
送金手数料無料
送金限度額10万円
出金対応予定。
出金手数料対応予定。
公式サイトhttps://paypay.ne.jp/

概要

PayPayとは

PayPay(ペイペイ)は、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が運営するQRコード決済サービスです。

2018年10月5日にサービスが開始されました。

インド最大の決済サービス事業者である「Paytm」や、中国最大のモバイル決済サービス「Alipay」と提携し、システム開発や加盟店・利用者の開拓を行っています。

現在は実店舗でのQRコード決済サービスや個人間送金サービスを提供しており、将来的には金融機関への出金サービスの提供を予定しているとのことです。

PayPayの20%キャッシュバックキャンペーン

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーン

PayPayでは2018年12月4日から2019年3月末まで、100億円あげちゃうキャンペーンとして、PayPayで支払えば還元率が20%(PayPayボーナスが20%分貯まる)になるキャンペーンが開催中。

付与されるPayPayボーナスの上限は月に5万円分までなので、月に25万円分の買い物までは還元率20%になる(25万×0.2=5万)ということです。いずれにせよとんでもない還元率です。

ビックカメラでPayPayで支払った履歴

下記、全額返ってくるキャンペーンもですが、PayPayボーナスが付与されるのは翌月10日前後となります。

PayPay残高払い、クレジットカード払い、Yahoo!マネー払いのいずれもキャンペーンの対象です。

ちなみに月に5万円分までのボーナスの上限は公式サイトでは「お1人様あたり」となっていますが、正確にはこの上限は「1アカウントあたり」です。PayPayは現在は電話番号確認は必須ですが、本人確認が必須ではないので、複数アカウントの作成が可能。すなわちスマホを2台持っている方なら合計で月に10万円分までのPayPayボーナスを貯めることができます(50万円分の買い物分)。

この100億円あげちゃうキャンペーンでは12月4日からビックカメラやJoshin、ヤマダ電機などの家電量販店も参画しています。↓はビックカメラの様子(12月4日時点)ですが、店内放送でもPayPay払いのメリットをアナウンスしまくっていました。

ビックカメラでPayPayをデカデカと推奨している

ビックカメラではビックポイントとの2重取りが可能でPayPay+ビックポイントで28%還元です(+支払いに使ったクレジットカードなどのポイント)。

注意点として、ビックカメラは、

  • 税込3万円以上は本人確認書類(免許証やマイナンバーカードなど)の提示が必要。
  • 30日間で利用できる上限は50万円。
  • 1会計で複数回のPayPay払いは不可。
  • 金券類のPayPay払いは不可。

というルールを提示しています(ビックカメラの公式発表はこちら)。特に本人確認書類はないとビックカメラでは使えないことを明言しているのでご注意ください(簡単に確認するだけでコピーなどは取られませんでした)。一応、ビックカメラ以外でも3万円以上の買い物の場合提示は必須となっていますが、筆者はお店側から求められたことはありません。

また、現状ビックカメラは、自分で金額を入力してそれを店員さんに見せる方式(POS非連動なので店頭のQRコードを読み取り→スマホで自分で金額入力→店員さんに見せて確認)なので、多少決済に時間がかかる点も知っておきましょう。

Joshinも20%分のPayPay残高に加えて、独自のジョーシンポイント、及び楽天スーパーポイント、dポイントも貰えます。Joshinではポイントは現金払いのときと同様に満額付与です。

ヨドバシカメラは加盟店に入っていませんが、キャンペーン期間中はヨドバシで買い物をする理由がなくなってしまう気がします。

このキャンペーンは100億円の予算が底をつき次第終了となるので、期限は2019年3月までとされていますが、今の世間の熱狂的にそこまで継続するとは到底思えません。終了日は事前に通達はしないことが公式サイトでも記載されているので、駆け込みで利用することもできません。キャンペーンで得をしたいならお早めに、です。

支払いの度に抽選で10万円が返ってくるキャンペーン

20%還元に加えて、

  • 全てのユーザーが40回に1回の確率で全額戻ってくる(上限は10万円まで)。
  • Yahoo!プレミアム会員なら20回に1回の確率で全額戻ってくる(上限は10万円まで)。
  • ソフトバンクユーザー(スマートログイン設定済み)、Y!mobileユーザー(初期登録&Yahoo JAPAN ID設定済み)なら10回に1回の確率で全額戻ってくる(上限は10万円まで)。

というキャンペーンも行われます。高い買い物をしたときにこのキャンペーンに当せんしたら最高に嬉しいはず(笑)。筆者も当たったのでレジで飛び跳ねました。

PayPayの全額キャッシュバック画面

全てのユーザーは最低でも40回に1回、抽選で全額(10万円まで)が戻ってきますが、この抽選の確率を上げたい方は事前の準備が必要です。

PayPayの全額返ってくるキャンペーンの確率を確認

ご自身の確率は↑のようにトップ画面で確認できます。

ソフトバンク、Y!mobileユーザー以外の方の事前準備

ソフトバンクユーザーやY!mobileに加入していない方が通常の2倍、20回に1回、抽選で全額(10万円まで)戻ってくるようにするためには、月額462円(税抜)のYahoo!プレミアム会員に加入しておく必要があります。

PayPayである程度高額な買い物もしつつフル活用すれば月額費用の元は取れるかもしれませんが、あくまで抽選なので自己責任で。

ソフトバンク、Y!mobileユーザーの方の事前準備

ソフトバンクユーザーの方が通常の4倍、10回に1回、抽選で全額(10万円まで)戻ってくるようにするためには、Yahoo!JAPAN IDとソフトバンクの電話番号を紐付けるスマートログインを設定する必要があります。

スマートログインの設定画面

ソフトバンクユーザーの方でまだスマートログイン設定をしていない方はこちらのページ(Softbankのサイト)から行えます。ちなみにスマートログインを設定することで自動的にYahoo!プレミアム会員になります(確率がさらに倍になるわけではありません)。

Y!mobileユーザーの方は初期登録済みのYahoo!IDをPayPayに登録することで、同様に確率が通常の4倍になります(別のYahoo!IDを設定している方はアプリ内の「アカウント」→「詳細を見る」から紐付けているYahoo!IDを変更可能)。

PayPayを使う準備

PayPayを使うためには、iOSもしくはAndroidのスマートフォン、タブレットにアプリをインストールする必要があります。

現在は「PayPay」アプリのインストールもしくは、「Yahoo! Japanアプリ」からの利用も可能となっています(トップ→ツールからPayPayを選択)。

また、銀行口座やクレジットカードの紐付けが必須となります。

PayPayのアカウント登録方法

PayPayのアカウント登録方法は、「携帯電話番号」を使った新規登録と「Yahoo! JAPAN ID」を使った新規登録の二通りがあります。

PayPayに登録

クレジットカードのみを紐付ける場合はYahoo! JAPAN IDがなくても利用できますが、クレジットカードではなく、銀行口座からのチャージやYahoo!マネーを利用する場合は携帯電話番号を使って新規登録した場合でも「Yahoo! JAPAN ID」連携が必須となります。(支払手段の詳細は後述)

また、どちらの登録方法を選択した場合も、携帯電話番号の登録は必須です。(SMS認証が行われます)

アカウントを新規登録すると、PayPayの残高500円分が貰えます。

支払い手段について (チャージやカードの登録)

PayPayのQRコード決済の支払い方法は、「PayPay残高による支払い」「Yahoo!マネーによる支払い」「クレジットカードによる支払い」の3種類があります。

PayPayの支払い方法

このうち、「PayPay残高による支払い」「Yahoo!マネーでの支払い」の場合はYahoo! JAPAN IDの紐付けが必須となります(↑の画像は紐付けてYahoo!マネーに連携済みとなっています)。

PayPay残高には特典として付与される「PayPayボーナス」と、チャージ時に付与される「PayPayライト」の2種類があります。QRコード決済での利用時や、有効期限に関しては両者合わせて「PayPay残高」として扱われます。ただし、将来的に予定されている金融機関・電子マネー等への出金サービスにおいて「PayPayボーナス」は出金不可となります。

PayPay残高で支払う場合、PayPayボーナスから優先的に使用されます。

PayPay残高による支払い・残高チャージ方法

「PayPay残高による支払い」を行う場合はPayPay残高のチャージが必要です。

PayPay残高チャージの方法は現状2通り。

  • 銀行口座からのチャージ。
  • ヤフーカード(VISA/Mastercard/JCB)からのチャージ。

PayPay残高へのチャージに手数料はかかりません。無料でチャージ可能となります。

PayPay残高は、最後に残高(含・PayPayボーナス残高)が変動した日から2年後までが有効期限となります。頻繁にPayPay残高を利用する場合は問題ありませんが、利用頻度が少ない場合は注意が必要です。

100円からチャージすることができます。最大で1日あたり最大50万円(初期設定30万円になっていますが変更可能)、1ヶ月あたり100万円分までのチャージ可能です(メイン画面から登録した銀行口座のカードをクリック→設定した暗証番号を入力すればYahoo!ウォレットの預金払い利用設定に飛べます)。

銀行口座からのチャージ

PayPay残高に登録した銀行口座からチャージ

PayPay残高は、「Yahoo!ウォレット」に登録している預金払い用口座(銀行口座)からチャージができます。

PayPayのYahoo!ウォレット預金払い利用設定画面

預金払い用口座は、メガバンクである「みずほ銀行」、「三井住友銀行」、「りそな銀行・埼玉りそな銀行」や「ゆうちょ銀行」、一部の地方銀行が登録可能です。ネット銀行はヤフー系列の「ジャパンネット銀行」のみ登録可能です。

なお、「三菱UFJ銀行」はYahoo!ウォレットの預金払い用口座への登録は可能ですが、PayPay残高へのチャージはできませんのでご注意ください(登録してもPayPayの画面に出てきません)。

登録可能な口座の一覧はこちらをご覧ください。

ヤフーカードからのチャージ

ヤフーカードの実物

2018年11月21日からヤフーカードからのPayPay残高へのチャージにも対応しました。

現状、ヤフーカード以外のクレジットカードからのPayPay残高へのチャージはできません。

ヤフーカードからPayPayにチャージをする

少しややこしいのですが、PayPayはQRコードでの「支払い」には、VISAブランド、Mastercardブランドの各種クレジットカードや一部ブランドプリペイドカード、デビットカード、及びヤフーカードのみJCBが使える(カードを提示しなくてもQRコードを通して裏側ではクレジットカード決済ができる)のですが、PayPay残高への「チャージ」に使えるのは現状だとヤフーカードのみになります。

Yahoo!マネーによる支払い方法

PayPayは、Yahoo!マネーによる支払いも可能です。

「Yahoo!マネー」は、ヤフーのサービスで使えるチャージ式の電子マネーで、「Yahoo!ウォレットの預金払い用口座」「コンビニ」「ヤフオク!の売上金」でチャージすることができます。

Yahoo!マネーへのチャージに手数料はかかりません。無料でチャージ可能となります。

なお、クレジットカードでのチャージはできません。

Yahoo!マネーは、本人確認が未完了の場合、最後にマネー残高に増減があった日から2年後までが有効期限となります。

本人確認が完了している場合には有効期限はありませんので、PayPay残高よりも優位です。

Yahoo!ウォレットの預金払い用口座からはPayPay残高へのチャージが可能(※三菱UFJ銀行を除く)ですが、Yahoo!マネーへのチャージも可能となっており、こちらを経由してPayPayを使うことも可能です。

一見するとPayPay残高との使い分け方法が不明瞭に思えますが。「ヤフオク!の売上金」でチャージ可能、本人確認完了済の場合は残高の有効期限が無期限になるなど、PayPay残高に比べてメリットが大きいのが特徴です。

クレジットカードによる支払い・カード登録方法

PayPayは、VISA・MasterCardの国際ブランドが付いたカードでの支払いも可能です。クレジットカードが使えない場所でも間接的なクレジットカード払いが可能になります。

「クレジットカード」と表記されていますが、一部のデビットカードやプリペイドカードも使えます(下記詳細)。

PayPayに登録したクレジットカード

Yahoo!カードの場合に限り、JCBのカードも登録・支払いできます。その他のJCBカードは利用不可となります。AMEX、Dinersカードも使えませんのでご注意ください。

カードによる支払いの場合、事前のチャージは不要です。実際に店頭で利用する際に、自動的にクレジットカードから引き落とされます。

カードの追加方法は、PayPayに直接カード番号の入力(またはカメラで番号を読み取る)方法と、Yahoo!ウォレットに登録しているカード情報をインポートする方法の2種類があります。

Yahoo!ウォレットのカード情報をインポートする場合、Yahoo! JAPAN IDとの連携が必要です。

PayPay残高での支払いやYahoo!マネーでの支払いを選択した際に残高が足りなかった場合、メインのクレジットカードから支払いがなされます(↑の画像参照)。複数のカードを登録している場合、メインのクレジットカードは自由に変更することができます。

PayPayアプリの「支払い方法の設定」でカードの画像を表示し、メインにしたいカードをタップすると、メインカードが切り替わります。

PayPayの支払いに使えるブランドプリペイドカードやデビットカード

PayPayの支払いにはクレジットカード扱いでブランドプリペイドカードを登録&利用することも可能です。クレジットカードが作れない高校生の方でもブランドプリペイドカードやデビットカードでカード払いが利用ができます。

クレジットカードを追加するときと同じ手順で追加可能です。ただし、VISAやMasterCardでも登録できる種類は限られています(2018年11月末現在の確認です)。

筆者の環境で検証したものだと、ブランドプリペイドカードはソフトバンクカード(VISA)、Kyashリアルカード(VISA)、デビットカードはジャパンネット銀行デビットカード(VISA)、ソニー銀行デビットカード(VISA)が登録可能でした。

PayPayに登録可能だったブランドプリペイドカードとデビットカード

逆にVISAブランド、Mastercardブランドにも関わらず、auWALLET(Mastercard)、dカードプリペイド(Mastercard)、SMBCデビットカード(VISA)、バンドルカード(VISA)などは登録不可でした。

PayPayに登録不可だったブランドプリペイド、デビットカード

ソフトバンクのサービスなのでauWALLETやdカードプリペイドが登録不可なのは察しますが、できれば利用できるようになると便利ですね。おそらく登録可能なカードは増えていくと思いますのでより利便性が上がることに期待したいです。

PayPay利用で貯まるボーナス(ポイント)

PayPayでは、通常、支払い金額の0.5%分のPayPay残高(PayPayボーナス)が貯まります。2019年3月31日まではキャンペーン中で20%です。

付与ボーナスの上限は、通常、 付与ボーナスの上限は、通常一ヶ月あたり5000円分までですが、こちらもキャンペーン期間中はアップして一ヶ月あたり5万円分までです(25万円決済分まで)。

PayPay残高やカード払いなどいずれの支払い方法でも貯まります。

付与されたPayPayボーナスの有効期限は、最後にPayPay残高(含・PayPayライト残高)が変動した日から2年後までとなります。

ヤフーのサービスですが、Tポイントは付与されません。現在は利用することもできません。

期間固定TポイントはPayPayに変更される予定

Yahoo!ショッピングやヤフオク!、LOHACOでもらえるポイント、ヤフーカードを申し込んだ際のボーナス、ソフトバンクの長期契約ボーナスなどは期間限定Tポイントとして配布されます(↓はヤフーカードを申し込んだ際のボーナスポイントで有効期限が短い期間限定Tポイント)。

期間限定Tポイント

この期間限定Tポイントは2019年4月から電子マネーとしてのPayPayに変更され、実店舗でも利用可能になることが発表されています。オンラインショッピングだけではなくPayPayを通じて実店舗で手軽に利用可能になるのは嬉しいです。

PayPayで実際に支払う方法(使い方)

店舗でPayPayを使って支払う方法は、店舗に掲示されたコードを読み取り、(1)金額を入力して支払う「スキャン支払い」と、(2)自身の端末にコードを表示して支払う「コード支払い」の2パターンがあります。

いずれも一回あたりの支払い上限金額は50万円です。

(1)スキャン支払い (コードを自分で読み取る)

PayPayでQRコードをスキャンする画面

スキャン支払いは、店頭に設置されたコードを自分自身で読み取って支払う方式です。

コードを読み取った後、支払う金額を自分で入力し、支払い金額に相違がないか店員に確認して貰った上で決済する、という流れとなります。

個人店などで導入が用意なことからスキャン支払いの方がPayPayの支払い方法としては主流になる見込みです。

(2)コード支払い (コードを店員に読んでもらう)

PayPayでバーコードを読み取ってもらう画面

コード支払いは、アプリを開いて表示したQR・バーコードを店員に提示し、決済する方式です。

店員がコードを読み取れば決済完了です。事前に「お支払い方法」からPayPay残高、クレジットカード、Yahoo!マネーのいずれから支払うかを選択しておきましょう。もし残高がない状態でPayPay残高を選択していた場合はYahoo!マネー、Yahoo!マネーがない場合にはメインに設定してあるクレジットカード、という順で支払い手段が選択されます。

PayPayを起動してすぐのトップページにもバーコードが表示されているのでそれを提示してもOKです。

こちらは他のQRコード決済サービスでもお馴染みの流れではないでしょうか。

支払い時の注意点

支払い額がPayPay残高よりも高い場合は、支払いができません。

例えば、PayPay残高が500円の状態で1,000円のものを買おうとして、支払い方法に「PayPay残高」を選択した場合、全額「Yahoo!マネー」での支払いが実行されます。

「PayPay残高全てと、足りない分をクレジットカードで支払い」のように支払い方法を併用することはできません。

PayPay利用やキャンペーンなどで付与されたPayPay残高(PayPayボーナス)を利用する場合はお気をつけください。

利用可能な店舗

現在チェーン店では、ファミマポプラビックカメラ(コジマ、ソフマップも)Joshin、エディオン、ベスト電器、マツヤデンキ、100満ボルト、ツクモ、ソフトバンクショップやメガネドラッグ、モンテローザ系列(白木屋、魚民、笑笑、月の宴など)ワタミ系列、ドラッグストアのアインズ&トルペなどなどが導入済みです。

個人店はPayPayアプリのインフォメーションから使えるお店がマップ形式で確認できます。首都圏の個人店を中心に導入店が増えてきているのが確認できます(ファミマが加盟店になってからはファミマだらけにも見えますが個人店も多数あります)。

PayPayの加盟店検索マップ

ただし、個人店の場合、PayPayからQRコードキットが送付された段階で掲載されるので、マップに載っていても実はまだ店舗側でセットアップがされておらず使えないということが結構あります。なので、もしもどうしてもPayPayを使いたい場合は、お店に入った時点で確認をしたほうが良いでしょう。

導入前からYahoo!JAPANからの出向という形で全国規模で営業の人員を募集していたので、今後の拡大にはかなり期待できるのではないでしょうか。

今後導入予定の大手チェーン店

PayPayではこの他にもミニストップ、ウェルシア薬局、松屋、HIS、ビッグエコー、ジーンズメイトなどなど

などなどのチェーン店が導入予定となっています(松屋やウエルシア薬局は記者会見時などに対応予定の一覧に入っていたのですが現在はPayPayの公式サイトから消えているのでどうなるのか未知数です)。

オンラインショッピングでも利用可能に

PayPayは2019年2月以降、オンラインショッピングのYahoo!ショッピング、ヤフオク!、LOHACOでも利用可能にすることを発表しています。

PayPayに登録した支払い方法から手軽に支払いが可能になります。

PayPayの送金機能

PayPayでは2018年11月末から個人間送金機能も追加されました。

送金はPayPayライト(チャージ残高)から行うことが可能です。

キャンペーンやPayPayで支払って貯まった0.5%分のキャッシュバックなどのPayPayボーナスからは送れません。

PayPayの送金画面

送金をする際には電話番号から送金先の相手を検索して送金する方法(1)と、画面でQRコードを出して相手に読み取ってもらって受け取る方法(2)があります。

相手がPayPayに登録している場合、電話番号で検索するとヒットする(登録していない場合は送金できない)ので、送金する分のPayPay残高を選択して送ります。

PayPayの送金金額を入力

メモ(こないだありがとう、など)を追加することも可能です。

店舗側から見たメリット (手数料無料、Alipayとの提携など)

PayPayは店舗経営者の方から見てもメリットが多数あります。

一つは手数料の安さです。現在のところ「ユーザースキャン方式(スキャン支払い)」でのPayPay加盟にあたって初期費用や決済手数料、売上金の振込手数料は無料となっています。売上金の振込手数料に関しては、2019年9月30日まで全ての金融機関で無料、それ以降もジャパンネット銀行への振込であれば永年無料です(ジャパンネット銀行なら翌日振込み)。

決済手数料は2021年9月30日まで無料となっており、以後の手数料率は現在公表されていません。

もう一つはAlipayへの加盟サービスで、2018年12月4日から墨田区でAlipayとの連携の実証実験が開始されています。Alipayは、中国最大手のQRコード決済サービスで、Alipayを導入することにより、中国人観光客を中心としたインバウンドへの対策も可能となります。

また、Alipayとの提携加盟サービス開始後は、Alipayでの決済手数料も2019年9月30日まで無料となっています。

PayPayは、法人だけではなく個人事業主の方でも加盟することができます。

うちの店は小規模な個人経営だから……と決済サービスの導入を躊躇われていた方も、PayPayの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

あまり表立っては打ち出していないのかもしれませんが、最初の30万店舗は加盟店手数料が無料どころかマイナス、すなわち決済されればされるほど店舗が儲かるような仕組みを導入していました(キャンペーンに間に合うかどうかは直接お問い合わせください)。

以下は主なQR決済サービスの比較表です。

PayPay(キャンペーン中)

決済手数料0%
初期費用0円
月額費用0円
売上金振込手数料0円
売上金入金サイクル当月締め翌々営業日ジャパンネット銀行は翌日入金に。
キャンペーン期間2021年9月30日までAlipayの決済手数料無料・ジャパンネット銀行以外の入金手数料無料は2019年9月30日までを予定。

pring

決済手数料0.95%
初期費用0円
月額費用0円
売上金振込手数料0円
売上金入金サイクル翌営業日(みずほ銀行)・当月締め翌月10日払い
キャンペーン期間 –

LINE Pay(キャンペーン中)

決済手数料0%
初期費用0円
月額費用0円
売上金振込手数料0円
売上金入金サイクル当月締め翌月末払い
キャンペーン期間 2021年7月31日まで

新機能も追加予定

PayPayでは、以下のような新機能追加が予定されています。

  • 銀行口座への出金機能

この出金機能が付くと、さらに利便性が高まります。

PayPayのメリット・デメリット (利用者向け)

PayPayのメリット・デメリットを整理すると以下の通りになります。

メリット

  • チャージ手数料が無料
  • 国際ブランドカード(VISA、MasterCard)対応
  • 支払い金額に応じて0.5%のボーナスが貰える
  • Yahoo!アプリから利用できる

デメリット

  • JCBはYahoo!カードにしか対応していない
  • AMEX、Dinersは未対応
  • スキャン支払いでは金額を自分で入力する必要がある
  • 名前や名称の見た目がPayPalと似ている

特に最後の「スキャン支払いでは金額を自分で入力する必要がある」点は致命的なデメリットではないでしょうか。支払うまでに掛かる時間も手順も、電子マネー等による決済と比べて多くなってしまいます。「時間短縮」重視の方には全く推奨できません。

とはいえ、小銭がかさばらない点はキャッシュレス決済のメリット。他の決済サービスが開拓出来なかったお店や業種の加盟店が増えていくことを望みます。

まとめ

遂にヤフー&ソフトバンク連合がモバイル決済サービスに対して本気を出し始めました。

とにもかくにも予算のかけ方、キャンペーンが半端ないです(20%還元など)。

PayPayは決済手数料も現在は無料ですし、先行キャンペーンで店舗側に1%還元されているので、加盟店へのメリットも大きくなっています(お店も使って欲しがっている)。今後順調に加盟店が増えていけば、それは利用者にとっても大きなメリットになります。

お祭りが終わる3月末以降にどうなるのかまだ未知数ですが、現状最も盛り上がっているQRコード決済サービスであることは間違いないでしょう。