電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Uber Eatsの支払い方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)
支払い方法 クレジットカード / デビットカード(一部) / ブランドプリペイドカード(一部) / LINE Pay(オンライン決済) / PayPay(オンライン決済) / 現金
交通系電子マネー 使えない 同上。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
QRコード決済 使えない
ブランドプリペイド 種類による LINE Payカード以外のKyashなどは利用不可。
デビットカード 使える 国際ブランド付きデビットカード (種類による。三菱UFJデビットやみずほ銀行JCBデビットなどは登録可能。)
貯まりやすいポイント なし Uber Rewardsは日本では未対応。
公式HP Uber Eatsの公式サイトはこちら

Uber Eatsで使えるクレジットカード

Uber Eats(ウーバーイーツ)ではVISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカードが利用可能です。

Uber Eatsで登録したクレジットカード

Uber Eatsで使えるデビットカード

Uber Eatsでは使えるデビットカードと使えないデビットカードがあるのでご注意ください。

三菱UFJ銀行VISAデビット、みずほ銀行JCBデビットなど各種デビットカードは利用可能です。

しかし、ジャパンネット銀行VISAデビットやGMOあおぞら銀行、住信SBIネット銀行VISAデビット、Sony Bank WALLETなどは登録不可でした。

Uber Eatsで登録不可だった際の画面

また、デビットカードは返金トラブルなどが起こった際に面倒なことになる恐れもあるのでご注意ください。

Uber Eatsで使えるブランドプリペイドカード

Uber Eatsではブランドプリペイドは使えるものと使えないものがあります。

Uber Eatsに登録ができるブランドプリペイドカードはLINE Payカードです。

Uber EatsにLINE Payカードを登録した際のオーソリ

登録したら実際に使えるかどうかの確認のために100円が決済されてすぐに返金されます。

その他、au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイド、KyashリアルカードなどはUber Eatsには登録不可でした。

Kyashは以前は登録できていたようですが、現在は基本的に不可となっています。何度もトライすれば通るという事例のご報告も頂いておりますが、なかなか辛いので現状だとやめておいたほうが無難でしょう。

Uber Eatsで使える電子マネー

Uber Eatsは玄関口で楽天Edyやnanaco、WAON、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネーは利用不可です。Uber Eatsの配達パートナーの方はそのような決済端末を持っていないのでご注意ください。

現金払いが可能なエリアにおいても電子マネー払いはできません。

Uber Eatsで使えるQRコード決済

Uber Eatsでは電子マネー同様、LINE Pay、PayPay、楽天Pay、d払いなどのQRコード決済も利用不可です。

Uber EatsのLINE Pay払い(オンライン決済)

Uber Eatsではアプリ上で支払う際に、LINE Payのオンライン決済を利用することができます(2019年12月20日に開始した)。

Uber EatsのLINE Pay(オンライン決済)利用

LINE Pay残高からの支払いが可能です。

Uber EatsのPayPay払い(オンライン決済)

Uber Eatsは2020年5月4日からPayPayのオンライン決済にも対応しています。「支払い方法を追加」から追加できます。

Uber EatsのPayPay払い

PayPay残高からの支払いが可能です。

Uber Eatsの配達手数料(送料)

Uber Eatsには基本的には配達手数料がかかります。いわゆる料理代金とは別の送料のことです。

配送手数料は基本的にはお店との距離によって異なります。

Uber Eatsの送料

大体230円-420円の間かと思います。単品でも料金は変わりません。

【月額980円の定額制】Eatsパスなら1,200円以上の注文で送料無料

Uber Eatsでは2020年8月から配送手数料のサブスクリプションサービスであるEatsパスを開始しました。

Eats パスの利用状況画面

月額980円ですが、加入をしていれば1,200円以上の注文で送料が無料になります。

月に何度も利用されるような方(送料が980円以上かかっているような方)でしたら大分お得になるはず。

Uber Eatsのサービス料って何?

Uber Eatsは、お店の人が配達をしているケースを除いて、注文に対して、商品代金とは別に10%のサービス料がかかります。

その他、700円未満の少額注文の際には150円の手数料がかかります。

Uber Eatsで使えるクーポン(プロモーションコード)

Uber Eatsではプロモーションコードという割引クーポンを入力するところがあります。

もしも友達にプロモーションコードを持っている方がいない、友達に紹介してもらうのがめんどくさいという方は「interjpq2206j3a3」をご活用くださいませ。注文が1,000円割引のクーポンです。

メニューの「プロモーションコードを入力する」、もしくは注文時に入力することで利用可能になります。

Uber Eatsのプロモーションコード入力欄

Uber Eatsは地域によっては現金払いも可能に

Uber Eatsでは大阪から始まり、現在では多くの地域で現金払いが開始されています。対応地域では「お支払い方法の追加」で「現金」が選択できるようになっています。

現金払いの上限は1万円です。

配達してくれるパートナーさんはお釣りが出るのが嫌な場合は現金払いの人をオフにすることが出来るようになっていますが、現金払いをするのであればできるだけピッタリの金額を用意するのが親切だと言えるでしょう。

もしも手持ちの現金が足りなかった場合はアカウントに登録されたクレジットカードから請求、登録していない場合は登録するまで次の注文不可という形です。

Uber Eatsのポイント制度「Uber Rewards」

アメリカのUberではUber Rewardsというポイント制度が用意されています。

ただ、現状では日本では未対応なので利用することはできません。

たまに画面に表示されることがあるので近々対応することを期待しましょう。

Ubet Eatsの支払い方法まとめ

Uber Eatsではクレジットカードが最もスタンダードな支払い方法になります。

デビットカードやブランドプリペイドカードは現状使える種類が限られていますが一応使えます。ただし、万が一トラブルが起きて返金処理を行う際に面倒な事になりかねないのでできるだけクレジットカードを利用されたほうが良いと思います(クレジットカードなら返金処理が容易)。

大阪エリアから始まり、現在では現金払いの地域も拡大していますが、手間(配達パートナーさんの労力含む)を考えるとクレジットカードのほうが良いかと思います。

Uber Eatsってどんなサービス?

Uber Eatsはアメリカのサンフランシスコに本社を置くUberが提供する料理の宅配サービス。

日本での対応エリアは東京ほぼ全域、大阪、横浜、京都、神戸、名古屋、福岡、埼玉、千葉の一部など。

配達バッグを背負った個人の配達パートナーの方(個人事業主)が自転車や原付きなどでお店から指定の場所まで配達を行う。