電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

DAZN(ダ・ゾーン)の支払い方法

DAZN(ダ・ゾーン)
支払い方法 クレジットカード、デビットカード払い、iTuneアカウントから支払い、携帯料金と合算払い(ドコモユーザーのみ)
料金 月額1,750円(税別) / Docomoユーザーは980円(税別)
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 使えるが、エラー報告もあるのと公式にサポートされていないためおすすめはできない。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/) WEBサイトから登録した祭にはDinersは使えない。
デビットカード 使える 国際ブランド付きデビットカード
商品券・ギフトカード iTuneカード アプリから登録した場合のみ、iTuneアカウント払いが可能。よって、iTuneカードから入金して支払うことも可能に。
公式HP https://www.dazn.com/

DAZN(ダ・ゾーン)の料金プラン

DAZNの料金は1,750円(税別)です。

初月に1ヶ月の無料期間が用意されています。

DAZNを割引価格で利用するには?

学生専用料金などの特別プランは現状だと用意されていませんが、DocomoユーザーならDAZN for docomoで月額980円(税別)、dTVとのセットで1,250円(税別)で登録可能になります。

通常月額価格 1,750円(税別)
Docomoユーザー 980円(税別)

アカウントを登録する際に、dアカウントで登録をしましょう。

このDocomoの特別価格の場合、支払いは月々の携帯料金と合算される形になります。

DAZN(ダ・ゾーン)で使えるクレジットカード

DAZNでは、月々の料金の支払いにVISA、MasterCard、JCB、American Expressの国際ブランドが付いたクレジットカードが利用できます。

Dinersは利用不可になっています。

DAZNのクレジットカード登録画面

DAZN(ダ・ゾーン)でクレジットカード「以外」で支払う方法

DAZNはクレジットカードを持っていない方でも支払う方法がいくつか用意されています。

国際ブランド付きデビットカード

DAZNではVISAやJCBが付いたデビットカード、例えば楽天デビットカード、ジャパンネット銀行デビットカード、三井住友VISAデビット、三菱UFJ-VISAデビットなどが使えます。

クレジットカードをお持ちでない方はまずはデビットカードを作ってみましょう(銀行口座を作れれば審査無しで作れます)。

クレジットカード番号を入力する欄に、デビットカードの番号を入力すればOKです。月々の引き落とし日に残高が残っていないと継続できないのでご注意ください。

LINE PayカードやauWALLET、ソフトバンクカードなどの国際ブランド付きプリペイドカード

DAZNでは国際ブランド付きのプリペイドカードであるLINE Payカード、auWALLET、ソフトバンクカードなどもデビットカード払いと同様に支払いに使えます。実際LINE Payカードを登録して決済もできました。

ただ、エラーが出てしまうケースも多々あるようなので、デビットカードをお持ちの方はデビットカードで支払ったほうが無難です。

DAZNでLINE Payカード払いは可能だがサポート対象外

公式サポートでもサポート対象外となっているので万が一の際に返金などの手続きがされるかも不明です。ご注意ください。

iTunesアカウント(Apple Pay)払い、iTunesカード払い

DAZNはアプリをインストールして、アプリから初期登録をすると、Appleアカウント(iTunesアカウント)から支払うことができます。

ただし、この際にはAppleの規定の関係で通常だと税込みで1,890円になる料金が1,900円と10円余分に支払うことになる点はご注意ください。10円余分に支払うのが嫌な方は、WEBサイトから登録手続きをしましょう。

まずはアプリからアカウントの作成手続き。

アプリからDAZNアカウントの登録

iTuneアカウントに請求がいくことが説明されるので確認後、承諾します。

アプリからDAZN支払情報の登録

iTuneアカウントの認証。次回支払い日も出てくるので確認しておきましょう。

アプリからDAZN支払情報の確認&パスワード入力

設定完了。

アプリからDAZN支払情報の設定

iTunesアカウントにクレジットカードを登録していればクレジットカード払いになりますし(この場合、iTunes経由でDinersも利用可能)、デビットカードを登録していればデビットカード払い、コンビニなどで売っているiTunesカードで入金すれば、クレジットカードもデビットカードもなしでDAZNに登録も可能です(入金忘れに注意が必要)。

DAZNのマイアカウントから支払い方法を確認

マイアカウントから支払い方法を確認すると「Apple Pay」と表記されています。

DAZNの支払い方法まとめ

DAZNではクレジットカード払いが基本になります。

クレジットカードを持っていない方の第二の選択肢がデビットカード、Apple製品ユーザーはiTuneアカウントからiTuneギフトカード払いがおすすめです。LINE Payカードなどの国際ブランド付きプリペイドカードも筆者は登録できましたが、エラーが出ている人も散見されますし、サポート対象外だと明言されているので出来れば避けたほうが良いでしょう。

その他、ドコモユーザーの方はせっかく割引プランが用意されているのですから、登録の際にdアカウントから登録&携帯料金と一緒に支払いという形を取りましょう。

DAZN(ダ・ゾーン)ってどんなサービス?

DAZN(ダ・ゾーン)はイギリスに本部を持つスポーツメディア企業、Perform Group(パフォームグループ)が運営するスポーツの見放題サービス。ライブ配信の他に、見逃し動画やダイジェスト動画も見ることが出来る。

F1などもモータースポーツ、チャンピオンズリーグやブンデスリーガー、セリアA、FIFAワールドカップ予選などのサッカー、MLBやベイスターズやカープ戦のNPBなどの野球、NFL(アメフト)、NRL(ラグビー)、NBA、VTBユナイテッド・リーグ(バスケ)、NHL(アイスホッケー)、WWEとUFC(格闘技)、ATPワールドツアー(テニス)、ATPワールドツアー(テニス)、PDCプレミアリーグ(ダーツ)、ジロ・デ・イタリア(自転車)といった数々のスポーツ競技を見ることができます(国によって放映権の関係でダイジェストのみになるなど配信形式が異なってきます)。