電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

三井住友カード発行のクレジットカードの特徴と一覧

三井住友カードは三井住友フィナンシャルグループの株式会社三井住友カードが発行するクレジットカード。

日本で初めてVISAと提携してVISA付きのクレジットカードを発行したのはこの三井住友カードなので、日本だとVISA本体だと思われることもありますが、実際はただ提携をしているだけです。

三井住友カードの種類

三井住友カードが発行しているクレジットカードでスタンダードなのは以下の通り。

カード名年会費
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA1,250円(税別)/1,500円(税別)
三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードA(学生)在学中無料/卒業予定年まで250円(税別)
三井住友VISAデビュープラスカード初年度無料、年に1回以上の利用で次年度無料
三井住友VISAプライムゴールドカード5,000円(税別)
三井住友VISAゴールドカード10,000円(税別)
三井住友VISAプラチナカード50,000円(税別)
三井住友VISAアミティエカード1,250円(税別)
三井住友VISAエブリプラス完全無料
三井住友VISAエグゼクティブカード3,000円(税別)
三井住友銀聯カード新規発行手数料無料

三井住友カードはMasterCardブランドのカードも発行していますが、あまり積極的にPRしていないのでここでは割愛しています。

三井住友カードのクラシックカードとクラシックカードAの違い

三井住友カードを作ろうと思ったときに迷うのはクラシックカードとクラシックカードAという表記がある点。

これらの違いは旅行保険の充実度です。クラシックカードの場合、年会費を数百円上げると、海外旅行保険に加えて国内旅行も付帯され、さらに付帯額も上がります。

三井住友カードの提携カード

三井住友カードは提携カードも多数発行しています。以下一例です。

カード名年会費
ANAカード初年度無料、2,000円(税別)
ANA VISA Suicaカード初年度無料、2,000円(税別)
ANA VISAワイドゴールドカード14,000円(税別)
ANA VISAプラチナ プレミアムカード80,000円(税別)
Peach Card1,250円(税別)
ハワイアンエアラインズVISAカード初年度無料、3,000円(税別)
Amazon Mastercard初年度無料、1,250円(税別)
JTB旅カード VISA ゴールド15,000円(税別)
近畿日本ツーリストカード初年度無料、1,500円(税別)
クラブツーリズムカード初年度無料、1,250円(税別)
留学ジャーナルVISAカード初年度無料、1,250円(税別)
京王プラザホテルエグゼクティブカード初年度無料、239円(税別)
ニューオータニクラブ VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
ルートインホテルズPonta VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
エメラルドSTACIA VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
オカジマカード初年度無料、1,000円(税別)
AOYAMA VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
DHCカード初年度無料、1,250円(税別)
MARUZEN JUNKUDO VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
紀伊國屋三井住友VISAカード完全無料
JAFカード初年度無料、1,250円(税別)
GOLD’S GYM VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
ガンバ大阪VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
千葉ロッテマリーンズ VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
年間スタジオ・パス・プラス VISAカード1,250円(税別)
ニコニコ三井住友VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
EVA style VISAカード初年度無料、1,250円(税別)
ガンダムVISAカード3,000円(税別)
京都大学カード1,250円(税別)
早稲田カード Students在学中無料

三井住友VISAカードにはこの他にも提携カードが多数出ています。

人気なのはANA VISAカードです。

三井住友カードのポイントプログラム

三井住友カードのポイントプログラムはワールドプレゼントポイントです。

このワールドプレゼントポイントは基本的に1,000円で1ポイントが貯まります。1ポイント当たりの価値は5円ほどです。

オンラインショッピングモールはポイントUPモールです。

三井住友カードで年会費を安くする方法

三井住友カードは年会費が有料のカードで年会費を安くするための条件が指定されています(三井住友VISAクラシックカードなど)。条件は以下の通り。

  • WEB明細にすることで年会費500円割引(ゴールドやプラチナ、プライムゴールドは1,000円割引)。
  • リボサービスのマイ・ペイすリボの登録+年1回以上の利用で年会費無料、もしくは半額。
  • 前年度の利用額に応じて年会費が無料、もしくは半額(300万円以上の利用で半額)。

マイ・ペイすリボはリボ払いのサービスなので嫌煙されがちですが、リボ払いの限度額をカードの利用限度額に設定することで利子を支払わずに年会費を下げることができます。

三井住友カードのETCカード、家族カード

三井住友カードのETCカードは初年度無料で、次年度からは年に1回でも利用があれば無料、なければ年会費500円(税別)。

家族カードは一人目は初年度無料、次年度からは前年度の買い物での利用回数3回以上で無料になります(ゴールドカード・プライムゴールドカードは利用回数問わず一人目無料)。

ANA VISAワイドゴールドカード(ANAマイルをコストパーフォマンスよく貯める)

  • VISA/MasterCard/
  • 14,000円 (税抜)
  • マイルが貯まる

三井住友VISAゴールドカード(圧倒的なステータス性と意外な年会費の安さ)

  • VISA/MasterCard/
  • 10,000円 (税抜)
  • 海外旅行保険が充実/国内旅行保険が充実/ショッピング保険が充実/

Amazon MasterCardクラシック/ゴールド(Amazonが自ら発行するクレジットカード)

  • MasterCard
  • 1,250円 (税抜)
  • ポイントが貯まる

三井住友VISAデビュープラスカード(学生や新社会人にオススメNO1のVISAカード)

  • VISA
  • 1,250円 (税抜)
  • ポイントが貯まる/スピード発行/ショッピング保険が充実/

ANA VISAカード(ANAマイルを貯める代表格カード)

  • VISA/MasterCard/
  • 2,000円 (税抜)
  • ポイントが貯まる/マイルが貯まる/

三井住友VISAクラシックカード (安心して使える王道カード)

  • VISA/MasterCard/
  • 1,250円 (税込)
  • スピード発行/海外旅行保険が充実/ショッピング保険が充実/