電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

三井住友カード デビュープラス(新規募集終了)の特徴

三井住友カード デビュープラス
基本情報
国際ブランド VISA
年会費 1,375円 (税込) 初年度無料。2年目からは通常1,375円だが、前年度に1回でも使っていれば無料になるので実質完全無料。
還元率1% セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドなど対象店では最大5.5%。学生なら学生ポイントでサブスクサービスで10.5%還元、LINE Payが使えるところならチャージ&ペイで3.5%還元。
ポイント名Vポイント レート:基本200円の買い物で2Vポイントが貰える。
Apple Pay iD / Visaのタッチ決済
Google Pay iD / Visaのタッチ決済
電子マネー/タッチ決済(NFC)
  • iD (追加発行のカードタイプもおサイフケータイタイプもあり)
  • Visaのタッチ決済 (付帯)
詳細 公式サイト
三井住友カード デビュープラスは2022年5月末で新規募集を終了しました。長い間発行されてきたカードですが、学生向けのクレジットカードは三井住友カード NLに一本化された形です。ただ三井住友カード NLは通常時の還元率は0.5%なので、常時還元率1%の年齢制限カードとしてはJCB CARD Wが代替として近いかと思います。ご参考まで。

以下、新規募集は終了しているものの、以前に作って現在も利用している方はいらっしゃるので残しておきます。

三井住友カードの中で18歳以上25歳以下の方のみが発行できたクレジットカードがこの三井住友カード デビュープラスです。「初めて持つならこのカード」というCMでもおなじみでした。

三井住友カード デビュープラス

三井住友カードは、三井住友の名称から連想できる通り、銀行系と呼ばれる審査が厳しめのクレジットカードの枠に入りますが、この学生、若者専用の三井住友カード デビュープラスは年齢制限さえクリアしていれば大丈夫で使い勝手が良く人気でした。

若いうちは三井住友カードってポイント面で地味かも、という考えが脳裏に浮かんだりするかもしれませんが、この三井住友カード デビュープラスに関して言えば、ポイント面でも比較的優秀だったので・・・。

カードフェイス(カードの柄のこと)もシンプルでカード番号などは裏側に記載されているデザインです。

三井住友カード デビュープラスの年会費は実質無料

種類初年度2年目以降
三井住友カード デビュープラス無料年に1回でも利用すれば無料利用しなければ1,375円(税込)
ETCカード無料年に1回でも利用すれば無料利用しなければ550円(税込)

三井住友カード デビュープラスは初年度は年会費が無料で、次年度からは年に1回使えば年会費は無料(通常1,375円)になります。なので、実際は使い続けている限り無料で利用可能です。

ドライブに行く方は、ETCカードも仕組みはカード年会費と同様で、初年度は年会費が無料で、次年度からは年に1回使えば年会費は無料(通常550円)になります。なので、こちらも実質無料で使うことができた形です。

三井住友カード デビュープラスのポイント制度は大人の2倍

種類通常ポイント
三井住友カード デビュープラス200円で2ポイント
社会人向け三井住友カード(通常カード)200円で1ポイント

三井住友カード デビュープラスはポイントが通常の社会人が使っている三井住友カードの2倍貯まります。

貯まるポイントはVポイントという名前のポイントで、通常200円で2ポイント貯まります。

基本的に1ポイント=1円で利用可能です。

対象店でタッチ決済を使えば+4.5%還元(最大5.5%還元)

セブン-イレブン、ローソン、ファミマ、マクドナルドなどの対象店ではポイントアップの制度が用意されています。

三井住友カードは、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで、VISA決済(通常のクレジットカード決済)、Apple PayのiD決済、Visaのタッチ決済、Google PayのiD決済、Visaのタッチ決済をすれば、通常のポイントに加えてさらに+4.5%分のポイントが貯まります。

三井住友カード デビュープラスは何もしなくても基本ポイントが社会人向けカードの2倍貯まるので合わせると対象店では還元率が最大5.5%還元になります。

対象店は以下の通りです。

セブン−イレブン、ローソン、セイコーマート、ポプラ、マクドナルド、すき家、ココス、はま寿司、サイゼリヤ、ドトール、エクセシオール、ガスト・ジョナサン・バーミヤンなど(すかいらーくグループ)
種類ポイント還元
通常ポイント0.5%
三井住友カード デビュープラス常時2倍+0.5%
対象店でタッチ決済+4.5%
合計最高5.5%

通常の三井住友カードよりも0.5%分高くなる形です。

家族ポイントで最高+5%

三井住友カードには家族ポイントという制度があり、2親等以内の家族が三井住友カードをお持ちの場合、招待する、もしくは、招待されることで、上記対象店でのポイント還元率がアップします。

招待1人あたり+1%で、最高+5%です。

サブスク、ケータイ料金、QRコード決済(LINE Pay)が超お得な学生ポイント

三井住友カードでは学生向けにサブスク、ケータイ料金、QRコード決済でお得になる「学生ポイント」というサービスを行っています(2022年2月から開始した)。

サービス対象サービス学生ポイント+デビュープラス
サブスクAmazonプライム最大10.5%還元利用金額200円(税込)につき、+9.5%がポイント還元+デビュープラス特典で通常ポイント2倍
DAZN
hulu
U-NEXT
LINE MUSIC
ケータイ料金au最大2.5%還元利用金額200円(税込)につき、+1.5%がポイント還元+デビュープラス特典で通常ポイント2倍
povo
UQ mobile
docomo
ahamo
SoftBank
LINEMO
Y!mobile
LINE MOBILE
y.u mobile
QRコード決済LINE Payチャージ&ペイ最大3.5%還元利用金額200円(税込)につき+2.5%が還元+デビュープラス特典で通常ポイント2倍
分割払い手数料全額ポイント還元

三井住友カード デビュープラスの通常ポイント2倍の特典と重複可能です。

街中のお店でLINE Payが使えるところでは常時還元率3.5%なのは強い。

選んだお店では、還元率が1.5%になる

種類ポイント
通常ポイント200円で1ポイント
三井住友カード デビュープラス常時2倍+200円で1ポイント
選べるポイントアップ店+200円で1ポイント
合計200円で3ポイント

三井住友カードではポイントが2倍になるお店を自分で3つ選ぶことができるという特約店制度があります。

三井住友カードの特約店選択画面

どれでも好きなお店から3つ、というわけではなく、三井住友カードが挙げているチェーン店の中から3つを選択します。

  • コンビニ・・・アズナス・デイリーヤマザキ
  • スーパー・・・イズミ・イズミヤ・西友・阪急オアシス・ピアゴ・平和堂・ヤオコー・ライフ・京急ストアetc
  • ドラッグストア・・・クリエイト・トモズ・マツモトキヨシetc
  • カフェ・ファーストフード・・・スターバックスオンラインチャージ・ファーストキッチン・プロント

これらの中から3つを選んで特約店とすることができます。

これらのお店では通常ポイントが+1倍に加えてデビュープラスのポイントアップ+1倍で、合わせると還元率が1.5%です。

基本的に通常のカード払いの他に、iDが使えるお店ならiDも、NFC Payが使えるお店ならVisaのタッチ決済も対象ですが、一部ポイントアップ対象にならない支払い方法もあるので、事前に公式サイトからチェックしておきましょう。↓のように利用可能ブランドが掲載されています。

三井住友カードの選べる特約店の利用可能ブランド

ポイントアップ店は一度設定したら90日間は変更できませんのでよく使う店舗を選びましょう(選択した当日なら変更可能)。

学生であればLINE Payが使えるお店は学生ポイントでLINE Pay払いのほうがお得なので、「普段良く使っていて」かつ「LINE Payが使えないお店」を選択すると良いと思います。

Amazonや楽天などネットショップでの買い物でポイントが貯まりやすい

三井住友カード デビュープラスはポイントUPモールという専用のオンラインショッピングモールが用意されています。

ネットショッピングをよくご利用になる方であれば、

  1. まずポイントUPモールに行く。
  2. ポイントUPモールから特定のネットショップに行く(専用リンクをクリック)
  3. 普通に買い物

という手順を辿ることで、0.5%×◯倍(利用するサイトによって違います)でポイント還元率が数倍になります。Amazonでもファッション関係のものはポイント9倍ですから、還元率にするとなんと4.5%です。

クレジットカードを初めて作る学生の方はポイント還元率が4.5%だと聞いてもピンと来ないかもしれませんが、通常1%の還元率があったら高還元率カード、1.5%の還元率があったら超高還元率カードの仲間入りなので、4.5%(100円の買い物で4.5円分のポイント)というのはかなりお得だということです。

Apple Pay、Google Payともに登録可能

三井住友カード デビュープラスは、Apple Pay、Google Payいずれでも登録可能です。

ともに、iD、Visaのタッチ決済として利用可能です。Google Payの場合、会員アプリのVpassアプリ経由で登録しないとVisaのタッチ決済として登録できないのでご注意ください。

カードをタッチするだけで支払いが完了する「Visaのタッチ決済」も付帯

三井住友カードは国際ブランドのVISAが世界中で提供しているNFC Pay(Type A/B)の非接触決済であるVisaのタッチ決済が付与されています。

VisaがCMなどで「タッチタッチ♪」などと連呼しているあの決済方法です。このVisaのタッチ決済アメリカやヨーロッパでも多くの場所で使えます。一定額まではカードを差し込んで4桁の暗証番号(PIN)を入力する必要がないので、特に海外では重宝するはず。

日本でもセブン-イレブン、ローソン、マクドナルドなど多くの場所で使えるようになっています。

三井住友カード デビュープラスの審査は難しいの?

三井住友カード デビュープラスは若者向けであるがゆえに、審査は難しくはありません。学生の方でこれまで審査に落ちたという方はほとんど聞いたことがないくらいです。

利用限度額は低めですが、その分、若者向けに特化して、クレジットカードの敷居を下げているカードです。

ただし、これまでケータイ料金の支払いの延滞が続いていたりする方はもしかしたら落ちてしまう可能性はあるかと思います。

卒業後はどうなるの?

この三井住友カード デビュープラスは卒業後、26歳以降には自動的に三井住友カード プライムゴールドというカードに切り替わります。ゴールドカードの一歩手前のカードです。ステータスが欲しい方はそのまま移行するも良し。

デビュープラスの切り替え

ただ年会費が高くなるので、別にステータスよりも普通で良いという方は通常の三井住友カード(条件次第で年会費無料)にもできます。

きちんと支払いをして信用を貯めていきましょう。

まとめ

最初にも申し上げましたが、学生のうちに作るのにおすすめのカードでした(2022年5月末追記)。今持っている方は有効期限までは使えるのでラッキーかと。

おすすめするポイントとしては上記に挙げたポイントやデザインなどの諸々の機能以外にも、細かいところでいうと、三井住友カードはアプリが使いやすい明細が見やすいという点もあります。

これは色々なカードを使ってみてようやくわかることなのでまだこのページを読んでくださっている方はピンとこないかもしれませんが、クレジットカードは専用アプリや管理画面の使いやすさがカード会社によって異なります。そして、専用アプリや管理画面にログインしたくなるようなカードじゃないと結局使わなくなってしまいます。

また、明細も三井住友カードは基本的に使ったお店が漢字表記で出てきますが、カード会社によってはカタカナ表記でわかりにくいところも多々あります。

三井住友カード デビュープラスの付帯保険・追加カード等

その他保険
  • お買物安心保険 不正利用されてもその分を100万円まで補償してくれる保険。
ETCカード 年会費:550円 (税込) 年会費と同様に、初年は無料で、次年度からは前の年に1回でも使っていれば無料。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • モバイルSuica (付かない(Google PayのSuicaはポイント満額付与対象))
  • モバイルPASMO (付かない)
  • 楽天Edy (付かない)
  • WAON (付かない)
現金いらず.com 運営チーム
著者:現金いらず.com制作チーム
2014年から9年以上の間、日々キャッシュレスの情報を集め、店舗やサービスで試しては情報を共有し続けている現金いらず.com運営チームです。Xアカウント:@nogenkin(フォロワー1.9万人)でも日々情報を共有しています。