電子マネー、スマホ、クレジットカード、暗号通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ビューカード発行のクレジットカードの特徴と一覧

ビューカードはJR東日本グループのクレジットカード。Suicaが付いたクレジットカードを発行しています。Suicaのオートチャージ機能を利用するためにはこのViewカードを作る必要があります。

ラインナップは、ビックカメラSuicaカード、ビューSuicaカードがメインで、その他、ルミネカードやアトレビューSuicaカード、大人の休日倶楽部ミドルカードなど。

ビューカードはどれも年会費がかかってくるのが特徴。ただし、主要なカードは年会費が実質無料にするのは用意です。

例えば、ビューSuicaカードは年会費が477円(税別)でかかってきますが、明細書をWEB明細書にすると年会費以上のポイントが貯まります。また、ビックカメラSuicaカードやアトレViewSuicaカードなどは初年度無料で次年度からは477円(税別)ですが、年に1回でも利用すれば無料です。

【ポイント】ビックカメラSuicaカードとビューSuicaカードの違い

Viewカードの中で人気なのはビックカメラSuicaカードとビューSuicaカードです。どちらもSuicaのオートチャージは利用可能ですし(Apple Payなどに登録してもオートチャージできる)、年会費も無料にできます。

よって、選ぶポイントはポイント還元率を重視するか定期券と一体化していることを重視するか、です。

ビックカメラSuicaカードはどこで使ってもビックカメラのビックポイント(0.5%)と、ビューサンクスポイントのポイント(0.5%)がダブルで貯まり合計で1%の還元率です。一方で、ビューSuicaカードはビューサンクスポイントの0.5%の還元率になります。

Suicaにチャージをした際の還元率はいずれも通常の3倍(1.5%)のビューサンクスポイントで、ここは両者ともお得度は変わりませんが普段から使う方でポイント重視ならビックカメラSuicaカードがおすすめです。

ただし、ビックカメラSuicaカードは定期券と一体化できないので、定期券と一体化したクレジットカードが欲しい方はビューSuicaカードがおすすめです。ルミネなどを利用される方はルミネカードもおすすめ。ご自身の用途に合わせて選んでみましょう。

JALカードSuica(マイルとビューサンクスポイントが貯まる)

  • JCB
  • 2,000円 (税抜)
  • マイルが貯まる

ビューゴールドプラスカード(東京駅のビューゴールドラウンジの利用権利と豪華な利用特典)

  • JCB
  • 10,000円 (税抜)
  • ポイントが貯まる

大人の休日倶楽部ミドルカード(50歳以上の鉄道の旅好きの方ならお得)

  • VISA/MasterCard/JCB/
  • 2,575円 (税込)
  • 割引サービス
男性は50歳以上65歳未満、女性は50歳以上60歳未満限定の鉄道旅で嬉しい特典満載のカード。

ビックカメラSuicaカード(ビックカメラでポイント満額+オートチャージ機能の人気カード)

  • VISA/JCB/
  • 477円 (税抜)
  • ポイントが貯まる

「ビュー・スイカ」カード(交通系最強のSuicaとの組み合わせで移動と買い物のダブルで便利)

  • VISA/MasterCard/JCB/
  • 477円 (税抜)
  • ポイントが貯まる

ルミネカード(ルミネ利用者必携のSuica機能付きクレカ)

  • VISA/MasterCard/JCB/
  • 953円 (税抜)
  • ポイントが貯まる/割引サービス/