電子マネー、QRコード決済(バーコード決済)、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • タッチ決済
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

楽天カード発行カードの特徴(Apple Pay / Google Payの対応状況など)と一覧

楽天カードの実物

楽天カードは楽天グループの楽天カード株式会社が発行するクレジットカードのブランド。

2022年の日本のクレジットカードの取引額は93.8兆円に対して楽天カードは20兆円を超えているので、圧倒的なシェアを誇るクレジットカードだと言えます。

2021年末にカードデザインを変更し、番号が裏面になりました。

楽天カードが発行するクレジットカードはApple Payに対応してる?

→楽天カードが発行するクレジットカードはAMEXブランドを以外はApple Payに対応しています。

カードを登録すると以下の支払い方法が可能です。

  • QUICPay
  • Visaのタッチ決済(Visaブランド)
  • Mastercardコンタクトレス(Mastercardブランド)
  • JCBのタッチ決済(JCBブランド)

American Expressブランドの楽天カードは未対応なのでご注意ください。

楽天カードが発行するクレジットカードはGoogle Pay(Google ウォレット)に対応してる?

→楽天カードが発行するクレジットカードはGoogle Pay(Google ウォレット)に対応しています。

Google ウォレットに登録をすることで以下の支払い方法が利用可能です。

  • QUICPay

AMEXブランドは未対応です。

Googleウォレットではないですが、Androidの楽天ペイアプリから設定すれば「Visaのタッチ決済」「Mastercardコンタクトレス」も利用は可能です。

楽天カードが発行しているクレジットカード一覧(プロパーカード)

カード名年会費(税込)
楽天カード完全無料
楽天ゴールドカード2,200円
楽天プレミアムカード11,000円
楽天PINKカード完全無料
楽天ブラックカード33,000円
楽天カード アカデミー完全無料
楽天ビジネスカード2,200円
楽天ANAマイレージクラブカード初年度無料、次年度550円、年に1回でも使えば次年度無料。
  • 通常の楽天カードはデフォルトで楽天市場でポイント3倍のクレジットカード。
  • 楽天ゴールドカードは2,200円の年会費でハワイなど一部のラウンジ利用も可能なカード。
  • 楽天プレミアムカードは楽天市場でポイントが+2倍になります。また、プライオリティパスが付くので世界各国のラウンジが利用可能です。年会費が1万円でプライオリティパスが利用できるカードは殆ど無いです。
  • 楽天PINKカードは女性用のクレジットカードで+300円ほどの女性向けの各種保険をオプションとして追加可能なカード。
  • 楽天カードアカデミーは学生限定のポイントアップ特典が付くカード。
  • 楽天ANAマイレージクラブカードはマイルを貯めるかポイントを貯めるかを選択できるカード。
  • 楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードの追加カード。楽天ビジネスカード単体での申込みはできません。
  • 楽天ブラックカードはインビテーション(招待制)の最上位カード。

楽天カードのポイントシステム

楽天カードのポイントシステムは楽天ポイントです。

通常は100円で1ポイントが貯まります。楽天市場で使えばポイント還元率は最低でも3%になります。さらに条件を満たすことでポイント還元率は13%を目指せます(楽天モバイルの利用と楽天アプリの利用が必要。楽天プレミアムカードなら最大で15.5%になる)。

楽天ポイントは1ポイント1円で楽天市場で利用可能ですし、電子マネーの楽天Edyにも交換可能なので使い道には困りません。

ポイントで支払いというサービスが開始され、期間限定ポイントや楽天キャッシュを除く、通常のポイントはカードの利用代金に1ポイント=1円で充当できる仕組みも導入されています。

楽天カードの発行するETCカード、家族カード

楽天カードのETCカードは年会費が550円(税込)です。楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカードの追加カードとして発行すれば年会費が無料になります。通常の楽天カードでも楽天ポイントクラブのランクがプラチナ、ダイヤモンドだとETCカードは年会費無料で発行できます。

家族カードは通常の楽天カードは無料で発行可能、ゴールド以上は有料で発行可能です。

楽天カードは2枚持ちが可能

楽天カードは2枚目の発行も可能になっています。例えば、1枚目でVisaだった場合、2枚目でJCBを持つことも可能です。

引き落とし口座を分けることも可能になっています。

楽天カードアプリでカード番号が確認可能

楽天カードはアプリでカード番号を確認する機能が付帯しています。

楽天カードの番号をアプリから確認

2023年12月から対応しました。

表示サービスはアプリ上から最初に申し込みが必要です。解除も可能になっています。

サインパネルレス(Visaブランドのみ)

楽天カードではVisaブランドではカード裏面にサインパネルがありません。

2023年12月から廃止されました。Mastercardブランドでは引き続きサインパネルが付帯します。

楽天ブラックカードの特徴

  • VISA / Mastercard / JCB / American Express /
  • 33,000円 (税込)
  • ポイントが貯まる/海外旅行保険が充実/国内旅行保険が充実/ショッピング保険が充実/

楽天ゴールドカードの特徴

  • VISA / Mastercard / JCB /
  • 2,200円 (税込)
  • ポイントが貯まる/スピード発行/海外旅行保険が充実/

楽天プレミアムカードの特徴(2025年からはラウンジサービスの改悪あり)

  • VISA / Mastercard / JCB / American Express /
  • 11,000円 (税込)
  • ポイントが貯まる/スピード発行/海外旅行保険が充実/国内旅行保険が充実/

楽天カードの特徴

  • VISA / Mastercard / JCB / American Express /
  • 完全無料
  • ポイントが貯まる/スピード発行/海外旅行保険が充実/