電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Suicaについて

Suica

チャージ限度額 20,000円
チャージ単位 500円、1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円の中から選択(パソコンからチャージをすれば1,000円以上なら1円単位でチャージも出来る)
一回当たりの最大チャージ額 10,000円
チャージの方法 駅券売機での現金チャージ(カードタイプのみ)/クレジットカードチャージ(ビューカードでのみ可能)/オートチャージ対応(ビューカードのみ)/コンビニ(店頭での現金チャージ)/銀行振込(モバイルSuicaのみ)
公式HP http://www.jreast.co.jp/suica/

Suicaの種類

JR東日本が発行する交通系電子マネーの代表であるSuica。一言にSuicaと言ってもいくつかの種類があります。

カードタイプ(MySuica、Suica)

一般的なカードタイプのSuicaにも大きく分けて3つの種類があります。記名式のMySuicaと無記名のSuica、定期券タイプです。

まず、記名式のMySuicaと無記名のSuicaに関してですが、両者ともデザインは同じで、駅の券売機で購入することが出来る、デポジット金額がかかる(同額500円)、というのが共通点。

違いは、購入時に氏名や生年月日などを入力するか否かです。氏名を入力するMySuicaなら紛失をしても返って来ます。

定期券タイプのSuicaはMySuica+定期券機能がついたタイプ。こちらも駅の券売機やみどりの窓口で購入することが出来ます。

クレジットカード一体型タイプ(ビューカード)

ビューカードとはJR東日本の子会社が運営するクレジットカードブランド。Suica一体型ビューカードやビックカメラスイカカード、ルミネカードなどを発行しています。

これらのビューカードはSuica機能が付帯しており、定期券としても利用できます。つまり、クレジットカード機能+Suica+定期券、という機能が全て一枚になった非常に利便性が高いカードです。

モバイルSuica

モバイルSuicaは基本的にはおサイフケータイ対応のものでしか使えません。設定をしてケータイを改札、もしくはSuica対応の読み取り機にかざせばOK。わざわざお財布やカード入れを出さなくてもスマホ一台で全て完了します。

また、1ヶ月前に券を購入しておかないといけませんが、モバイルSuica会員だけの特典として特急券が割り引きになるモバトク、スーパーモバトク(モバトクよりも利用制限あり、お得度大)も利用可能になります。

モバトク、スーパーモバトクの割り引き度

チャージもクレジットカードや銀行口座から可能ですし、履歴や残高確認も一元管理が出来るので、カードタイプのSuicaとモバイルSuicaは完全に別物と考えて良いくらい利便性が違ってきます。

ただしモバイルSuicaに登録するためには年会費1,000円(税別)が必要(ビューカードをお持ちの方なら年会費は無料)。クレジットカードチャージは出来ないが年会費無料で利用できるEasyモバイルSuicaというプランもあります。

Suicaで貯まるポイント

Suicaポイントクラブ

Suicaは日常的にカードタイプだけを使っているとポイントが貯まることを知らない方も多いのですが、Suicaポイントクラブに会員登録をすればポイントが貯まります。

無記名式のSuica以外をお使いなら誰でも登録が可能です。

登録をしてKIOSKを始めとした加盟店でSuicaで支払えば自動的にSuicaポイントが貯まります。貯まったポイントは100ポイント100円として電子マネーのSuicaに替えることが出来ます。

【番外編】iPhoneでモバイルSuicaのような使い方をする方法

iPhoneでSuicaを使う方法

iPhoneにはおサイフケータイの機能がついていないため、おサイフケータイのように使おうと思ったら別途用意しなければいけないものがあります。カードリーダーのPaSoRiです(価格は4,000円前後・・・)。

また、専用のiOSアプリの「Suicaアプリ」も用意をする必要があります。Suicaアプリを起動し、PaSoRiとBluethoothで接続してPaSoRiの側面に記載されている専用のパスキーを入れれば準備完了。

このPaSoRiとSuicaをiPhoneケースに一緒に入れておけばその場でクレジットカードからチャージをすることが出来ます。ただし、チャージ出来るクレジットカードは現状ビューカードのみです・・・。

Suicaが使えるお店

Suicaは未だに駅ナカでしか使えないというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、ほとんど全てのコンビニや、幅広い飲食店やエンターテイメント施設でも使えます。

交通系インフラを握っているだけではなく、各種交通系電子マネーが相互利用可能になったことでその利用範囲はますます拡大しています。ゲーム機の3DSでまでSuicaで支払いが出来る時代です。

今後、楽天Edyなどのその他電子マネーとどのように競っていくのか要注目。