電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Suicaのチャージ方法

Suicaのチャージ画面

Suicaへのチャージ方法は、カード型・一体型SuicaとモバイルSuica(Suicaアプリ)に登録したSuicaで多少異なってきます。

カード型・一体型Suicaへのチャージ

Suica

カード型Suicaへのチャージは、以下の3種類があります。

  • ビューカードでのチャージ(オートチャージ)
  • JRE POINTからのチャージ
  • 現金チャージ

カード型・一体型Suicaにはビューカード以外のカードからはチャージできません。

自動券売機・VIEW ALTTEでは、ビューカードからSuicaカードへもチャージすることが可能です。複数枚のSuicaでもそれぞれチャージできます。しかし、ビューカードでのオートチャージは、1枚のビューカードにつき1枚のSuicaカードにしかリンクできないのでご注意ください。

JRE POINTからのチャージは、まずJRE POINTのWebページでチャージを申し込み、JR東日本の駅の券売機で「ポイントチャージ」を選択し、ポイントチャージ額を受け取る形になります。

JR東日本の駅券売機でチャージする場合、500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円と、一定の額しかチャージできませんが、一部の私鉄の駅券売機・精算機では、10円単位で任意の額をチャージすることができます。

モバイルSuica(Suicaアプリ)に登録したSuicaへのチャージ

モバイルSuica

モバイルSuica(iOSならSuicaアプリ)へのチャージは、以下の3種類があります。

  • 各種クレジットカードからのチャージ(ビューカードからのオートチャージ)
  • Apple Pay / Google Pay経由でのチャージ
  • JRE POINTからのチャージ
  • 現金チャージ

モバイルSuicaのチャージの場合、カードタイプのSuicaと違って、アプリで残高を確認し、足りないと思ったらいつでも様々なクレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイドカードからチャージ可能です。もちろん、電波が届かない圏外の場所ではチャージできませんのでご注意を。ちなみに、チャージ時のデータ通信量は0.1MBにも満たないので、通信量を節約している方でも、気にする必要のないレベルではないでしょうか。

オートチャージに関してはビューカードのみ対応です。また、深夜2:00~4:00の間はメンテナンスのためチャージできません。

Apple Pay、Google Payに登録すれば、それぞれのアプリで各種カードからチャージをすることもできます。UI的にもモバイルSuica(Suicaアプリ)よりもApple Pay、Google Payのほうが優れているので、オートチャージなどの設定でなければ基本的にApple Pay、Google Pay上で行うことをおすすめします。ただし、Apple Payの場合はVisaブランドのカードからはチャージできません。

Apple PayとGoogle PayのSuica

JRE POINTからのチャージは、JRE POINTのWebページでチャージを申し込むと、Suicaポケットと呼ばれる一時保管所に保管されます。モバイルSuicaのアプリ(Suicaアプリ)から受け取ることができます。SF電子マネー(Suicaアプリの場合はチケット購入・Suica管理→SF(電子マネー)管理)→Suicaポケット一覧から受け取ることが可能です。

Suicaポケット一覧を選択

Suicaポケットの一覧

モバイルSuicaを現金でチャージする場合ですが、基本的にはコンビニなどの店頭でチャージすることになります。ただし、最近はモバイルSuica利用者が増えてきたため、上にカードや携帯電話を載せるタイプの券売機が増えており、このタイプの券売機であればモバイルSuicaへもチャージ可能です。

なお、以前は銀行口座からのチャージも出来ましたが、2019年9月に廃止されています。

オートチャージについて

Suicaのオートチャージ設定

オートチャージは残高が◯円以下になったときに自動的にチャージをするという仕組みです。

Suicaのオートチャージは以下の3種類の方法で利用可能です。いずれにせよ、ビューカード発行のカード保有者のみが利用することができます。

ビックカメラSuicaカード

具体的にはJREカード、View Suicaカード、ビックカメラSuicaカード(↑の画像)などです。

  • Suicaカードとビューカードを紐付けて使う(駅のATM「VIEW ALTTE」で設定変更可能)
  • ビューカードに付帯したSuicaを使う(駅のATM「VIEW ALTTE」で設定変更可能)
  • モバイルSuicaでビューカードを紐付けて使う(アプリ上から設定変更可能)

    モバイルSuicaであれば↓のようにスマホから簡単にオートチャージの設定を変更することができるので、他の方法のようにわざわざVIEW ALTTEまで出向かなくて良くて、最も楽かと思います。

    モバイルSuicaでオートチャージの設定変更

    オートチャージの際の注意点

    オートチャージは、Suica・PASMOエリア内の自動改札機を通った際に実行されます。ICOCAなど、その他交通系ICカードのエリア内の自動改札機はオートチャージ非対応です。(例:地下鉄新大阪駅ではオートチャージされない)

    また、Suica・PASMOエリア内であっても、

    • 簡易改札機 (ICカードをタッチする部分だけの、小さな改札機)
    • 連絡改札 (別の鉄道会社線に直接乗り換えできる改札口。新宿駅や品川駅などに存在する)
    • バスの読み取り機
    • SF(物販)利用

    ではオートチャージが実行されません。

    また、1日に2万円以上のオートチャージもできません。

    1枚のビューカードにリンク可能なSuicaは「カード型・一体型・モバイルSuica」でそれぞれ1枚のみです。カード型のSuicaとモバイルSuicaを併用している場合は両方にオートチャージできますが、カード型Suicaを2枚併用している場合などでは、いずれか片方にのみオートチャージを設定することが可能です。