電子マネー、スマホ、クレジットカード、仮想通貨で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

Amazon MasterCardクラシック/ゴールド(Amazonが自ら発行するクレジットカード)

Amazonは日本で三井住友と提携して、オリジナルのAmazon MasterCard(アマゾンマスターカード)というクレジットカードを発行しています。Amazonの段ボール箱のデザインのこのクレジットカードはクラシックとゴールドのラインナップが用意されています。

このAmazon MasterCardは本当に申し込んで良いクレジットカードなのか。クラシックとゴールドのどちらが良いのか。そもそもクラシックとゴールドの2択で迷い始めたらAmazonの術中にハマっているのではないか。といったことを見ていきたいと思います。

Amazon MasterCardの年会費&元を取るための方法

Amazon MasterCardクラシックの年会費は初年度無料で次年度は1,250円(税別)です。しかし、1年以内に1回でもクレジットカードを使えば、年会費は無料になるので、実質ずっと無料で使うことが出来ます。ただし、還元率を2%にするためにはAmazonプライム(年会費3,900円)に加入する必要があります。

Amazonのコメント欄でも議論が起っているのはAmazon MasterCardゴールドです。

Amazon MasterCardゴールドの年会費は10,800円(税込)です。三井住友の提供するリボ払いサービスのマイ・ペイすリボに登録をすれば半額(5,000円の割引)になり、さらに、利用明細を郵送ではなくWEBで確認するのみにすればさらに1,080円の割引で、年会費は最大で6,480円の割引、年会費は10,800円-6,480円=4,380円(税込)になります。

さらに、Amazon MasterCardゴールドは、3,900円のAmazonプライムの年会費も含んでいるので、すでにAmazonプライムに入っている方、Amazonプライムが日常の必要経費になっているような方は、最安で4,380円-3,900円=480円(税込)のみで利用可能という見方もできます。

【補足】マイ・ペイすリボってリボ払いのサービスだよ

ここまで読むとAmazonゴールドマジ最高!ってなるのですが、注意したいのは年会費が半額になる三井住友の提供するマイ・ペイすリボというのはリボ払いのサービスです。

リボ払いについて詳しく言及することは避けますが、簡単に説明すると、月々一定額しか支払えない、しかも利子付きなので、普通に使ったら一括払いに比べて大損します。

マイ・ペイすリボの設定で、支払いコースで月々の支払額を支払い限度額と同等に設定すれば、通常の一括払いと同じように利用可能です。

マイペイすリボの支払いを月々の利用限度額と同等にする設定する画面

なので、損はなくすことができるのですが、なんとなくリボ払いが嫌だという方もいるかもしれないので、年会費半額のためにはこの作業が必ず必要になるということは覚えておきましょう。

Amazon MasterCardのポイントはどのくらいお得なのか?

Amazon MasterCardクラシックは、Amazonで使うとプライム会員は還元率2%分のポイントが貯まります(プライム会員以外だと還元率1.5%)。

Amazon MasterCardゴールドカードは、Amazonで使うと100円で還元率2.5%分のポイントが貯まります(自動的にプライム会員)。

ゴールドカードになると、Amazonでの利用で0.5%分ポイントが増える形です。

Amazon以外のお店で使った際には還元率は1%です。リアル店舗でポイントが貯まりやすい特約店などは用意されていません。

楽天カードとの比較

ネットショッピングでお得なクレジットカードの代表、楽天カードとAmazon MasterCardを比較してみましょう。

カードの種類 年会費 Amazon/楽天市場で使った際の還元率 その他のお店で使った際の還元率
Amazon MasterCardクラシック 初年度無料/次年度1,250円(税別)
年に1回でも使えば次年度無料。
2% 1%
楽天カード 完全無料 3%−
最低でも3%。最高で10%+ショップ毎のボーナスあり。
1%
Amazon MasterCardゴールド 10,000円(税別)
最大で6,480円引き。プライム会員の費用含む。
2.5% 1%
楽天ゴールドカード 2,000円(税別) 5%-
最低でも5%。最高で12%+ショップ毎のボーナスあり。
1%

どちらのクレジットカードも自社サイト(Amazon/楽天市場)以外で使った際の還元率は1%です。

自社サイトでの還元率は、Amazon MasterCardクラシックで2%、楽天ゴールドカードは4%なので、2倍ポイントが貯まる楽天カードに軍配が上がります。

どちらのサイトもなんでも購入可能なので、ポイントのことだけを考えれば、楽天市場で楽天カードを使って決済をしたほうがお得だといえます。

Amazon MasterCardゴールドは大学生や専門学校生にはおすすめできない

Amazon MasterCardゴールドに申し込むと、学生にお得なAmazon Studentは退会扱い(大人向けのAmazonプライム会員)になってしまいます。

学生の方はそこまで利用額が多いわけではないでしょうし、何よりAmazon Studentのほうが絶対にお得なのでゴールドには申し込まないようにしましょう。

Amazon MasterCardで貯まったポイントの交換

Amazon MasterCardで貯まったポイントはAmazonのアカウントのポイントとして貯まり、1ポイント=1円でAmazonでの買い物に利用可能です。

Amazonのポイント

このポイントはAmazon MasterCardに申し込む際に紐付けられたAmazonアカウントに貯まります。作る方は普段からお使いのアカウントで申し込むようにしましょう。

使い道に困ることはまずないといえるでしょう。

Amazon MasterCardの旅行保険

Amazon MasterCardクラシックは旅行保険は一切付帯していません。

Amazon MasterCardゴールドは国内旅行保険、海外旅行保険が最高5000万円分が利用付帯、最高1000万円分は自動付帯で付帯しています。

ゴールドなら一般的なゴールドカード並に付帯保険が付いているといえるでしょう。

Amazon MasterCardはAmazonで1番お得なのか?

Amazon MasterCardはAmazonで買い物をする際に1番お得なのか?という問に対しての答えは「Yes」です。Amazonで還元率が2%(プライム会員時、ゴールドなら2.5%)になるクレジットカードはなかなかありません。以前はAmazon MasterCardクラシックの還元率は1.5%だったのですが2%に上がってだいぶお得になりました。

よくAmazonが発行するクレジットカードはおすすめできないという記事を見かけますが、それはあくまで還元率が1.5%だったときの話。1.5%ならもっとお得なクレジットカードがあったのですが、今は2%に上がってAmazonでの還元率だけ見れば追随できるカードはありません。

ただし、これはあくまでAmazonに限った話なのと、Amazon MasterCardクラシックは年会費こそ無料で使えますが、2%の還元率はプライム会員(3,900円)であることが必須条件なのをお忘れなく。

ぶっちゃけ、Amazon MasterCardは作っても良いのか?作るならクラシックとゴールドどっちが良いの?

他のサイトやお店でも買い物をすることを考慮すると、作って良いのかどうかは悩ましいかと思います。楽天カードのように還元率が4%以上だったら作っても良いとは思うのですが、2%だと悩ましいラインかなと・・・。海外でAmazonが発行しているクレジットカードは還元率が5%になる(しかも年会費無料)のものがあるので、日本でも発行されることを期待しましょう・・・(まだ日本で発行されるというニュースはありませんが、発行されたらどのクレジットカードも敵わないと思います)。

他の場所で使った際には還元率は1%と平均的なので、作るならあくまでAmazon専用カードとして持っておくことをおすすめします。

また、プライム会員に加入しているAmazonのヘビーユーザーの方がもしも作るのであれば、プライム会員の年会費との差額で480円(最安)ほど年会費はかかりますが、Amazon MasterCardゴールドカード一択だと言えます。ぶっちゃけ、Amazon MasterCardクラシックなら作る意味は殆どないかなと。還元率2%ではプライム会員の年会費の元が取れません。

Amazon MasterCardを作らないという方向けの別の選択肢として、財布の中にカードが増えるのが嫌な方は、オリコカードザポイントもおすすめ。オリコカードザポイントなら、ネットモールを経由することで、Amazonで買い物をしても1.5%、楽天で買い物をしても1.5%なので、どちらで買い物をしても平均的に還元率が高くなります。

カードフェイス Amazon MasterCardクラシック Amazon MasterCardゴールド
カード名 Amazon MasterCardクラシック Amazon MasterCardゴールド
国際ブランド MasterCard
年会費 1,250円 ( 税抜 ) 年に1回でも利用があれば翌年度無料。 10,000円 ( 税抜 ) マイ・ペイすリボ、WEB明細登録で最大6,480円割引。Amazonプライム代金が年会費に含まれる。
ポイント名 Amazonポイント レート:100円で1ポイント(Amazon以外)
海外旅行保険 -なし- 【 自動付帯/利用付帯/ 】 最高5000万円分が利用付帯、最高1000万円分は自動付帯。
国内旅行保険 -なし- 【 自動付帯/利用付帯/ 】 最高5000万円分が利用付帯、最高1000万円分は自動付帯。
その他保険
  • ショッピング保険 年間100万円(自己負担3,000円)
  • 紛失・盗難保険 60日分。
  • ショッピング保険最高300万円(自己負担3,000円)
  • 家族特約(海外旅行)最高1000万円
  • 紛失・盗難保険60日分。
ETCカード 年会費:500円 初年度無料。次年度からは1回の利用で無料。
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付かない)
  • nanaco (付かない)
  • WAON (付かない)
  • モバイルSuica (付かない)
  • SMART ICOCA (付かない)

Amazon MasterCardクラシックの申し込み方法・注意点

Amazonのページから申し込み。

普段お使いのAmazonアカウントと紐付けるためにログインをしてから申し込みましょう。

Next

各種情報を入力して通常通り申し込みをするか、もしくは、即時審査サービスを選択します。

Next

即時審査サービスは、直近でAmazonで買い物をしようとしていて、すぐにAmazon MasterCardを使いたい方向けのサービスです。

9時-19時の間に申し込みをして、指定の引き落とし口座をお持ちの方は即時審査サービスを利用すれば3分で審査が終了します。

といっても、正式なクレジットカードがすぐに発行されるわけではありません。Amazonテンポラリーカードという「一時的なカード」が発行されて、これを使って買い物をすればAmazon MasterCardクラシック/ゴールドのポイントが貯まります

ただし、Amazon MasterCardゴールドのテンポラリーカードの場合、プライム会員にはなれない(正式なクレジットカードが届いたらプライム会員になれる)のでご注意ください。

Next

通常通りの審査が行われた後、Amazon MasterCardクラシック/ゴールドが約1週間ちょっとで到着します。