電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

三井住友カード プラチナプリファード(ポイント特化型なのにプラチナカード)

カードフェイス 三井住友カード プラチナプリファード
国際ブランド VISA
年会費 30,000円 ( 税抜 )
申し込み資格 安定的な収入のある20歳以上の方 学生不可
還元率1% 特約店のプリファードストアでは+1-9%
ポイント名Vポイント レート:100円で1ポイント(通常)
Apple Pay iD
Google Pay iD
電子マネー/NFC
  • Visaのタッチ決済 (付帯)
公式サイト 三井住友カード プラチナプリファードの公式サイトを見る

三井住友カード プラチナプリファードは、三井住友カードが2020年9月から発行を開始したクレジットカードです。

プリファードという言葉がわかりにくい方もいると思いますが、直訳すると推奨されたプラチナとかより好ましいプラチナとかそんな感じですかね。

ステータス的には三井住友カード ゴールドと三井住友カード プラチナの間にあるプチプラチナ的な感じだと考えます。

また、プラチナカードですが、黒とプラチナホワイトという2色が用意されています。

三井住友カード プラチナプリファードのブラックとプラチナホワイト

カード番号などはすべて裏面に記載されています。

その他の三井住友カードのプロパーカードとの違いとして、表面に一切三井住友カードの文字がありません。

三井住友カード プラチナプリファードの実物

Apple Payなどでも出てこないのでシンプルなデザインが好きな方にもおすすめできます。

三井住友カード プラチナプリファードの年会費

三井住友カード プラチナプリファードの年会費は、30,000円(税別)です。

三井住友カード ゴールドと三井住友カード プラチナの中間的な位置づけとなります。

カード名年会費
三井住友カード ゴールド10,000円(税別)
三井住友カード プラチナプリファード30,000円(税別)
三井住友カード プラチナ50,000円(税別)

三井住友カード プラチナはレストラン優待などが多数あり、年会費が高くなっています。

プラチナプリファードは同じプラチナクラスでもそれらの付帯サービスがない分、年会費が抑えられている形と考えて良いでしょう。

家族カードは年会費無料で作ることができます。

三井住友カード プラチナプリファードのポイント(リワード)

三井住友カード プラチナプリファードのキモとなるのはこのポイント部分です。公式サイトではリワードという言い方がされていますが、海外ではポイントシステムは主にリワードと呼ばれます。

貯まるポイントは三井住友カードで貯まるVポイントです。

通常のポイント還元では、100円(税込)で1ポイントが貯まります。1ポイントあたりの価値は1円相当なので通常の還元率は1%です。

さらに、三井住友カード プラチナプリファードには、ポイントが貯まりやすい仕組みがいくつか用意されています。

特約店のプリファードストア

三井住友カード プラチナプリファードでは、ポイント還元率が+1−9%になる特約店、プリファードストアが用意されています。これは他の三井住友カード プラチナやゴールドなどにはない特約店制度です。

業種具体例(+ポイントアップ率)
コンビニセブンイレブン(2)/ ファミリーマート(2) / ローソン (2)/ アズナス(1) / デイリーヤマザキ(1) / ポプラ(1) / セイコーマート(1)
カフェ・ファーストフードマクドナルド(2) / ドトール(1) / エクセシオール カフェ(1) / ウェンディーズ・ファーストキッチン(1) / プロント(1) / モスバーガー(1) / モリバコーヒー(1)
スーパーアピタ・ピアゴ(1) / ゆめタウン(1) / ライフ(1) / エブリイ(1) / 西友(1) / ヤオコー(1) / 京急ストア(1) / 他多数
ドラッグストアココカラファイン(1) / マツモトキヨシ(1) / クスリのアオキ(1) / トモズ(1) / クリエイトSD(1)
交通ETC料金(2) / ANA(1) / JapanTaxi(4)
百貨店大丸松坂屋(2) / 阪急百貨店(2) / 阪神(2)
ライフスタイル蔦屋書店(2)
宿泊予約サイト一休.com(6) / Expedia.com(9) / Hotels.com(9)

例えばセブンイレブン(2)なら+2%ということで、通常還元率1%と合わせて合計還元率は3%になります。

通常の三井住友カードでも、マクドナルド・セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートではポイント還元率2.5%、その他、好きな特約店を3つ選んでそれらのお店では還元率1%といったポイントアップサービスはありますが、三井住友カード プラチナプリファードはそれらよりもポイントアップ店の数や還元率において、すべて1段階上回っているという形です。

ただし、年会費は30,000円(税別)がかかってくるので、きちんと元が取れるかどうか、普段お使いのお店やサービスがプリファードストアに入っているかを確認しておきましょう。

海外利用でポイント+2%

外貨ショッピング利用特典として海外での利用では100円(税込)で+2ポイント、通常分と合計すると100円(税込)で3ポイントが貯まり、還元率は3%になります。

年会費はペイできる?継続特典【重要ポイント】

三井住友カード プラチナプリファードには、前年度の利用100万円ごとに10,000ポイントがプレゼントされる継続特典というシステムがあります。最大40,000ポイントです。

利用のたびに通常ポイントも貯まるので、年間200万円以上使う方であれば、継続特典20,000ポイント+通常ポイント20,000ポイント(特約店を使わないことを想定)で合計40,000ポイントが貯まり、年会費を差し引いても10,000ポイントのプラスになります。

200万円利用で年会費を差し引いて10,000ポイント返ってくるので、200万円利用までは還元率0.5%、それ以降は1%(+α)還元だと考えると良いかと思います(プラチナカードを持ちたいだけなら良いですが、200万円未満だとポイントだけで年会費分の元は取れないのでその点はご注意ください)。

各継続特典付与時のボーナスと通常ポイント、それに年会費を加味した還元率を一覧にしてみると以下の通り。

年間利用額通常ポイント1%換算継続特典年会費3万との収支年会費を差し引いた際の還元率概算
100万円10,000ポイント10,000ポイント-10,000円
200万円20,000ポイント20,000ポイント+10,000円
  • 200万円まで・・・0.5%
  • それ以降・・・1%
300万円30,000ポイント30,000ポイント+30,000円
  • 300万円まで・・・1%
  • それ以降・・・1%
400万円40,000ポイント40,000ポイント+50,000円
  • 400万円まで・・・1.25%
  • それ以降・・・1%

初年度は入会月の3ヶ月後までに40万円利用すれば40,000ポイントが貰えるので、年会費を差し引いても10,000ポイント分お得です。

三井住友カード プラチナプリファードの決済方法

三井住友 カード プラチナプリファードは、クレジットカードのIC決済、付帯しているVisaのタッチ決済、Apple Pay(iD)、Google Pay(iD)で決済が可能です。

三井住友カード プラチナプリファードのApple Pay画面

カードにiDは付帯していません。

三井住友カード プラチナプリファードの各種保険制度

三井住友カード プラチナプリファードは国内・海外共に最高5000万円の旅行保険が付帯しています。

傷害死亡・後遺障害では1,000万円分は自動付帯ですが、4,000万円分は利用付帯となります。その他の保険は自動付帯です。

三井住友カード プラチナは最高1億のものが児童付帯しているので、保険重視の方はそちらを選択することをおすすめします。

また、お買物安心保険(ショッピング保険)も年間最高500万円まで付帯しています。

三井住友カード プラチナプリファードのコンシェルジュサービス

ポイントに特化する分、コンシェルジュサービスは付帯していないのかと思いきや、プラチナプリファードコンシェルジュデスクというコンシェルジュサービスが用意されています。

Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター(VPCC)というVISAが提供するコンシェルジュデスクを利用する形です。三井住友カード プラチナはツーリストインターナショナル アシスタンス サービス株式会社が提供するコンシェルジュデスクなので、サービス内容が異なります。

ただ、三井住友カード プラチナプリファードについてくる解説書や公式サイトでもコンシェルジュサービスに対する言及がないので、一応ついている、くらいに捉えておいたほうが良いかもしれません。あくまでポイントメインのカードです。

三井住友カード プラチナプリファードのその他優待サービス

国内ラウンジのみ利用可能です。

その他、通常のプラチナに付帯されるレストラン優待などは付帯していません。

プラチナと付いており、コンシェルジュサービスも付帯していますが、あくまでもポイントに特化したカードだと考えたほうが良いかと思います。

三井住友カード プラチナプリファードのまとめ

三井住友カードが久しぶりにプロパーカードのラインナップに加えたカードです。年会費1万円のゴールドと5万円のプラチナの間の層を狙って放り込んできました。

プラチナカードはポイントではなく、付帯している各種サービスのメリットを享受して年会費の元を取る、という形が常でしたが、このプラチナプリファードは、プラチナで見栄えをよくしたいけど、その裏ではポイントもしっかり貯めたい、といった方向けのカードだと言えます。

年間200万以上使う方なら年会費の元は取れる(どころか+1万ポイント)ので良いかなと思います。

還元率1%のカードなら他にもたくさんあり狙っていくとお得なので、お得になるプリファードストア(特約店)によく利用する店があるかどうかなどで判断すると良いでしょう。

三井住友カード プラチナプリファードの付帯保険・追加カード等

海外旅行保険 【 自動付帯 】 最高5000万円(傷害死亡・後遺障害は自動付帯は1,000万円分で4,000万円分は利用付帯)
国内旅行保険 【 自動付帯 】 最高5000万円(傷害死亡・後遺障害は自動付帯は1,000万円分で4,000万円分は利用付帯)
ETCカード 年会費:500円 ( 税抜 ) 初年度無料、1度でも利用があれば次年度無料
家族カード 年会費:0円 無料
電子マネーへのチャージ(ポイントが付くか)
  • 楽天Edy (付かない)
  • WAON (付かない)
  • モバイルSuica (付かない(Google PayのSuicaはポイント満額付与対象))
  • モバイルPASMO (付かない)
  • SMART ICOCA (付かない)