電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ファミリーマートの支払い方法

ファミマのロゴ
電子マネー WAON / 楽天Edy / Tマネー / iD / QUICPay / 独自の電子マネー / nanaco以外はほとんど使える。2018年の春からはunikoも使えるようになっている。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん /
相性の良い電子マネー 楽天Edy Tマネーはポイント還元率が悪いので、Tポイントカードを提示した後に楽天Edyなどで支払ったほうがお得。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/UnionPay/)
おすすめクレジットカード ファミマTカード リボ払い専用カードなので注意。カードの日などの各種特典は2019年7月31日に終了予定。
ブランドプリペイド au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
NFC決済 使えない
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / d払い / Alipay / WeChat Pay / 2018年12月4日から導入。pringも導入予定との噂も(詳細未定)。AlipayとWeChat Payは2019年1月29日から全店で対応。2019年7月には独自QR決済のファミマペイも導入予定。
貯まりやすいポイント Tポイント
デビットカード 使える 店舗によっては使えないところもある。
商品券・ギフトカード QUOカード、お米券 JCBギフトカードなどはNG。
ポイントカード ファミマTポイントカード ファミマTカード会員特別価格は6月30日に終了、ファミランクやレディースデーは7月31日に終了、通常のTポイントカードとの差はなくなる。今後はファミペイとの連携でポイントが貯まりやすくなる予定。11月からは楽天スーパーポイント、dポイントも導入予定。
現金いらず得点 4.9点(5点満点中)
公式HP http://www.family.co.jp/
2019年6月30日までメルペイあと払い使ってセブンで支払えば(Apple PayのメルペイiD、もしくは、おサイフケータイのメルペイiDで支払えば)70%のポイントバックキャンペーン実施中(上限2,000ポイント、期間中手数料無料)。>>詳細はこちら

ファミリーマートで使える電子マネー

ファミリマートではnanaco以外の主要な電子マネーは、お買い物系だと、楽天Edy、WAON、Tマネー、iD、QUICPayと幅広く使えますし、交通系電子マネーのSuica、PASMO、ICOCAなども使えます。

Tマネーは貯まったTポイントをそのまま支払いに充当出来るので便利ですが、Tマネーは月間利用額に応じて500円につき1ポイント(=1円相当)。

まずはTポイントカードを提示して、その後、楽天Edyなどで支払うほうがポイントを2重取り出来てお得。

LINE Payカード、auWALLETカード、ソフトバンクカードなどの国際ブランドつき電子マネーも当然使えます。

また、アピタ・ピアゴ、サークルKサンクスで使える(使えた)電子マネーのunikoがファミマでも使えるようになりました(2018年4月24日から)。支払いに使えば200円で1ユニコポイントが貯まります。

UNIKOカード

ファミリーマートのレジでのチャージも1,000円単位で3,000円まで、5,000円、10,000円、最大20,000円まで可能です。unikoもTポイントカードとの併用が可能。

ファミマで電子マネー払いをする際の注意点

公共料金や、Famiポートの取り扱い商品、プリペイドカード、ごみ処理券、宅急便の送料、切手やはがきなどは、電子マネーで支払うことが出来ないのでご注意ください。

宅急便はセブンイレブンなら電子マネーで支払えます(切手などはセブンだとnanaco限定で利用可能)。

ファミリーマートでクレジットカードは使える?

VISAやマスター、JCB、AMEX、Diners、銀聯など、ほぼすべての国際ブランドのクレジットカードが使えます。4,000円未満ならサインレスで、4,000以上だとサインが必要になります。また、タバコのカートン買いの際なども確実にサインが必要となります。

JALマイルを集めている方ならファミマは特約店なので通常の2倍、200円で2マイル貯まります。

ファミマでクレジットカード払いをする際の注意点

電子マネーと同様に、公共料金や、Famiポートの取り扱い商品、プリペイドカード、ごみ処理券、宅急便の送料、切手やはがきなどは、クレジットカードでも支払うことが出来ません。

また、クレジットカード払いの際には↓のファミマTカード以外ではTポイントは貯まりません(Tポイントカードとの併用はできません)。ご注意ください。

ファミマが発行しているクレジットカード

FamilyMartは独自のクレジットカードであるファミマTカードを発行しています。通常のTポイントカードだと200円の買い物で1ポイントが貯まりますが、このファミマTカードで支払うと、クレジットカード支払い分の1ポイントが加算されて、200円で2Tポイントが貯まります(2019年7月31日まで)。

ファミマTカード

ただし注意したいのはこのファミマTカードはリボ払い専用カードだということ。設定で支払回数を1回だけにしてしまえば通常のクレジットカードと同じように使えるのですが、クレジットカードを使うのが初めての方だったり、慣れていない方は注意が必要。

カードの日の特典、レディースデーなどの特典があったのですが、それらの各種特典は2019年7月末で終了となります。

ファミマTカード(クレジットカード機能付き)の特典終了日

その代わり(?)、2019年8月1日からはファミマの利用で200円で4ポイント、還元率は2%のTポイントが貯まるようになることが発表されています。

ファミリーマートで利用可能なQRコード決済

ファミマは2018年12月4日から各種QRコード決済を導入しました。

まず導入されるのは、LINEのLINE Pay、楽天の楽天ペイ、Yahoo!とソフトバンクのPayPay、docomoのd払いです。

ローソンで導入されているOrigami Payの導入は発表されていません。

次いで2019年1月29日からはWeChatPay(微信支付)、AliPay(支付宝)」にも対応しました。

PayPayはコンビニチェーンとしては初の導入となります。

また、ユニー・ファミリーマートホールディングスはQRコード決済のpringにも投資をしており、2018年11月中に伊藤忠商事本社ビル内ファミリーマートに導入され、そこから順次拡大していくことを発表しています。

QRコード決済でも公共料金や、Famiポートの取り扱い商品、プリペイドカードなどでは利用不可です。

各種QRコード決済の利用上限

QRコード決済は1回あたりの利用上限は2万円までとなっています(楽天ペイのみ1回あたりの上限4,000円、1日あたりの上限も4,000円です)。

独自QRコード決済のファミマペイ

ファミリーマートは2019年7月から独自のQRコード決済であるファミマペイを導入することを発表しています。

基本的には登録したクレジットカードからの支払いにより0.5%分のTポイントが貯まるサービスになる模様です(Tポイントカードを出す必要がない)。ファミマTカードからのチャージにも対応。秋には銀行口座からのチャージにも対応予定となっています。

現状だと、ファミマTカード以外のクレジットカードからのチャージは難しい模様。

ファミリーマートのIDとdポイントや楽天スーパーポイントなどの各ポイントカードのポイントを連携することで支払いとポイント

ファミリーマートではTポイントが貯まる・使える

ファミリーマートでは現状ではTポイントがよく貯まります。ただし、2019年7月のファミペイ開始に伴い、これまであった会員特別価格(6月30日終了)、ファミランク、レディースデーなど特典がほとんど終了するのでご注意ください。

ファミマTカード(ポイントカード、クレジットカード、デビットカード)

ファミマTカードにはポイントカード、クレジットカード機能付きのもの、ジャパンネット銀行のデビットカード(新規発行終了済み)があります。いずれも2019年7月から特典がなくなるのでメリットは少なくなります。

ポイントカードのTカード

ファミマではTカードをレジで提示すれば200円につき1Tポイントが貯まります。

↓の2019年5月末まで発行されていたファミマTカード(クレジットカード機能がついていないもの)は、ファミマランク(月々の買物額によってポイントが変わるシステム)、レディースデーサービス(水曜日に女性ならポイントが2倍)、ファミマでTポイントプラス対象商品を買うことでポイントアップのサービスなどの特典があるのですが、2019年7月移行は特典が廃止されるので、普通のTカードとの違いがなくなります。

ファミマTポイントカード

Tポイントを使う際には、1ポイント=1円のレートで使うことが出来ます。Tポイントだけで、1円も使わずに飲み物をゲット!みたいなことも結構な頻度で可能になります。ただし、タバコなどの購入はTポイントでは支払うことが出来ませんのでご注意ください。

2019年11月から楽天スーパーポイント、dポイントをTポイントに加えて導入することが正式に発表されています。

ファミリーマートで使える商品券・ギフトカード

ファミマではクレジットカード会社(JCB、VISA、UC等)が発行しているJCBギフトカード、VJAギフトカードなどは一切使えません。

使えるのはQUOカードとお米券のみです。QUOカードの支払いでもTポイントは貯まります。

ファミリーマートで現金必要?

→緊急でゴミ処理券などの特殊な商品が欲しいとき以外、全く必要ありません。

各種電子マネーが幅広く使えますのでお財布いらずで買い物が可能です。ファミマTカードの特典がなくなり、新しくファミペイが登場する中で利便性がどうなるのかに注目。

11月には楽天スーパーポイント、dポイントも始まって、Tポイント縛りはなくなりますが、現状では、Tポイントは忘れずにゲットしておきましょう。

FamilyMartってどんなお店?

FamilyMart、通称ファミマは伊藤忠が運営する大手コンビニチェーン(元々は西友が運営していた)。以前日本国内に展開していたam/pmというコンビニチェーンはファミマにブランド統合で吸収された。

キャッチコピーは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」で「に」はひらがなである。