電子マネー、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

セブンイレブンの支払い方法

セブンイレブンのロゴ
                       
電子マネー nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay / nanacoが使い勝手では圧倒的に◎200円で1ポイント貯まる。楽天Edyとnanacoはセブン銀行ATM、レジでチャージ可能。ゆめタウン出店地域ではゆめかも利用可、100円でゆめか積立0.5円分が貯まる。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / セブン銀行ATM、レジで交通系電子マネーのチャージも出来る。
相性の良い電子マネー nanaco 各種チケットやQUOカード、税金や公共料金の支払いにも使える◎
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/)
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード / au PAY プリペイドカードはポイントアップ店(200円2ポイント)。
NFC決済(タッチ決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless / 2020年6月11日から対応。「クレジットカードで」といった後に端末の光っている部分に対応カード、スマホをタッチをすればOK。
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / メルペイ / d払い / ゆうちょPay / Alipay / WeChat Pay / 7Payは9月末で終了済み。
デビットカード 使える VISAデビットなど、各種国際ブランド付きデビットカード
商品券・ギフトカード ビール券、セブン&アイ共通商品券、QUOカード JCBギフトカードやVJAギフトカードなどクレジットカード系ギフトカードは使えない。
ポイントカード セブンイレブンアプリ、関西のみSマーク付きポイントカード、STACIA カード Sポイントが貯まるのは大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の店舗のみ。nanacoと併用した場合はSポイントは貯まらない。
貯まりやすいポイント nanacoポイント、バッジ、セブンマイル、Sポイント(関西の一部)、ANAマイル(ANAカードマイルプラス加盟店)
軽減税率 食料品などで対応 軽減税率対象商品にはレシートに*印が付く。
現金いらず得点 5.0点(5点満点中) 隙がないほど便利。nanacoを持っていれば利便性は抜群。
公式HP https://www.sej.co.jp/

セブンイレブンで使える電子マネー

セブンイレブンでは様々な電子マネーが使えますが、利便性が一番高い(使える用途が多い)のがnanacoです。

セブンイレブンで使える電子マネーの代表「nanaco」

その他、交通系電子マネー(Suica、PASMO、TOICA、ICOCAなど)、楽天Edy、iD、QUICPayも利用可能です。ライバルのイオングループが発行しているWAON以外の電子マネーがほとんど使えます。

nanaco、SuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系電子マネー、楽天Edyは、セブン銀行ATM、レジで現金チャージを行うことも可能です(交通系電子マネーと楽天Edyは2018年10月から可能になった)。

注意したいのは、Suicaや楽天Edyなどはnanacoと比べると支払えるものが限られているという点。nanacoで支払えて、他の電子マネーだと支払えないものとしては、

公共料金のお支払い、インターネットで注文した商品の払込、クオカード、各種プリペイドカード、ゴミ袋、チケット類

などが挙げられます(より詳細な使用可否の一覧は公式HPで)。ご覧頂ければわかるように、セブンイレブンでnanacoが使えない商品は殆どありません。当たり前ですが、nanacoからはSuicaや楽天Edyなどの電子マネーにチャージできないくらい。

なので、セブンイレブンが近所にあって週に何度も利用する方、ヘビーユーザーはnanacoは実カードかおサイフケータイ(Google Pay)などで持っておきたいところです。キャンペーンも多々行っているのでポイントも貯まりやすいです。通常は200円で1ポイントのnanacoポイントが貯まります。還元率は0.5%です。

また、nanacoに付帯したQUICPay払いだと200円で1ポイントに加えて、紐付けたカード(JCB発行のカード or セブンカード)のポイントも貯まるのでお得です(事前の登録が必要です)。

ゆめタウン進出の地域ではゆめかも使える

セブン&アイはゆめタウンを運営するイズミと提携しており、2018年10月25日からゆめタウンが出店している地域のセブンイレブンでは、ゆめタウンが発行している電子マネーのゆめかが使えるようになっています。チャージまで可能です。支払いに使えば、100円毎にゆめか積立が0.5円分貯まります。

ゆめか

兵庫、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、大分、福岡、佐賀、長崎、熊本のセブンイレブンで利用可能です。

セブンイレブンでクレジットカードは使える?

セブンイレブンはクレジットカード払いが可能です。

国際ブランドもVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースとほぼ全てのカードが使用可能、1万円までのご利用であればサインや暗証番号は必要ありません。

ICカードは前面のPINパッドへ利用者自身へ差込、磁気のみのカードは店員へ渡して読み取ります。

なお、一部セルフレジ設置店舗については磁気を含むすべての方法において利用者自身でカードの読み取りを行います。

ICチップ付きクレジットカードの例

ブランドデビットカードやau PAY プリペイドカードやソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカードもクレジットカードと同様の扱いで使用が出来ます。au PAY プリペイドカードはセブンイレブンがポイントアップ店なので200円で2ポイントが貯まります。

ただし、このクレジットカード、デビットカード、ブランドプリペイドカードも上記nanaco以外の電子マネー同様、支払いに使えないケースもあります。

ディズニーの前売り券、ぴあなどのチケットの支払い、JTBの高速バスのチケット、レジャーチケットの支払い、セブンネットショッピング・ニッセンの代金引換店舗受け取りはクレジットカードで行えます、nanacoで支払える公共料金やインターネットの商品購入代金(コンビニ払い)には使えません。

その他、ANAマイルポイントプラス対象店でもあるので、ANAカードでの決済、Apple Payでの決済(ANAアメリカン・エキスプレス・カードは対象外)で200円で1マイルが追加で貯まります。マイル積算日は1−2ヶ月後です。

セブンイレブンのNFC決済

2020年6月11日より全店でNFC(タッチ)決済がスタートしました。

対応ブランドは国内最多のVisa・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・DISCOVERの国際6ブランドにフル対応し、対応カードだけでなくApple PayやGoogle Payに登録したスマートフォンでも利用可能です。

セブンイレブンのNFC決済画面

一般的なNFC決済では「ポー!」というカード読み取り音が鳴りますが、セブンイレブンの場合は鳴らないので読み取ったかどうかはリーダーが緑色に点灯するかPINパッドの画面を確認しましょう。

読み取った段階でカードを離してOKなので感覚としては約1秒ほどタッチすれば問題ありません。

なお、NFC決済ができる上限金額は1万円までで、1万円以上は差し込む形式のIC取引になります。

セブンイレブンが発行しているクレジットカード

セブン&ホールディングスはセブンカードプラスという独自のクレジットカードを発行しています。

セブンカードプラス

貯まるポイントはnanacoポイントで、セブンイレブンやデニーズでの利用なら200円で2ポイント(通常200円の買い物で1ポイント)貯まります。この際の還元率は1.0%。nanacoにチャージをしてもポイントが貯まる(200円で1ポイントで還元率0.5%に下がりますが・・・)クレジットカード。nanaco一体型のカードも発行出来ます。

>>セブンカードプラスの詳細はこちら

ただ、年会費は有料ですし(年間5万円以上使えば無料になりますが)、セブンイレブンなど以外では弱いですが、2020年3月からは(新規発行カードでは)nanacoにチャージできる唯一クレジットカードです(以前はチャージできたリクルートカードなども新規に登録はできない)。

セブンイレブンで使えるQRコード決済

PayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、d払い、ゆうちょPay、楽天ペイ、WeChat Pay、Alipayといった各種QRコード決済も導入しています。

セブンイレブンで使えるQRコード決済などのアクセプタンスマーク

2019年10月1日から対応QRコード決済が増えました。

7Payは2019年9月30日を持ってすべてのサービスを停止しました。

セブンイレブンでQRコード決済が使える商品/使えない商品

セブンイレブンでは、QRコード決済が使えるのは店内商品、タバコ、宅急便、店舗留置きのセブンネットショッピングの支払いで、それ以外の公共料金や切手、代金収納、チャージ、金券類の支払いなどには使えません。

セブンイレブンで使える商品券・ギフトカード

セブンイレブンではVJAギフトカード、JCBギフトカードなどのクレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。

商品券はビール券のみ使えます。食品や雑誌など、ビールや酒類以外の商品の購入でもOKです。ただし、お釣りは出ません。

その他、セブンアンドホールディングスグループが発行しているセブン&アイ共通商品券も使えます。おつりも出るタイプの商品券です。このセブン&アイ共通商品券は、その他の商品券や切手などの支払いには使えません。

また、QUOカードも使えます。クオカードは商品券や切手、公共料金などはもちろん「タバコ」の支払いにも利用できません。食品、飲料、雑誌などの購入に使うようにしましょう。

セブンイレブンで貯まるポイントのまとめ

セブンイレブンでは、主に以下のポイントが貯まりやすいです。

  • nanacoポイント(nanaco払いで通常200円で1ポイント(2020年8月31日までは100円で1ポイントのキャンペーン中))。
  • 関西の店舗ではSポイント(ただしnanaco払いの際にはnanacoポイントが優先されてSポイントは付与されないので注意)。
  • セブンマイル(ランクアップのたびにnanacoポイントが付与される)。
  • セブンイレブンアプリのバッジ(ポイントと呼べるかは謎ですが)。

セブンマイルとバッジはアプリのバーコードを見せれば他のポイントと並行してゲットできますので、支払い方法を問わず、とりあえず提示をしておくことをおすすめします。

セブンイレブン公式アプリ

セブンイレブンでは2018年の6月から公式アプリであるセブンイレブンアプリが登場しました。7iDへの登録&ログインが必須です。オムニ7のIDを持っている方はそのIDでログインすることですぐに登録&紐付けができます。お持ちでない方は新規に登録をしましょう。

セブンイレブンアプリのホーム画面

バッジを貯める

セブンイレブンアプリではアプリ上でバッジと呼ばれるスタンプのようなものが貯まる仕組みが用意されています。

セブンイレブンアプリのバーコード画面

レジでの会計時に↑バーコード画面を提示するか、登録した7iDに紐付けられたnanaco、モバイルnanacoでの支払い(この際にはバーコード表示は不要)で自動的にバッジが貯まっていきます。

支払い方法は電子マネー払い、クレジットカード払い、現金払いのいずれでも貯まります。

セブンイレブンアプリのバッジ一覧

バッジは、購入した商品のカテゴリー別のもの(購入系バッジ)と、店舗や支払い方法に応じたもの(行動系バッジ)が用意されていて、これらのバッジを収集していくとランクアップして、お得なクーポンや抽選ゲームへの参加券を得ることができるという仕組みです。

購入系バッジは、特定のカテゴリー(例えばおにぎり)を購入するとバッジが貯まります。

セブンイレブンアプリのバッジ(サンドイッチ・ロールパン・ブリトー)

購入数に応じて、銅、銀、金、プラチナとランクアップしていきます。

↑のサンドイッチ・ロールパン・ブリトーなら1個購入すると1点で、5点で銅、10点で銀、100点で金、200点でプラチナとなります。200個サンドイッチを食べればプラチナバッジをゲットすることができるということです。

アイスクリームだと10点で銅、30点で銀、150点で金、300点でプラチナと言った具合にランクアップの条件はバッジごとに変わってきます

他にもおにぎり・寿司、パン、グラタン・ドリア、お惣菜・サラダ・つまみ他、麺類、揚げ物・フランク、おでん、中華まん、セブンカフェ、スイーツ、7プレミアムのお惣菜やおつまみ、冷凍食品、牛乳・パック飲料・チルドカップといったバッジが用意されています。

行動型バッジは、nanacoを登録したり、1日1回アプリを起動するとバッジが貯まるといったものです。

セブンイレブンアプリのバッジ(nanaco登録)

お店巡り、レジでのnanacoチャージ、ラッキーデー(7日、11日、17日、27日)に買い物する、アプリ起動、新規会員登録、オムニ7利用登録、nanaco登録などでバッジが貯まります。

レジでのnanacoチャージの場合は1,000円のチャージで1点、2点で銅、5点で銀、50点で金、100点でプラチナランクといった具合にランクアップします(nanaco登録のように最高が銅ランクのものも)。

バッジを貯めると何が起きるの?

このバッジは貯めたらそのままnanacoへとチャージできるようなポイントシステムではありません。

貯まったバッジに応じてクーポンが配布されたり、キャンペーンへの参加権利を得たりするといった形で還元されます。

貯めるのは会計時にバーコードを提示するだけなので、おまけのようなものと考えると良いかも。

セブン&アイグループのセブンマイルプログラム

セブンイレブンやイトーヨーカドーではセブン&アイグループ共通のポイントプログラム、セブンマイルプログラムが用意されています。

セブンマイルプログラム

セブンマイルプログラムを利用するためにはセブンアンドアイグループのIDである7iD(セブンアイディ)を発行する必要があります。すでにイトーヨーカドーのネットスーパーなどでオムニ7のIDを発行されている方は同一アカウントでログインすれば、スムーズに7iDを発行&紐付けすることが可能です。

セブンマイルの貯め方、使い方

セブンマイルを貯めるには支払い前に、バッジのときと同様に、レジでセブンイレブン公式アプリのバーコードを提示してマイルを貯めます(同じバーコードで同時にバッジも得ることができます)。

マイルはセブンイレブンでの買い物200円につき1マイルが貯まります(2019年9月から制度変更されました)。

支払い方法はnanacoやセブンカード以外の現金、電子マネー、クレジットカードでも貯まります。

貯まったセブンマイルはクーポン、アプリお試し、イベント体験のチケット、寄付などに交換可能です。

セブンマイルのnanacoへの交換は延期中

2019年9月からセブンマイルは200円で1マイルが貯まり、50マイル=50 nanacoポイントへと交換することができるようになる予定でしたが、諸々あった影響か、延期中となっています。

近々対応するでしょうが、早くして欲しいところです。

セブンイレブンで現金が必要かどうか

基本的に現金は一切必要ありません。

セブンイレブンで無敵なのはやっぱりnanaco。税金の支払いにまで使えてしまうのが素晴らしい。

その他交通系電子マネーも、楽天Edyも、クレジットカードも使えますし、現金を持たずにお店に行っても困ることはありません。7Payは残念でしたが、他の各種QRコード決済も導入して、充実した形です。

後ろに長い列が出来ないように、レジでの会計をスムーズに済ませましょう。