電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

セブン-イレブンの支払い方法

セブンイレブンのロゴ
電子マネー nanaco / 楽天Edy / iD / QUICPay nanacoが使い勝手では圧倒的に◎200円で1ポイント貯まる。楽天Edyとnanacoはセブン銀行ATM、レジでチャージ可能。ゆめタウン出店地域ではゆめかも利用可、100円でゆめか積立0.5円分が貯まる。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん セブン銀行ATM、レジで交通系電子マネーのチャージも出来る。
相性の良い電子マネー nanaco 各種チケットやQUOカード、税金や公共料金の支払いにも使える◎
クレジットカード 使える (VISA / Mastercard / JCB / AMEX / Diners)
おすすめクレジットカード 三井住友カード ナンバーレス Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスで最大5%還元(駅ナカのキヨスク提携店など一部タッチ決済が使えない店舗あり)。
ブランドプリペイド au PAY プリペイドカード / ソフトバンクカード / LINE Payカード au PAY プリペイドカードはポイントアップ店(200円2ポイント)。
NFC決済(タッチ決済) Visaのタッチ決済 / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless / ダイナースクラブ コンタクトレス 2020年6月11日から対応。「クレジットカードで」といった後に端末の光っている部分に対応カード、スマホをタッチをすればOK。
QRコード決済 LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ / メルペイ / d払い / au PAY / pring / J-Coin Pay / 銀行Pay / ゆうちょPay / Alipay / WeChat Pay / Smart Code ※SmartCodeに対応しているが、FamiPayは使えない。
デビットカード 使える
商品券・ギフトカード ビール券、セブン&アイ共通商品券、QUOカード JCBギフトカードやVJAギフトカードなどクレジットカード系ギフトカードは使えない。
ポイントカード セブン-イレブンアプリ、関西のみSマーク付きポイントカード、STACIA カード Sポイントが貯まるのは大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県の店舗のみ。nanacoと併用した場合はSポイントは貯まらない。
貯まりやすいポイント セブンマイル、nanacoポイント、Sポイント(関西の一部)、ANAマイル(ANAカードマイルプラス加盟店) セブンマイルは200円で1マイル貯まり、50マイル=50 nanacoポイントに交換可能。
軽減税率 食料品などで対応 軽減税率対象商品にはレシートに*印が付く。
現金いらず得点 5.0点(5点満点中) 隙がないほど便利。nanacoを持っていれば利便性は抜群。
公式HP https://www.sej.co.jp/

セブン-イレブンで使える電子マネー

セブン-イレブンでは様々な電子マネーが使えますが、利便性が一番高い(使える用途が多い)のがnanacoです。

セブンイレブンで使える電子マネーの代表「nanaco」

その他、交通系電子マネー(Suica、PASMO、TOICA、ICOCAなど)、楽天Edy、iD、QUICPayも利用可能です。ライバルのイオングループが発行しているWAON以外の電子マネーがほとんど使えます。

nanaco、SuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系電子マネー、楽天Edyは、セブン銀行ATM、レジで現金チャージを行うことも可能です(交通系電子マネーと楽天Edyは2018年10月から可能になった)。

注意したいのは、iD、QUICPay、Suica、楽天Edyなどはnanacoと比べると支払えるものが限られているという点。nanacoで支払えて、他の電子マネーだと支払えないものとしては、

公共料金のお支払い、インターネットで注文した商品の払込、クオカード、各種プリペイドカード、ゴミ袋、チケット類

などが挙げられます(より詳細な使用可否の一覧は公式HPで)。ご覧頂ければわかるように、セブン-イレブンでnanacoが使えない商品は殆どありません。当たり前ですが、nanacoからはSuicaや楽天Edyなどの電子マネーにチャージできないくらい。

なので、セブン-イレブンが近所にあって週に何度も利用する方、ヘビーユーザーはnanacoは実カードかおサイフケータイ(Google Pay)などで持っておきたいところです。キャンペーンも多々行っているのでポイントも貯まりやすいです。通常は200円で1ポイントのnanacoポイントが貯まります。還元率は0.5%です。

また、nanacoに付帯したQUICPay払いだと200円で1ポイントに加えて、紐付けたカード(JCB発行のカード or セブンカード)のポイントも貯まるのでお得です(事前の登録が必要です)。

セブンイレブンのセルフレジ

セルフレジの場合、nanacoと交通系電子マネーで利用する場合はそのまま選択できますが、他の電子マネーは「その他」を押してから選択します。

セブンイレブンの支払い方法選択画面

また、現金チャージもこの時に行うことが出来るので「チャージする」を選択します。

※ゆめかは側面の磁気リーダーへ通すことで利用できます

ゆめタウン進出の地域ではゆめかも使える

セブン&アイはゆめタウンを運営するイズミと提携しており、2018年10月25日からゆめタウンが出店している地域のセブン-イレブンでは、ゆめタウンが発行している電子マネーのゆめかが使えるようになっています。チャージまで可能です。支払いに使えば、100円毎にゆめか積立が0.5円分貯まります。

ゆめか

兵庫、岡山、島根、広島、山口、香川、徳島、大分、福岡、佐賀、長崎、熊本のセブン-イレブンで利用可能です。

セブン-イレブンでクレジットカードは使える?

セブン-イレブンはクレジットカード・デビットカード払いが可能です。

国際ブランドもVISA、Mastercard、JCB、AMEX、ダイナースとほぼ全てのカードが使用可能、1万円までのご利用であればサインや暗証番号は必要ありません。

ICカードは前面のPINパッドへ利用者自身へ差込、磁気のみのカードは店員へ渡して読み取ります。

なお、セルフ方式ではIC・NFC・磁気を含むすべての方法において利用者自身でカードの読み取りを行います。

ICチップ付きクレジットカードの例

au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、dカード プリペイドなどのブランドプリペイドカードもクレジットカードと同様の扱いで使用が出来ます。au PAY プリペイドカードはセブン-イレブンがポイントアップ店なので200円で2ポイントが貯まります。

ただし、このクレジットカード、デビットカード、ブランドプリペイドカードも上記nanaco以外の電子マネー同様、支払いに使えないケースもあります。

ディズニーの前売り券、ぴあなどのチケットの支払い、JTBの高速バスのチケット、レジャーチケットの支払い、セブンネットショッピング・ニッセンの代金引換店舗受け取りはクレジットカードで行えます、nanacoで支払える公共料金やインターネットの商品購入代金(コンビニ払い)には使えません。

その他、ANAマイルポイントプラス対象店でもあるので、ANAカードでの決済、Apple Payでの決済(ANAアメリカン・エキスプレス・カードは対象外)で200円で1マイルが追加で貯まります。マイル積算日は1−2ヶ月後です。

セブン-イレブンのNFC決済

全店でNFC(タッチ)決済が使えます(2020年6月11日から開始した)。

対応ブランドは国内最多のVisa・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・DISCOVERの国際6ブランドにフル対応し、対応カードだけでなくApple PayやGoogle Payに登録したスマートフォンでも利用可能です。

セブンイレブンのNFC決済画面

一般的なNFC決済では「ポー!」というカード読み取り音が鳴りますが、セブン-イレブンの場合は鳴らないので読み取ったかどうかはリーダーが緑色に点灯するかPINパッドの画面を確認しましょう。

読み取った段階でカードを離してOKなので感覚としては約1秒ほどタッチすれば問題ありません。

なお、NFC決済ができる上限金額は1万円までで、1万円以上は差し込む形式のIC取引になります。

セブン-イレブンでおすすめのクレジットカード

セブン-イレブンをよく使う方におすすめのクレジットカードは以下の2種類。

三井住友カード ナンバーレス(NL)

三井住友カードが発行するカード番号が表面にも裏面にも記載されていない(アプリで確認する)三井住友カード ナンバーレスはセブン-イレブンでNFC決済(タッチ決済・コンタクトレス決済)をすると最大5%還元になります。

三井住友カード(NL)↑で解説した通り、緑のランプが光るまでタッチするだけでお得になります(通常のICカードを差し込む決済では5%還元にならないのでご注意ください)。

※一部、ポイント対象外&タッチ決済が使えないセブンもあります。

>>三井住友カード ナンバーレスの詳細はこちら

セブンカードプラス(セブンが発行しているクレジットカード)

セブン&ホールディングスはセブンカードプラスという独自のクレジットカードを発行しています。

セブンカードプラス

貯まるポイントはnanacoポイントで、セブン-イレブンやデニーズでの利用なら200円で2ポイント(通常200円の買い物で1ポイント)貯まります。この際の還元率は1.0%。nanacoにチャージをしてもポイントが貯まる(200円で1ポイントで還元率0.5%に下がりますが・・・)クレジットカード。nanaco一体型のカードも発行出来ます。

 

>>セブンカードプラスの詳細はこちら

ただ、年会費は有料ですし(年間5万円以上使えば無料になりますが)、セブン-イレブンなど以外では弱いですが、2020年3月からは(新規発行カードでは)nanacoにチャージできる唯一クレジットカードとなっています(以前はチャージできたリクルートカードなども新規に登録はできない)。

セブン-イレブンで使えるQRコード決済

PayPay、LINE Pay、メルペイ、au PAY、d払い、ゆうちょPay、楽天ペイ、J-Coin Pay、ゆうちょPay、BANK Pay、WeChat Pay、Alipayといった各種QRコード決済も導入しています。

Smart Codeに対応しているので、pringなど他にも様々なQRコード決済が利用可能です。ただし、FamiPayだけは対象外となっているのでご注意ください。

セブンイレブンで使えるQRコード決済などのアクセプタンスマーク

7Payは2019年9月30日を持ってすべてのサービスを停止しました。

セルフレジでは、支払い方法選択後に従業員提示で利用します。

セブン-イレブンでQRコード決済が使える商品/使えない商品

セブン-イレブンでは、QRコード決済が使えるのは店内商品、タバコ、宅急便、店舗留置きのセブンネットショッピングの支払いで、それ以外の公共料金や切手、代金収納、チャージ、金券類の支払いなどには使えません。

セブン-イレブンで使える商品券・ギフトカード

セブン-イレブンではVJAギフトカード、JCBギフトカードなどのクレジットカード会社発行のギフトカードは使えません。

商品券はビール券のみ使えます。食品や雑誌など、ビールや酒類以外の商品の購入でもOKです。ただし、お釣りは出ません。

その他、セブンアンドホールディングスグループが発行しているセブン&アイ共通商品券も使えます。おつりも出るタイプの商品券です。このセブン&アイ共通商品券は、その他の商品券や切手などの支払いには使えません。

また、QUOカードも使えます。クオカードは商品券や切手、公共料金などはもちろん「タバコ」の支払いにも利用できません。食品、飲料、雑誌などの購入に使うようにしましょう。

セルフレジでQUOカードや金券類の利用もできますが、QRコード決済同様、従業員預かりでの処理となっています。

セブン-イレブンで貯まるポイントのまとめ

セブン-イレブンでは、主に以下のポイントが貯まりやすいです。

  • nanacoポイント(nanaco払いで通常200円で1ポイント)。
  • 関西の店舗ではSポイント(ただしnanaco払いの際にはnanacoポイントが優先されてSポイントは付与されないので注意)。
  • セブンマイル(50マイルごとに50 nanacoポイントに交換可能)。

セブンマイルは他のポイントと並行してゲットできますので、支払い方法を問わず、とりあえず提示をしておくことをおすすめします。

セブン-イレブン公式アプリ(PayPay機能付き)

セブン-イレブンでは会計時に提示することでクーポン配信や抽選キャンペーンなどの特典が受けられる「セブン-イレブンアプリ」を提供しています。

セブンネットショッピング(オムニ7)やイトーヨーカドーアプリなどで利用している7iDがあれば利用可能で、既にお持ちの方は簡単な登録で利用できます。

セブンイレブンアプリのトップページ

レジでの会計時に現金・クレジットカード・nanaco以外の電子マネー・バーコード決済他で支払いする場合は「会員コード」を提示すればOK。

PayPayと連携すると↓の画面になります(常時PayPay払いをしない方はメニュー→画面表示設定でPayPayと連携していても会員コードボタンを表示させることも可能)。セブン-イレブンアプリのPayPayはセブン-イレブンでしか使えず、他のPayPay加盟店では使えないのでご注意ください。

PayPayと連携したセブンイレブンアプリ

nanaco、連携したPayPayで支払いをする場合は後述の連携設定をすれば会員コードの提示は不要で、支払い時に自動的に連動します。

割引クーポンと抽選キャンペーン

クーポンの計算期間中に対象商品を一定数以上購入する度に無料クーポンが配布されたり、購入商品や金額などの履歴に応じてユーザーごとに割引クーポンが配布されます。

キャンペーンや抽選くじでもクーポンの配信があるのでこまめにチェックしておきましょう。

セブンイレブンアプリの割引クーポン

クーポン利用の際は複数枚同時に利用することも可能で、クーポン一覧から利用したいクーポンの「まとめて使う」を全て選択し、右上のまとめて使うを押すと1画面に複数枚同時に表示されます。

セブンマイルプログラム

会員コード提示または紐つけたnanaco、セブン-イレブンアプリのPayPayで支払いをすると、クーポン計算とは別にセブンマイルが同時に貯まります。

セブンマイルの確認ページ

お買い物金額200円ごとに1マイル付与、貯まったマイルは50マイル=50 nanacoポイントに交換できます(還元率0.5%)。

3日後を目処に付与されます。

セブンマイルをnanacoポイントに交換するページ

また、商品交換や割引クーポンへの交換なども用意されています。

また、イトーヨーカドーアプリやデニーズアプリなどのグループアプリで貯めたマイルも合算されるため、既にイトーヨーカドーやデニーズを利用している方はそのままセブン-イレブンアプリでも利用可能。

ただしお買い物によるマイル計算・付与はそれぞれの店舗のアプリでしか出来ないため、面倒ではありますが使い分けが必要な点は注意しましょう。

セブン-イレブンで現金が必要かどうか

基本的に現金は一切必要ありません。

セブン-イレブンで無敵なのはやっぱりnanaco。税金の支払いにまで使えてしまうのが素晴らしい。

その他交通系電子マネーも、楽天Edyも、クレジットカードも使えますし、現金を持たずにお店に行っても困ることはありません。7Payは残念でしたが、他の各種QRコード決済も導入して、充実した形です。

後ろに長い列が出来ないように、レジでの会計をスムーズに済ませましょう。