電子マネー、スマホ決済、クレジットカードで現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • QRコード決済
  • 店舗名(e.g.スタバ)

ローソンの支払い方法

ローソン
電子マネー WAON / 楽天Edy / iD / QUICPay / au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード / 独自の電子マネー / 楽天Edy、WAONは店頭でのチャージも可能。セブングループのnanacoのみ使用不可。
交通系電子マネー Suica / PASMO / manaca / SUGOCA / TOICA / nimoca / Kitaca / ICOCA / はやかけん / チャージも可能。
相性の良い電子マネー dカードプリペイド(付帯iD含む)、楽天Edy、おサイフPonta dプリ払いなら合計4.5%還元。ローソンストア100でも楽天Edyは使える。
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) ナチュラルローソン、ローソンストア100、ローソンマートなど全てのローソンで使用可。ローソンはカード払いの旨を伝えて自身で操作する形。4,000円以下ならサインレス。
おすすめクレジットカード dカード dカードはローソンで常時3%オフ+カードポイント1%+dポイント(もしくはポンタポイントカード)提示で1%=5%還元。その他、独自のクレジットカード、ローソン Ponta プラスを準備中。
NFC決済 Visa payWave / Mastercardコンタクトレス / JCB Contactless / American Express Contactless / 各店舗ごとに違う /
QRコード決済 LINE Pay / 楽天ペイ / Origami Pay / d払い / Alipay / 2018年9月11日からd払い、Origami Payにも対応。
貯まりやすいポイント Pontaポイント
デビットカード 使える
商品券・ギフトカード ダイエー商品券、クオカード ローソンストア100、ローソンマートでは使用不可。
ポイントカード Pontaポイントカード、おさいふPonta、dポイントカード Pontaポイントカード、おさいふPontaは100円につき1Pontaポイント。dポイントカードは100円で1dポイント。いずれも1ポイント1円でローソンで支払いに充当可能。
現金いらず得点 4.9点(5点満点中)
公式HP http://www.lawson.co.jp/index.html

ローソンで使える電子マネー

ローソンではiD、QUICPay、楽天Edy、Suicaなどの交通系電子マネー、国際ブランド付き電子マネーのLINEPayカード、dカード プリペイド、auWALLET、ソフトバンクカード、ローソン発行の電子マネーのおさいふPontaまで幅広く使えます。ローソン、ナチュラルローソン共に使用可能です。

ローソンのPOS

以前は電子マネーが使えなかったローソンストア100でも現在では楽天Edyが使えます。

Suicaなどの交通系ICカードの電子マネー全国相互利用カードが使えます。一方、交通系ICカードの電子マネーでも「PiTaPa」が使える店はほとんどありません。(PiTaPa公式HPによると使えるのは大阪にある数件のローソンのみ)くらい。その他の交通系電子マネーは全国共通で、例えばKitacaを関東のローソンで活用することも可能です。

楽天Edy、WAONとSuicaなどの交通系電子マネーは店頭でチャージをすることもできます(ただしチャージは現金払いのみ)。

nanacoやWAONなど、ライバル店のIC電子マネーは使えませんのでご注意ください。LINE Payカード、au WALLETカードやソフトバンクカードやdカード プリペイドなどの国際ブランド付き電子マネーは基本的にどれも利用可能(4,000円以上ではサインが必要なのでご注意ください)。

ローソン発行の電子マネーのおさいふPontaでも、nanacoのように公共料金の支払などに使えるわけではない点には注意してください。

dカード プリペイドでの支払いが最もお得

dカードプリペイド付帯のiD

ローソンで支払う電子マネーとして、最もお得なのはdカード プリペイド(付帯しているiD含む)でしょう。

dカード プリペイド決済(以下dプリ)で支払えば3%オフ(翌月中旬に3%分がキャッシュバックされる)で、さらに、決済ポイントとして200円で1ポイント(還元率0.5%)、提示ポイントとして100円で1ポイント(還元率1%。ローソンストア100では200円で1ポイントで還元率0.5%)、合計4.5%還元になります。

クレジットカードのdカードだと5%オフなので(以下詳細あり)、少し劣りますが、充分にお得です。

貯まったdポイントは再びチャージして使うことが出来ます。

ローソンで使えるクレジットカード

ローソンでは国内の店舗であればVISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersなどほぼすべてのクレジットカードでのお支払いが可能。ローソンストア100でも使用可能です。

サインが必要になるのは4,000円以上の場合のみです。

ローソンのクレジットカード、デビットカード払いの操作方法

ローソンでは2018年1月30日からクレジットカード、デビットカード払いの操作が変更されています。以前はクレジットカードやデビットカード、国際ブランド付きプリペイドカードを店員さんに渡していましたが、現在は自身で操作する形です。

ローソンのICチップ付きクレジットカードの操作方法

IC付きクレジットカードはクレジットカード払いの旨を店員さんに伝えて、端末が光ってから図のように端末の下から差し込んで決済を行います。

ローソンの磁気クレジットカードの操作方法

ローソンPontaカードVISAのようなICチップが付いていない磁気カードは端末横でスライドさせます。

ローソンでおすすめのクレジットカード

日々の生活でローソンは欠かせないという方におすすめしたいクレジットカードは以下の通り。

以下のクレジットカードの他にも、ローソン銀行の設立時にローソン Ponta プラスという独自のクレジットカードが発行申請中であることが発表されています。

dカード

dカード

Docomoが発行するdカード(ドコモユーザー以外でも作れます)。正直、Docomoユーザー以外は存在を知らない方も多そうですが、このクレジットカードをローソンで使うと、一部の対象外の商品以外は全品3%オフというローソンでは最強のクレジットカードです。

さらにポイントも100円で1ポイント(=1円分、還元率1%)貯まりdカードの提示でさらに1%のポイント還元。3%オフ+1%のポイント(支払い分)+1%ポイント(提示分)で合計5%の還元率、です。

提示、といっても、ローソンでdカード払い(dカード付帯のiD払い含む)をする際にはいちいちdカードに付帯している裏面のdポイントバーコードをかざす必要はありません。普通にカード払い、iD払いをすればOKです。自動的にポイントカードも読み取ってくれます。

ただし、Apple Payに登録したdカードのiD払いの際には、dポイントカード機能を読み取ってくれないので、提示分のポイントをもらうためにdカード裏面のバーコードを読み取らせることが必要になります。

貯まったdポイントはそのままローソンで1ポイント=1円で使うことが出来るので利便性も抜群。Docomoユーザーの方はもちろん、それ以外の方でもローソンのヘビーユーザーは作る価値があるといえるでしょう。

>>dカードの詳細はこちら

リクルートカード

リクルートカード

どこで使っても還元率が1.2%という高還元率カードとして有名なリクルートカードですが、貯まるポイントはリクルートポイントです。このリクルートポイントはPontaポイントと1ポイント=1ポイントで相互交換できるので利便性は抜群。

さらにリクルートカードで支払った後にPontaカードを出せば、1.2%還元(リクルートポイント)+1%還元(ポンタポイント)で合計2.2%の高還元率です。

ローソンだけで使うことを考えるなら、↑のdカードのほうが還元率は高いですが、ローソンだけではなくどこでもお得で、貯まったポイントをスムーズにローソンで使えるので、万能性を求めるならリクルートカードがオススメ。

>>リクルートカードの詳細はこちら

ローソンPontaカードVISA

ローソンのヘビーユーザーにオススメなのが、ローソンとセゾンカードが提携して発行している「ローソンPontaカードVISA」。ローソン・ローソンストア100で使うと100円につき2Pontaポイントが貯まります。

ローソン以外でも、クレジットカードとして利用することでPontaポイントが1000円につき5ポイントが貯まります。貯まったポイントは大戸屋など提携店で使えます。1ポイントから使える場所も多いので、生活の中心にローソンがある方なら作って良いかも。

ただし、上記の「リクルートカード」の方がPontaポイントが貯まりやすいのが残念なところ。
JMB ローソンPONTA VISAカード

ローソン・セゾンカードに加えてJALとも提携した「JMBローソンPontaカードVISA」ならJALマイルとの相互交換も可能になります。

こちらのカードはあくまでもJMB提携カードなので、JALカードの特典は享受できません。

ローソンでクレジットカードや電子マネーで支払えないもの(現金払い限定)

ローソンではクレジットカード、電子マネーで支払えないものもあります。

電子マネーやクレジットカードで支払えないもの

電子マネーへのチャージ、公共料金の支払いや切手、はがき、テレホンカードやクオカード、各種商品券、バスカード等

セブンイレブンのnanacoのように公共料金でも支払える電子マネーはありません。

ローソンのQRコード決済

ローソンでは各種QRコード決済も利用可能です。

LINE Pay(1会計30,000円まで)、楽天ペイ(1会計ポイント払い含めて20,000円まで、1日の上限も20,000円 (楽天レギュラー会員は1会計・上限ともに4,000円まで) )、中国のAlipayがまず利用可能になっています。

2018年9月11日からはドコモのQRコード決済のd払い、そしてOrigami Payも利用可能になりました。

ローソンでOrigami Payを使った際のレシート

現金や電子マネーやクレジットカードなど、他の決済手段との併用支払いは不可です。(ポイント利用との併用は可能)

切手やはがき、各種商品券、公共料金の支払いなどには使えません。

ローソンのNFC決済

ローソンではVISAのタッチ決済(Visa payWave)、Mastercard Contactless、JCB Contactless、American Express ContactlessのNFC Payが全店で可能になっています。

ローソンでNFC決済を利用する際には「クレジットカードで」と店員さんに伝えて、通常はクレジットカードを挿す端末が光ったらカードやApple Pay画面を開いたiPhoneなどをタッチすればOKです。

知らない店員さんだと「え?クレジットカードですよね?」みたいな顔をされるかもしれませんが、すぐに「ポー」という音が鳴って決済が完了します。

ローソンで使えるギフトカード・商品券

ローソンではクレジットカード系のギフトカードであるJCBギフトカードやVJAギフトカード、UCギフトカードなどは使えません。

使えるのはJCBプレモカードとクオカードです(使えるのは通常のローソンとナチュラルローソンのみでローソンストア100やローソンマートでは使用不可)。

昔はダイエー商品券が使えたのですが2015年から使えなくなりました。

ローソンで貯まる・使えるポイントカード

ローソンPontaカード

ローソン(及びナチュラルローソン)では買い物の際にレジでポンタカードを提示すればお買い上げ額100円につき1ポンタポイントが貰えます(ローソンストア100、ローソンマートだと200円につき1ポイント)。ボーナスポイント対象商品だとポイントは2倍貯まります。

ローソン独自の電子マネー「おさいふPonta」

また、ローソンが発行しているプリペイド式電子マネーのおさいふPontaでも、同等のポイント、100円で1ポンタポイントが貯まります(その他JCB加盟店だと500円で1ポイント)。

クレジットカード機能付きのローソンPontaカードVISAだと2倍貯まるのですが、↑で見た通り、もっとポイントが貯まりやすいクレジットカードがあるので、Pontaカードは別に持っておいたほうが良いかも?

dポイントカード

Docomoが発行しているdポイントカードを使って、dポイントを貯めることも可能。100円で1dポイントが貯まります。単体のポイントカードよりdカード プリペイドなどのほうがおすすめ。また、dポイントアプリも用意されているのでカードを持ち歩く必要はありません。

dポイントカードのアプリ画面

タバコや公共料金など、ポイントが貯まらない商品も一部ありますのでご注意ください。

貯まったPontaポイント、dポイントはいずれも1ポイント=1円でローソンでの支払いに充当することが可能です。

また、Pontaポイントは、ローソンに設置してある端末機のLoppiからお試し引換券と交換して、多種多様な商品とお得に(1ポイントあたり1−3円くらい)交換することが出来ます。

ローソンでは無人レジが導入され、スマホアプリだけで全て完結するようになる

ローソンでは2018年の春を目処に、深夜帯で無人レジを導入し、店員なし(バックに1人のみ)の状態を作り出すことを発表しています。

専用のアプリを起動させてセンサーに読み取らせて入店→スマートフォンで欲しい商品のバーコードを読み取って支払い(LINE Payなどが使われる模様)→終わったらタブレットにスマホをかざして退店、という簡単な仕組み。事前にクレジットカードを登録するなどしておけば支払いまで専用アプリのみで全て完結するのでカードなどは一切取り出さずに済みそうです。

その後、ICチップを用いて、商品をバッグに入れてゲートを潜るだけで会計が完了するシステムも導入されるそう。

なお、無人レジ導入店ではからあげ君はボタン1つで客が自ら調理が出来るようになるそうです。

ローソンスマホペイ(スマートフォンだけで決済できる)実験中

ローソンでは、無料アプリの「ローソンアプリ」をインストール&設定することで、レジに足を運ばなくてもアプリと店頭に置かれたQRリーダーだけで決済が完了する「ローソンスマホペイ」の実験を行っています。

 

2018年9月現在では、ローソンフジテレビ店、ローソン晴海トリトンスクエア店、ローソンTOC大崎店、ローソンゲートシティ大崎店の4店舗でローソンスマホペイを体験可能です。

現在実験店舗は4店舗に限られていますが、2018年10月にはローソンJEBL秋葉原スクエア店が追加。そして2019年2月には対応店舗が100店舗に拡大される予定です。

2018年9月1日から11月30日までは、税抜100円辺り3ポイントが付与されるキャンペーンを実施中です。

ローソンスマホペイの利用方法

ローソンスマホペイを利用するには、「ローソンアプリ」のインストールが必要です。iOS・Androidともに対応しています。店舗入店前にあらかじめインストールしておきましょう。

実験店舗に入店したら、アプリを起動し、「設定」の項目内にある「ローソンスマホペイ」を選択します。

「自動で検出する」「QRコードを読み取る」の2つの選択肢があるので、好きな方を選んでください。

ローソンスマホペイの画面

「自動で検出する」場合はBluetoothをONにする必要があります。「QRコードを読み取る」場合は店内に設置されている「ローソンスマホペイ」用のQRコードを読み込んでください。基本的には自動検出を利用し、検出できなかった場合にQRコード読み取りを利用するのがオススメです。

入店店舗を選択したら、商品バーコードを画面に合わせてスキャンします。

ローソンスマホペイでバーコードを読み取り

バーコードが読み込めたら、画面下に読み込んだ商品と値段、数量が表示されます。購入したい商品を全てスキャンし終えたら、合計金額を確認して商品を購入します。

ローソンスマホペイの商品名と購入ボタン画面

決済方法は「楽天ペイ」と「クレジットカード」が選べます。クレジットカードの場合はVISA・Master・JCB・AMEX・Dinersの国際ブランドつきカードが利用可能です。楽天ペイでの支払いの場合、合計金額が100円未満の決済には対応していません。会計金額100円未満の場合はクレジットカードでの決済となります。

クレジットカード決済では、一旦アプリから別のサイトに飛んだ後、カード番号と有効期限、セキュリティーコードを入力します。入力したカード情報を保存し、次回以降もデフォルトで利用できるように設定することも可能です。

ローソンスマホペイのクレジットカード決済画面

最後に、店内に設置されている「ローソンスマホペイ」用のQRリーダーにQRコードをかざせば終了です。堂々と退店できます。

アプリからは購入履歴も確認できます。

ローソンスマホペイの注意点

ローソンスマホペイの利用にあたって注意が必要な点としては、以下があります。

  • 酒、たばこの購入はできない
  • ボーナスポイントは付与されない
  • 値引きセールの対象外となる
  • 引き換えクーポンなどを利用できない

レジを通さない関係上、セールやクーポンなどは対象外となってしまいますので、オトクに買い物したい方は要注意です。

筆者も実際に「ローソンスマホペイ」を利用してみましたが、バーコードスキャンが曲者でした。お菓子などバーコード部分が光に反射する商品は一度のスキャンでは認識することができませんでした。

ペットボトルのように曲がっている商品は何度スキャンしても認識できず、諦めて有人レジで買いました。(端末によって相性があるかもしれないので一例として捉えてください)

ローソンで現金必要?

→必要ありません。

セブンイレブンのnanacoのように絶対的に相性抜群の電子マネーはありませんが、それ以外の電子マネーは独自プリペイド式電子マネーのおさいふPontaを含めてほとんど使えるので現金いらずで買い物が出来ます。

ローソンを毎日利用される方は、3%オフ+2%分のポイントが貰えるクレジットカードのdカードを作るか、リクルートカード+Pontaカード(もしくはdポイントカード)の組み合わせで2.2%の還元率を目指していくとお得です。

ローソンってどんなお店?

大手コンビニチェーン。ローソンの名前の由来は元になったアメリカのミルクショップ運営者のJJローソン氏。

通常のローソンの他に、100円均一のローソンストア100、プライベートブランドが充実したローソンマート、健康志向のナチュラルローソンなどその運営形態は多岐に渡る。