電子マネー、スマホ、クレジットカードで現金いらず、財布いらずライフ応援サイト。
  • お店の業種
  • ご利用の電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • 店舗名(e.g.スタバ)

iHerb(アイハーブ)の支払い方法

iHerb(アイハーブ)
電子マネー au WALLET / ソフトバンクカード / LINE Payカード /
クレジットカード 使える (VISA/MasterCard/JCB/AMEX/Diners/) JCBとDinersは米ドル決済になってわかりにくい&余計な手数料を取られる可能性が高いので、PayPal経由がおすすめ。
デビッドカード 使える 各種国際ブランド付きデビットカード、VISAデビット、JCBデビット (J-Debitは利用不可。)
ポイントカード ロイヤルティクレジット 購入金額の10%が次回の買い物で自動割引。
公式HP http://jp.iherb.com/

iHerbで使えるクレジットカード

iHerbでは当然クレジットカード払いができます。クレジットカード払いにも、iHerbの独自の決済フォームを使って決済する方法と、PayPalを通じてクレジットカード払いをする方法があります。

そのいずれの方法でもVISA、MasterCard、JCB、American Express、DinersClubの各種クレジットカードが利用可能です。

iHerbのクレジットカード払いを選択

PayPalで支払う際には、「PayPalで続ける」をクリック→ペイパルにログイン→支払うクレジットカードを選択してから支払い、という手順を取ります。

iHerbからペイパルにログイン

すでにPayPalにクレジットカード情報を登録している方はPayPal払いのほうが楽です。

まだPayPalにクレジットカード情報を登録していない方は、iHerbのフォームにクレジットカードを登録してしまうことも出来ます。

iHerbにクレジットカード情報を登録

カリフォルニアの企業ですが、iHerbのサイトから直接支払っても日本のJCBにも対応してくれています。

ただし、VISA、MasterCard、アメックス、PayPay払いは日本円で処理されますが、JCBやDinersの場合には米ドルで処理されるという違いがあります。

前者は、注文したときの為替レートで変換された価格(ショッピングカートでの注文時に日本円が表示)で決済されるのですが、後者は、注文完了後(ショッピングカートでの注文時にはドル表記)、クレジットカード会社側で処理が行われたときの為替レートで決済されるということです。

JCBとDinersの場合には円からドルに変換する際に、クレジットカード会社から為替手数料2%を支払う必要が出てきますから損をすることになってしまいます。

iHerbの支払いでJCBのクレジットカードを使う場合

なので、iHerbの決済フォームからカード払いをするときにはVISAやMasterCardで決済をするのがおすすめ。

もしもJCB、Dinersで決済したいなら日本円で注文できるPayPalから支払うのが無難。iHerbを初めて使うから安全性が不安だという方も、PayPal払いならiHerb側にカード情報が渡る心配は皆無なのでより安全だと言えるでしょう。

iHerbでデビットカードは使える?

iHerbでは各種国際ブランド付きのデビットカードが使えます。

楽天銀行デビットカード(VISA、JCB)、スルガ銀行VISAデビットカード、ジャパンネット銀行VISAデビットカード、三菱東京UFJ銀行VISAデビットカード、りそなVISAデビット、など、クレジットカードの国際ブランドが付帯しているデビットカードなら使えます。ただ、クレジットカードと同様にJCBのデビットカードを使うならPayPal経由にしましょう。

J-Debitの利用は難しいでしょう。

iHerbで電子マネーは使える?

iHerbでは、国際ブランド付き電子マネーのauWALLT、ソフトバンクカードが使えます。

ただし、為替の変動のタイミングの問題などで思わぬトラブルが起こる可能性もあるので、クレジットカードの方が無難です。

iHerbで代金引換払いは可能なの?

→可能です。

配送方法を選択する際に、ヤマト運輸の商品代引を選択することができます。決算が日本円のときのみ利用できます。

iherbの代引き

ただし、この商品代引は$120ドル以下の場合のみ、支払いは現金払いのみ、です。

代引き手数料は送料の中に含まれています。

120ドル以下じゃないと代引きは使えませんのでご注意ください。

iHerbの送料

iHerbは佐川急便とヤマト運輸の2つの配達業者を選択することが出来ます。基本的には以下のような感じ。

配送業者 通常の送料(手数料込み) 送料無料条件 配達日数目安
佐川急便 商品の単価や重量によって異なる。

約3−6ドル。

60ドル以上 平均3-5日
ヤマト運輸 商品の単価や重量によって異なる。

約4−8ドル。

60ドル以上 平均4-6日
ヤマト運輸代引き 商品の単価や重量によって異なる。

通常約10ドル。60ドル以上の買い物で6ドルほど。

なし 平均5-10日

上記の表は米ドル表記ですが、日本円で決済する際には為替によって変動します。

以前は約4,500円以上の買い物で送料無料になっていたのですが、現在は60ドル以上で無料となっています。また、ヤマト運輸では送料無料にはならなかったのですが、ヤマト運輸でも60ドル以上(約7,000円)の買い物で送料無料になった形です。

この送料無料になる60ドル以上の買い物というのは、ロイヤルティクレジット(割引)が適応された後の価格が60ドル以上ですのでご注意ください。

例えば、60ドル分の注文をしても、ロイヤルティクレジットが10ドル分が適応された場合、小計は約50ドルになるので、別途送料がかかることになり、結局56ドルくらいになってしまいます。送料がかかるくらいなら、別途金額が小さい日用品などを追加で購入して60ドルを少し超えるくらいを狙ったほうがお得だといえるでしょう。

単価が高い商品などでは、60ドルを超えなくても、送料が無料になるケースもあります。これはレジに進んでみないとわかりませんので、カートに入れてチェックをしてみましょう。

iHerbで関税はかかるの?

iHerbから送られる商品は15,500円を超えると、関税やその他の税がかけられます。なので、もしも15,500円を超えるようなら注文を翌日にするなど分割して注文をしたほうが良いです。

この15,500円を超えないというのは、ストアクレジット(友達などを紹介して得たポイント)を適応する前の金額ですのでご注意ください。

iHerbで使える割引・クーポン

iHerbで割引を受ける方法は主に2種類。

最初の買い物の際に使える10%割引の紹介コード(クーポンコード)と、前回の買い物額の10%分が還元されるロイヤリティクレジットです。

最初の買い物では、iHerbを使っている友達からクーポンを送ってもらってそれを入力すると10%分の割引が適応されます。

もしも周りでiHerbを使っている方がいないようでしたらこちらのリンクから買い物をすると、初回10%の割引が適応されるのでご利用ください。
iHerbの紹介クーポンがショッピングカート内で適応されているかどうか

ショッピングカート内で紹介コードが適応されているか確認してください(上記のリンクから買い物をすれば自動的に入力されているはず)。これで初回10%オフになります。

次回からは前回買い物した金額の送料を除く10%分の割引(送料を除く)が適応されるのでお得に買い物を継続していくことが可能です。これをロイヤルティクレジットといいます。

iHerbのロイヤルティクレジット

iHerbならではのお得な仕組みですが、ロイヤルティクレジットの有効期限は最後に買い物をしてから60日間なので、使い忘れがないようにしましょう。

iHerbの支払い方法のまとめ

iHerbは発送はアメリカで、個人輸入という形なので、支払いに関して不安に思われる方も多いかもしれませんが、決済はPayPalにも対応しており、配送までの手続きもスムーズなので筆者は支払いで問題が起こったことはありません。

デビットカード払いでも問題が起こったことはありませんが、関税や為替の問題で思わぬトラブルが起こり得ないので出来る限りクレジットカード払いにすることをおすすめします。

iHerbってどんなサイト?

iHerbはカリフォルニアにある自然派健康商品やサプリメントを販売するECサイト。日本からでもスムーズに個人輸入が可能。健康・オーガニック志向の方だけではなく、プロテインなどの種類も豊富なので、アスリートやボディビルダーなども御用達のサイト。

サプリメントや各種ハーブ、シャンプーを始めとした各種入浴関連商品、美容商品、食品・調味料、ベビー用品、洗濯用品などが揃っており、日本からのユーザーも多いことから日本語での口コミも豊富。取扱商品のほとんどがAmazonよりもお得。