電子マネー、QRコード決済、スマホ決済、クレジットカード(タッチ決済含む)で現金いらず、お財布いらず、キャッシュレス生活応援サイト。
  • お店の業種
  • 電子マネー
  • 交通系電子マネー
  • クレジットカード
  • NFC Pay
  • QRコード決済
  • ポイント
  • 店舗名(e.g.スタバ)

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)について

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)って何?

JCBのタッチ決済は国際ブランドのJCBが提供している非接触決済です。

以前はJ/Speedyという名称だったのが2018年頃にJCB Contactlessへ変更、さらに2021年からは国際ブランドのVisaに合わせるような形でJCBのタッチ決済という名称で呼称されています(JCBコンタクトレスも併記してあることが多い)。

世界で使われているNFC (TypeA/B)という規格です。他の国際ブランドも同規格でコンタクトレス決済の仕組みを提供しています。

国際ブランドNFC決済の名称
VisaVisaのタッチ決済
MastercardMastercardコンタクトレス(Mastercardタッチ決済)
JCBJCBのタッチ決済(JCB Contactless)
American ExpressAmerican Express Contactless
Diners Clubダイナースクラブ コンタクトレス (タッチ決済)
そろそろコンタクトレス決済(NFC Pay)の存在が国内で広く認知されても良いのではなかろうか
概要1 はじめに2 コンタクトレス決済(NFC Pay)って何?3 Suicaなど(FeliCa)とコンタクトレス決済(NFC Type-A/B)との違い4 コンタクトレス決済(NFC Pay)の種類と対応カード・スマホ…
続きを読む

QUICPayはどうなるの?(JCBのタッチ決済との違い)

JCBは日本においてQUICPayという電子マネー、非接触決済を提供しています。QUICPayはSuica、楽天Edy、nanaco、WAON、iDといった電子マネーが採用しているFeliCaという日本発のガラパゴスな規格です。日本では鉄道インフラで活用されているSuicaの影響もあって、FeliCaが普及しました。

世界のApple PayはJCBのタッチ決済で使われているNFC (TypeA/B)で提供されましたが、日本だけ独自にQUICPay(+iD、Suica)に対応、FeliCaで提供を開始したのが日本の独自性を表す象徴的な出来事だと言えるでしょう。結果として、QUICPayは対応カード、及び、対応店舗数で急速にそのシェアを伸ばし、現在でも国内の多くの場所で使われています。

非接触決済規格国内での利用可能店舗数世界での利用
JCBのタッチ決済NFC(TypeA/B)世界でも使えるが、Visaのタッチ決済、Mastercardコンタクトレスなどと比べると使える場所はかなり限られる。
QUICPayFeliCa×

一方で、ガラパゴスな規格であるが故に、QUICPayは世界では使えませんが、JCBのタッチ決済は世界でも使えます(海外ではJCB自体が使える場所が少ないのでJCBのタッチ決済が使える場所は限られていますが・・・)。

JCBとしてはNFC (TypeA/B)が普及しないほうが良かった(?)

JCBの本心は定かではありませんが、日本国内ではこのままNFC (TypeA/B)などは普及することなく、非接触決済の代表としてQUICPayのシェアを伸ばしていきたいと思っていたのではないでしょうか。

ですが、Visaが三井住友カードなど各社とのタッグで日本国内でVisaのタッチ決済(Visa Contactless)を全面的に押し出し、2020年以降になって使える場所&カードが急拡大している影響で、JCBもQUICPayだけを押し出していくわけにはいかず、JCBのタッチ決済にも力を入れ始めているという現状だと推測されます。

結果、後手後手ですが、プロパーカードであるJCBオリジナルシリーズにも2021年12月からJCBのタッチ決済が付帯します。

JCBがQUICPayを完全に捨てるとは考えづらいですが、昨今のコンタクトレス決済、NFC (TypeA/B)の普及の速度を見ると、シェアはだいぶ落ちてくるのではないでしょうか(あくまで推測です)。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)が使える店

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)が使えるお店は昨今増え続けています。

コンビニはローソンセブン-イレブンファミリーマートなど各店利用可能。マクドナルドモスバーガードトールイオンすき家ロイホなど多くのチェーン店、対応端末を導入している小売店で利用可能です。

↓のように電波のようなマーク(リップルマーク)が付いているかどうかを確認してください。

ローソンのアクセプタンスマーク(コンタクトレス部分)

注意点として、JCBのタッチ決済は、Visaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスよりも使える場所が少ないです。クレジットカードのJCBが使えて、かつ、Visaのタッチ決済やMastercardコンタクトレスに対応していてもJCBのタッチ決済は使えない、ということもあり得るので事前にアクセプタンスマークをご確認ください。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)が付帯しているカード

JCBのタッチ決済は現状↓のカードに付帯しています。まだカードに付帯している例は少ないです。

クレジットカード

JCBが発行するプロパーカードには現状付帯しておらず、新デザインのカードで付帯予定となっています。↓は新デザインのカード、コンタクトレス決済が使える証のリップルマークが付いています。

JCB一般カード(新デザイン)

発行元クレジットカード
JCBJCBオリジナルシリーズ各種(2021年12月から)
JCBANA JCBカード
イオン銀行イオンカード(JCB)
セゾンカードセゾンカード デジタル(JCB)
JACCSジャックスカード JCBコンタクトレス

デビットカード

JCB Contactless対応のカード

発行元クレジットカード
楽天楽天銀行デビットカード(JCB)
イオン銀行イオン銀行キャッシュ+デビット

ブランドプリペイド

付帯しているブランドプリペイドはありません(Apple Payを通じて利用できるブランドプリペイドはあり)。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)が利用可能なスマホ決済

Apple PayでJCBのタッチ決済を利用

JCBのタッチ決済はApple Payのみ対応しています。

スマホ決済JCBのタッチ決済への対応
Apple Pay各種クレジットカード・デビットカード・ブランドプリペイドを登録することで利用可能
Google Pay未対応

Apple Payは多くのJCBデビットも登録できて、JCBのタッチ決済も利用可能です。

Google Payはコンタクトレス決済では一部のカードでVisaのタッチ決済にのみ対応している形です。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)の使い方

JCBのタッチ決済は対応カード、及び、対応デバイスを決済端末にかざす形で支払います。Apple PayはQUICPayと同様に本人認証をしてからかざします。

初心者の方がつまずくのは支払手段の「宣言方法」です。QUICPayなら「QUICPayで」、Suicaなら「Suicaで」と伝えるだけで良いですが、コンタクトレス決済は認知度がそこまで高くないため、店員さんによっては知らないことも多々あります。そのため「JCBのタッチ決済で」と伝えても「???」という顔をされます。

コンビニなど多くの場所では「クレジットカードで」と伝えて端末にタッチすればOKなので問題ないのですが、中には決済端末の関係で「NFC Payで」などと伝えないと伝わらない場所もあります。この宣言方法がバラバラな点が日本国内におけるコンタクトレス決済の大きな問題点です。

↓のようにデカデカと宣伝されているお店では使いやすいのですが・・・。

スギ薬局でタッチ決済

詳細は↓記事にまとめてあるので興味がある方はご参照ください。

難しすぎてハードルが高い!?NFC決済の使い方を決済端末別にまとめてみた
日本でも加盟店・対応カード共にどんどん増加傾向にあり、使える環境もどんどん広がっているNFC決済。 し・か・し!使えるようにはなっていても一見複雑そうに見えるため、その使い方を知らない・分からない・使おうとしても断られた…
続きを読む

主なチェーン店でしたら、当サイトの検索システムで利用可能店一覧から個別ページに飛んで頂けますと各店での宣言方法を掲載しているので合わせて参考にしてみてください。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)はニューヨーク州都市交通局運営の地下鉄・バスで使える

ニューヨーク州都市交通局が運営する地下鉄やバスはコンタクトレス決済で電車やバスに乗れる取り組みを行っていますが、2021年11月15日からはJCBのタッチ決済も対応しました。JCBカードをかざすだけでニューヨークで地下鉄に乗れます。

日本国内ではVisaが南海鉄道などと組んでこれらの取り組みを行っています。詳細なレポートなどは↓をご参照くださいませ。

クレジットカードのコンタクトレス決済で電車やバスに乗る!~QUADRACの「Q-move」体験レポート~
カード会社のキャンペーンや周知活動や大手チェーンでの相次ぐ大規模導入で利用できるシーンがますます増え、幅広いユーザーが利用するようになってきたクレジットカードのコンタクトレス決済。 従来「お買い物の支払い」にしか使われて…
続きを読む

日本の国際ブランドのJCBが日本でこれらの取り組みをしてください・・・と思わなくもないです。

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)のまとめ

2021年12月に自社発行のオリジナルシリーズにJCBのタッチ決済を搭載、キャンペーンなども行うようで、ようやく重い腰を上げた形です。QUICPayのキャンペーンは未だに行われているため、JCBのタッチ決済にどの程度力を入れていくのかまだ未知数ですが、今後はデビットカードを中心にJCBのタッチ決済が付帯するカードも増えてくるのではないでしょうか。

コンタクトレス決済を長年追いかけてきていますが、この数年の普及スピードは凄まじく、勢いを止めることは出来ないと考えます。

日本発の国際ブランドとして、国内でしか使われないQUICPayだけではなく、世界でも使われるJCBのタッチ決済としても頑張ってもらいたいところです。